「他人を傷つけるような表現は許されない」は正しいのか? 週刊プレイボーイ連載(397)


あいちトリエンナーレの企画展「表現の不自由展・その後」がわずか3日間で中止されました。慰安婦像や昭和天皇をモチーフにした映像作品を展示したことが政治家などから批判され、脅迫行為にまで発展したためと主催者は説明しています。

この事件に関してはすでに多くが語られているので、ここではすこし別の視点から考えてみましょう。それは「共感」です。

前提として、「表現の自由」はもちろん守られるべきですが、「どのような表現でも許される」などということはありません。「そんなことはない」というのなら、バナナを持ったオバマ元大統領のイラストをネットにアップして、「表現の自由だ」といったらどんなことになるか試してみればいいでしょう。

リベラルな社会には暗黙の、しかし厳然たる「ポリティカル・コレクトネス(PC/政治的正しさ)のコードがあります。マイノリティを侮辱したり、攻撃したりするような「PCに反する表現」は事実上、禁じられているのです。

問題は、PCのラインがどこに引かれているのか、誰も納得のできる説明ができないことにあります。その代わり、「他人を傷つけるような表現は許されない」という「共感の論理」が使われます。バナナを持つオバマ元大統領のイラストは、世界じゅうの黒人を侮辱し、傷つけるから「表現の自由」の範囲には入らないのです。

ここまでは、極端な「自由原理主義者」を除けば、すべてのひとが合意するでしょう。しかしこの論理を拡張していくと、たちまち広大なグレイゾーンにぶつかることに気づきます。

社会が「リベラル化」するにつれて、女性や障がい者、LGBTなどへの侮辱は許されなくなりました。しかしそうなると、「日本人」への侮辱はどうなるのでしょう?

慰安婦像の展示に憤慨しているひとたちは、「日本人」であることを侮辱され、傷ついたと主張しています。だとしたら「表現の不自由展」を擁護するひとたちは、なぜ黒人や女性とは異なって、自分が「日本人」であることに強いアイデンティティをもつひとたち(日本人アイデンティティ主義者)を侮辱することが許されるのか、彼ら/彼女たちに説明しなければなりません。

「日本人は日本社会ではマジョリティだ」というかもしれませんが、日本人アイデンティティ主義者の自己認識は、「慰安婦問題や徴用工問題のような70年以上前の「歴史問題」によって攻撃され、差別されているマイノリティ」です。「日本人を侮辱しているわけではない」という反論は、「黒人を差別しているわけではない」という差別主義者の主張と区別できません。欧米のイデオロギー対立も同じですが、こうした議論は感情的な対立を煽り、双方の憎悪がとめどもなく膨らんでいくだけです。

だとしたら問題は、「他人を傷つけてはならない」という「共感の論理」にあるのではないでしょうか。

「共感」とは無関係に「表現の自由」を定義できるなら、「傷ついた!」という人が現われても、「それは自由な社会を守るためのコストだ」と説明できます。もっとも、そのような明確な基準がないからこそ、世界じゅうでPCをめぐる混乱が起きているのでしょうが。

参考:ポール・ブルーム 『反共感論―社会はいかに判断を誤るか』(白揚社)

『週刊プレイボーイ』2019年8月26日発売号 禁・無断転載

コメントを閉じる

6件のコメント

  1. 同和地区を掲載することは「絶対に」許されないのか?
    ttps://www.tachibana-akira.com/2012/10/5137

    「ひとが嫌がることをする表現の自由はない」なら、
    映画を観ることすらできない 
    ttps://www.tachibana-akira.com/2015/04/6815

    との整合性はどのようにお考えでしょうか?

    リバタリアンを自称するなら、
    どんなパッシングやテロ行為を受けても
    「表現の自由」をこそ守るべきでは???

    それでテロで死んでも「本望」でしょ???

  2. 日本人アイデンティティ主義者って…

    わたしも日本人だけど、慰安婦や徴用工の件で傷つけられた!!!なんて思わない。
    思う人って、“日本人”であること以外に、アイデンティティのない非個性的な人なのかな??

    結構な人から聞く言論なんだけど、日本・東京で走り回っている風俗求人を大音量で垂れ流している車あるじゃない?あれに対する言論で、女性が貧困化したら体売って稼げ!!って強制的に国から言われているって感じる人がいるそうです。
    慰安婦や徴用工を日本は”解決済み”としたり、”強制ではなかった”と主張していますが、日本の主張であっても、体を売るしかない状態、強制労働をするしかない状態へとされて、言うことを無理やり聞かされたってことになると思うんですよね。

    韓国と日本、もしくは中国と日本、もしくは台湾と日本、どの関係であっても、日本は加害者側なのだから、私たち日本人は、加害者として誠実に被害者の痛み苦しみに寄り添うしかないと思います。
    だって、橘玲さんも言っていたけど、被害者は100倍だっけ??10倍だっけ??3倍だっけ??倍率は忘れたけど、被害者は痛み苦しみをなかなか忘れられないし、心の傷が癒えるまで、加害者は謝罪し続ける必要あると思いますけどね。

    解決済みだから被害者に謝る必要はないと言う加害者側や第三者がいれば、復讐物語にあるように、被害者の痛み苦しみを加害者も同じだけ味わってみる必要がありますよね。
    やられたらやられる、慰安婦問題でレイプした奴は一度されてみればいいと思うし、徴用工問題で強制労働した奴は一度強制労働されてみればいいんだよ、他人の痛みを知るには被害者になってみるのが一番!

  3. ゆん(27歳若年男性ミグタウ) さんの書き込み直ぐ分かるなw
    何時も同じ事言ってるし。

  4. 朝鮮人アイデンティティ主義者って…

    わたしも元朝鮮人だけど、慰安婦や徴用工の件で傷つけられた!!!なんて思わない。
    思う人って、“朝鮮人”であること以外に、アイデンティティのない非個性的な人なのかな??

    結構な人から聞く言論なんだけど、かつて朝鮮半島では「妓生:キーセン」といって、
    売買春はふつうに行われていたし、外貨を稼ぐための大切な手段でした。
    もちろんいまでもありますね。

    ならなんで慰安婦や徴用工を、戦後70年以上も過ぎた

    今になって「なんども蒸し返してくるの???」といえば、

    選挙などで、それが
    「有効なポピュリズム的集票手段」
    になってくるからだよ。

    選挙になれば、何をおいても
    「勝つことが」大事で、

    そのためにかつて日本統治下において
    「日本」はこんなに悪かった!
    と言って、
    それに乗じて、あることないこと言えば
    どんどん票が集まるって算段。

    そもそも、どんな国でも侵略と陵辱をくりかえしてきた歴史がある。

    欧米諸国は言うにおよばず、

    大陸でいろんな民族が覇権をかけて争ってきた歴史は
    三国志を例にあげるまでもないですな。

    たとえば、清は、
    満洲人が大陸を侵略して成立したけど、その後の
    大陸の内戦によって国内が混乱していたけど、
    関東軍のおかけで満洲国人のための国が
    一時的にせよできたということもある。

    その後の中華民国→中華人民共和国の歴史は
    あまり喜ばしいものでなかったことは、

    現在の「香港」の状況がすべてを物語っているね。
    だから、侵略者=「悪」、民族自決=「良」
    というわけではないんだよ。

    「香港人」なんかは、「イギリスの植民地」
    だったことに誇りをもっていて、

    できることなら
    「大英帝国の一員」に戻りたいと思っているはず。

    民族自決が正しいとおもうのなら、

    北朝鮮や中共に亡命してみれば良いんだよ。
    社会主義国というのが、実はこの世の地獄であるということを
    体験してみるのが一番!

  5. ちょん(27歳在日男性帰化済み)さんの書き込み勉強になるな。
    GJ

  6. 私=韓国人=民族=国家というアイデンティティがあり、集団的に「恨」という感情を持ち続け、政府がそれを焚き付け続ける限り、過去の出来事は何度も蒸し返されるし、いくら謝罪や賠償をしても納得してもらえるものではない。
    韓国人がこの図式に自ら気付けば、溶けていくだろうがそれはまずないだろうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。