靖国神社の宮司が「反天皇」になった理由 週刊プレイボーイ連載(358)


靖国神社の宮司が天皇を批判するという前代未聞の出来事が発覚し、保守派のあいだに激震が走っています。

報道によれば宮司は、「どこを慰霊の旅で訪れようが、そこには御霊はないだろう」と今上天皇の慰霊の旅を否定し、「はっきり言えば、今上陛下は靖国神社を潰そうとしてるんだよ。わかるか」と述べています。それに加えて、「もし、御在位中に(今上天皇が)一度も親拝なさらなかったら、今の皇太子さんが新帝に就かれて参拝されるか? 新しく皇后になる彼女は神社神道大嫌いだよ。来るか?」と語ったようです。

この発言が報じられて宮司は退任の意向を示しましたが、これだけではとうてい収まりそうもありません。靖国神社は明治維新以来の英霊を祀るために、天皇を祭司として建立されました。その天皇を宮司が否定するならば、神社として存続する根本的な理由を問われます。

暴言の背景には、A級戦犯合祀以来、天皇が靖国を親拝していないことがあります。保守派は諸外国の批判に配慮する「君側の奸」を攻撃してきましたが、元宮内庁長官のメモによって、「だから、私はあれ(A級戦犯合祀)以来参拝していない。それが私の心だ」という昭和天皇の発言が明らかになりました。

靖国神社は祭司である昭和天皇にいっさい相談せず、独断でA級戦犯を合祀しています。昭和天皇はそれに納得せず、今上天皇もその意を汲んで、在位中にいちども靖国を訪れない。このままでは皇太子も同じで、「天皇の社」である靖国神社はつぶれてしまうのではないかという危機感が宮司の暴言になったのでしょう。

今上天皇が朝鮮半島にゆかりのある神社を訪問したとき、ネットでは天皇を「反日左翼」とする批判が現われました。従来の右翼の常識ではとうてい考えられない奇妙奇天烈な現象ですが、ネトウヨ(ネット右翼)の論理では、天皇であっても「朝鮮とかかわる者はすべて反日」なのです。

これと同様に、靖国神社の宮司の論理では、英霊に親拝しない天皇は「反靖国」であり、「反日」だということなのでしょう。宮司が会議でこれを堂々と発言し、それに対してなんの反論もなかったということは、神社内部でこうした議論が日常的に行なわれていたと考えるほかありません。驚くべきことに、保守派がもっとも大切にする靖国神社はネトウヨの同類に乗っ取られていたのです。

天皇が靖国に来られない原因をつくったのが自分たちなら、なにをいっても振り上げた拳は自分のところに戻ってくるだけです。A級戦犯合祀が問題の本質である以上、分祀以外に天皇親拝を実現する方法はないでしょうが、それを自分からいうことはできません。靖国神社が独断で合祀したことについて、これまで陰に陽に批判されてきており、それに耐えきれず「なにもかも天皇が悪い」と“逆ギレ”したと考えれば、今回の異様な出来事も理解できます。

靖国神社が「反天皇」であることが白日の下にさらされて、まっとうな右翼/保守派は自らの態度を示すことが求められています。いまのところ、重い沈黙が支配しているだけのようですが。

『週刊プレイボーイ』2018年10月29日発売号 禁・無断転載

コメントを閉じる

11件のコメント

  1. んなもん、
    「靖国神社の宮司」である以上、その組織である「靖国神社」が一番で、
    「反靖国」の今上天皇を批判するのは当然といえば当然ですな。

    もっといえば、
    「反靖国」の今上天皇を批判する
    ことができることこそ、

    日本の社会がリベラルであることの証左でしょ。

    皇居前には
    南朝のヒーローである「楠正成像」がありますが、

    南朝を支えたヒーローの像を皇居の目の前に設置するというのは、
    現皇室が北朝由来であり北朝系が正統とする点からは違和感があります。
    ttps://ameblo.jp/redcrossbike/entry-11232965677.html

    もっともこれも、強敵と書いて「とも」と読む
    ttps://dic.pixiv.net/a/%E5%BC%B7%E6%95%B5
    日本の文化なのかも。

  2. 関連記事読みましたが、当宮司は宮内庁訪れて陳謝されたみたいですね。
    靖国神社は氏子がおらず、戦没者遺族の寄付で資金を賄っていて、
    その遺族の高齢化がすすみ、台所事情が厳しくなってきている。
    そんな背景があり、天皇が参拝しないことへの不満が鬱積して、
    この発言につながったみたいですね。
    「ネトウヨ」「反日」だのに結びつけるのは、サヨクの牽強付会で、
    この問題の本質は、結局、橘先生ご専門の「お金」の話なんでしょう。

  3. >この問題の本質は、結局、橘先生ご専門の「お金」の話なんでしょう。

    お金の問題だけなら、
    「靖国神社」が、
    艦これでもガルパンでも

    タイアップ(靖国神社公認!)するなどして
    稼げば良いだけの話。

    「東條英機」のブロマイド1枚100円
    が目玉商品になるかも。

    いわゆるA級戦犯とされている
    人物であっても、
    戦後何十年も経て
    評価が変わった人もいるのです。

  4. >ネットでは天皇を「反日左翼」とする批判が現われました。
    ネットの書き込みを鵜呑みにする自体おかしな話しですし
    これを書いたのはネットウヨじゃなくてブサヨ(左翼)かもしれませんよ。
    ネットの誰か書いたか分からない文章を引用して批判する橘さんの芸風は
    ちょっとついて行けませんね。

    橘さんの困ったときのネットウヨ叩き記事はなくなりませんね
    なぜかブサヨ叩き記事は皆無ですよね。
    やはり進歩的文化人なのでしょうか。

  5. 大手の出版社はほとんどが左寄りなので、
    物書きする人は、左寄りの内容にならざるを得ないのでしょう。
    右寄りにいくと、爆発的に売れたりすることもありますが、
    百田氏・杉田議員そして安倍総理でみるように、バッシングがすごい。
    メンタル弱くて世渡り上手な人なら、ふつうサヨクに媚びるでしょうな。

  6. 上の方はこのブログも橘さんの著作も読まれてないんでしょうか。
    最近の橘さんはもっぱら「リベラルを自称する人」の欺瞞に対する批判ばかりですが。

  7. ここは、
    ”A級戦犯”と呼ばれて
    処刑された人たち
    について、再度評価を見直すべきでは?

    たとえば、松岡洋右について、

    昭和天皇は松岡を徹底して嫌っていた。『昭和天皇独白録』にも「松岡は帰国してからは別人の様に非常なドイツびいきになった。恐らくはヒットラーに買収でもされたのではないかと思われる」、「一体松岡のやる事は不可解の事が多いが彼の性格を呑み込めば了解がつく。彼は他人の立てた計畫には常に反対する、また条約などは破棄しても別段苦にしない、特別な性格を持っている」、「5月、松岡はソ連との中立条約を破ること(イルクーツクまで兵を進めよ)を私の処にいってきた。こんな大臣は困るから私は近衛に松岡を罷めさせるようにいった」というような非常に厳しい言葉を残している。

    しかし、

    満鉄総裁時代のオトポール事件ではユダヤ人難民救援用の列車を出動させるなど積極的に動いており、ナチスの不興を買っている。また、1940年(昭和15年)12月31日には、在日ユダヤ人の実業家らとの会合の中で、「人間ヒトラーとの提携が、ただちに日本で反ユダヤ政策を実施するということでは無い」と約束している。また、「これは私個人の見解では無く、日本の見解である」とまで述べており、反ユダヤ主義者ではなかった。

    ように、ユダヤ人を多数救ったという面もあるのです。もちろんそれは、

    満蒙は日本の生命線

    だったからなのですが。

  8. 単にこれは、
    「宗教対立」
    でしょ。

    カトリックとプロテスタントの対立、
    シーア派とスンニー派の対立みたいなもんですよ。

    靖国神社の宮司からすれば、

    「なんで天皇は英霊に親拝しないか?
    そりゃ先の大戦ではいろいろあったけど、
    みんなお国にために戦った御霊なんだよ。」

    とおもっていることでしょう。
    A級戦犯合祀だからダメ
    というのを見直すべきなのです。

  9. 昭和天皇の責任を回避する代わりに裁判で戦犯として犠牲になった側面があるのだから、
    合祀されていても天皇に参拝して欲しいと思うのは結構まともな感覚だと思います。

    橘さんは「奇妙奇天烈な現象」と言いっていますが、反日左翼という言葉が適切ではないにしても、右翼、保守であれば(今上)天皇を無条件に支持するはずというのは間違いではないでしょうか。
    彼らはある価値観やシステム、社会体制を支持しているのであって、天皇個人を崇拝しているわけではないと思うのですが。

  10. 筒井康隆の短編小説で、

    日蓮が現代にタイムトリップして
    創価学会の活動をみかねて注意したら
    学会員にくそ坊主とぼこぼこにされた話がありました。

    『末世法華経』
    (新潮文庫、『笑うな』所収)です。

    日蓮と創価学会の関係を
    天皇とネトウヨに置き換えれば
    現状そのものでしょ。

    50年前に書かれたとは思えない作品ですな。
    筒井康隆は当時からスゴかった。

  11. 別に、保守を利用して伝統に甘えてるファミリーでないことは理解してほしい

    たぶん、若い世代ほど理解できないだろう。もう、ほぼ三年前の自分のように…

    幼馴染みの彼らは僕に言った。あの役割やっていただけるだけで幸せな気持ち

    俺は、本当の日本の英雄伝説を描きたいと言った瞬間に返された言葉のエナジー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。