ゆたかで幸福な社会から「廃棄」されたひとたち 週刊プレイボーイ連載(398)


これはとても不穏な話です。

あなたが巨大なゴミ処理場を訪れたとしましょう。当然のことながら、そこにはゴミしかありません。圧倒的な量のゴミに圧倒されて、「これは大問題だ」と社会に警鐘を鳴らすかもしれません。

しかし、さらに俯瞰すると、そこにはとてつもなくゆたかな現代日本の消費社会があります。食品、衣料品から家電製品まで、ゴミが増えるのは安価なモノが大量に流通し、気軽にそれらを購入し、使い捨てることができるからです。それに対して、最貧国にはゴミはほとんどありません。モノを捨てるだけの経済的な余裕がないのです。

このことは、ゆたかさと廃棄物がトレードオフであることを示しています。

私たちが、魅力的なモノがあふれた快適な生活を望み、それが実現すると、ゴミが増えていきます。社会がどんどんゆたかになると同時に、ゴミがどんどん減っていくなどということはあり得ません。今の快適な生活をつづけたいのなら、私たちは大量の廃棄物を受け入れるしかないのです。

こうして、ゆたかな社会は「リサイクル」に熱心に取り組むようになります。

ゴミを分別管理し、リサイクルセンターで「再生」し、それをもういちど消費市場に戻す。この循環がうまくいけば、そのぶんだけゴミは減ります。

ただし、こうしてリサイクルされたモノもいずれはゴミになります。リサイクルできなかったモノや、何度もリサイクルされて「再生」できなくなったモノは最終処分場に送られ、誰からも見えないように「隔離」され「隠蔽」されます。なぜなら、きらびやかな消費社会を謳歌するひとたちにとってゴミは不快だから。ところがなかには有害なゴミもあり、不用意に扱うと深刻な健康被害を招くかもしれません。

2015年に行なわれた大規模な社会調査(SSP/階層と社会意識全国調査)では、「あなたはどの程度幸せですか?」の質問に「幸福」と答えたのは男性67.8%、女性74.0%で、「生活全般にどの程度満足していますか?」の質問に「とても満足」「やや満足」と肯定的に答えたのは男性67.0%、女性74.1%でした。現代日本は3人のうち2人超が自分は「幸福で生活に満足」と思っている、歴史的にも世界のなかでも「全般的には」とてもうまくいっている社会です。

しかしその一方で、自分の階層を「下の上(16.4%)」「下の下(4.4%)」とするひとが合わせて20%以上いて、その人数は成人だけでも2000万人に達するでしょう。この「事実」をどちら側から見るかで、日本社会への評価はまったく逆になります。

ヨーロッパの社会学者ジグムント・バウマンは『廃棄された生』(昭和堂)で、欧米のゆたかな社会から排除されたひとたちを「Wasted Humans(人間廃棄物)」と呼びました。バウマンの念頭にあるのは難民や貧しい移民で、彼ら/彼女たちは「人間のリサイクル処理場」でも再生できずに捨てられていくのですが、こころを病んだビジネスパーソンやひきこもりなどもここに含まれるでしょう。

「ゴミ」とのちがいは、人間は「最終処分」できないことです。そして、自分たちを排除した社会にときに刃を向けるのです。

『週刊プレイボーイ』2019年9月2日発売号 禁・無断転載

コメントを閉じる

9件のコメント

  1. >「ゴミ」とのちがいは、人間は「最終処分」できないことです。そして、自分たちを排除した社会にときに刃を向けるのです。

    そういった社会の鬱憤がマグマとなって暴発したことが

    「革命」

    なのです。革命を期待する左翼なら、

    「社会の鬱憤を貯めること」をこそ考えるべきですな。

    政府がやる弱者や下層への援助を取りやめることから
    始めるべきです。

  2. >自分たちを排除した社会にときに刃を向けるのです。

    世界的に見ても犯罪率が低い国ですし、しかも犯罪率が下がる傾向にあるので、
    これは日本向けの記事になりませんね。

    多分これも結論を先に決めて書かれたんでしょ。

  3. かつて橘さんはこう書きましたね。

    ****************************************************************************************
    私を含め殆どの人は正義のために生きてなどいない。自分と家族の幸福を守るために生きている。例え遠い世界で多くの命が奪われようとも、私たちの日常は変わらない。だから、ニュースを見ながら小さなため息をつき、日々の仕事へと向かうのだ。理不尽な世界の中で、私たちは目の前にある問題を、一つ一つ解決していくしかない。今なら彼も、そのことが判るだろうか。
    「日曜日の人生設計/もう一つの幸福のルール/正義のために生きていますか」橘 玲/日本経済新聞2003/3/30
    ****************************************************************************************

    なのになぜ、
    「ゆたかで幸福な社会から「廃棄」されたひとたち」
    みたいなことをわざわざ書くのか???

    そういう層がいることを知っていても、
    ニュースを見ながら小さなため息をつき、日々の仕事へと向かうのだ。
    理不尽な世界の中で、私たちは目の前にある問題を、一つ一つ解決していくしかない。今なら彼も、そのことが判るだろうか。
    なはずでしょ?

    そういう下層国民がいることをことさらに書くことが
    商売、ひいては、

    「上見て暮らすな、下見て暮らせ」

    になっているというわけですか???

    トネガワ先生の方がまだ世の中の心理を突いていますよ。

    【カイジ】いい大人なら気が付くべき世の真理!利根川幸雄の名言まとめ – NAVER まとめ https://matome.naver.jp/odai/2147255639965287001

  4. >そして、自分たちを排除した社会にときに刃を向けるのです。
    要するに2000万の下民が社会からの最終処分(戦力外通告)を待たずに自ら命を絶つかテロ行為に走ると…まずは国家への警告として捉えるしかないのかな

    ところで、カイジって漫画はもう終了してるのですか?

  5. >ところで、カイジって漫画はもう終了してるのですか?

    もちろん現在も
    24億脱出編として続いていますね。
    ttps://yanmaga.jp/c/tobakudatenrokukaiji_24oku/

    ところで、「カイジ」はいくつかの
    商業スピンオフ作品を生み出しました。

    「トネガワ」と「ハンチョウ」ですね。
    ttps://ameblo.jp/fake-or-bluff/entry-12272678921.html
    スピンオフ作品の方が本家より面白いというのが、
    面白いところです。

    実はこれが

    フォーク (ソフトウェア開発)
    ttps://ja.wikipedia.org/wiki/フォーク_(ソフトウェア開発)
    になっていることに気づきましたか?

    ソフトウェア開発におけるフォークとは、
    あるソフトウェアパッケージのソースコードから分岐して、
    別の独立したソフトウェアを開発することである。

    オリジナルのプロジェクトよりも活発に開発が行われることがあり、
    「トネガワ」と「ハンチョウ」はまさにこの例です。

    「伽藍とバザール」は、コンピュータのソフトウェアのみならず、
    マンガやアニメにまでひろがっているのです。

  6. https://this.kiji.is/544987650273215585
    今日、こんなニュースがあった。

    西南女学院大の新谷恭明教授(教育学)は「成育環境などを無視した昔からある優生思想を基にした研究で、根拠はなく、これを持ち出すのは無知と言える」と述べている。

    日興證券(現SMBC日興証券)の創立者・遠山元一氏の父親は家を没落させた放蕩者だったが、そのダメ親父の子孫は人徳者・成功者が多い(例えば、スープストックトーキョーの遠山正道会長は遠山元一氏の孫で、ダメ親父のひ孫)。このことから、みやま市長の論理がインチキであることは明らかだ。

    みやま市長には、碓井真史『ふつうの家庭から生まれる犯罪者』(主婦の友社)をよく読んでいただきたいものだ。

    橘氏が『言ってはいけない』で犯罪と遺伝の関係について挙げたデータも、信憑性がないことは明らかだ。「自殺したければ夜道を歩け」と言われるほど犯罪の多いヨハネスブルグでもない限り、13%以上もの人が有罪判決を受けるわけがない。検挙率の高い日本でさえ、国民が生涯に有罪判決を受ける確率はわずか1.38%に過ぎない。

    P.S.「橘氏叩きをしている人って本当に日本語が読めないね」と言っている人がいたが、ヨハネスブルグでもない限り13%以上もの人が有罪判決を受けるわけがないことに気づかないような人に言われたくない。

  7. だから、「言ってはいけない」で味をシメた橘さんが、

    「本を読む層」=(上流階層)という本を連発することによって、

    本が読める自分たちはハイソなエリートであり、

    そうでない「下層民」を見下げることによって
    優越感をもたらしている
    というのが本当のところですよ。

    人は誰しも、
    「インフラストラクチャー」=「衣食住を基礎とした下部構造」
    がなければ生きていけないことにこそ気づくべきです。

    現在も停電して困っている千葉県の住人なら、

    「反原発」を声高にさけぶ
    雁屋哲のような

    「自称文化人」の
    オカシさに気づくはずですね。

  8. バファナバファナさんと尖沙咀さんの書き込みは考えさせられます。

    サラッと本を読む人は統計やデータの提示されると本当だと思ってしまいます。
    私もそうだったので2人の書き込みにはハッとさせられました。

  9. AIがどんなに発展しようが、

    メシを食わなければ腹が減り、

    部屋の片付けをしなければ、
    ゴミ屋敷になるのです。

    コンビニの品出し、
    部屋の片付け、
    ゴミの回収

    といった
    Last 1mileの問題は依然として残っているのです。

    ネット環境なら、4G、LTEそして5Gによって
    Last 1mileの壁が消滅するかもしれませんが、

    結局のところ、人間は、
    生物である「人間」であることから逃れられない
    ことをこそ理解するべきですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。