現代社会は不公平。それを受け入れたうえでどう生きるか〈週刊プレイボーイ インタビュー〉


『週刊プレイボーイ』11月22日号の「“本”人襲撃」に掲載されたインタビュー「現代社会は不公平。それを受け入れたうえでどう生きるか」を、編集部の許可を得てアップします。

*                   *                   *                   *                   *                   *                   *                   *

勝間和代氏に代表される、超前向きな自己啓発理論が跋扈する現代ニッポン。だが、少し立ち止まって考えて見てほしい。本当に誰もが「やればできる」のか?できないのは本当に「努力が足りないから」なのか? こうした言説を真っ向から否定し、ある意味で“社会のタブー”に挑戦したのが本書(『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』)だ。

――この本は序盤から「知的能力は遺伝する」「得意・不得意は子供時代に決まる」と、身もフタもない“不都合な真実”を連発。あまりこんなことを大きな声で言う人はいませんが、読んでみるとミョーに納得感があります。

「知的能力も含め、多くの能力が遺伝するということは、すでに科学的にある程度証明されています。すべての能力は遺伝しない、後天的な能力で変えていける――この耳触りのよい言い分は、あくまで政治的なものです」

――そう思ってもらっていたほうが都合がいい?

「社会において、公の言説をつくってきたのは大学の教員です。彼らは、教育によってみんなが幸せになれるという“教育神話”を前提にして金を稼いでいる。いわば巨大な“知的既得権”が出来上がっているんです」

――しかし、本当は生まれながらにしてある程度、能力の幅は決まっている。

「能力を決めるのはまず遺伝、そして残りは子供集団のなかでの“キャラ確立原理”です。子供は自分が所属する集団のなかで、他人よりもできると思ったものを無意識に選択し、自分の資源を集中投下する。そうやって目立つことで異性を獲得していく仕組みは、生物としての基本OSみたいなものです」

――そうやって組み込まれてしまっているんですね。

「だから、理由を自分では説明できないんですが、例えば『ドラえもん』のジャイアンは無意識的に野球を好み、勉強を嫌う。とにかく、努力しようがしまいが、できることはできるし、できないことはできない――これが科学的事実なら、その前提を認めたうえで現実的な対処を考えるしかないでしょう」

――それが『残酷な世界』。

「人間の遺伝子は旧石器時代からさほど変わっていないのに、社会だけがすごい勢いで変わった。言語運用能力や論理数学的能力という一部の能力が高い人だけが有利な世の中になってしまった。

これは確かに不公平だし、お金を稼げる人、稼げない人という差は否応なしに出てしまいます。でも、だからといって社会が変わるのを待っていてもしょうがない。だったら個人レベルで生き延びる方法を探すしかない。それが僕の言いたいことです」

――その方法としてこの本で提唱しているのが「伽藍を捨ててバザールに向かえ!」「恐竜の尻尾の中に頭を探せ!」。詳細は読んでのお楽しみですが、その根底にあるのは、稼ぐことと幸福はイコールではないという思いですね。

「貨幣というものができたのはほんの1万年前くらいですから、人間の遺伝子は『金を稼ぐこと』で幸福感を得られるようにはできていない。人間は社会的な動物なので、『共同体の中で承認されること』に幸福を感じ、村八分にならず生き延びた個体が子孫を残してきたはずです。

だから、現代社会でも最低限暮らせるだけの金を稼ぎつつ、他者からの承認を得ることで幸福は感じられるはず。特にインターネットのある現代では、そんな生き方が最も現実的なんだと思います」

インタビュー:星野晋平(『週刊プレイボーイ』編集部)

コメントを閉じる

31件のコメント

  1. こんにちは。
    僕は2人の小学生を持つ父親です。橘さんの『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』を読んで、「知的能力は遺伝する」という不都合な真実に非常に救われた思いがしました。

    超前向きな自己啓発理論の対象が自分に向けられている内はまだ良い方で、その対象が我が子に向けられていくと、それはかなり不幸なのではないかと感じていました。

    子どもの教育というのはゴールが見えない戦いになっていると思います。それは経済的にも時間的にもです。親は自分の現在の社会的ポジションを端っこに追いやった上で、我が子には異常なほど過大な期待を寄せているのが現状です。しかしこれでは親も子も参ってしまう。そして現実に参っている家族がとても多いのが現実です。

    「遺伝がほとんどですよ」。これはイイです。途端に楽な気持ちになれます。我が子はどんなに頑張っても”僕程度”にしかならない。一方、適当にやっていても”僕程度”にはなる。どちらの解釈をしても一旦は救われる事に違いないと思います。

    バザールに向かえるかどうかは遺伝でも努力でもなく、戦略だと思います。

  2. こんにちは、
    残酷の本読みました。
    僕は、黄金の羽からのあなたの大FANです
    残酷見て思いましたけど、やっぱり自分は何の才能も無い無能な人間というのが自覚出来ました。

  3. 三島由紀夫は虚弱児だった。しかし、きたえることで、筋肉隆々の肉体になった。しかし、低身長は変えることができなかった。ようは変えることができることと、できないものがあるということです。学力はかなり変えることができるものです。学力は遺伝で決まるというのは間違いでしょう。子供のときから、猛勉できる環境で育てれば、2割以上の人が東大に入れる学力に到達するはずです。

  4. 子供の時から猛勉強しないと東大に入れない人と、
    TVゲームやスポーツやバンド活動をやりながら高校生活を送っても東大に合格する人と、
    子供の時から猛勉強したけど東大に入れない残り8割の人がいるなら、
    遺伝による学力差があること示していると思います。

  5. 東大に入れる学力がありながら、勉強しなくなり、成績がガタオチした人を何人も知っています。ようは学力ほど、努力したか、しないかで差がでるものはないのです。東大を優秀な成績で卒業したという政治家や、学者がいますが、普通の人と変わらないレベルの人ばかりしょう。生まれつきレベルが違うと思わせるのはプロのスポーツ選手はともかく、知能の世界では、ほとんどいない。知能の世界では遺伝をもちだすのはナンセンスでしょう。アインシュタインも、少し進路をちがえば、普通のサラリーマンになった可能性がおおいにあります。

  6. 遺伝的に学力に差があるというのは、
    y=学力 x=勉強量 a=定数 とすると y=ax だが、
    aの値が人によって違う、ということですよ。

    勉強しなければ学力がつかないのは当たり前だし、
    野球の練習をしなければイチローもヘタクソです。
    この程度のことが直ぐ理解出来ないのも、
    あなたが生まれつき遺伝的に能力が低いからです。

  7.  この本を読んで非常に勉強になりました。ただここで書かれているような「遺伝か努力か」みたいな二元論ではないように思うのですが、どうなんでしょうか?
     私は単純に、自分の中にある遺伝が自分の趣向や特徴を表し、それが残念なことに経済的にあまり価値がないものかもしれない(お金儲けにならない)。だからと言って悲観するのではなく、自分の趣向や特徴を発揮できる場所(お金ではなく、他社から承認を受ける)を見つけることができれば幸せを見出すことができる。その場所はインターネットが普及した今、非常に見つけやすく、また作りやすくなっている。
     「東大=幸せ」という図式になると、世界の大学ランキングで東大より上の香港の大学に出ている香港の学生が、東大生よりも幸せという結論になりそうですが、そういうことではないように思います。
     自分の遺伝の中にあるプログラムをどうやったら最大限、発揮できるか、そこにエネルギーを集中させることじゃないかと思います。ここで終わると、自己啓発本と一緒なんですが、「エネルギーを集中させる=努力」ではなく、そのプログラムを開花させる「機会(運)」にめぐり合うために出来るだけ、効率的にやるかだと思います。それがネットが普及した現代だと、それ以前の時代より投下した努力に対するリターンは格段に良いという環境が生まれているんじゃないかと思います。
     私はこういう風に解釈していますが、間違っていたらすいません・・・。
     

  8. 「スポーツには遺伝的能力差があるが、勉強には遺伝的差がない。」
    と思われがちなのは、確かに政治的な側面もあると思いますが、
    「スポーツの才能がある=一流プロスポーツ選手やオリンピック選手」
    に対して「勉強の才能がある=東大合格」などと考える点にもあると思います。

    有名進学校には高2や高1の時に駿台など東大模試を受けて
    成績優秀者に名を連ねる猛者がゴロゴロいます。
    一般的に知られるような一流スポーツ選手になる事に比べれば、
    東大合格などゴミのように簡単なことで、大した才能など必要ないでしょう。

  9. 「残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法」拝読させていただきました。
    内容に賛否両論はあると思います。ただ、私は肩から力が抜けていくのを感じました。
    「勉強すれば、いい大学に入れて、いい会社に就職できる。」
    「幸せになるために、確率を、幅を増やすために勉強しなさい。」
    どことなく感じる違和感を、圧倒的なプレッシャーで押し付けられるこの感覚が、
    少しだけ、和らいだ気がしました。
    「あぁ、俺はこーゆーのは苦手なんだ。そーいや、父さんも苦手そうだもんなぁ」って。

    制限から開放されて無限の可能性を示唆する社会になった事は、すばらしい事だと思います。
    ただ、きっと親からの社会からの、そして自分からのプレッシャーを多く感じている若い人たちも多いのではないかと思います。

    私はまだ25歳で、社会の「し」の字も発音できないような小僧ですが、きっとこの本を読んで、一息つけた気分になる若者はいると思います。

    息継ぎの時間をありがとうございます。ご執筆お疲れ様です。
    今度、友達にも勧めてみようと思います。

  10. 頭のよしあしに遺伝の問題を持ち出すことはナンセンス。なぜなら歴史上の天才的頭脳の持ち主の多くが、ごく平凡な頭脳の持ち主の両親から生まれているからです。そんなこともわからずに遺伝で、頭のよしはしが決まるなどというのはレベルが低すぎ。吉村さん、もっと勉強が必要。

  11. 個々の人間がそれぞれ異なる能力を持つことを自明とし、それぞれの特性を生かすべきだということを、近頃流行りのドラッカーも言っていた。

    しかし実際の日本社会では、人の能力差や特性の違いを全て本人の努力の差、さらには善悪に起因するものだとみなし、抑圧的な道徳論が作られてきた。

    受験技術や、就職に有利な進学先選定、就活ノウハウ、会社で昇進する方法など、巷には少しでも有利な人生を送るための情報があふれている。しかし、それに惑わされ、個性の異なる人間が皆必死になって同じ物差しで測ってもらおうとする風潮に警鐘を鳴らすべきだというのは、そのとおりだろう。

  12. 頭のよしあしに遺伝的な問題をからませるのはよくない。ユダヤ人を劣等民族とみなしたナチスと同根のものを感じてしまう。生まれつき頭のいい人とわるい人がいるのは、言われなくても誰でもわかっていること。しかし、それを遺伝的なものとからませて論じている橘さんの著作は到底、容認できない。誰もが努力すれば成功できるというのが、たとえ幻想であったとしても、著作を世に出す人間の正しい姿勢だろう。

  13.  私は色々な意見があって、それが表明されるほうが健全だと思います。
     あと、頭の良し悪しであろうが、運動能力であろうが、同じ事だと思いますが、親の適性を必ず受け継ぐとは限らないということは書き込みをされている誰もが理解されているのではないでしょうか?よくは知りませんがイチローのお父さんも平凡なお父さんのようにみえます。
     サラブレッドの世界をみてもそうですが、能力の高い馬からは能力の高い馬が生まれる可能性が高いという程度であって、勿論駄馬も生まれるわけです。そういこともひっくるめて”遺伝”という事なのでは?

  14.  参考程度に。イチローさん自身がこういうことをおっしゃっています。
    ttp://www3.nikkansports.com/baseball/mlb/ichiro/2004/ichiro-rensai4.html
     「野球をすることに関しては、手を抜いてましたからね。それがボクにとっての結構大きなポイントでしたね。
    余力? そうですね。その時期に器というものが見えてくるんですよ。でも勉強では見えてこなかった。
    頑張ったけれども結局トップにはなれなかった。
    もうあきらめざるを得なかったんですよね、勉強は。野球にはそれを感じたことがなかったですから」

  15. 2番目に投稿している人が、橘さんの本を読んで、やっぱり自分はなんの才能のない無能な人間であるということが自覚できましたと書いているが、これはよくないことだ。読んだ人間にこのような否定的な思いをいだかせることは、人生論的な著作としては失敗しているということだろう。人はネガティブコンプレックスにとらわれることで、不幸をまねきよせるのである。強く思い続ければ、思いは必ず実現するという成功哲学を、著者には書いてもらいたいものである。

  16. ピアノ教師をやってます。
    すべてはもってうまれた才能です。
    人間というコンピュータに音楽、ピアノというソフトが組み込まれているかどうか、容量ははどのくらいか、で決まります。
    ただ、教師なので口が裂けても、「才能よ」とは言えません。
    子どもにも、親にも、練習すれば弾けるようになるわよ、と言ってます。
    練習なぞしなくとも弾ける人は弾けます。


  17. かくいう私も、たいした才能がなかったからピアノ教師なんぞやっているので、もっと才能があればピアニストになりたかったです。

  18. 「学力に遺伝が関係ない」と主張している奴らは低学歴でまともに勉強したこともなく、
    周りも馬鹿ばっかりで圧倒的に優秀な奴らと一緒にいた事がないからそう思っているだけ。

    「こいつらとは出来が違うんじゃないか?」と薄々感じながら
    一生懸命勉強して競争すれば遺伝の違いを実感できる。

  19. 学力は遺伝だと主張している奴らは、ただ、つまらない知識を一生懸命、暗記した受験秀才を頭がいい人間とかん違いしているだけなのである。学力なぞ、まるでないにもかかわらず、本当に頭のいい人間に出会ってみれば、学力とは虚構の産物であると理解できる。

  20. 受験秀才がどうのこうのとコンプレックス丸出しの主張が述べられいるだけで、
    「学力に遺伝が関係する」という主張に対する反論になっていませんね。

    まあ生まれつき論理的に考える能力が低いから、
    自分の反論が反論になっていない事に気付けないのでしょうけど。

  21. 学力に遺伝が関係していないとは言っていません。双子の研究からも明らかなように、肉体的能力だけでなく、性格、知的能力などに遺伝が関係していることは自明なことではないですか。ただ、私が主張しているのは、両親が背が低いと、まず背の高い子供はうまれない。しかし、両親が頭がよくないにもかかわらず、頭のいい子供はたくさん生まれていることです。前者は遺伝的素質が大きくものをいうが、後者はそれほどではない。ようするに、あなたの言う定数Aのへだたりが前者では大きく、後者では小さいということです。だから、人間の知的能力の差異に、わざわざ遺伝なぞをもちこむより、両者の間に存在する勉強量の多寡に注目するほうが、より正解に近いだろうと主張しているわけです。

  22. 私が、日本で本当に頭のいい人だと思っているのは、ベンチャーコントロールの社長である田中美孝です。彼は学校で勉強して、学力をつけることがいかに無駄なことかを、中学時代にさとり、中学を卒業すると、すぐにビジネスの世界に飛び込み、若くして巨万の富をつかんだ。光通信の重田社長も、ホリエモンも大学に入学してから初めて、学力をつけるために勉強することが、いかに無駄であるこかに氣がつき中退したのですが、彼はすでに中学生の段階で気がついたから大したもんです。彼に言わせれば、学業の世界で大変な努力をして、圧倒的な優秀な成績なぞあげた人間なぞ、馬鹿まるだしということなのだろう。

  23. オカモト様へ

    そのような主張であれば納得できます。学力に対する遺伝的影響が背の高さのそれと比べて小さいことには同意します。

    しかし私の印象では、学力の遺伝的影響はスポーツと同程度はあるように感じます。上記のとおり「勉強の才能がある=東大合格」では判断基準が低すぎて別段の才能がなくても基準をクリア出来るため、学力に対する遺伝的影響が過小評価されます。東大合格と比較するなら日体大合格、オリンピック選手と比較するなら数学オリンピック選手ぐらいを考えて遺伝的影響を評価すべきです。

    両親からの遺伝に関しては、13 介護屋様 の意見と大体同じです。

  24. 橘先生、初めまして。何冊か本を読ませて頂きましたが、この世の中の経済システムについて的を得ていると思います。「マネーロンダリング入門」ではITバブルの日本の代表するホリエモンにするどく迫っていました。彼は虚業で儲けることを考えて実行しました。小泉内閣の金融政策は完全に狂ってました。竹中平蔵はアメリカの犬でした。構造改革といってしたことは、アメリカの金融資本が入りやすいように規制緩和進め、私の利益のために短期間に振興銀行に許可を与えたり国賊者です。
     日本の目指す社会は国民の皆がそこそこ生活ができる資金を稼げ自立できるようなセーフティネットを守りながら、お互い認め助け合い精神的な充足を満たされる社会システムではないでしょうか。勝間和代さんのように自己啓発すればよりレベルの高い生活に移れるような幻想を見せているだけで、ほとんどの人は落伍します。落伍したのは、自分の精神力が弱かったからだと、また、さらに自己啓発に金をすってしまうサラ金地獄にはまります。いかに平凡に人生をどうすれば過ごせるのか考える方がお金もかからず、プレッシャーもなくのびのび生きていきます。

  25. 『残酷な世界で〜』における、「知的能力(やその他の能力)は遺伝する」→「(方向違いの)努力は無意味」→「自分にとって費用対効果の高い分野にのみ努力を集中すべき(というか奏す事しか出来ない)」という橘氏の主張を認めることは「勉強ができないのは向いていないから仕方がない」「この仕事は自分には向いていない、だから業績があがらないのは自分の責任ではない」と言っているような人達には非常に魅力的な免罪符になり得ますね。

    結果的に「やってもできない」のは経験則としてみんなわかっているはずです。それでもその共同幻想をなりたたせているのは政治的というよりも道徳的な社会の知恵なのではないでしょうか?

    みんながみんな、自分の得意なこと、好きなことばかりに集中するような社会、得意じゃないこと、嫌いなことに対して努力を払うことをしない社会って一見理想郷のようですが、僕はそんな社会はご免被りたいですね。

  26. 橘さん、こんにちは。
    「残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法」に衝撃を受け、いま「不道徳教育」を読んでいます。
    これらの本を読んでなぜかとても安心しました。
    読んでいる間、「なぜわざわざ絶滅しそうなパンダを助けるの?」とか、減反を知ったときの「どうしてお米を作らない農家がお金がもらえるの?」とか、子ども時代に物議を醸した質問を思い出しました。私の考えは全く子ども時代と変わっていない、もしくは子どもの頃のほうがもっと純粋な「不道徳」だったかもしれません。
    しかし、同時に周囲から「生意気だ」とか「思いやりに欠ける」とか「最近の若者は・・・」と問答無用で説教された悲しい記憶もよみがえってきました。この記憶は本当に悲しい思い出で、これはきっと私が子どもで女子だったために、議論の余地なく疑問を黙殺されたのだと思います。
    橘さんの本がたくさん読まれて、「不道徳」について考える人が増えるといいなと思います。
    これからも橘さんの本やブログ、楽しみにしています。

  27. 人間の能力開発は自然に生きたほうが競争力が最大化される
    器の限界を超えて努力や勉強をすることは出来ないから無理するな
    けど、自分という器の色に合わせて、それが満ちるまで努力するのは大切ですね

    実際に生きてきて感じるのは、それが正しいってことです
    僕は若い頃、遊びほうけて自分のやりたいことだけやっていたけど、今になってそれらの全てに意味があった事に気付く
    結局人間は自分の好きなことをやり続けるしか術がない

    しかしながら、それで成功するか破滅するかはやっぱり運しだいってことです
    好きなことをやり続けてたら、上手い具合に共同体に受け入れられて、しかも収益化できるってのは五分五分以下
    承認を得る費用もゼロではない、常に他人との奪い合いであって競争です
    夢ばかり見せるのではなく、そういうこともはっきり残酷に言って欲しい
    劣った遺伝子を持つ者はジタバタするな速やかに淘汰されろ、ってね
    それまでは理路整然としてたのに、最終章でやけに歯切れが悪かったのはそういうことだと思った

    そう考えると、この本も見事に海千山千の書いたアヤシイ自己啓発本の一つなのである

    好きなことをやり続けて死ねたならそれも本望だ
    時代や状況にあわせて常に自分を千差万別に変化させろ、尻尾の中の頭はすぐに尻尾になる
    それくらいの気持ちでバザールという海原に向かうのがいいと思います

  28. 人間の能力を10段階で表すとしたら、
    努力でどうにかなるのは+1ぐらいじゃね?

  29. そういう身も蓋もない現実が分かった上でもなお、
    人間には努力しかやることがないから努力するんだよ。その+1のために。
    別に教育神話が努力を奨励しているから努力しているわけじゃないよ、たぶん、みんな。
    努力しないで生きていくのってけっこう退屈だよ。

  30. 物凄く当たってると思います。死なずに出来る努力量は大体皆同じです。頭の出来は結構生まれつきです、性格もそうです。脳内の短期記憶に関するニューロ量も早々変わりません。但し、長期記憶に関する能力(短期を長期に変換するメソッド)はある程度努力でどうにかなります。しかしそのメソッドを生まれながら出来る人と出来ない人では必ず差が出ます。優何時の救いは出来るひとは奢る事位です。私たちが忘れてはならないのは、相手を尊重し、奢らず、謙虚に努力を重ねる事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。