みんなが求めているのは”品のいい”安倍政権? 週刊プレイボーイ連載(298) 


7月2日に行なわれた都議会選挙では、小池百合子東京都知事が率いる都民ファーストの会が大勝し、都知事を支持する公明党と合わせて過半数を確保しました(小池知事は選挙後に代表を辞任)。それに対して自民党は23議席の“歴史的大敗”で、「一強」といわれた安倍政権は大きな衝撃を受けました。

この選挙結果は、「国民は安倍政権を積極的に支持しているのではなく、ほかに選択肢がないだけだ」との説を強く裏づけました。森友学園や加計学園の疑惑に加え、稲田防衛大臣の失言や豊田議員の暴言という逆風下の選挙だったとはいえ、新しい選択肢が出てきたときに、有権者は自民党を見捨てることになんの躊躇もなかったのです。

ここでのポイントは、「都民ファーストは自民党とほとんど変わらない」ということでしょう。小池都知事は日本新党で政治家としてのキャリアをスタートしましたが、その後、自民党に入党し、小泉内閣で環境大臣として入閣、2005年の衆院選では「刺客」として郵政民営化に反対票を投じた自民党議員を落選させました。第一次安倍政権で防衛大臣を務めたあと、2008年年の自民党総裁選に立候補しています。この経歴からわかるように、そもそも自民党のまま都知事になったとしてもなんの不思議もないのです。

その一方で、自民党以上に“歴史的大敗”を喫したのが民進党(民主党)で、2009年には54議席で都議会の最大政党だったのに、13年に15議席、そして今回はわずか5議席に減り、公明党(23議席)はもちろん共産党(19議席)にも大きく引き離され、このままでは「泡沫政党」になってしまいそうです。

民進党は野党第一党として、国会で安倍政権の強権ぶりを強く批判してきました。三権分立は権力の暴走を防ぐ仕組みで、こうした活動は重要ですが、残念ながらその成果は国民にはまったく評価されていないようです。

すでに論じられているように、今回の都議会選挙は、マクロン新大統領が結党した共和国前進が308議席の地すべり的勝利を収めた6月のフランス総選挙にとてもよく似ています。ここでも、保守派(中道右派)の共和党が112議席で踏みとどまったのに対し、オランド前政権で与党だったリベラル(中道左派)の社会党は30議席の歴史的大敗を喫しました。

民進党は政権を失ったあと、「リベラルの再生」を目指して安倍自民党と対決し、共産党との選挙協力を模索してきました。しかし今回の都議選やフランス総選挙をみるかぎり、この戦略が有効かはきわめて疑問です。米大統領選では、リベラルを代表するヒラリーではなく、稀代のポピュリストであるトランプが選出されました。マクロン仏大統領はオランド政権の閣僚でしたが、その政策を見るかぎり現実主義の“グローバリスト”です。リベラルの掲げる理想が輝きを失い、たんなるきれいごととして忌避されるのは世界的な現象のようです。

成熟した先進国ではもはや政策の選択肢はほとんどなく、ひとびとは“ゆたかさ”という既得権を守りつつ、大過なく日々を過ごしたいと思っています。そんな日本人が求めているのは、安倍政権とそっくりでもうちょっと品のいい政治なのかもしれません。

『週刊プレイボーイ』2017年7月18日発売号 禁・無断転載

コメントを閉じる

16件のコメント

  1. >成熟した先進国ではもはや政策の選択肢はほとんどなく、ひとびとは“ゆたかさ”という既得権を守りつつ、大過なく日々を過ごしたいと思っています。そんな日本人が求めているのは、安倍政権とそっくりでもうちょっと品のいい政治なのかもしれません。

    とはいえ、なぜマスコミが
    森友学園や加計学園といった、
    ほとんどすべての日本人にとっては
    「どうでもよい問題」
    をやたらと焚きつけるのか?

    という疑問が残りますよね?

    ほとんどの日本人が求めているのは、
    もうちょっと品のいい
    「報道」
    なのですよ。

  2. >安倍総理の品の無さが出ているモリカケ問題。
    >品のある政治家がどこにいるというのか。

    「亜玖夢博士」のモデルである、

    「小室直樹博士」が
    ロッキード事件での「田中角栄元首相」を擁護したことはご存知ですよね。

    *****************************************
    1983年1月26日、ロッキード事件被告田中角栄への求刑公判の日、テレビ朝日の番組「こんにちは2時」の生放送に出演した。小室は田中角栄の無罪を主張し、田中角栄を優秀な政治家と評価していた。番組で小沢遼子ら反角栄側2人と小室による討論を行った。ところが冒頭、突然立ち上がってこぶしをふり上げ、「田中がこんなになったのは検察が悪いからだ。有能な政治家を消しさろうとする検事をぶっ殺してやりたい。田中を起訴した検察官は全員死刑だ!」とわめき出し、田中批判を繰り広げた小沢遼子を足蹴にして退場させられた。ところが翌日朝、同局はその小室を「モーニングショー」に生出演させた。その際さらに口調はパワーアップ、カメラの面前で「政治家は賄賂を取ってもよいし、汚職をしてもよい。それで国民が豊かになればよい。政治家の道義と小市民的な道義はちがう。政治家に小市民的な道義を求めることは間違いだ。政治家は人を殺したってよい。黒田清隆は自分の奥さんを殺したって何でもなかった!」などと叫び、そのまま放送されてしまった。この事件以後、奇人評論家と評されることになった。
    *****************************************

    現在、これをふりかえって、思い起こすべき点は、

    「政治家は賄賂を取ってもよいし、汚職をしてもよい。それで国民が豊かになればよい。政治家の道義と小市民的な道義はちがう。政治家に小市民的な道義を求めることは間違いだ。政治家は人を殺したってよい。黒田清隆は自分の奥さんを殺したって何でもなかった!」

    なのであって、
    国民の生活が豊かになればそれで良いのです。

    マックス・ヴェーバーの
    「職業としての政治」は、
    みんなもう一度学び直す必要がありますな。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%B7%E6%A5%AD%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%AE%E6%94%BF%E6%B2%BB

  3. 政治家に必要なのは、国民を豊かにすることで、蓄財は関係ない。蓄財出来ないような人が他人を豊かに出来るわけがない。孔子も朱子も蓄財を認めています。江戸時代に腐敗代表の柳沢/田沼時代は国民は豊かで、真面目な松平定信は経済を駄目にして、人民を不幸にした。(堺屋太一説) 日本の場合は成功者や金持ちに対する「嫉妬」がメデイアの騒ぎを大きくしている。
    日刊工業新聞の月刊誌「機械設計」に連載中の「中国文化入門」の9月号「腐敗」を読んでください。8月10日に出版です。  中国文化研究家  現在橘玲さんの「中国私論」を読んでいます。

  4. 精神の不安定化を狙った操作
    できるだけ感情の振幅をでかくとることが大事なんです。

  5. 安倍批判はいい加減に辞めにしませんか!

    日本のリーダーで史上初めてデフレを解決しようと
    具体的施策で打って出た英雄と記録される。

    橘玲との共通点は、側近が英雄の心を忖度しようとして、印象操作のためサイト編集に動き回り汗かく。

    これら英雄に立ち向かっていこうというのなら、君よイコールベターな改善策を公に投げかけよ

  6. >安倍批判はいい加減に辞めにしませんか!

    時の政権というか、与党を監視するのが、
    野党やマスコミの役目といえば
    そうなのですが、それが

    「角を矯めて牛を殺す」

    ことになりがちですな。

    田中角栄の
    「日本列島改造論」は、
    よく考えてみれば、

    ケインジアン

    そのものですが、それを否定した

    マネタリストも、

    「ビットコインに代表される仮想通貨」

    の出現は予想しえなかったでしょう。

    いっそのこと、政府と日銀が

    「NEO-YEN」
    (イメージキャラクターは、もちろんキアヌ・リーブス)

    という仮想通貨を発行し、
    それで財政赤字を償却すれば
    財政赤字もインフレも解消できそうなもんですが・・・

  7. 安倍政権を支持してメリットがあるのは国内外の金融資本家とかの超カネモチと、どうやっても這い上がれない極貧貧困層で、大体そこらへんが積極的支持者ですが。

    それ以外にも消極的支持者がいるのはまあ政治に対する諦めでしょう。橘先生流に言えば成熟?かな??

    小選挙区制のおかげで旧ソビエト共産党以上に集中した権力を使い、森友=中身は北朝鮮=学園に肩入れ(ネオリベ政権のくせに)したり、政権中枢に近いと利益のおこぼれに与れるとかやりたい放題なので、この成熟とやらが続くのかどうか見ものでしょう。

  8. そのような見解はよく見るけど、極貧貧困層が安倍政権を支持する理由って何?

  9. 安倍政権はネオリベ、新自由主義色の濃い政権です。
    基本的にネオリベは、所得の再配分を敵視した政体となります(岩盤規制ガー、というやつです)。
    再配分を行わないと極端な富の偏在を招きます(ハブ&スポーク構図…橘先生の著書にも出てきます)。一部の金持ちと大多数の貧者で構成される社会になります。
    極貧貧困層は社会に放置されたマイノリティですが、ネオリベ的政策によって今まで社会の中間だった階層が転落すれば膨大な貧困層がうまれ、マイノリティでなくなります。

    極貧貧困層にとっての「陥とすべき敵」は電話一本で数億円調達できる岩盤富裕層ではなく年収数百万の正社員たちです。
    いってみれば頂点と底辺の売国行為ですが、止める勢力は現れそうにのが口惜しいところです。
    めいくじゃぱんぐれーとあげいん!

  10. 日本代表suru権益側と、改革側に分かれて、関ヶ原となりやがれ

  11. >成熟した先進国ではもはや政策の選択肢はほとんどなく、ひとびとは“ゆたかさ”という既得権を守りつつ、大過なく日々を過ごしたいと思っています。

    概ねで同意ですが、ここの部分は違うように思います
    欧州型ポピュリズム台頭の根本原因は、左派がリベラリズムとグローバリズムを進めた結果、本来の支持者であった労働者階級や貧困層を置き去りにして、知識人やリベラルを好む新しい富裕層と繋がったためです
    その置き去りにされた層の不満を、マイナーだが特定支持層のいる政党が拾い上げ、さらに保守=既得権富裕層と、左派=知識層・リベラル(ハリウッドスターやセレブのような)の似たり寄ったりの政策批判を行ったことが始まりです

    日本の状況は移民問題が深刻化していないこと、浮動票層が急激な右傾化に拒否反応を示すこと、潜在的ポピュリズム政党だった維新の会の戦略的失敗、自民党が大衆向け政策と保守寄りの総裁を選ぶことで浮動票を取り込んだ結果にすぎません
    「ゆたかさ」という既得権益、大過ない日々というのは誰しもが望むことで、根底にあるのは日本の大多数であろう中道層が(森友加計騒動のような)大衆を置き去りにして非現実的なことを言う民主や共産に失望したという点が、欧米型ポピュリズムと類似しているということです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。