エリック・バーカー『残酷すぎる成功法則』序文


出版をお手伝いしたエリック・バーカー『残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する』のために書いた序文を、出版社の許可を得て掲載します。

***********************************************************************

これは、「コロンブスのタマゴ」のような画期的な自己啓発書だ。そのうえわかりやすく、かつ面白い。だったら序文なんか必要ないじゃないか、といわれそうで、まさにそのとおりなのだが、それでもひとこといっておきたいのは本の厚さに躊躇するひとがいそうだからだ。

しかしこの本には、これだけの分量と膨大な参考文献がどうしても必要なのだ。なぜなら、玉石混淆の自己啓発の成功法則を、すべてエビデンスベースで検証しようとしているのだから。

日本にも「幸福になれる」とか「人生うまくいく」とかの本はたくさんあるが、そのほとんどは二つのパターンに分類できる。

(1) 著者の個人的な経験から、「わたしはこうやって成功した(お金持ちになった)のだから、同じようにやればいい」と説く本

(2) 歴史や哲学、あるいは宗教などを根拠に、「お釈迦さま(イエスでもアッラーでもいい)はこういっている」とか、「こんなとき織田信長(豊臣秀吉でも徳川家康でもいい)はこう決断した」とか説く本

じつはこれらの本には、ひとつの共通点がある。それは証拠(エビデンス)がないことだ。

ジャンボ宝くじで3億円当たったひとが、「宝くじを買えばあなたも億万長者になれる」という本を書いたとしたら、「バカじゃないの」と思うだろう。なぜなら、この「成功法則」には普遍性がないから。ちょっと計算すればわかることだが、宝くじで1等が当たる確率は、交通事故で死ぬ確率よりずっと低い。

ところが世の中には、不思議なことに、「1等がたくさん出た売り場に行けば当たりやすい」と行列をつくるひとが(ものすごく)たくさんいる。これを経済学者は「宝くじは愚か者に課せられた税金」と呼ぶが、著者のエリック・バーカーは「間違った木に向かって吠えている(Barking up the wrong tree)」という。――ちなみにこれが本書の原題だ。

「間違った木」というのは、役に立たない成功法則のことだ。会社で出世したり、幸福な人生を手に入れるためには、「正しい木」をちゃんと選ばなければならない。でも、どうやって?

それが、エビデンスだ。

じつは、エラいひとの自慢話や哲学者・歴史家のうんちく、お坊さんのありがたい講話がすべて間違っているわけではない。困るのは、そのなかのどれが正しくて、どれが役に立たないかを知る方法がないことだ。それに対してエビデンスのある主張は、科学論文と同じかたちで書かれているから、どんなときにどのくらい効果があるのかを反証可能なかたちで説明できる。

だとしたら、有象無象の成功法則を片っ端から同じように(エビデンスベースで)評価して、どれが「正しい木」でどれが「間違った木」なのかをわかるようにすればいいじゃないか、と著者は考えた。これが「コロンブスのタマゴ」で、最初に読んだときは「その手があったのか!」と思わず膝を打ったのだが、それをちゃんとやろうとするとこのくらいのページ数どうしても必要になってしまうのだ。

この本は、これまでいろんな自己啓発本を読んできて、「ぜんぶもっともらしいけど、どれが正しいかわからないよ」と思ったひとにまさにぴったりだ。それだけでなく、「自己啓発本なんて、どうせうさんくさいんでしょ」と思っているひとにもお勧めできる。なぜならすべての主張が、エビデンスまで辿ってその真偽を自分で確認できるようになっているから。

とはいえ、ここに「普遍的な成功法則」が書かれているわけではない。もしそんなものがあるとしたら、世界じゅうのひとが「成功」しているはずだ。

エビデンスのある主張というのは、(むずかしい)病気の治療法に似ている。

科学的に正しい治療を行なえば、一定の確率で治癒が期待できるが、誰でも確実に治るわけではない。しかしそれは、科学的根拠のない民間療法(水に語りかける、とか)よりも統計的に有意に治癒率が高い。これはようするに、デタラメな成功法則でも(どれほど確率が低くても宝くじの当せん者がいるように)たまたまうまくいくひとはいるが、エビデンスのある法則を実践したほうが成功率はまちがいなく上がる、ということだ。

ということで、本書の予備知識はここまで。それでは、混沌とした森のなかで「正しい木」を見分ける著者の見事な手際をお楽しみください。

コメントを閉じる

3件のコメント

  1. 興味深い見方ですね。成功して憧れの対象になったミュージシャンを見て自分でも成れそうと思う信条から人生を混迷へ誘うというのは世間で良くあるパターンで、音楽のような遺伝的要因の多い才能は本来生まれ持っている部分で決まっているのだが、意外とそうは思われておらず、私も数多くの失敗者の例を見て来ました。そもそもミュージシャンには「普遍的な成功法則」なんていうものはなく、仮に才能があっても長期活動ができない人もおります。それは他の職業も同様かもしれません。
    もっと以前から知識や見識があれば救われた人生もあったのかもしれないなあ・・と思った次第ですが、是非今の若い人たちが読むべきだろうと思います。正直言うと私もその失敗例の一員でしたが、早めに才能の無さに気が付き対応したので何とか人生を大きく狂わせずに生きております。遅ればせながらなりますが、私も読もうと思います。自分なりの「正しい木」と「間違った木」を知るためにも。

  2. 目的は成功することではなく幸せになること。

    成功することそれ自体が目的になれば、成功できなくても幸せだろうね。

    すべての人が幸せになることを求めているか、という問題はあるけど。

  3. 読まない本のためのガイドブックも凄くて多数の本を読んで教養を身につけた気がして自信となりました。

    明日わが小さい街いちばんの本屋に行って、このお薦めの本も探してみます。有ってほしいなぁ…

    だけども、橘先生へのいちばんの感謝は、フラクタルの原理を紹介して下さったことか

    さらに苫米地先生のゲシュタルトメーカー本と出逢い大いに創造力に目覚めた

    二つ組合せれば万能か・・残りは勇気だけど、やはりマンデラブロや

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。