日本の親はなぜ子どもに甘いのか?


「信なくば立たず」で教育の話を久しぶりに書いて、「日本の親はなぜ子どもに甘いのか?」という興味深い記事があったことを思い出した。

日本とアメリカで世界観に対する確信の度合いをアンケート調査したもので、その概要は大垣昌夫(慶応義塾大学教授)「文化の違いと人々のふるまい 行動経済学で解明進む」(日経新聞2011年3月9日「経済教室」)に掲載されている。

それによれば、この調査は、「死後の世界がある」「神様、仏様がいる」「人間は他の生物から進化した」などの11個の世界観に関する信条に「完全に賛成」なら1、「どちらかといえば賛成」なら2、「どちらともいえない」なら3、「どちらかといえば反対」なら4、「完全に反対」なら5を選んでもらい、その後、それぞれの質問で1か5の回答なら1点、それ以外の回答は0点として、世界観に対する確信度の変数を作ったものだ。

得点は11点満点で、満点を取るのはすべての質問に「完全に賛成」あるいは「完全に反対」とこたえた確信度のきわめて高いひとだ。それに対して0点を取るのは、どの質問にも「どちらかといえば賛成」「どちらともいえない」「どちらかといえば反対」とこたえた確信度のきわめて低いひとだ。

なお、ここでの「世界観」は、「世界や人類の起源や終末などについての認識だけでなく、規範や価値や感情などを含んでいる」とされ、「宗教は世界観に大きな影響を与えるが、同じ宗教に属する人たちでも全く違う世界観を持っていることも多い」と説明されている。

アンケート調査の結果は、以下のようなものであった。

【日本人】
11点満点中、もっとも多いのは「0点」のひとたち。確信度が高くなるにつれて人数は減っていき、10点や11点を取るひとは1人もいなかった。

【アメリカ人】
11点満点中、もっとも多いのは「6点」のひとたち。なかには11点満点の確信度の高いひともいた。

日本人はなにごとに対しても確信がなく、平均的なアメリカ人は、すくなくとも質問の半分に対しては「賛成」か「反対」の確信を持っている。

このように日本人とアメリカ人では世界観に対する確信度に大きな文化差があるが、これについて大垣は、日本でもアメリカでも、この確信度と子どものしつけへの態度には有意な関係があるという。確信度が高いほどしつけの態度が厳しくなり、確信度が低いと子どもに甘くなる傾向があるのだ。

子どもに厳しくするためには、宗教であれ、道徳であれ、親が自分の世界観に強い確信を持っていなければならない。逆に確信のない親は、自分の世界観を押しつけるよりも、子どもの「自由」に任せることを好む。このように考えると、日本とアメリカの子育ての違いが明瞭になる。

大垣はまた、この確信度の違いが、アメリカ人の自信過剰(倣岸)と、日本人の謙虚さ(自信過少)につながることも指摘している。

私の個人的な経験でも、親からは「好きなように生きていきなさい。ただし、世間の迷惑にならないように」といわれてきた。今の親なら、「世間からどう見られても、自分の信じる道を進みなさい」というだろう。

日本の親には、子どもに伝えるような確固とした世界観がない。だがそのことの意味を、私たちは正しく知ることはできない。(私も含め)ほとんどのひとは、「確固とした世界観を持つ」というような体験をしたことがないから、そんな人生は想像しようがないのだ。

たとえば私は、自分の世界観は個人的なもので、子どもに強要すべきではないと思っている。これがおそらく、日本人の一般的な感覚ではないだろうか。私たちはすべてのものごとを相対的(状況依存的)に解釈し、絶対的な規範や普遍的な世界観をどこか胡散臭いものと考えているのだ。

だが私は、こうした前近代的な(あるいはポストモダン的な)心性(エートス)を、それほど悪くないと考えている。すくなくとも、親が宗教的な原理主義者で、自分の主義主張や信念を子どもに押しつけるよりはずっとマシにちがいない。

いずれにせよ、確かなのはこうした文化的・社会的基層がそうかんたんには変わらないということだ。確信のない親が確信のない子どもを再生産し、日本はこれからも「確信なき国」でありつづけるのだろう。

*ここで紹介したのは、大垣昌夫、大竹文雄(大阪大学)、チャールズ・ユウジ・ホリオカ(大阪大学)、亀坂安紀子(青山学院大学)、窪田康平(日本大学人口研究所)の共同研究。

コメントを閉じる

14件のコメント

  1. テレビを見ていても、日常生活でも「ちょっと」という言葉を多用するのが気になる。
    人を批判する時、自分の不手際を言う時など、「ちょっと・・・・じゃないか?」「ちょっと・・・・だった」っていう事が多すぎます。
    自分の意見に自信がないか、相手を気遣って言っているのかもしれない。

    日本人全員日常的に口癖のように使っている気がしてしょうがない。
    アメリカ人は日本人ほど「little]という言葉を使ってしゃべらないと思う。

  2. 橘さんの今回の論理展開には「完全に賛成」ですが、論拠となる論文については、「バイアスが多いので、必ずしもこれが原因ではないんじゃないの?(多因子的事項)」と思ってしまいます。

  3. 親子の依存や甘えの比較については
    精神科医や精神分析家の方たちが研究していませんでしたっけ?
    小此木啓吾の著書を読んで色々と納得した記憶があります。

    甘えや依存といっても色々ありそうです。
    一概に甘えが悪いとも思いません。

  4. 今起きてること、状態は
    全て自分が望んだことであること。これには確信を持ってほしい。

    私の父の場合は、「家の存続」という考えに異常な執念を持っているようで
    しつけは厳しいほうでした。
    彼には彼なりの信念があるのでしょうが、私の見方から見ればなんの信念もないように見える。
    彼は世の中への貸しが大きすぎる。

  5. >確信のない親が確信のない子どもを再生産し、日本はこれからも「確信なき国」でありつづけるのだろう。

    とのことですが、私の親の世代は戦中派で、私はバブル世代ですが、戦中派なら戦前と戦後で、バブル世代ならバブル以前と以後で価値観のパラダイム転換を経験していることもあるかと思います。

  6. 確信なき国家は良い面と悪い面があると思います。よく言えば柔軟性が高い、悪く言えば他人行儀。西欧の独善的な文化は宗教観からだと思いますので、日本人には理解しがたいでしょう。これから国際化していく日本が世界で発言力を持つ国となるか、一地方の国家としてひっそりと過ごすか。経済的に成熟した今、文化的に成熟する新しい価値観が求められているのかも知れません。

  7. 殊に脈絡なし

    頭をこども、青春時代に一部復元してます。
    これでわかったこと、20年前の担当教員に無性にあいたくなる。
    突然電話する。感情、体験は記憶と結びついてるようです。
    旅に出ればホームシックになる。胸が締め付けられる。

  8. 調査結果と日本の親が子供に甘いの関係が全然わからないし、
    質問内容もばかげている。
    神の存在は絶対で進化などありえないと思っているアメリカ人と比較するのも
    ばかげている。

  9. 人間の世界観といっても暫定的なものだ。
    今、確信が持てるかが重要であって5年先の自分の基準など分かり用が無い。
    何かを強く信じられない者が自分を信じられる訳が無い。
    何かに確信を持つというのは自らに対するコミットメント。

    盲目的に刷り込まれ、さらに盲目的な人間を再生産するという無自覚な態度の話と
    それとは次元の異なる話を混同している。

    自らに確信を持てど、そしてそれを誰かと共有したいと考え行動しても、
    最終的に自らの確信を他者が受け入れるかどうかは、解釈する側の自由だ。
    これこそ真に柔軟な態度ではないか?

    優柔不断、思考停止、システム依存とは明らかに異なるでしょう。

  10. 日本人の「もったいない」という考え方は
    確信がないことからきているんではないかと
    読んでいて思いました

    そうして必要量を渋り結局役に立たなくなったり、判断が遅れがちだったり……
    日本の政策の失敗の原因は「もったいない」という
    考え方にあるのではと最近思います

  11. ピーターウェアー監督の秀作に60年代のインドネシアを舞台にした「危険な年」という映画がある。若き日のメルギブソンに、映画のキーマンである中国系オーストラリア人のビリーはいう。
    「インドネシアを理解したければワヤンを見るがいい。」と。「西欧人は答えを求めたがる。何が善で何が悪かを。ワヤンにはそのような結論はない。」と。メル演じる特派員ガイは、自分の見たインドネシアをカメラにおさめるが、結局帰国前にそのフィルムを捨てる。とても印象深いラストだ。東は東、西は西 ということか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。