第81回 ダウと日経平均、株価に陰謀?(橘玲の世界は損得勘定)


久しぶりに田舎に帰って同窓会に出たのだが、その二次会で、私が金融についての本を書いていることを知っている友人から質問を受けた。日経平均とダウ平均(ニューヨーク株価)で、なぜこれほど株価がちがうのか、というのだ。

日経平均が2万円、ダウ平均が2万ドルとして、1ドル=100円で円換算すると200万円になる。友人の疑問は、アメリカの株価がなぜ日本の100倍にもなるのか、というものだった。

「株式指数を円換算して比較しても意味はないよ」と答えたのだが、「でも日経平均は225社の、ダウ平均は30社の株価の平均でしょ」という。これはたしかにそのとおりだ。

「いまの株価を単純平均してるわけじゃないから」と説明しようとして、はたと困った。株式の分割や合併、銘柄の入れ替えによって指数は繰り返し調整されてきているが、どのような経緯で現在の株価になったのか知らないのだ。

そこで、「株価が高いか安いかは重要な問題ではないよ」と話を変えてみた。株式を10分割すれば株価は10分の1になるが、会社の価値は変わらない。株価1000円の会社より1万円の会社の方が規模が大きいということにはならないのだ。

だがこの作戦も、さしたる効果はないようだった。彼は日本とアメリカの会社を比較して、どちらの株価が高いかを問題にしているのではなく、なぜアメリカ市場の平均株価が日本市場の100倍なのか知りたがっているのだ。

そこで、アメリカと日本の株式市場の時価総額を持ち出して、「米国市場は世界の約半分、日本市場は1割を切っているけど、その差はせいぜい6倍くらいだよ」と答えた。しかしそうなると、株式市場の時価総額が6倍なのに「平均株価」がなぜ100倍なのか訊かれることになり、やはり答えに窮してしまう。

ことここに至って、降参するほかなくなった(うまく説明できるひといますか?)。そこで、なぜそんなことに疑問を持つのか逆に訊いてみた。

私は根本的に勘違いしていた。株価指数についてのテクニカルな質問だと思っていたのだが、彼がいいたかったのは、日本に比べてアメリカの株価が「100倍」も高いのは、なにかの「陰謀」にちがいないということだった。隠された秘密がなければ、こんな極端なことが起きるわけがないというのだ。

世の中には、あらゆるところに「陰謀」を見つけるひとがいる。一時期は「TPP(環太平洋パートナーシップ)協定はアメリカの陰謀」と大合唱していた「知識人」たちがいたが、トランプは「TPPはアメリカにとってなにひとついいことがない」としてさっさと脱退してしまった。なぜこんなことになるかというと、実態が明らかでないなら、どんな陰謀論も(なんとなく)合理化できるからだ。

なるほど、こうして「陰謀論」が生まれるのかと驚いたが、彼が納得するような回答をするのは私の力量では無理だと思い知らされて、あいまいな笑いとともにその場を去るしかなかった。

橘玲の世界は損得勘定 Vol.81『日経ヴェリタス』2019年1月27日号掲載
禁・無断転載

コメントを閉じる

9件のコメント

  1. >なるほど、こうして「陰謀論」が生まれるのかと驚いたが、彼が納得するような回答をするのは私の力量では無理だと思い知らされて、あいまいな笑いとともにその場を去るしかなかった。

    「バブル期に東京23区の土地の値段でアメリカ全土が買えたみたいなもんだよ」
    と答えておけばよかっただけの話です。

    以前にも言いましたが、

    「世の中というものの現象は、その理由が複雑でわからないことも多いのです。
    ところが、民衆というか普通のひとは、ある現象について「その理由を」求めるものなのです。
    理由というかその原因を求める民衆というものがある以上、適当な理由をでっち上げて
    いるのが現状なのです。「説明責任」という言葉が「真実」を語っていると思ったら
    大間違いなのです。」

    「オッカムの剃刀」と不愉快な世界 週刊プレイボーイ連載(178) ttps://www.tachibana-akira.com/2015/0

    なのです。

  2. 平成27年に、第一審で有罪判決を受けた者(交通事故、過失犯及び道路交通法違反を除く)は47,191人であった。
    検挙された者の48%が再犯者であったが、有罪判決を受けた者の再犯者の割合もこれと同じだと仮定すると、新たに有罪判決を受けた者は、
    47,191×0.52=24,539人となる。
    日本人の平均寿命は84年だから、生涯に有罪判決を受ける日本人は
    24,539×71=1,742,269人となる。
    日本の人口は1億2,600万人だから、日本人が生涯に有罪判決を受ける確率は1.38%となる。(交通事故、過失犯及び道路交通法違反を含めても1.75%にしかならない)
    検挙率の高い日本でさえ、国民が生涯に有罪判決を受ける確率は1.38%程度に過ぎないのだから、ヨハネスブルグでもない限り13%以上もの人が有罪判決を受けるはずもない。

    そうそう、ヨハネスブルグで思い出した。
    「陸上競技では黒人が優性なのは明らかだ」とぬかす輩がいたが、それならなぜオリンピックでアフリカ諸国がメダルをほとんど取れないのだろう?(陸上競技で黒人が強いのなら、アフリカ諸国がメダルを独占するはず)

  3. >「陸上競技では黒人が優性なのは明らかだ」とぬかす輩がいたが、それならなぜオリンピックでアフリカ諸国がメダルをほとんど取れないのだろう?(陸上競技で黒人が強いのなら、アフリカ諸国がメダルを独占するはず)

    オリンピックはスポーツの祭典というより、国家の威信をかけた
    国内外へのアピール場所と理解すれば、その答えは明白です。

    遺伝的素質をもった人間をどんどん自国に帰化させてゆけば
    その国は強くなるだけのハナシ。

    スポーツ界で黒人系の遺伝子を持つ人が優位なのは
    明白で、
    スポーツ選手長者番付
    ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E9%81%B8%E6%89%8B%E9%95%B7%E8%80%85%E7%95%AA%E4%BB%98

    マウスを合わせると顔写真が出ます。黒人優位は明白ですな。
    逆にアジア系はほとんどいません。

  4. 尖沙咀殿、ナイスフォローに心より感謝申し上げる。

  5. スポーツの話で、今日気になったことがある。

    今年のプロ野球の選手名鑑が発売されたが、北海道日本ハムファイターズの選手年俸は福岡ソフトバンクホークスの3分の1なのに、ソフトバンクよりも日ハムの選手のほうが若干イケメンに感じられた。(俺はアンチソフトバンクだから、ただの先入観かもしれないが)

  6. >今年のプロ野球の選手名鑑が発売されたが、北海道日本ハムファイターズの選手年俸は福岡ソフトバンクホークスの3分の1なのに、ソフトバンクよりも日ハムの選手のほうが若干イケメンに感じられた。(俺はアンチソフトバンクだから、ただの先入観かもしれないが)

    日ハムの時価総額(5千億円弱)と
    ソフトバンクの時価総額(10兆円超)
    の違いですよ。

     いいたかったのは、日ハムに比べてソフトバンクの株価時価総額が「20倍」も高いのは、なにかの「陰謀」にちがいないということだった。隠された秘密がなければ、こんな極端なことが起きるわけがないというわけでしょ。

  7. 平均の取り方が100倍っていうのはアメの方が
    数字に対する耐性が高いからですかねぇ。
    日本がデフレなのも日常に落とし込んで一万?高いねぇ
    100万??大金じゃんみたいな感覚を持ってしまうからなのかも。

  8. 参入障壁ですよ。
    「資本家(出資者)」の端くれになる最低資金(実弾)をアメリカ企業は日本の100倍に設定しているのです。

  9. >「資本家(出資者)」の端くれになる最低資金(実弾)をアメリカ企業は日本の100倍に設定しているのです。

    日本株はたいてい100株単位(昔は1000株単位だった)
    米国株は1株から買えるし、市場で買えるETFの種類も日本よりずっと種類があります。

    ヘーゲル曰く、「存在するものは合理的である。」

    株価がそうなっているのは、
    そうであることが「合理的」だからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。