「民主主義」をやめることから始めよう 週刊プレイボーイ連載(216)


国会前のデモから女子アイドルグループまで、「民主主義を守れ」との声が大きくなっています。若者たちが政治について積極的に発言するのはよいことですが、ところで、彼らはいったい何を守ろうとしているのでしょうか。

デモクラシー(democracy)は神政(theocracy)や貴族政(aristocracy)と同じ政治制度のことですから、「民主政治」「民主政」「民主制」などとすべきで、「民主主義(democratism)」は明らかな誤訳です。リベラルデモクラシーは「自由民主主義」と訳されますが、これは「自由な市民による民主的な選挙によって国家(権力)を統制する政治の仕組み」のことです。

なぜこのことが大事かというと、デモクラシーを主義(イズム)にしてしまうと、リベラルデモクラシーという枠組のなかで異なる「主義」が対立する政治論争の基本的な構図がわからなくなってしまうからです。

アメリカの政治哲学者マイケル・サンデルは『これからの「正義」の話をしよう』で、主要な政治思想を「リベラリズム(平等)」「リバタリアニズム(自由)」「コミュニタリアニズム(共同体)」「功利主義」の4つに分類しました。アメリカの大統領選を見てもわかるように、異なる政治的見解を持つひとたちは自分たちの「主義」を掲げて激しく争いますが、その土俵はリベラルデモクラシーで、勝敗は民主的な選挙によって決まります。

その一方で、デモクラシーそのものを否定する政治勢力も存在します。IS(イスラム国)はイスラームの法による神政国家を目指していますし、サウジアラビアにように女性の参政権を認めていない国もあります(それに比べれば18歳以上の男女に選挙権が与えられるイランははるかに“民主的”です)。マルクス・レーニン主義のプロレタリア独裁は、資本主義から共産主義への移行期に一時的にデモクラシーを停止し、啓蒙の前衛である共産党の独裁を認めるものですから「反民主的」で「自由の敵」とされます。

EU(欧州連合)に対するもっとも本質的な批判は、その政治的決定がデモクラシーの原則に反しているというものです。ギリシア危機や難民問題で明らかになったように、事態の収拾はドイツのメルケル首相を中心とする主要国首脳の協議と妥協によって図られますが、そこにEU議会やEU大統領が関与する余地はなく、「ヨーロッパ市民」の政治的な意思が問われることもありません。EUは“遅れた国”に民主化を説いていますが、その最大の恥部は自分たち自身が民主化できていないことなのです。これでは、ポピュリストによる「デモクラシーを守れ」との攻撃でEUが弱体化するのも当然です。

「民主主義」という誤訳のままでは、「主義(イズム)」の争いと「制度」をめぐる争いの違いを理解できません。日本では共産党ですら熱烈に「民主主義」を擁護するのですから、民主政を否定する政治勢力は存在しないでしょう。いま起きているのは、リベラリズム対保守主義の典型的なイデオロギー対立なのです。

日本における政治論争がいつも不毛なのは、これまでずっと誤訳を放置してきた大人たちの責任でしょう。若手の法学者や政治学者はさすがに誤用を避けるようになりましたが、教科書からメディアまでいまも至るところに「民主主義」は氾濫しています。

当たり前の話ですが、理解していないものを「守る」ことはできません。私たちはまず、「民主主義」をやめるところから始めるべきでしょう。

『週刊プレイボーイ』2015年10月26日発売号
禁・無断転載

コメントを閉じる

7件のコメント

  1. 「デモクラシーは制度である」(だから民主制○:民主主義:×)という話は分かるのですが、

    「民主制という制度が一番良い。国家は民主制で運営されるべきだ」というのは、主義、ism
    だと思うので、民主主義という訳語があながち間違っているとは言えないのでは?

    と思うのですが、どうなんでしょう? 知者の皆様、ご回答をお願いします。

  2. 英語の定義を自分で調べてみました。

    : a form of government in which people choose leaders by voting
    : a country ruled by democracy
    : an organization or situation in which everyone is treated equally and has equal rights

    確かに、これだと「民主主義」とするのは完全な誤訳ですね。

    ただ、それでも「国家は民主制で運営されるべきだ」という主義、ismはあるので、
    「民主制」とは別の意味で「民主主義」という言葉は存在しても良い気がするのですが、
    どうなんでしょう?

    再び賢者の皆様、お教えくださいませ。

  3. >「民主制」とは別の意味で「民主主義」という言葉は存在しても良い

    おっしゃるとおりで「民主主義=民主制を重んじる思想」ですから,そういう言葉自体は存在しても良い(というか,実際に存在している)し,橘さんもその言葉自体を否定しているわけではないと思います。

    橘さんは
    ・「民主主義を守れ」という主張は論理的におかしい(「民主制を守れ」ならおかしくない)
    ・おかしい割にはみんな堂々と主張している
    ・要するにみんな「制度」と「主義」を混同しているのだろう
    ・そういう混同が存在するとまともな議論が成立しない
    ・だから間違った意味で「民主主義」という言葉を使うのをやめよう
    と言ってるだけなので,「どなたかお答えを」さんと言ってることは矛盾しないと思いますよ。

  4. 民主主義と民主制、思想と意思決定システムを混同して使ってますよ、ということですね。
    必ずや名を正さんか、ということで。
    ただ、まあ例えば旧社会主義国なんかで、「共産主義を守れ」というデモと「共産制を守れ」というデモにそれほど違いが見出せるのかという疑問があります。
    あと、現代において重要な「民主主義」は単なる多数決システムではなく自由主義的な思想を含むので、「主義」を守れ、でも全く的はずれではないかと。

  5. 主義が付くと思考停止や思考節約になりやすい様子。
    宗教の教条主義みたいにまるでアレルギー反応、“主義を守る”真面目な努力の皮肉な結果が合成の誤謬、民主主義で衆愚政治、行き過ぎた平和主義で戦争、

  6. ご解説ありがとうございました。お陰様で理解がすすみました。

    しかし、橘さんの3段目、「なぜこのことが大事かというと、・・・・」
    以下で述べられていることは、まだ今一ピンときません。

    「民主制」「民主主義」の間で言葉の誤用があることが理由で
    「リベラリズム(平等)」「リバタリアニズム(自由)」「コミュニタリアニズム(共同体)」「功利主義」などの違いが理解されにくくなる、んでしょうか???

    まあ、そもそも日本の選挙民の大半は「国民のために良い政治を!」とか
    「政治家は国民のことを考えて!」といった漠としたことしか考えてなくて
    それらの主義の違いを理解したり、考えたりすうるレベルに無いのは確かですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。