シリア内戦―誰にも止められない殺し合い 週刊プレイボーイ連載(114)


 

「あらゆる問題は解決されるべきだし、解決できる」と考えているひとがいますが、世の中には原理的に解決不可能な問題が存在します(というか、実はそれがほとんどです)。そしてここに暴力(とりわけ国家の暴力)がからむと、目を覆わんばかりの悲惨な事態を招きます。中東・シリアでいま起きていることはまさにその典型です。

第一次世界大戦でオスマントルコが崩壊した後、中東はヨーロッパ列強の支配下に置かれ、歴史や文化、民族構成とは無関係に分割されました。この時期、フランスの委任統治領だった地域が現在のシリアで、アラブ人が人口の9割を占めるもののクルド人やアルメニア人もおり、国民の7割がイスラム教スンニ派ですが、2割はシーア派、1割はキリスト教徒です。

シリアの政治権力を独占しているのはシーア派のなかでも少数派のアラウィー派に属するアサド一族で、空軍司令官だったハーフィズ・アル=アサドが1970年にクーデターで権力を掌握して以来、親子2代にわたって独裁政権を維持してきました。

宗教的少数派であるアサド一族は、宗派を超えてアラブ民族の栄光を取り戻すことを目指す(汎アラブ主義の)バアス党を権力の基盤とし、イスラム主義による政教一致を求める多数派(スンニ派)のムスリム同胞団を徹底して弾圧してきました。シリアはエジプトに次ぐ中東の軍事大国ですが、アラウィー派のバアス党員で構成された最精鋭の共和国防衛隊や秘密警察は、“イスラム原理主義者”からアサド一族を守るための組織なのです。

独裁政権による弾圧のなかで最大のものは1982年のハマー虐殺で、ムスリム同胞団の拠点であったハマーの町をシリア軍が攻撃し、多数の(犠牲者数の推計には1万人から4万人まで大きなばらつきがある)市民が殺されました。

シリアの内戦は“宗教戦争”で、シーア派のアサド一族の背後にはイランとヒズボラ(レバノンのシーア派武装組織)がおり、それに対抗する反政府勢力はサウジアラビアなどスンニ派の大国と英米仏など“反イラン”の西欧諸国の支援を受けています。双方が容易に武器を入手できる以上いつまでたっても決着はつかず、このままでは戦闘がえんえんとつづくだけです。

長年の圧制に苦しんできたスンニ派のひとびとのアサド一族とアラウィー派への憎悪は深く、いったん立場が逆転すれば旧体制への徹底した報復が行なわれるのは明らかです。現政権もそのことを熟知しており、“反乱軍”を皆殺しにする以外に生き延びる道はないと考えます。この状況を打開するには10万人規模の平和維持軍を送り込み、内戦終結後の治安維持を保障しなければなりませんが、イラクでの失敗の後、アメリカも含めどこもそんな火中の栗を拾おうとは思いません。

首都ダマスカス近郊で化学兵器が使用され、サリンと見られる神経ガスで市民など1300人以上が死亡する悲劇が起こりました。現在はアメリカの主導で政府軍への空爆が検討されています。

しかし中途半端な介入では、事態はなにひとつ変わらないでしょう。シリアの内戦による死者は10万人を超え、さらに悪化の一途を辿っていますが、終わりなき殺し合いを止めるための知恵は誰も持っていないのです。

 『週刊プレイボーイ』2013年9月9日発売号
禁・無断転載 

コメントを閉じる

9件のコメント

  1. 内戦が続くのは外から「反体制派」に武器が供給され続けているから。
    「化学兵器を使ったらアメリカが攻め込むぞ」って言われ続けて、化学兵器を使うやつはいない。

    。。。さすれば、サリンを使ったのは政府軍ではないんでしょうが、結局それを口実に化学兵器は召し上げられてしまうことになりました。

    イラクが「大量破壊兵器を廃棄」したあとに侵略されたのを思い出します。
    次はどんな言いがかりがつけられるのでしょうか。

  2. 開国をしたい者と、したくない者。
    世界を知る者と、知らない者。
    日本の、江戸末期と同じような状態。

  3.  全く同感。人類の歴史は、ほぼ闘いの歴史ですよね。我々日本人は、いわゆる平和ボケから脱する時期に来ているようですね。

  4. 極簡単に言ってヒトは、メシが十分に喰えてる時は「平和が大切、友情を篤く、愛が一番」
    なんて平気で言ってる。喰えなくなるとトタンに「戦えよ!勝負は非情だ、敵を憎め」と
    なる。それが現在ヒトが地球に、産んで増えて地に満ちてるところの原動力です、これが
    確率的に一番繁殖できるDNAを生き残らせたという帰納的理由です、多分。

    年がら年中「戦えよ!勝負は非情だ、敵を憎め」型のヒトは、個体を殺戮し続けてアッと
    いう間に滅んだでしょうし、年がら年中「平和が一番、友情を篤く、愛が一番」型のヒト
    は大災害の折に皆んな仲良く餓死したことでしょう、美しい話ではありますけど。

    橘さんも著作の中で、事件前のオウム真理教の信者で世界中を覆う不幸な出来事に心を痛
    めているマジメな若者を例に出して、「でも私達ってそれで結局何ができるの、カンケー
    ないじゃん」(抄超訳)と書いていました。

    さらに強烈に自己遺伝子を残そうとするヒトの存在があります。ヒトは自分や近親者の
    命がかかるとそれこそ必死になるので、それを利用してゼニ儲けを計画するのです。
    死の商人です。でも彼等にせよ売ってくれと言われたので、商売で出来るだけ高く売ろう
    としているだけです。死ぬのがイヤなら、ヒトゴロシの道具など買わなければ良いだけです。
    (私も、シリア危機になるぞ~、と農産物ETFを買っています。現在は含み損ー泣)

    そんなこんなで、世界は常時均衡化する超精密なジグソーパズルです。「正義は必ず勝つ」
    などと本気で言うのは、スカルがピーマンの阿呆か100姓です(いないと思いますけど)
    終わりなき殺し合いを続けるための知恵は誰しもが持っているからです。

  5. 「あらゆる問題は解決されるべきだし、解決できる」と考えているひとがいますが、

    そんなひといるんですか?「あるゆる問題」ですよ。

    丸腰防衛の平和ボケも問題ですが、戦争を経験していない政治家・軍人等の平和ボケが
    唱える違った意味でのの政策も結構危険な気がします。

    中東・アフリカ等の「戦争ボケ」よりは平和ボケのほうが幸せなんですけどね。
    人を殺したこともない軍隊がいざという時に国を守れるのか?
    中東やアフリカで少し練習した方がいいんじゃない?
    と言ったら怒られますかね。

  6. この男はイスラームを差別していると予言しよう。正解はあなたの様な、偏見をもった人達には止められないである事が証明されるだろう。

  7. 「あらゆる問題は解決されるべきだし、解決できる」
    制限時間を特に設定せず時間を無限にかけて良いのであれば
    「解決不能な問題が存在する」事の証明はなかなかに難しいのではないでしょうか。

    現実的には人類が繁栄できる時間がリミットになるでしょうし
    現代に生きる我々には自身の生きている間のみが焦点にはなるでしょうが…

  8. 解決を望まないひとたちも存在します。
    世界に平和がもたらされたら、軍事複合体はあがったり。物事はとてもシンプルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。