誰もがどこかで見たことがある暴言議員の“被害妄想ハラスメント” 週刊プレイボーイ連載(297) 


自民党の女性国会議員が10歳以上年上の政策秘書に浴びせた罵詈雑言が波紋を広げています。

大手広告代理店の新入社員の過労自殺を受けて、安倍政権は長時間労働など日本的な働き方の改革を掲げており、当の女性国会議員はその先頭に立つ厚生労働省の出身ですが、控えめにいってもこれはパワハラ以外のなにものでもありません。自民党の同僚議員は「あんな男の代議士はいっぱいいる」と述べましたが、これが事実であれば、民間企業にあれこれいう前に、政治家は自分たちがいかに「異常」であるかを認識すべきでしょう。

いったいなぜ、こんな常軌を逸したことが起きるのでしょうか。これが「一人のおかしな女がやったこと」ですませられないのは、同様の陰湿なハラスメントが日本社会のあちこちで起きているからです。

政治家秘書の仕事は自営業者の従業員と同じですが、特徴的なのは、次の選挙で落選すると雇用主である政治家は(おうおうにして)廃業し、秘書は問答無用で解雇されてしまうことです。非正規雇用の労働者でも契約期間が決まっていますが、選挙はいつあるかわからないのですから、これはより不安定な働き方です。当然のことながら、秘書はなんとかして生活を安定させたいと思うでしょう。

まっさきに思いつくのは、ほぼ確実に当選できる政治家の事務所に就職することです。大物政治家であれば20年や30年は政治活動をつづけますから、その間の収入が保証されると同時に、政治の世界のさまざまなしきたりを知悉することで転職も有利になります。しかしこれは、優良企業に運よく就職できたのと同じですから、なかなか空きのでない狭き門です。

それに対して新人議員の事務所には、政治の世界に興味がある若者などがやってきて、ベンチャー企業のような雰囲気になることがあります。そんな環境で自分も秘書も成長し、事務所から地方選挙や首長選挙の当選者を出すようになると、与野党を問わず政界で一目置かれるようになります。政治関係者はものすごく狭い世界に棲息しているので、評判はすぐに伝わるのです。

政治家の秘書にとって最悪なのは、次の選挙の当選もおぼつかず、無理難題をおしつけ威張り散らすだけの「先生」の下につくことです。政治家の側にも言い分があるでしょうが、こうした境遇は“災難”として秘書仲間に広がっていくので、スタッフがどんどん辞めていくと、次に入ってくるのはそれ以下の人材ばかり、という悪循環にはまりこんでしまいます。

国会議員は強大な国家権力にアクセスする特権をもっており、おまけに高学歴でプライドばかり高いと、自分に基本的な能力や人間力が欠落していることを認められません。自分がいっさい悪くないのなら、原因はすべて外部にあるはずです。こうしてとめどもなく被害妄想がふくらみ異様な言動を引き起こすのですが、じつはこれは政界だけでなく、日本の組織によくみられる光景です。

今回の出来事が世間の関心を集めたのは、エリートの“元お嬢さま”の裏の顔が暴かれたからでしょうが、それと同時に、似たような“被害妄想ハラスメント”を多くのひとがどこかで目にしたことがあるからではないでしょうか。

『週刊プレイボーイ』2017年7月10日発売号 禁・無断転載

コメントを閉じる

6件のコメント

  1. この問題は、豊田真由子議員が、

    親が政治家で資金も潤沢、という恵まれたお金持ちの生まれではなく、

    自分の努力で学歴社会を駆け上がり、政治家になった、ということになります。

    やはり、並々ならぬ上昇志向を持ち合わせていた人間だと言えるからですな。

    もし仮に、安倍首相のように、

    父方の祖父は衆議院議員の安倍寛、母方の祖父は後の首相・岸信介で、
    大叔父にはやはり後の首相・佐藤栄作がいる、という政治家一族であったならば、

    選挙のこともほとんど心配しないで良いし、仮に落選したとしても、
    どうとでもなるわけで、事実、一回退陣した首相が返り咲いたのは
    吉田茂と安倍晋三だけですよ。

    やっぱり政治家には、成り上がりではなく、
    ノブレス・オブリージュ
    が不可欠ですな。

    ノブレス・オブリージュ(仏: noblesse oblige ノブレソブリージュ)とは、
    直訳すると「高貴さは(義務を)強制する」を意味し、
    一般的に財産、権力、社会的地位の保持には責任が伴うことを指す。

  2. またもや面白かったじゃん!
    でもさあ、「良いセックスして満足する」ってことが出来てない中年の女なんて、あんなもんだよ。

  3. >みんなが忖度する社会で忖度を批判することは、自分の首を自分で締めるようなものなのです。

    そう決めつけるのは一種の怠惰である。

    脳科学者の茂木健一郎氏は、著書『脳はもっとあそんでくれる(中公新書ラクレ)』の中で次のように述べている。
    「KYと気軽に口にする者に感じられるのは一種の怠惰である。空気を読んだ上で、敢えて何かをするという気概が感じられない。空気を読むのは当たり前。問題はその後である。周りにただ合わせるのか、それとも工夫して個性を発揮するのか。空気を読んだ後のことを考えるのが、日本人にとっての大切な宿題である」

    東条英機が空気を読み、世論に対する忖度をして連合国に宣戦布告した結果、A級戦犯として処刑されてしまったように、空気を読んで忖度をしたばっかりに、かえって自分で自分の首を絞めることもあるのだ。

    また、茂木氏は著書『感動する脳(PHP)』の中で次のように述べている。
    「一卵性双生児を調査したところ、IQは50%程度は遺伝子に支配されていることがわかったが、これは人生において大した意味を持たない。脳はどんどん変わっていくものだからだ。人間の脳には生まれた時に予め決まっていることは全くない。脳は使い方次第でどんどん進化する。意欲を持って前向きに生きれば脳の働きは良くなる」

    成功と遺伝の関係を云々するなど、ナンセンスの極みである。遺伝ではなく意欲が大事なのだ。

    橘氏は一度、書籍やテレビで茂木氏と対談されてはいかがだろうか。

    https://lineblog.me/mogikenichiro/
    茂木氏の公式ブログ

  4. >成功と遺伝の関係を云々するなど、ナンセンスの極みである。遺伝ではなく意欲が大事なのだ。

    >橘氏は一度、書籍やテレビで茂木氏と対談されてはいかがだろうか。

    だから、「言ってはいけない」は、

    大衆向けの扇動ネタ本なんであって、
    それにマジメに反応すること自体が
    ナンセンスなのです。

    日刊ゲンダイや週刊現代の煽り記事で
    投資して損したとしても自業自得でしょ?

    どんな領域であれ、遺伝的要素もあるけど

    社会的・環境的要素もあり、さらに、強力な

    「平均への回帰」があるので、

    「成功への方程式」

    が存在するわけではないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。