治安とは「とんでもないことをする若い男」を管理すること 週刊プレイボーイ連載(250)


フロリダ州オーランドのゲイクラブで男が自動小銃を乱射し、50人以上が死亡する大惨事になりました。特殊部隊によって射殺された容疑者はアフガニスタン系の両親を持つニューヨーク生まれの29歳男性で、大学卒業後警察官を目指したものの採用されず、フロリダの高級住宅街で警備の仕事をしていたといいます。

家族や同僚によれば容疑者は激しやすい性格で、同性愛者を嫌悪しアルカイダとのつながりをほのめかす発言をしたことからFBIの聴取を受けたようですが、犯行を防ぐことはできませんでした。一部の報道では、容疑者自身がゲイクラブの常連で、同性愛者のパートナーを探していたともいいますから、話はさらに複雑です。

アメリカでは、共和党候補のトランプがムスリムの移民排斥を叫び、共和党候補のクリントンが銃規制の強化を求めて国論を二分する争いになっています。しかしテロのような重大な犯罪には、宗教よりもはるかに顕著な危険因子があります。

2015年11月に起きたパリ同時多発テロ事件の犯人は、アルジェリア系フランス人、モロッコ系ベルギー人、難民として入国したシリア人など出自はさまざまですが、全員が若い男性でした。16年3月のブリュッセル連続テロ事件でも、ISのメンバーとされた犯人はやはり若い男性です。こうして見ると、危険なのは宗教以上に、年齢と性別であることは明らかです。

これは偏見ではなく、統計的にはあらゆる国で、犯罪者の割合は女性に比べて男性が圧倒的に多いことは歴然としています。日本でも刑法犯に占める女性の比率は15~20%程度で8割以上は男性、それも強盗、傷害、暴行、恐喝のような暴力犯罪にかぎれば男性の比率は9割を超え、若いほど犯罪率は高くなります。

哺乳類など両性生殖の種では、オスはメスをめぐってはげしい競争にさらされます。ヒトも例外ではなく、思春期を迎えた男性は、他の男たちを押しのけて1人でも多くの女性と性交するよう、テストステロン(男性ホルモン)のレベルが急上昇して競争に最適化されるのです。

女性を獲得できなければ子孫を残せないわけですから、進化は男性を「どんな手段を使ってでも競争に勝て」とプログラムしたはずです。もっともすべての男が同じ欲望を持っている以上、必勝の戦略はなく、ピラミッド型の社会では大半の男性が不利な状況に置かれることになります。

保守的な女性に比べ、「とんでもないこと」をするのはたいてい男です。これは、「とんでもないこと」が不利な状況でも勝機を開く有効な戦略だからでしょう。それがプラスに働けばヒーローや成功者で、マイナスなら凶悪犯罪者になるのです。

ところが社会が高度化し、管理された組織のなかで秩序が求められるようになると、「とんでもない」男は厄介者とされ、生きていくのが難しくなりました。治安問題というのは、社会からドロップアウトした「若い男」をいかに管理するか、ということなのです。

こんな単純なことが指摘されないのは、男性優位の社会で、誰も自分で自分をバッシングしようとは思わないからなのでしょう。

『週刊プレイボーイ』2016年7月11日発売号
禁・無断転載

コメントを閉じる

12件のコメント

  1. >ところが社会が高度化し、管理された組織のなかで秩序が求められるようになると、「とんでもない」男は厄介者とされ、生きていくのが難しくなりました。治安問題というのは、社会からドロップアウトした「若い男」をいかに管理するか、ということなのです。

    ということは、いわゆる「ヤクザ組織」というものの存在意義がそれなりにあるという結論になりますね。
    チンピラを管理する組織としてのヤクザのレゾンデートルを肯定するということです。

    前にも例にあげた、「野望の王国」で、
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E6%9C%9B%E3%81%AE%E7%8E%8B%E5%9B%BD
    テレビ対決の場面で橘征二郎は柿崎に対してヤクザの
    存在意義を論じていますが、社会からドロップアウトした「若い男」をいかに管理するために
    暴力団が存在するという話でした。

    このテレビ対決で激昂した柿崎憲は、橘征二郎の腹心である赤寺十郎を射殺し、
    指名手配され、なんども刺客を送られますが、それから柿崎は奇跡の復活を遂げ
    橘征二郎となんども対決します。

    橘玲 さんと同じ名前の「橘組」の出てくる「野望の王国」も凄いですよ。ぜひ一度ご覧を。

  2. >共和党候補のクリントンが銃規制の強化を求めて

    民主党でしょ?

  3. 暴力が、遺伝子によるものである以上、永遠になくなることはなく、それどころか更なる進化を遂げていくことでしょう。個人の暴力にせよ、国家の暴力装置にせよ、実力行使するまでもなく、その存在を示すだけで実効性を得られます。男性優位社会も、男性の暴力の裏付けによるものでしょうから、今後とも変わることはないのでしょう。

  4. クローズやQPに代表される

    「チャンピオン系の不良マンガ」
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E3%83%92%E3%83%AD%E3%82%B7
    がある一定の支持を集めていることを考えても、
    ワル系の人間というのはどうしても存在するのです。

    このような「とんでもないことをする若い男」を、
    いかに社会の歯車として取り込んでいくか?
    ということが問われているのです。

    ある意味、ガテン系の職種がこれの受け皿になってきた歴史もあるのですが、
    IT化に伴い、ガテン系の仕事も「ストリートファイターのコマンド入力化」
    してしまっている現在、果たして受け皿はあるのでしょうか?

  5. ただ日本人の若い男については、徳川約260年体制の中で、「とんでもない」事
    をする遺伝子を間引きされているので、全般的におとなしい。空気を読んで行動
    できるし、「とんでもない」事をしたい衝動にかられた時には一人で素早く電車
    の前に立つ、という遠慮深さというものがあります。

    >ところが社会が高度化し、管理された組織のなかで秩序が求められるように
    なると、「とんでもない」男は厄介者とされ、生きていくのが難しくなりまし
    た。治安問題というのは、社会からドロップアウトした「若い男」をいかに
    管理するか、ということなのです。

    これは日本においては、ほぼ達成されています。幕末も内戦となり外国に国ごと
    占領される事もなく、江戸城が無血開城され、近代国家に変~身~ん出来ました。
    大東亜戦争では「バクダンを持って体当たりしてくれんか?」「ハイ!」でした。

    今となっては、「とんでもねぇ」野郎が恋しくさえなってきました。

  6. >ただ日本人の若い男については、徳川約260年体制の中で、「とんでもない」事
    をする遺伝子を間引きされているので、全般的におとなしい。空気を読んで行動
    できるし、「とんでもない」事をしたい衝動にかられた時には一人で素早く電車
    の前に立つ、という遠慮深さというものがあります。

    というより、社会の進化に比べると、人間を含めた生物の遺伝子の進化はずっと遅いので
    そのギャップが社会問題の原因であるだけの話です。

    「とんでもないことをする若い男」の行動原理が、実は「性衝動」であることは、
    フロイトを持ち出すまでもありません。

    日本を含めた「先進国」で、出生率が低下しているのは、この「性衝動」が
    AVやエロマンガで「昇華」というか「消化」されているからなのです。

    実は、AVやエロマンガの一番の問題点は、社会の原動力でもある
    「性衝動」を安易に消化してしまうことだったりします。

  7. >こんな単純なことが指摘されないのは、男性優位の社会で、誰も自分で自分をバッシングしようとは思わないからなのでしょう。

    結論がおかしい。
    男性のほうが暴力的というのは、言わなくても、だいたい常識だし。
    女性のやくざとかあまりみないし。
    男性優位の社会だから指摘しないとかないから。

  8. 『社会が高度化し、管理された組織のなかで秩序が求められるようになると、「とんでもない」男は厄介者とされ、生きていくのが難しくなりました。治安問題というのは、社会からドロップアウトした「若い男」をいかに管理するか、ということなのです。』

    7月26日の「津久井やまゆり園」での相模原殺傷事件の犯人も「とんでもない若い男」でした。
    日本も例外でないことが証明された。日本では、マシンガンや高性能爆弾が使われないので犠牲者が少人数なだけ。

  9. 「津久井やまゆり園」で事件が起きてしまいました。
    容疑者の主張をきいていると「障碍者は社会の厄介者」と言っている模様。この発想って「経済的に役立たなければゴミかクズ」「社会的成功こそ進化の頂点」という、ネオリベや(橘先生が取り上げた)竹内久美子の思想と同一なものでありますが。
    治安を維持する…若い男にとんでもないことをさせない…ヘンな思想を持たせない…ためにネオリベ連中の本は焚書したほうが良いでしょう…か。

  10. >治安を維持する…若い男にとんでもないことをさせない…ヘンな思想を持たせない…ためにネオリベ連中の本は焚書したほうが良いでしょう…か。

    これを言うと、現代の優生学啓蒙書である

    言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書) 橘 玲
    https://www.amazon.co.jp/dp/4106106639/ref=cm_sw_r_tw_dp_XpaMxbJ3E2RQR

    は真っ先にやり玉に上がることまちがいなし!ですな。

    そもそも、進化の過程において、不具合のあるものは淘汰されてきた
    というのが進化論の骨子で、さらにその不具合というのが
    「精神の領域」にも及ぶというのが橘さんの主張なのですから。

    秦の始皇帝の焚書坑儒というのは、文書や思想のバリエーションを減らし
    秦という地域での文書・思想の統一化・画一化が目的であったという見方もできるのです。

    橘さんもせいぜい「生き埋め」されないように気をつけるべきですな。

  11. 日本でも若い男がとんでもないことをやってしまいました。
    衆議院議長にあてた手紙で、氏名と住所、所属まで書いて「職員の少ない夜勤に決行致します。」などと犯行の手口まで紹介していたというから驚きです。
    橘さんの論理からすれば、治安対策ができていなかったことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。