「子育て神話」から自由になるために


「遺伝子決定論?」で子育てについて書いたら、たくさんの質問をいただいた。

私にはそもそも子育てについて語るような資格はないが、ジュディス・リッチ・ハリス(『子育ての大誤解』)によれば、そもそも親が子育てについて語ること自体が間違っている(なぜなら、子育ては子どもの人生になんの影響も及ぼさないから)。だったら、(私のような)資格のない人間が勝手なことをいってもいいのでは、と考えて、進化と子育てについて思いついたことをいくつか書く。

1)親は子どもを愛するけれど、子どもは親を愛するようには設計されていない。

いきなり不愉快になったかもしれないが、進化論的にはこのことはとても簡単に説明できる。

親が子どもを気にかけないとしたら、子どもはすぐに死んでしまうから、後世に遺伝子を残せない(すなわち、この世には存在しない)。だったら、いま生きている私たちは、「自分の子どもを無条件に愛する」という感情を基本OSとしてプレインストールされているにちがいない(これは人間だけでなく、哺乳類など子育てをするすべての生き物に共通する)。

それに対して、自分の親を愛するというのは、遺伝子を残すことにはなんの関係もない(自分の生存に有利だから、「親に甘える」という感情は基本OSだろう)。そもそも進化適応環境(旧石器時代)では、ヒトは20歳代で死んでしまったから、老親の世話をするというような「本性」が備わる理由がない。もちろん、生得的に親を憎む理由もないから、子どもが親を愛するかどうかは後天的な環境に依存する。

この「愛情の非対称性」は、簡単に検証可能だ。

自分の子どもを遺棄したり、虐待したりするケースはきわめて珍しい(だから事件になる)。一般に幼児虐待は、両親のうちどちらかが血縁関係にないケースで起こりやすい(再婚の夫が連れ子を虐待しても、母親は捨てられるのが怖くて見て見ぬふりをする)。

それに対して、いちど老人ホームを見学してみればわかるように、いまの日本には子どもに捨てられた老人が溢れている。こちらはあまりにも日常的で、話題にもならない。

自分の子どもを捨てることには激しい罪悪感を抱くが、自分の親を捨てることはなんとも思わない。「親孝行」は文化的なものだから、孔子はわざわざ「孝」を説かなくてはいけなかったのだ。

2)子どもは親の世話がなくても生きていけるように設計されている。

進化適応環境では、メスは授乳期間が終わると同時に次の子どもを妊娠し(乳幼児の死亡率が高いため、そうしないと十分な数の子孫を残せない)、オスは家族のもとに食べ物を運ぶのに精いっぱいだったと考えられる。このような厳しい環境では、両親の世話がなければ生きていけない子どもは淘汰されてしまうから、子どもはもともと親の世話がなくても生きていけるように設計されている。

親の代わりに幼い子どもの面倒を見るのが、兄姉であり、共同体のなかの(同じくらいの年齢の)子ども集団だ。子どもが親よりも友だちを優先するのは、ごく自然な感情なのだ。

子ども集団のアイデンティティは、大人社会との対比(対立)によって成立している。だから子どもは、自分の友だち関係に親が介入することを極端に嫌う(親が友だち関係に介入すると、その子は仲間はずれにされる)。

親は、自分の子どもがどのような友だち集団に引き寄せられるか、その集団のなかでどのような役割を演じるかについてまったくの無力だ。人格(キャラクター)は友だち集団のなかで演じるキャラによって決まるのだから、親の子育ては、子どもがどのような人間になるかにほとんど影響を与えない。

3)核家族の極端な母子密着は危険である。

現代日本では、子どもは隔離された家のなかで母親と密着した状態で育てられるのがふつうだが、ヒトの基本OSはこのような成育環境に適応するようにできていない。

スポーツ選手などに見られるように、親子密着型の環境が成功することもあるだろうが、その背後には不適応に陥った膨大なケースがあるはずだ(こうした失敗例は表に出ないから私たちの目には入らない)。

いまさら旧石器時代と同じ子育て環境をつくるのは非現実的だが、子どもの人格は基本OSに準拠したかたちで形成していった方が安定するだろう。子どもを友だち集団から切り離し、家庭に囲い込むような極端な母子密着はきわめて危険だ(「神童」と呼ばれる子どもが大人になって破綻するのは、子ども期の人格形成に失敗するからだとハリスはいう)。

進化心理学的な考え方がわかると、日本で広く信じられている子育て神話から自由になることができる。

  • 「3歳までは母親が家庭で面倒を見るべき」という3歳児神話にはなんの根拠もない。もっと早くから保育園に子どもを預けても悪影響はない。
  • 共働きは、子どもの人格形成になんの障害にもならない。そればかりか、専業主婦の母親が子どもと密着するよりずっと健全だ。
  • 子どものために親が犠牲になることはない。「親の犠牲(こんなにやってあげたのに)」を強調すると、子どもはそれを抑圧と感じる。親は自分の人生を楽しんだほうがいい。
  • 「自然」な子育てとは、幼児期から同年代の子ども集団のなかに入れて、あとは放っておくことだ。ただしここで親は、どのような集団を選ぶかで子どもの人格形成にきわめて大きな影響力を行使する(アメリカに移住して公立学校に入れれば、完璧なアメリカ人の人格ができる)。
  • 子育てには「成功」も「失敗」もない。子どもの人生は、親には(ほとんど)どうすることもできない「運命」みたいなものだ(親は常に子どもの人生を「設計」しようとするが、そのとおりになることはない)。

もちろん私は、「親の愛情なんてどうでもいい」ということをいいたいわけではない。子どもの本性(ヒューマン・ユニヴァーサルズ)を知ったうえで、十分な愛情を注いであげればいいのではないだろうか。

親にできることなんて、ほかにはなにもないのだから。

(個別のご質問には次回、お答えします。)

追記

微妙な問題なので、誤解のないように、念のため申し添えておく。

「自分の子どもを無条件に愛する」というのがヒトの基本OSだとしても、男女(父親と母親)では違いがあるだろうし、個人差もあるだろう。だからこれは、「子どもを愛せない親は異常だ」ということではない。親の愛情にはバラつきがあるが、進化はそれを前提として、親にあまり気にかけられなくても子どもがちゃんと育つような設計になっている、と考えるべきだろう。

進化適応環境では、核家族や母子(親子)密着、(親族から切り離された)母子家庭などはあり得なかった。幼児虐待は親の資質だけを問題にするのではなく、こうした(設計書にはない想定外の)環境の変化を含めて議論する必要がある(虐待する親を道徳的に批判するだけではなにも解決しない)。

コメントを閉じる

22件のコメント

  1. おはようございます。

    記事のタイトルが”子育て神話から自由になるために”とありますが、子育て真っ最中の僕にとりまして、「遺伝子決定論」と並んで、これもまさに救われる思いです。

    親は子どもを愛するけれど、子どもは親を愛するようには設計されていない。だとするなら、親は何かの見返りを子どもに求める事自体が間違いなのだと思います。所詮、子どもからは愛されないのですから、期待値はゼロと思った方が良い。

    この事を大前提とした上で行う子育ては自ずと違ったものになると思います。親はもっと力を抜いて自然体で我が子に接してあげられるようになるのではないでしょうか。

    子どもが父親を金属バットで殴るというような出来事に対して、村上龍が「僕も父親をバットで殴ろうとした事があったが寸前で思いとどまった。幼少の頃にまったく泳げなかった自分に泳ぎを教えてくれたのが父親であり、その時の事が脳裏をよぎったからだ。」というようなコメントをしていた事があります。

    子どもから愛される必要もないでしょうし。過度な世話をしてあげる事も必要ないでしょう。しかし少なくともいつかの将来、子どもからバットで殴られるような事になった時、子どもの脳裏に一瞬でも浮かぶ父親であれば良いと思います。というか、殴られないような父親になる努力は最低限必要だと考えます。それ以上のモノは不要なのかもしれません。

  2. 私も救われる思いで読ませていただきました。
    私自身0歳児の時から保育園に通っており、子供も同じように保育園に入れています。
    3歳神話に心を揺さぶられないようにしていても、どこかで迷いがあったことがわかりました。

    3歳神話は猿だかチンパンジーだかの研究を基に作り上げられたものだということも分かっています。
    モーレツサラリーマンを支えるためにでっちあげられたのかもしれませんね。

  3.  これを読んで、ただ虚しいし、寂しいし、悲しくなった。人は「モノ」なのかと、やるせなさを感じた。橘氏の論理展開は相変わらず、神業で、そこには口をはさむ余地すらないのだが、ベースを「進化論」にし、そこに何の疑いも無いところに妙な違和感を覚えている。

     日本では「進化論」がある種の宗教のようになっているが、先進国では一部の科学者、政治家を除いて、社会の末端にまで「進化論」が根をおろしていはいない。

     同氏は今までも、日本人が常識と思い込まされている慣習について、政治的な意図を鋭く読み解き、我々を作られた固定概念から開放してきた。しかしこの「進化論」に関しては、一点の狂いなく「科学」であると述べている節を感じた。

     ここで引用されている科学者と同じように、「進化論」を否定している科学者は現在、かなりの数がいる。私自身、100%「進化論」が間違っているとは思わない。ただ、行き過ぎた「進化論」は人を結局、「モノ」に変えてしまう。進化論のみで議論を進めると最終的に、人間の人生には「『目的』がない』という結論になり、それを日本という社会全体が覆っているように思う。

  4. blogosで拝見して、お邪魔いたしました。

    「日本で広く信じられている子育て神話」に根拠が無いことについて書かれ、それから「自由になる」ことを勧めていらっしゃるものと受け取れました。
    この「神話」に根拠が無いとしても、この神話が「偽である」という根拠も無いのではないかと思いますが、いかがでしょうか。わたし自身は、親からの影響を多大に受けたと思っていますし、子育てにおける親の役割の重要さについて、日々痛感しているつもりでおりましたので。

    例えば第1番目の
    > 「3歳までは母親が家庭で面倒を見るべき」という3歳児神話にはなんの根拠もない。
    > もっと早くから保育園に子どもを預けても悪影響はない。
    についても、たとい神話に科学的根拠が無いとしても、「悪影響はない」と言い切ってしまえるものなのでしょうか。
    後で「いや実は悪影響もあることがわかってきました」と言うのでは、子育て真っ盛りの世代としては困るのです。なかなか難しい問題で、バッサリ決着が付くような話題ではないと思うのです。
    「進化心理学的な考え方」も、諸説の中の一つの「仮設」に過ぎないのではないでしょうか。
    (「このような考え方もある」というご提示としては、大変有意義であると思います)

    橘様ご自身のご成長の結果や、子育てをなさった結果から、「だから我が家の場合は全く悪影響が無かった」と個別具体事例としてご提示いただくのが適切なのではないかと思った次第。お差し支えなければ、ご紹介いただけると有り難く存じます。

    ありがとうございました。

  5.  私はいまだに子供の側の人間ですが、この記事の内容には同意します。私の親が「家」「後継ぎ」という言葉で囲い込みをするたびに私は強い不快感しか感じませんでした。職業選択さえも束縛しようとするに至りもはや嫌悪しか感じられなくなりました。親は無意識に子供の創造主としての地位から子供をモノ扱いしているのではないかと思います。実際、子供の意思が確立されるまで判断を行うのは親であることをいつまでも引きずっている部分があるような気がしてなりません。

  6. 日本で広く信じられている子育て神話の一つに、子供に高い教育費をかけて、一流大学に入れれば、人生の成功者になれるという学歴神話があるが、昨日、テレビ東京で放映された就活の特集を見て、それが全くの虚構であることに気がついた。番組では新卒で就職することに失敗し、結局、社員7人の中小企業に就職することになる若者を紹介していたのだが、なんと彼は一ツ橋を出た、いかにも優秀な若者なのである。ただ新卒でないということで、ほとんどの企業に相手にされないのである。新卒でなければ、たとえ東大卒でも相手にされない日本は、明らかに世界でもっとも学歴の持つ価値が低い国であろう。それなのに、以前として、学歴神話を信じている日本人は、終身雇用が成立しなくなった日本では、たとえ東大を出て大企業に就職できても、リストラされてホームレスになることが珍しくない時代が到来したことを認識しなくてはならないだろう。

  7. 共感しました。そもそも、子育て、別けても、躾けや人格の陶冶を親の責任にすることが間違いなのだと思います。かわいい子には旅をさせよと教えて、子育ての限界を社会通念としていた時代が懐かしいですね。親は無くとも子は育つと言い、子は親の背中を見て育つとも言ってきた此の国の叡智をこそ尊ぶべきでしょう。
     子育ての責任を、出来もしない親に求め、負担を課すから、子育てが破綻し、重荷になってしまいます。
     子育ては、子供達に、安全で暖かい住処を与え、健康に育つに必要な栄養のある食事を与え、安らぎと楽しみがある心の環境を与えるだけで良いのだと思います。
     学校のしつけは学校がすべきだし、社会のしつけは社会が与えなければ、人は育ちません。
     誰もがよい親になることなど出来ないのですから。

  8. 親はなくとも子は育つって言葉の意味、ってところでしょうか
    でも、言い切るのは危険では?

    昔昔、若者組ってものがありましたよね
    今で言う青年団とか暴走族みたいなもの
    結局子供たちには、同じ年齢くらいのもの同士で結びついて人格を形成しようとする本能があるんでしょうかね
    だから、イジメ撲滅運動みたいなのをやってさらに押さえつけると逆効果になると思われる

  9. 「精子戦争」は読まれましたか?児童虐待も進化心理学で説明可能ですよ。簡単に書くと、今の子供を殺して次の子供や夫に期待した方が最終的に孫を増やすことができるときにとられる戦略です。

  10. 核家族の中、少子化では親の面倒をみることは到底できません。義母が63歳で脳内出血となり半身麻痺となり、義父が一人で介護サービスを受け面倒をみていましたが、6ケ月看護につくしてうつ病になり自殺行為もありました。その義父がガンで今年7月に亡くなり、義母の面倒は結局兄弟で介護するのは不可能で介護保険施設に預けています。1ケ月の自己負担が23万円也。義父の遺族共済年金や金融資産があるので払えますが、介護の中でも格差があります。払えないなら家族共々介護疲れで集団自殺しなければなりません。介護保険料が今後上昇しますが、自宅でどれだけの子供たちが親の面倒をみれるのでしょう。現在70才後半まで生きるとしても子供は50才前後、孫は一番お金がかかる大学生の時、共稼ぎだとどちらかが職を辞して親の面倒をみられるのでしょう。半分の収入になり介護保険の負担。家族崩壊してします。

  11. 進化適応環境では核家族が当たり前なのでは?
    ヒトは20代で死んでしまうんですから。
    祖父祖母が当たり前に居るのは近代になってからでしょう。
    親が子育てで子供を変えられないという趣旨は賛成です。

  12. ロシア時代の壮大な社会実験(全ての子供を親から離し、社会により集団で育てる)の結果がこの論旨と一致しているのであれば、納得できるのですが…

  13. 例えば、私の祖父は、小学校卒業後、パン屋の奉公に行き、生涯パン屋職人として過ごしました。昔は、小学校を卒業した後、働くことが大多数で、親と一緒にいる時期が、少なかったから、問題が起こったという話は、一切ありません。今のように、長く親と一緒にいる事が、異常であることを、認識すべきです。

  14. >進化適応環境では核家族が当たり前なのでは?
    >ヒトは20代で死んでしまうんですから。
    >祖父祖母が当たり前に居るのは近代になってからでしょう。

     これはウソでしょう。中世でも10歳程度まで育てば、その後はかなり(40~50歳くらいまで)生きるのが普通でした。人口学の本を読みましょう。

  15. http://jijihyoron.seesaa.net/article/11146322.html
    全く逆の結論を文科省が出しています。
    私自身、教職の母の元に育ち、アダルトチルドレンの傾向があります。
    よって、在宅勤務を若いうちから計画し、我が子は
    手元で育てています。
    乳児脳は育て方が非常に影響する実感がありますが、、。

  16. 進化論と”科学的”なところを装いながら、すごくトンでもじゃないですか。たとえばこういうところ、
    >子ども集団のアイデンティティは、大人社会との対比(対立)によって成立している。

  17. > これはウソでしょう。中世でも10歳程度まで育てば、その後はかなり(40~50歳くらいまで)生きるのが普通でした。人口学の本を読みましょう。

    ブログ本文中に以下の記述があります。中世のことではありません。
    >そもそも進化適応環境(旧石器時代)では、ヒトは20歳代で死んでしまったから、老親の世話をするというような「本性」が備わる理由がない。

  18. >>hjunya様
    「人間の人生には「『目的』がない』という結論」

    これは進化論に限らず哲学でも同様の結論が出ています。
    この世界には特別な意味などなく、人間にも人生にも特別な意味や目的などありません。
    残酷なようですが、これが世界の真実です。
    ———————————————————-
    ところで、子供の残酷な戦略に関しては次のような研究結果もあります。
    哺乳類や鳥類の赤子は何故泣くのか?
    逆説的ですが、赤子が泣くのは他の生物に自分の居場所を知らせるためなのです。
    兄弟の中でよく泣く個体とそうでない個体がいるとします。
    泣く赤子がいると外敵に場所を知られてしまうため、親は泣く個体を黙らせるために他の兄弟より優先的に餌を与えます。
    その結果その個体は泣かない個体より優れた肉体を得ることになり生き残る上で有利になります。
    しかし餌を与えているのに泣き止まないような個体がいると、その個体や家族は外敵に見付かることになり死んでしまうことになります。
    ですから動物の世界でも泣き過ぎる赤子など手がかかり過ぎる子供に関しては親は育児放棄をします。
    これらの結果、泣かない遺伝子を持つ個体と泣き過ぎる遺伝子を持つ個体は死滅し、程良く泣く戦略を取る遺伝子が生き残ることになります。
    その遺伝子は我々人類にも受け継がれているのです。

  19. 共感しました。
    1歳から保育園に子を預けて共働きをしています。
    息子は、保育園では同世代の子と遊びながら社会性や自立心をはぐくみ、家では自分だけに注がれる愛情に囲まれ、安心してのびのびと過ごしています。
    「3歳児神話」(3歳までは母親が終日育てた方が良い)が本当であれば、高度成長時代以前の二本や現在の世界の多くの子が、子育て環境的に欠陥があり、人間的に成長できないってことになりますよね。いつもおかしな話だと思っていました。
    「3歳児神話」の根拠の研究には「3歳までは母親を含む、周りの愛情をたくさん受ける環境が必要」ときいたことがあり、それには納得しますし、実感もわきます。

  20. もし、心も進化の過程で適応能力を最適化させて生まれてくるのであれば、日々の親の思惑はあまり影響がないと、子育てのプレッシャーから開放された方の者です。子供は、自分の鏡のようなところもあり、自分が自分に対してイヤだと思うところも受け継いでいたりして、子供のころの自分の失敗やトラウマを体験させないようにと 、つい力を入れがちだったのですが、一歩下がって、子供の様子を見ることができるようになりました。

    親は子供に、行き詰ったときに現況から一歩踏み出す勇気と、その反応を嗅ぎ取る能力と、正しい方向を見極める決断力と、努力を続ける根性と、状況分析をできる客観性と、方向修正をできる柔軟性を身につけられるように訓練できる環境を与えてあげられることが、大事なのでしょう。
    そして、その判断力をあげるためには、情報量が必要で、それを得るための教育だったり、経験だったり、習い事だったりするのだろうと思うようになりました。

    私経験から、小学校2年で担任からいじめられ、九九で躓くことになり、学校卒業まで「数学はダメ」「数字嫌い」と思っていましたが、アメリカに留学して数学が大好きになり、クラストップの成績でした。本当に適正があるのかどうか、誰が見極めてくれるのでしょうか?小学校2年生で「算数は理論を理解すれば応用が利くのに、丸暗記なんて納得できない!」と九九の暗礁を拒否した私は、直感的にそう感じてしまったために、それを誰にも言うことはできず、それ以降は「数学苦手」とレッテルを貼られて苦しみました。が、本当のところ、理論を紐解くということは、私にはとても楽しいことで、アメリカでは水を得た魚のように、次々と習得していけたのです。

    夫は、学校の成績が悪く集中力がないと、放り出されそうになったときに専門家に見てもらい、実は授業内容が退屈で、もっと高いところに行かないと伸びないと診断されて、学校に行きなおしたそうです。外国だとそういう選択肢があります。

    「個人の適正は備わっている」というのには賛成しますが、小学校2年のときにつけられた「数学センスが無い」という適正のレッテルが、正しいものなのかどうか、誰が判断してくれるのでしょうか?子供の適正が正しく体現されているかどうか、一体誰が判断してくれるのでしょうか?

    「私は変わらない。」でも適応能力というものが「私」に備わっているなら、住環境や職場環境に適応して変わっていくのもまた「変わらない私」なのでしょう。私は、看護婦をしているときに、心がどんなに悲嘆にくれていても意識的に笑顔を作ることを体得しました。(笑)

    結局は子供自身の適応能力が、自分の適性を正しく導いてくれることを信じるしかないのでしょうか?
    長文失礼しました。

  21. 親は子どもを愛するけれど、子どもは親を愛するようには設計されていない。
    私には子供が居ませんが氏の記述思わず納得せざるを得ませんでした。
    私は27歳独身です。
    大学卒業後、一部上場メーカーに就職したものの橘氏の影響もあってか自称?ベンチャー企業に転職し今はフリーエージェントの真似事をしています。
    私の母親は高校時代に父を亡くし苦労して育ったと聞いています。その為か子育てには外の子よりも力を入れてくれたおかげで四年生の大学に入り売り手市場であった07年に就職出来ました。
    そんな力を入れて育てた息子が自営を目指すなんて母親にとっては意味不明でバカ息子が夢物語を描いていると悲観している様子です。
    こんなに愛して育てた息子がなぜこんな期待外れな事を!
    とどうにかこうにかやっている状況にもかかわらず口では納得していると言いますが心の底では納得していないようですしあまり応援したくもないようです。
    こんなものなんでしょうか?
    私は現時点で子供は親の思う通りには育たないし自分の子供も思い通りにならないと思っています。(そもそも母の私への思いが強すぎた為か正直そこまで子供が欲しいとも思っていません)
    不思議なのは、親である以上私の様に親ではないが子供である状態があったにもかかわらず親は子供を愛し子が親を愛さない(=私の解釈だと思い通りにならない)事に不満を持ってしまう事です。
    子供時代に親を愛さない自分を自覚しているはずなのに親になると愛しすぎてしまう例が見受けられる事が不思議です。
    羨ましい話しだ、未熟者だ!と言う方がいらっしゃるかもわかりませんが27歳独身(一応彼女あり)の率直な意見です。

  22. 親は子どもを愛するけれど、子どもは親を愛するようには設計されていない理由

    子どもが親を愛することの遺伝子的な利点がないからではないでしょうか。
    もっと正確に言えば、遺伝子が長寿の親を愛すべきかどうかの判断ができないからではないでしょうか。
    人類がこれほどまでに長寿となったのはここ百年単位の話であって、それ以前には子どもが成人するころ(妊孕性を持つくらいの年齢)には親は”老いて”(30歳とかそのくらいの年齢で)死んでいることが当たり前という環境がとても長く続いたのです。
    「親が長寿となった現在、親を愛するのが遺伝子的に得か損か」という判断が遺伝子的にできない(遺伝子の進化スピードに比べて社会の発達スピードは比較にならないくらい早すぎて今後数千年程度対応できる見込みもない)のではないのでしょうか。
    したがって、遺伝子(=本能)からの適切な回答は皆が持っていない。悩んでいるわけです。
    ですから個人によって親を愛するかどうかは環境因子にとても左右されるのではないかとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。