橘玲の世界は損得勘定」カテゴリーアーカイブ

第68回 幸せに必要なお金、おいくら(橘玲の世界は損得勘定)

アメリカは「超格差社会」だといわている。それがどのような社会なのか、具体的なデータで見てみよう(1ドル=110円で換算/端数は四捨五入)。 まずは所得の比較。アメリカの世帯数は1億6500万で、下位90%の1億5000万 … 続きを読む

カテゴリー: Column, 橘玲の世界は損得勘定 | 1件のコメント

第67回 「海外居住で節税」の限界(橘玲の世界は損得勘定)

日本の税制は属地主義なので、日本国外に暮らすひと(非居住者)が海外で保有する財産を贈与・相続しても原則として課税されない。課税権が居住国にあるのだから当然ともいえるが、贈与税や相続税のない国が存在するとやっかいな問題を引 … 続きを読む

カテゴリー: Column, 橘玲の世界は損得勘定 | 12件のコメント

第66回 自虐的プレミアムフライデー(橘玲の世界は損得勘定)

安倍政権と経団連の肝煎りでプレミアムフライデーが始まった。給料日後の月末の金曜日には午後3時で仕事を終え、夕方を家族や恋人、友人たちとの消費(食事や買い物)に充てるのだという。評判の悪い長時間労働を是正し「働き方改革」を … 続きを読む

カテゴリー: Column, 橘玲の世界は損得勘定 | 12件のコメント

第65回 医療費増の先に安楽死法制化?(橘玲の世界は損得勘定)

月刊『文藝春秋』2016年12月号に掲載された「私は安楽死で逝きたい」で、脚本家の橋田寿賀子さんは、認知症の兆しがあればスイスで最期を迎えたいと語る。欧米ではオランダ、ベルギー、ルクセンブルクなどで安楽死が合法化されてい … 続きを読む

カテゴリー: Column, 橘玲の世界は損得勘定 | 16件のコメント

第64回 不気味なニュースを避けるワケ(橘玲の世界は損得勘定)

来年度予算案の編成が混沌としている。子育てや教育、雇用などで求められている政策は多いが、消費税増税の再延期で財源がなくなり、さらには税収が予想より落ち込んで、逆に予算の減額が必要になったからだ。 年金制度改革では、物価が … 続きを読む

カテゴリー: Column, 橘玲の世界は損得勘定 | 16件のコメント