第79回 「第二のスルガ銀」すぐ現れる(橘玲の世界は損得勘定)


スルガ銀行の不適切な投資用不動産融資を検証した第三者委員会の調査報告には、信じがたい行員の体験談が並んでいる。

「数字ができないなら、ビルから飛び降りろと言われた」「上司の机の前に起立し、恫喝される。机を殴る、蹴る。持って行った稟議書を破られて投げつけられる」「ものを投げつけられ、パソコンにパンチされ、オマエの家族を皆殺しにしてやると言われた」……。これが現代日本の、地域の名門金融機関で起きていたことだと思うと、暗澹たる気持ちにならざるを得ない。

この事件が明らかにしたのは、日本社会が戦前の軍隊的体質からなにひとつ変わっていないという衝撃的な事実だ。大学アメフト部や相撲、体操などスポーツ界もまったく同じで、次から次へと同じような不祥事が暴かれる。なぜなら、日本人はみんな軍隊が大好きだから。「リベラル」を自称する組織を含め、放っておくとピラミッド型のタコツボを自然につくりあげてしまうのは、閉鎖的なムラ社会でしか生きられないからだろう。

あらゆる組織に共通することだが、うまくいっているときには隠されていた欠陥が、状況が悪化するにつれて前面に出てくる。日本型組織のもっともグロテスクな側面は、売上が落ち込んだり試合に負けはじめたりすると、その失敗を暴言や暴力で解決しようとすることだ。上司やリーダーにプロフェッショナルとしてのマネジメント能力がないから、部下を掌握できなくなると、あとは殴って従わせるしかなくなるのだろう。

第三者委員会によって、スルガ銀行は「極端なコンプライアンス(法令順守)意識の欠如が認められ、企業風土の著しい劣化があった」と断じられた。この異例なまでにきびしい指摘は、「社会に存在する資格がない」といわれたのと同じだ。

なぜこんなひどいことになってしまうのか。これはすでに指摘されているように、日銀の超金融緩和政策によって、日本の金融機関が金利差から収益をあげられなくなってしまったからだろう。

それでも、会社を存続させて社員に給料を払うためには、どこかで収益をあげなくてはならない。その方法はたぶん2つしかなく、ひとつは不動産担保融資で、もうひとつは手数料率の高い金融商品の販売だ。

住宅ローン市場は飽和状態で、地方の銀行では大手金融機関やネット銀行に対抗できない。優良企業はそもそもカネ余りで、事業資金を借りる必要はない。だからこそスルガ銀行はシェアハウスへの融資というニッチ市場に特化したが、それが行き詰まって暴言と暴力が横行する異様な組織に変貌し、統治そのものが崩壊してしまった。

だがこうした状況は、他の金融機関も同じだ。いまでは大手銀行や証券会社、生命保険会社も、高齢者にデリバティブを組み込んだ複雑な金融商品を売りつけたり、手数料率の高い「節税」商品を強引に販売していると批判されている。「貧すれば鈍す」の構図はまったく同じで、いずれ同様の不祥事が飛び出してくるのは時間の問題だろう。

橘玲の世界は損得勘定 Vol.79『日経ヴェリタス』2018年10月7日号掲載
禁・無断転載

コメントを閉じる

7件のコメント

  1. 必ずしも、日本型組織の問題ではないかとも思います。
    同様のパワハラ問題が、アメリカの名門銀行といわれた
    ウェルズ・ファーゴで起こっています。
    こちらは、不動産融資ではなく猛烈な圧力をかけて不正口座を
    開設させるというものでしたが。
    するが銀行のパワハラの専務は、融資部まで圧力をかけて、
    本来融資が通らない案件まで無理やり通す権力があったとかで、
    組織の問題というより、一個人の暴走と捉えることもできます。
    「かぼちゃの馬車」は、高い家賃設定でみかけ高利回りを設定し、
    アパートが建てられない旗竿地のクズ地に抜け道としてシェアハウスを建て、
    家賃保証もつけて、高属性のサラリーマンや公務員等に
    高い金利で貸し付けるというスキーム(最後は家賃保証会社が破綻)
    ですが、似たようなことはじゃんじゃんCMを流している
    賃貸アパート建設会社も行なっています。
    スルガ銀行の問題は、不動産業界の闇をあぶりだした大事件ですが、
    これら大スポンサーに配慮してか、今ひとつマスコミの反応は
    鈍い感じがします。

  2. 塾太郎さんも書かれてますが、日本型組織とか戦前の軍隊的体質とかの問題ではないと思います。
    橘玲さんは何時も結論は同じで日本社会が悪いに当てはめますからそう見えるのでしょう。

    アメフトもアメリカで監督の命令で相手選手を壊してた事例もありますし、少し調べれば分かるのに時事ネタ歴史ネタは結論を決めて書きますね。

  3. 私は静岡県から遠くはなれたところに住んでいますが、
    スルガ銀行の口座を持っています。

    その理由は「航空マイラー」ならだれでも知っていますよね。

    「スルガ銀行ANA支店」の存在

    ですよ。コンビニATM利用者やANAマイラーなら持っていて
    損はない口座ですね。

    そういう手段で集めたカネを貸し出す手段として、
    「かぼちゃの馬車」
    みたいなのに手を出さざるを得なかったところが

    スルガ銀行の悲劇

    でしょうが、未だに土地神話を信じている人は
    私以上の世代の人にはとても多いです。

    マンガ「ナニワ金融道」において主人公の灰原が帝国金融社長、金畑に向かって進言するシーンがある。灰原「もうこれからの時代、土地や建物といた不動産を担保に貸付をするのは古い、ナンセンスだ。そのやり方では焼畑農業と同じで人を不幸にして焼き尽くしてオワリだ。これからは商売のアイデアとか人に投資する、という考え方もアリだろう」と、最近ハヤリの評価経済社会みたいな話をする。すると金畑社長は激怒するのだった。「そんな夢みたいなこと言ってて金貸しが勤まるのか、と。アイデアだの人だの信用できるか。今は土地バブルは終わったとか言われているが、必ず土地神話は復活する。ナゼならこんな狭い国土に1億人からが生きているのだ。土地と不動産が一番確実な担保となり得るのだ」と。
    ttps://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRhs_37NaWXhT7XFD4EjyKw1o3YyTzCEa-YqnEy3gleuE4huXFX

    土地神話は正しかったですな。
    もっともそれは、
    「東京23区内」においてのみですが。

    「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
    ttps://mainichi.jp/articles/20181016/k00/00m/040/162000c

  4. 単なるスルガ銀行の体質ですよね、これ。日本的経営が問題なら、日本中で起きてるんじゃないでしょうか?
    また軍隊的な体質と言うなら、自衛隊や警察、消防でも起きてると思うんですがね。

    最近の橘氏がこじつけが酷いですね。そのうち誰も見向きしなくなりますよ。

  5. 結局のところ、金融機関が貸し出しを行う場合、

    「何を担保とできるか?」

    という問題に帰着するわけで、

    銀行などの場合、結局不動産以外を適切に評価できない

    ということなのです。

    ビル・ゲイツでもスティーブ・ジョブスでもスティーブ・ウォズニアック
    でも、最初銀行は無担保では貸さなかったはずです。

  6. なんでドル箱の住宅ローンから、収益あげないんだろう。
    おかげさまで、タダ同然でお金が借りられて助かってます。
    情弱を騙せば収益を上げられるのかもしれませんが、もう少し頭使って下さい。

  7. >なんでドル箱の住宅ローンから、収益あげないんだろう。

    住宅ローン市場は飽和状態で、地方の銀行では大手金融機関やネット銀行に対抗できない。
    からですよ。
    メガバンクが消費者金融に接近したり、海外投資に手をだしたりと、
    収益機会があればなんでも手をだしている現在、

    橘さんがスルガ銀行のような
    「二番手以下の地銀」の経営陣
    だったとして、何に活路を見つけますか?

    「半沢直樹」は現実にはいないのです。

    ソニーがエレクトロニクスから金融会社に転身できたのは、

    やっぱり
    「ソニー」
    というネームバリューがあったからでしょ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。