専業主婦は2億円をドブに捨てている


11月16日発売の新刊『専業主婦は2億円損をする』のプロローグを、出版社の許可を得て掲載します。

***********************************************************************

あなたは「専業主婦」にどんなイメージをもっているでしょうか。

「なりたい!」「あこがれる」「つまらなそう」「楽じゃない?」なんてこたえが返ってきそうです。2016年の調査では、「将来は主婦になりたい」とこたえた若い女性は10人のうち3人もいました。

でも、こんな話を聞いたらどう思うでしょう?

1  専業主婦はお金がない
2  専業主婦は自由がない
3  専業主婦は自己実現できない
4  専業主婦はカッコ悪い
5  専業主婦になりたい女子は賢い男子に選ばれない
6  専業主婦には“愛”がない
7  専業主婦の子育ては報われない
8  専業主婦は幸福になれない
9  専業主婦は最貧困のリスクが高い
10 ぜんぶまとめると、専業主婦にはなにひとついいことがない

この本は、「なんでそんなことになるの?」と興味をもったあなたのために書かれています。

なぜ、専業主婦にはお金がないのか? それは、2億円をドブに捨てているからです。

これは、ものすごく単純な話です。

大学を出た女性が60歳まではたらいたとして、平均的な収入の合計は2億1800万円です(男性は2億6600万円)。これは、退職金は勘定に入っていません。

それにもかかわらず、日本でははたらく女性10人のうち、結婚後も仕事をつづけるひとは7人。出産をきっかけに退職するひとが3人もいます。10人のうち6人は専業主婦になって、40年かけて2億円になる「お金持ちチケット」をぽいと捨ててしまうのです。

「専業主婦になりたい女子は賢い男子に選ばれない」というところで、「なんで!」と思ったひともいるでしょう。日本では、バリバリはたらいてキャリアアップしていく女性(バリキャリ)よりも、男性を立てて家庭を守る「男尊女子(©酒井順子)」のほうがずっとモテるとされているからです。

たしかにそういうこともあるでしょうが、でも、男と女を逆にして考えてみてください。あなたが賢い男の子だとしたら、2億円の「お金持ちチケット」をもっている女の子と、それを捨ててしまった女の子の、どちらをパートナーに選ぼうとするでしょうか。2人でちからを合わせてはたらけば生涯年収は5億円にも6億円にもなるというのに……。

「もっともらしいこといっているけど、みんな、専業主婦になりたくてなってるんじゃない!」というひともいるかもしれません。

子どもを育てながらはたらこうとすると、いろんな苦労があることはたしかです。非婚化や少子化というのは、日本の社会が「結婚して子どもを産んでもロクなことがない」という強烈なメッセージを、若い女性に送っているということです。これはとてもむずかしい問題ですが、でもそれを理由に専業主婦になったところで、問題はなにひとつ解決しません。

理想の社会などどこにもありません。ここで提案しているのは、世の中がまちがっているということを前提としたうえで、どうすればあなたが幸せになれるか、ということです。

少子化と人口減のため日本経済は空前の人手不足になっていて、これからますます深刻化していきます。超高齢社会とは、高齢者の数が(ものすごく)増えて、若者の数が(ものすごく)少ない社会です。「若くてはたらける」女の子の価値はどんどん上がっていくのです。

ここに、「幸福な人生」を手に入れる秘密が隠されています。それは、「自由に生きることを大切にすれば、すべてではないとしても、かなりの問題は解決できる」ということです。これから社会に出て行く女の子にも、キャリアを目指してはたらきはじめた女性にも、子どもが生まれて仕事をつづけようか悩んでいるひとにも、そして(たぶん)専業主婦にも、ここに書いてあることはほぼほぼ役に立つはずです。

この本を手に取った方のなかには、いままさに会社を辞めて専業主婦になろうと考えているひとがいるかもしれません。わたしがいいたいのは、会社を辞めても仕事をやめるな、ということです。これからの長い人生を考えれば、いまのがんばりはかならずむくわれます。

日本ではいまだに、「男は外ではたらき、女は家を守る」という“分業”が主流ですが、このような時代遅れの生き方を選択すると、40歳を過ぎて夫は会社、妻は家庭という“檻”に閉じ込められてしまいます。

家庭生活に満足している女性の割合を国際比較すると、共働きが当たり前のアメリカでは67%、イギリスでは72%の女性が「満足」とこたえているのに、日本はたった46%です。若い女の子の多くが主婦に憧れ、実際に専業主婦になっているにもかかわらず、日本の女性の幸福度はものすごく低いのです。

なぜこんなことになるのか、これからその理由を説明していきましょう。

なお、この本で書いたことは行動経済学、進化心理学、脳科学など、近年のさまざまな研究成果にもとづいていますが、煩瑣になるので、いちいちデータを示したり註をつけたりはしていません。その代わり、巻末により詳しく勉強したいひとのための本を紹介しているので役立ててださい。

コメントを閉じる

15件のコメント

  1. 逆に考えてみれば、

    アービトラージによって、

    若くない女性がどんどん働くことによって、当然市場原理によって賃金がさがるので、
    受け取れる賃金2億円というのは、ちょっと甘すぎる見積もりですよ。

    アラフォーだったり、アラフィフの受付嬢が増えるだけですな。
    受付嬢は天海祐希ではなく、マツコ・デラックスだったりします。

    マツコ・デラックス主演のAVを見るつもりはありますか?

  2. 超人手不足の問題を解決しょうとされている橘先生に来年は文化勲章を!

    もっか中間決算が出てきてますが、中小の小売り業は悲惨な状態ですわ。

    メガバンクを筆頭に大企業の余剰人員は、中小へシフトさせてほしい。

  3. 勝間和代か三浦瑠璃が上から目線で書いてもいい。
    炎上で問題認識広がるから。

  4. 福井県では共働きが一般的です。専業主婦をしていると、「もったいない」とか「うらやましい(皮肉っぽく)」とか言われます。三世代同居世帯が多いことや待機児童ゼロの保育環境といった背景があることが大きいとは思います。今年退職の私は、早く帰宅した方が夕食を担当したり、子どもの学校行事には、休みを取りやすい方が参加する、など夫婦で協力し合いながら今日まで勤めてきました。退職後は、定年まであと数年ある妻のサポートをしたいと考えています。両親もそうでしたし、私たち夫婦を見て育った子どもたちも、それが当たり前だと思っているようです。

  5. というより、
    「貧乏はお金持ち」
    に倣って、

    「専業主婦」であることを利用し、
    第3号被保険者などのメリットを享受しながら、

    海外FXや海外仮想通貨取引などで稼ぐ方法を
    紹介するべきなのです。

    海外での仮想通貨取引には日本国は課税できないでしょ???

  6. 「過労死自殺はなぜなくならない?」誰もいわない単純な理由 週刊プレイボーイ連載(265)

    大手広告代理店に入社してわずか8カ月の女性社員がクリスマスの晩に投身自殺したことで、日本企業の長時間労働と過労死があらためて批判されています。この広告代理店では2013年にも30歳の男性が過労死(病死)しており、労働基準監督署からの度重なる是正勧告を無視していたことが「悪質」と見なされ、刑事事件も視野にいれて立ち入り調査が行なわれました。

    と書いているように、日本の労働環境は「女性」にとっても改善の見込みがあまりない現在、

    「専業主婦は2億円をドブに捨てている」

    みたいな扇情的惹句で本を売って過労死予備軍をふやすのは???ですな。

    求められているのは、女性にとっても男性にとっても、

    「自分の手の届く範囲での賢いやり方」

    ではないでしょうか???

  7. まぁ先進国の中でも圧倒的に女性が働ける環境が悪いですからね。
    あと子供を預ける環境が整ってない国ですからね。
    お隣の中国なんかはジジババが完全にその役割を担ってくれるわけですから。
    なかなかうまく行かないわけですよ

  8. 発売前の書籍で読む前にコメントすることをご容赦ください。
    専業か有職にかかわらず、夫が妻にお給料を全額渡し、妻に家計費の裁量があれば、妻の幸福度は高いのではないでしょうか。私は40代後半、有職者ですが、夫とは家計費は分担、しかしながら家事育児等は妻である私が担ってきており、心身ともに折れそうです。
    夫の収入いかんにかかわらず、夫がお小遣い制の家庭は、専業主婦で幸せな友人、私の周りにはたくさんいますよ。
    幸福は損得では測ることができないと思います。

  9. うちの母親は中卒の専業主婦ですが何か。
    父親が大手企業に行っていたので年金だけでも標準値以上の年収です。
    毎日、遊んでます。

  10. 2億円をドブに捨てているというよりも、何十年も働き続けて2億円を手に入れるコストが高すぎるし大変過ぎるからそれなら稼ぐ旦那さんを見つけて専業主婦で楽したほうが良いという事ですからね。刺激的なタイトルだが、ただでもらえる金を捨てている的な書き方は実情を表していないのでは?

  11. 子供を預ける環境、夫との家事育児分担、回りの協力が得られればいいですね。

    妻だけに負担がかたより、それを解消するために外注してお金がかかり、また、子供にも負担を強いることになるとなんのために働くのかわからなくなり辞めてしまいました。

  12. だから、橘さんに訊きたいのは、

    「ミセス・ワタナベ」への
    次なる戦略
    ですよ。

    円キャリー取引で利益があげられた時代はとうに過ぎ去ってしまった
    のだから、
    「家庭にいながら稼ぐ次なる戦略」

    とは何かですよ。

    一つのアイディアとして、各種仮想通貨間の変動のサヤを抜くという
    方法です。
    監視しておけば、各種仮想通貨の動きで
    どうしてもズレが生じるので、

    「マーケットニュートラル」の手法によって
    サヤを抜くということが可能です。

  13. お金がなく、自由がないのは、兼業主婦も同じなのですよね。
    兼業主婦のどれくらいの人が、かっこよく自己実現できているんでしょうか。

    あこがれられているのは、お金持ちの財布を握っている専業主婦、です。
    彼女たちは、本当に自由で、自己実現できていて、やはりとても幸せな人たちです。
    大抵、そういう人は、専業主婦であっても、元バリキャリ、高学歴、旦那も高学歴・高収入です。子育てを外注するのは、気が進まなかったりで、専業主婦の道を選んでいます。
    やっぱり、楽ですし、高ストレスな夫を余裕をもって支えられるわけです。
    当然、キャリア時代から投資もしていて、それなりのリターンも上げているわけで。

    とはいえ、今の時代は、お金は十分にあるけれど、やりがいのある収入の高い仕事を持っている女性が、ヒエラルキーでは一番最上位でしょうね。
    でも、そういう人も、意外と子育てで、子供のお友達のお母さんの専業主婦のお世話になっていたりするものですよ。
    専業主婦バカにすると、痛い目にあいます。

    専業だろうが、兼業だろうが、結局、お金から自由になること
    これが基本じゃないでしょうか。
    男性だって、資産が十分あったら、早期リタイアして自分の好きなことやりたい、って人
    たくさんいるでしょ。専業主婦にあこがれているようなもんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。