日本人は世界でいちばん仕事が嫌い


日本人の価値観を世界の国々と比較する「世界価値観調査」のことは以前も書いたが、鈴木賢志『日本人の価値観』には、各種の価値観調査のなかから興味深いものがコンパクトにまとめられている。

ここではそのなかから2つ紹介しよう。

最初の表は、「たとえ余暇が減っても、常に仕事を第一に考えるべきだ」という意見に「強く賛成」とこたえたひとの割合だ。いわば、「世界仕事人間ランキング」である。

一目瞭然のように、日本人は堂々の第一位だ。しかも、下から。

日本人は、「余暇が減るんなら仕事なんかしたくない」と考えているひとの割合がきわめて高い。すなわち、「世界でいちばん仕事が嫌いな国民」なのだ。

ランキングを見ればわかるように、上位はほとんど発展途上国で占められている。彼らは、「働かなきゃ生きていけない(遊ぶことなんて考えてられない)」ひとたちであり、同時に、「働けば働くほどゆたかになれる」ひとたちでもあるのだろう。

先進国はおしなべてランクが低いが、そのなかでは“勤勉の国”ドイツが38位に入っている。「仕事よりも余暇が大事」とこたえるのは、アメリカ、オーストラリア、スウェーデン、イギリス、オランダなど、アングロサクソンや北ヨーロッパの国々だ。

しかしそのなかでも、日本人の仕事嫌いは突出して高い。

たとえば、「生きることは楽しむことだ」を身上としているイタリア人も、15.8%が仕事第一とこたえている。あのギリシア(失礼)ですら、余暇よりも仕事を優先するひとが14.5%いる。それに対して日本人は、たったの2.6%しか「仕事が大事」と思っていない。

この結果に納得できないひとも多いと思うが、「日本人はじつは会社が大嫌い」というのは、以前紹介したデータとも整合的だ。「年功序列と終身雇用の日本的雇用制度が日本人を幸福にした」というのは、大いなる虚構だったようだ。

次の表は、「仕事は収入を得るための手段であって、それ以外のなにものでもない」という意見に「そう思う」「どちらかといえばそう思う」とこたえたひとの割合だ。こちらは、「仕事は金がすべてだ世界ランキング」である。

こちらも上位には発展途上国が並んでいるが、先進国のなかでは、韓国・台湾とならんで日本は上位グループに入っている。

「日本的雇用は素晴らしい」と信じ込んでいるひとたちにとって衝撃なのは、アメリカ、ニュージーランド、カナダといったアングロサクソンの国々、デンマーク、ベルギー、スウェーデン、スイス、ノルウェーといった北ヨーロッパの国々の労働者が、「働くってことは金がすべてじゃないよ」と考えていることだろう。

これらの国々は、能力主義(成果主義)で解雇も容易な、「労働者を不幸にするネオリベの国」とされている(北欧は生活保障は手厚いが、企業は能力主義で整理解雇も認められている)。日本人はカネのために嫌々働いているのに、ネオリベの国の労働者は、お金には換えられないやりがいを仕事に見出しているのだ。

この価値観調査の結果を素直に解釈すれば、ネオリベはひとびとを幸福にし、日本的雇用は労働者を不幸にする。

連合がほんとうに労働者の幸福を考えているのなら、成果主義の導入と解雇規制緩和(あとは定年制の廃止と同一労働同一賃金)こそが目指す道になるだろう。まあ、無理だろうけど。

*著者(鈴木賢志氏)のサイトで、これ以外にもさまざまなデータが見られます。興味のある方はどうぞ。

コメントを閉じる

45件のコメント

  1. かなり論理の飛躍があるのでは。
    例えば、日本人にとって、「労働が嫌い=労働者が不幸」というのは言い過ぎに感じる。
    むしろ、「労働者が仕事のことではなく、仕事以外に興味を持つことができている(かつ、それでも生活できている)」という意味では、幸せかもしれない。
    逆に海外では、仕事に集中しなければ生きていけないという環境に適応するため、仕事を好きにならざるを得ないのかもしれない。
    結局、紹介されているデータだけでは、結論として言えることはあまりないだろう。

  2. 日本人が「世界でいちばん仕事が嫌いな国民」というのは実感として分かります。
    しかし、「ネオリベはひとびとを幸福にし、日本的雇用は労働者を不幸にする」というのは言い過ぎではないかと思います。相関関係あるからと言って、因果関係があるとは限らないのではないでしょうか。

  3. 労働基準法の酷さの結果だと思います。
    企業側に自由が無く、企業側を信じない国家
    企業側を強者とし労働者側を弱者とする固定概念
    その中で 育成される就業者たち。
    法のせいで、企業は倒産するのだ と思います。

  4. 「世界仕事人間ランキングに関して」データの解釈の仕方が間違っている。
    各国の平均労働時間との対比が必要。
    日本人は、上位ランキング国と比べて日常的に労働時間が長く、休みも少ないので、
    これ以上、余暇が減るのは勘弁といったこともあるのでは。
    単純に仕事の好き、きらいまでの結論は出せない。
     「これ以上働きたくないランキング」1位日本ということは言えるのでは

  5. そもそも日本人には余暇が少なすぎるからでは?

    「余暇」の価値が一律でない以上、その比較は意味がないでしょ。

  6. 日本企業の労働流動性の低さが関係してるでしょう。欧米人は、そんなに嫌な仕事なら転職しますから。日本では一旦会社に入ったら、キライな仕事でもなかなか辞めるわけいきませんもの。

  7. 日本人の余暇が少ないのは事実だろうが、それは労働者の側にも責任の一端があるのでは? よくサラリーマンで(実はかつての自分も含めて)「休みたいけど周囲の迷惑を考えると休めない」という人がいるけど、本当の休暇って他人の迷惑なんか考えずに取得すべきものと思う。ではその休みの間、仕事はどうなるか? 担当者がいないから動かない、ということだろう。それの何が拙いのか? 日本と日本人が自立するためには、祝日の全廃(とは言わないが、大幅削減)と、各自が自主的に有給休暇を取れることを社会も容認し、労働者本人も実践することが大切だ。まぁ実現しないまま国歌として衰退して行く、というのが最もありそうなことだが。

  8. 年功序列と終身雇用はマックジョブに近いのかも知れません。自営業者は当てはまらないのでは。

  9. 「世界でいちばん仕事が嫌いな国民」なのではなく「アンケートで“仕事が嫌い”と回答することが世界でいちばん好きな国民」というのがデータの素直な読み方かと思います。で、このデータをどう解釈するかがややこしくなりますね(笑)。

  10. 「北欧は生活保障は手厚いが」って書いてあるのに、なんで後でネオリベだけ取り上げるかな。
    生活保障を終身雇用といういびつな形でやってたのが日本の不幸でしょう。
    解雇を恐れて休むこともできないが故に「これ以上働きたくない」でしょうね。

  11. 「強く賛成」以外の回答の比率が気になります。
    「どちらかと言うと賛成」まで含めると結果は変わるのかな?

  12. 日本人を見てると仕事を楽しんでいない。ストレスを抱えながら何事もやってる。お客様至上なので全てをかかえこみ、自分自身を犠牲にしてる。将来のビジョンがなくただ日々を過ごしてる。余暇が与えられてもやる気力がない。そもその社会構造が余暇の収得や子育ての円滑化に対応できていない。職の流動性がないので前向きに会社を辞められない。フランスに住んでその辺を一から考え直しました。日本はいい国であるがやはり欧米に学んで取り入れて欲しいものは沢山有ると。

  13. 日本人が考える「成果主義の導入」というのは、かなり誤解があると思う。労働市場の流動性が低く、終身雇用である日本企業は会社内のでの閉じた世界での成果主義なので相対的な評価結果に基づく。一方で流動性の高いアメリカではもちろん企業内での査定によって相対的な評価はあるものの、キャリアアップするためには転職を重ねていくために、成果主義はつまるところ自分のレジュメに反映されていき、結果、成果は絶対的な社会的評価につながる。統計学をかじった人なら、「平均への回帰」という言葉を知っていると思う。閉じた世界のなかでは、メンバー間の能力にそう違いがないなら長期的な評価はやがて誰もが平均的なものとなる。一方でもし突出してパフォーマンスをあげられる人がいたとすれば、その人の評価が固定し、閉じた世界では成果主義導入は意味をなさなくなる。このあたりをきちんと理解して成果主義という言葉を使っている人は(著作物も含め)あまりみかけない(というか、出会ったことがない)。

  14. 充実した余暇、家族と過ごす大切な時間、みたいなものを羨望しているのにかなえられない社畜が、「これ以上仕事したくない」という気持ちになっているのでは。

  15. >連合がほんとうに労働者の幸福を考えているのなら、成果主義の導入と解雇規制緩和(あとは定年制の廃止と同一労働同一賃金)こそが目指す道になるだろう。

    生活保障と中途採用環境の充実ありきで、ですね

  16. どうやら橘さんて他人の研究を利用して、コラムを書くのが得意な方のようですね。
    ただ、統計データを解釈するのは苦手というか、どうも自説に強引に持っていく癖がありそうです。
    それはともかく、鈴木先生の本の紹介ありがとうございました。

  17. この調査は職業としての仕事の好き嫌いじゃなくて労働環境の違いが
    現れてるだけですね。日本の場合は夏季休暇が一週間程度の上、
    長時間残業と休日出勤が慢性化でこれ以上仕事したくないって人が大半です。
    ネオリベ化しても労働環境が悪化することはあっても仕事もっとしたいと
    思えるほど余暇が増えるとは思えないです。

  18. このデータに影響を与えるパラメータが多様過ぎて参考にならないのでは。
    まあ確かに何らかの理由で結果が最低になっていることは興味深いけれども、それが日本人が5段階のアンケートで真ん中の3つばかり選ぶからなのか、本当に働くことが嫌いなのか、すでに労働時間が長いからなのか、その他にもさまざまな理由が考えうるがそれはほかのデータと比較してみないとわからない。

  19. 日本人って絶対仕事のことを嫌いだけどしょうがなくやるって言うよね。

  20. とりあえず
    仕事より余暇が大事と、仕事が嫌いはイコールではないのでは?

  21. 社会のムードで流されるからね・・・
    好きや嫌いって感覚。それはどの国だろうと同じようだし。

    いま日本では
    「仕事は本当にやりたいことではないけれど、生活のためには頑張らないとね」
    ってムードが圧倒的。心のどこかで私は、オンリーワン。

    しかし、アメリカ他移民大国はそんなこと言ってられないから
    「(本当は好きじゃないけど)オレはこの仕事に生きがいを感じてる。これからも頑張るよ」
    が社会のムードでしょうか。私の代わりはいくらでもいる・・・

    すぐに解雇される国と、まあよほどのことをしない限り解雇されない国、
    その社会体制から生まれる自意識の違いでしょう。
    人間の本質的にはどこでも同じだと思いますよ。
    労働なんて所詮、ね・・・。

  22. どうもこの人はメイソンではないかと思えてきた。
    こじつけも甚だしい。でも実際メイソンの理想は良いと思うけど。

  23. 不思議なもので、仕事嫌いの日本人は晴れてリタイヤしても、することがなく不安になり、一気に老けこむという。また十分な収入があっても働き続ける人も多いという。自由に慣れていないと自由は恐ろしいものなのだろうか。
     かつて「大東京ビンボー生活マニュアル」という傑作漫画があった。主人公のこうすけは無職であったが自由人であった。こうすけを取り囲む町の人達は優しかったが、現実にはいい大人が働きもせずブラブラしていると周囲の人間はうるさいにちがいない。
    「アパートトロピカーナ」では早期リタイアし、アジアの地方都市に住む日本人を紹介していたが、ある男性が「周囲の目を気にせずに生きていけるのが良い。」と語っていたのが印象的であった。不自由にしがみつくために仕事に就き続けているというのが、仕事嫌いの日本人なのだろうか。

  24. エベラールさん
    >企業側を強者とし労働者側を弱者とする固定概念

    確かに日本の法律は「これって文革の頃に定められた中国の法律?」と勘違いしそうなほど片面的なものが多いですよね。企業のおかげで雇用が増える、という考えは法律を定める人たちの頭にはないようです。最低賃金で労働者を守っているはずが、実は雇用を中国などに輸出して、日本の労働者を困らせているのも困りものです。

    karagenkiさん
    >「アンケートで“仕事が嫌い”と回答することが世界でいちばん好きな国民」

    日本には社会的な言論の自由はありませんからね。空気ってやつです。中国のほうがよほど言論の自由があります。

  25. 30代の者ですが、ランキングには納得です。昔、働いてた時、みんな月曜は憂鬱だと言ってました。今は震災を機に仕事を辞め、毎日が嬉しくて仕方ありません。「キラーエリート」をレイトショーで観に行ったら、私ともう1人しかいなくて笑ってしまいました。生涯、生活できる程度の資産があれば、私のように働かない人が多いと思います。

  26. アンケートの信頼性は定かじゃありませんが、もし信憑性があるとすれば「制度」に由来するものではなく、「国民性」に由来するところの方が大きいでしょうね。あるいは、社会的な権力・体制に対する無力感とか無常観とか。
    従って、ネオリベ的な制度を日本で強化・拡大していったら、仕事嫌いはますます増えるし、仕事=金と考える人もダントツの世界一になるでしょう。
    ま、そもそもそれが不幸か幸福かは、そもそも全然別の問題なのですが。

  27. 後半は多少納得できるが、前半は飛躍しすぎではないでしょうか。大学生のレポートのような考察はみっともないですよ。

  28. 一番嫌いなくせに一番仕事しているって、やっぱりただのアホなんじゃない。

  29. 現状で世界一の奴隷的労働を強いられてるから
    仕事に対してうんざりするのは当たり前だよ

  30. 一方的に労働者に奉仕を求めるクソみたいな日本の労働環境ならどこの国も同じ結果になると思うがね。
    海外だったら経営者の殺害事件が頻発してもいいレベルになるかもしれん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。