第73回 働き方改革、「身分制」打破から(橘玲の世界は損得勘定)


安倍政権の進める働き方改革では、残業時間を減らして生産性を高めることが強調されている。しかしその前に、「なぜ日本の(男女の)サラリーマンは残業時間が長いのに、先進国でいちばん生産性が低いのか」をちゃんと考える必要がある。

世界の労働者のエンゲージメント(会社や仕事に対するかかわり方)の度合いを調べると、日本のサラリーマンは最低レベルだ。それもひとつの調査ではなく、OECDを含む10の機関でほぼ同じ結果が出ている。

これを手短に要約すると、「日本のサラリーマンはものすごく長い時間働いているものの、生産性がものすごく低く、世界でいちばん会社を憎んでいる」ということになる。なぜこんなヒドいことになるのだろうか。

家庭に目を転じてみると、日本では若い女性の3割が「将来は専業主婦になりたい」と思っているという。しかし不思議なことに、家庭生活に満足している女性の割合を国際比較すると、共働きが当たり前のアメリカやイギリスでは7割が「満足」と答えるのに、日本の女性は4割ちょっとしかない。専業主婦になりたくて、実際に専業主婦になったにもかかわらず、彼女たちの幸福度はものすごく低い。

じつは、この問題はコインの裏表だ。専業主婦の家庭には、家事育児を妻に丸投げして会社に滅私奉公する夫がいる。

男が外で働き女が家で子育てをするモデルは、アメリカに憧れて戦後の高度成長期に定着したものだ。しかし不思議なことに、「輸入」から50年もたっていないこのライフスタイルが「日本の伝統」といわれている。これは専業主婦モデルが、日本社会の根幹にある「身分制」に見事にフィットしたからだろう。

日本では、男は会社という「イエ」に、女は家庭という「イエ」に所属する。女性が出産を機に会社から排除されるのは、会社と家庭というふたつのイエに同時に属することができないからだ。子育てが一段落してもパートなどの仕事にしかつけないことが、女性管理職がきわめて少ない理由になっている。

ジェンダーギャップだけでなく、「正規」と「非正規」、「親会社」と「子会社」、「本社採用」と「現地採用」などあらゆるところに「身分」が顔を出す。日本は先進国のふりをしているが、その実態は江戸時代の身分制社会に近い。日本人同士が出会うと、まず相手の所属=身分を確認しようとするが、こんな「風習」は欧米ではもはや存在しない。

近代の理想は、自由な個人が自らの可能性を社会の中で最大化できることだ。こうした価値観は日本人も共有しているが、実際には男は会社、女は家庭というイエに押し込められて身動きがとれなくなってしまう。理想と現実のこのとてつもない落差が、日本人の幸福度を大きく引き下げているのだろう。

だとしたら、残業時間を減らしたところで収入が減るだけでなにも変わらない。「保守」の安倍首相だからこそ、日本社会の桎梏(しっこく)である「身分制」を打破し、国民が自由に生きられる社会を実現してほしい。

橘玲の世界は損得勘定 Vol.73『日経ヴェリタス』2017年12月31日号掲載
禁・無断転載

コメントを閉じる

5件のコメント

  1. >「保守」の安倍首相だからこそ、日本社会の桎梏である「身分制」を打破し、国民が自由に生きられる社会を実現してほしい。

    逆に考えられませんか???

    マルクスとエンゲルスの『共産党宣言』(1848年)においては、「今日までのあらゆる社会の歴史は、
    階級闘争の歴史である」と規定され、階級闘争は社会発展の原動力として位置づけられている。

    この日本社会の桎梏である「身分制」、すなわち「階級」が厳然としてあったからこそ、
    すこしでもよい「身分階級」になろうとして

    国民の多くが、お受験や就活に精を出し、

    その結果として、社会にある程度の
    「秩序」がもたらされてきたのでは???

  2. 、「日本のサラリーマンはものすごく長い時間働いているものの、生産性がものすごく低く、世界でいちばん会社を憎んでいる」ということになる。
     この理由がどこにも述べられていないように思われるが、これが日本の現状における一番の問題点だと考えている。江戸時代から続く身分制を打破すれば生産性があがることにつながるのだろうか?

  3. >この理由がどこにも述べられていないように思われるが、これが日本の現状における一番の問題点だと考えている。

    こんなの簡単ですよ。欧米などの先進国との商品やサービスの価格ギャップを調整するため、
    「円高」
    になるように為替等を誘導すれば、物価や賃金が急上昇して
    見かけ上の生産性の低さが調整されます。

    欧米やシンガポールで日系のラーメン店でラーメンを食べると2000円ぐらいします。

    仮に給料が倍になったとしても、物価が3倍になって生活が苦しくなるだけですが。

    サンフランシスコ郡では年収$103,500(約1,150万円)でも低所得になる
    http://www.30karanoryugaku.com/what-is-american-dream/

    日本の生産性の低さは、コンビニやファーストフード、ファミレスに象徴される
    コモディティ商品においても、

    「過剰品質」「過剰サービス」
    が要求されるためだと思いますが・・・

    欧米においては、日本以下サービスのファーストフード、ファミレスレベルでさえ、
    サービスにチップが不可欠だったりします。

  4. 諸外国と比べ、サービス業の生産性が日本は低いと言われるが、「過剰サービス」が背景にあること、デフレ環境下で適切な価格を転嫁できないことが最大の原因ではないだろうか。

  5. カンタン、簡単、素朴がたぶんかぁ・・・
    伽藍を上に置き個人を下に置く文芸春秋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。