伽藍の世界


伽藍からバザールへという話を、「どうしたら革命を起こせますか?」で書いた。

『残酷な世界~』で述べたけれど、伽藍(閉鎖空間)とバザール(開放空間)ではゲームのルールが違う。

バザールは参入も退出も自由だから、相手に悪い評判を押し付けてもあまり効果はない。悪評ばかりの業者は、さっさと廃業して、別の場所や別の名前で商売を始めるからだ。

バザールでは、悪評と同様に、いったん退出するとよい評判もゼロにリセットされてしまう。だから、たくさんのよい評判を獲得した業者は、同じ場所にとどまってさらに評判を増やそうと考える。顧客は評価の高い業者から商品やサービスを購入したいと考えるから、これがいちばん合理的な戦略なのだ(ネットオークションがその典型だ)。

バザール空間でのデフォルトのゲームは、できるだけ目立って、たくさんのよい評判を獲得することだ。だからこれを、ポジティブゲームと呼ぼう。

それに対して閉鎖的な伽藍空間では、いったん押し付けられた悪評はずっと付いて回る。このゲームの典型が学校でのいじめで、いったん悪評の標的にされると甚大な損害を被るから、できるだけ目立たず、匿名性の鎧を身にまとって悪評を避けることが伽藍を生き延びる最適戦略になる。これが、ネガティブゲームだ。

それでは実際に、伽藍の世界を見てもらおう。これは日経新聞2010年9月16日付夕刊に掲載された、「経済今昔物語」という記事だ(画像をクリックで拡大)。

nikkei_kiji

2枚の印象的な写真はどちらも日本航空(JAL)の入社式で、上は2010年、下が四半世紀前の1986年に撮影されたものだ。

キャプションにもあるように、現在の入社式では、新入社員は男も女も黒のスーツに白のシャツで、靴や髪型までほとんど同じだ。これは、会社が定めた服装規定ではない。新入社員たちが、誰の指導も受けず、伝統や慣習とも無関係に、自分たちだけで(自生的に)I生み出した秩序だ。

それに対して86年の入社式では、タータンチェックやワンピース、白のハイヒールも当たり前で、髪型もさまざまだ。「人類は時代とともにより自由になっていく」という楽観的な進歩史観からすれば、この2枚の写真は衝撃的だ。なぜこんなことになってしまうのだろう。

新しくJALに入社する若者たちを支配するルールは一目瞭然だ。

他人と同じことをして、けっして目立たないこと。

彼ら/彼女たちは、このネガティブゲームの掟を学校という伽藍空間で身につけた。「会社」という新たな伽藍空間に入っていくに際して、同じ掟に従うのは当たり前なのだ。

ここに、今の日本を覆う閉塞感の正体がある。

バブルの絶頂期へと向かう86年には、伽藍にはまだ拡張の余地があった。だが「失われた20年」を経て、学校も会社も、さらには日本という社会もより閉鎖性を強めていった。経営破綻したJALが日本の縮図だとすれば、黒のスーツに身を固め、ひとよりも目立つことをなによりも恐れる、ネガティブゲームに習熟した新入社員たちの姿は、私たちの自画像なのだ。

コメントを閉じる

30件のコメント

  1. 初めまして。最新著書も拝読致しました。

    一見、唐突な(聞き慣れない)比喩表現とも受け取れる「伽藍とバザール」、元ネタはEric Steven Raymond の著書「The Cathedral and the Bazaar」でしょうか?

    ある方面からの悪評は、他方(例えばその対抗勢力)からは良い評価である事は空間の性質に拘らず存在し、その辺りの禍福的な要素も盛り込んだ議論の展開をも期待します(例えば、閉鎖空間での短期的な評価の善し悪しを気にせず、とにかく振れ幅の大きい行動を起し続ける戦略の有効性、など)。

    著書も本ブログも、平素より大変興味深く拝読しております。今後とも精力的な活動を期待しております。

  2. >新入社員たちが、誰の指導も受けず、伝統や慣習とも無関係に、自分たちだけで(自生的に)I生み出した秩序だ。
    リクスーを大量販売している流通業者からの影響の有無ないし大小はどうでしょうか?

  3. 「残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法」拝読しました。
    大変おもしろかったです。
    私はちょうど橘さんがおっしゃるマイクロ法人を先日つくり、ソーシャルゲームを配信しております。
    『20世紀少年』や『重力ピエロ』なども参考にあげながら、心理学的な側面で現代社会についての考察は、ゲーム作りにも参考になるものでした。
    これからも応援しております。

  4. まさしく。過去、こうした全体意識が我が国を、我が同胞を、勝算ない泥沼の戦いに追い込んだ歴史を顧みてしまう。何も学んでいない、と。「伽藍」から飛び出すちょっとした勇気をどうしたら与えてあげられるのだろう。むしろ、若者にとっては、そちらのほうが歩留まりが高いのではないだろうか。現在価値の低い「椅子取り」ゲームに参加するよりは。

  5. まるで杉の人工林。
    生物多様性は、人間社会にこそ、重要なのでは?
    ここら辺に、環境変化についていけない日本経済の弱点がある。

  6. 会社人間としての最適戦略である行動が、グローバル化の進む方向(≒多様性)と180度違う所が興味深いです。
    今月から始まる羽田LCC解禁は今後の航空ビックバンへと続いていく気がしています。
    その流れの中で、この会社がもう一度潰れるのは時間の問題なのかなぁと思いました。

  7. 本当に面白かったです。
    私自身、自己啓発という存在に疑問を抱きつつ、そして裏切られつつも純粋に自己成長のために頑張ってきました。橘さんの本を読んで少し肩の荷が降りた気がしました。

    そして、私も市場に迎えそうな気がしています。

  8. 19才ごろ塾講師をアルバイトでしていたころ、普段の指導とは別に勉強会があって、私服か制服かどっちでいくべきか塾長に聞いたところ、どっちでもよいとのことだったので私服で行ったのですが、参加者ほぼ全員スーツ姿だったということがあります。
    後日塾長は、ははっ私服で行ったのかよ、みたいな反応でした。
    これから就職なのですが、あそこで垣間見えてしまった社会というものが、あらためて気持ちが悪いです。

  9. いつも新しい視点をいただいています。ありがとうございます。
    まさに”空気を読んで”ということでしょうね。86年の入社式のほうが個性があるというのはかなり衝撃的です。日本の教育を含め、社会全体で望んだことの結果といえるでしょう。この結果は良い方にいくとは思えませんが、せめてこの空気を読んでいる世代の方々が本心からこの同一化をしていないことを祈ります。

    成長戦略には教育方針の変化が必須かもしれませんが、教師の教授法の大変革が必要と思います。
    時間がかかりそうですね、せめて自分にかかわる子供だけは自力で考えるように教えたいと思います。

  10. 本来は好奇心旺盛であるはずの若者が、さらに閉じようとしてるのが不気味ですね
    同じ遺伝子ばかりだと危機に弱くなるのに

  11. 橘さま

    橘玲さんの本を初めて、読んだのは「亜玖夢博士の経済入門」です。
    表紙のイラストに惹かれ、また、数ページ立ち読みをしたら、
    とてもおもしろかったので購入しました。
    その後、新刊や過去出版された本を片っ端から読んでいます。
    また、橘さんの書籍の中で紹介をしている
    橘さんが、影響を受けた書籍などについても、図書館で借り興味深く読んでいます。

    現在私はサラリーマンで年齢は34歳です。
    5歳の娘と、3歳の息子と嫁と生活をしています。
    仕事の環境といえば、まさに伽藍の中です。
    現在、伽藍は捨てたいと、もがいている状況です。

    この機会をお借りして、橘さんにお聞きしたいのは、教育についてです。
    確か、書籍の中でお子さんについて触れている文中がありました。
    そこで、橘さんがお子さんへのご自身がなされた、何か教育方針(大袈裟です
    が・・。)
    があれば、お教え下さい。

    私が、私なりに思っている教育方針は、
    子供達は、自分の意志で生まれてきた訳ではないので、
    子供達が好きなこと(人に迷惑をかける内容でなければ)があれば
    出来る限りバックアップすること。

    以上のように考えています。

    その考えは強く持ち続けたいと思っています。
    ただ、子供を見ている限り、ある程度、誘導ではないですが
    日々過ごす中で、興味を持つような環境をこちらから提案しなければ
    いけないのかどうなのかと自信がありません。

    私に、お金が豊富にあれば、たくさんの環境の場を、子供達に試しにでも
    与えることができるのではないかと、自分の力のなさにも
    腹立たしく思うこともあります。

    橘さんはお子さんをどうやってお育てになりましたか。
    また、その子育ての中で、橘さんが感じたことを
    お教えいただくことが可能であれば、よろしくお願いいたします。

  12. 現在就職活動をしている大学4年生です。

    個性ってなんですかね?
    個性を伸ばすためにゆとり教育にしたのでは
    なかったのでしょうか?

    社会に出たら、個性は消さなきゃいけない
    ものだと思ってました。
    私たちはいつも、「普通」とか「常識」という答を探してます。

  13. バブルの頃は売り手市場。バカでもアホでも変な格好してても就職できた。企業側は入社後に社員教育をしてたものだ。
    逆に今時の新入社員は自分を売り込まなければならない。それは企業側の色に染まりやすいよう個性を限りなく抑えることも含まれる。
    浮かれてた80年代と違い今の若者はシビアだ。

  14. 非常に興味深く、機知に富んだ考察を有り難う御座いました。

    わがままなお願いなのですが、もう一歩踏み出して、問題解決への提言があると一段と深みのある意見となり、面白いものになるのではないかと思いましたので、お時間許されるのであれば、よろしくお願い致します。

  15. 私たちが長年かけて築いてきた礎あってこそ
    大量生産されるのが若年層。
    私たちのクリエイティブの結果です。

    彼らの自由意思が「自主的規律」を選択しているなんて
    絶対言わせない。
    土俵を、選択肢を作っているのは私たちだ。

  16. では、破綻した会社の新入社員の態度としては、どうすれば良かったのでしょうか?
    もしここで浮かれた格好をしたら、破綻した事の重みが解ってないとか叩きませんか?
    こう言う新聞ネタをさも有識者の様な顔をした人達が後押しをする。
    結局は日本人って批判するしか能が無くて、それを有識者だと思い込んでいるだけでは?
    そんな人達の行動が結局のところ日本を窮屈にしている様な気がします。

  17. はじめまして。

    『伽藍とバザール』は名著ですが、オープンソースの開発といった一つのミッションが明確な場合に適応されるものだと思っています。

    日本の閉塞感に当てはめるのは、違っているのかと。なぜななら、今の日本に掛けているのは、5年後、10年後にどうするのか?というビジョンであって、形ではないと思います。

    そもそも、今の日本のようにビジョンやミッションが明確でない状態では、バザールは危険です。事実、今の政治は、ミッションがぼんやりしているがゆえに、バザール状態になって、与野党問わず、議員が好き勝手なことを言い出して混乱しています。

    こういう状態では、力が分散しすぎて、うまく機能しないですよね。伽藍でないと、一つの方向に向かって進めないと思います。

    もっとも、最初に書いたように、伽藍だのバザールだのは、組織運営の話であって、組織がどこに向かうのか分からない状態では意味をなしません。閉塞感はそこからきています。

    行き先を明確にしてこそ、地図帳がいいのか、カーナビがいいのか議論できるのであって、行き先が決まっていなければ、地図も最新のカーナビも役に立ちません。そもそも、車に乗っている人も、行き先が分からないまま乗せられてたら、不安しかないですよね(笑)

  18. イワシの群れみたいですね。
    働いて食料や住む場所を得て、パートナーを見つけ、子孫を残し、家族を守り、そして墓に入る。
    ほとんど何も考えなくてもこういう最低限のものは揃うシステムが群れとの同調なんじゃないでしょうか。
    思考停止するための思考を極限まで突き詰めて来た結果だと思います。
    こいつらに今さら考えろと言ってももう脳みそが腐ってるから無理でしょうね。

  19. こんにちは、去年就活をした者です。86年の写真がないので何とも言えませんが、86年はまだバブルの時代で、職が選び放題だった時代です。いわゆる就活もバブル崩壊後に本格的に始まったと聞いています。 
    そして、エアラインを受ける人達用のマナー、就活講座なるものも存在しますが、そこではエアラインの会社に受けのいいメイク、服装等の指導までしています。
    そう言った学生が選ばれる立場になった事と、会社が選んでる立場、そしてそういう講座を開く事で画一的な就活生を生み出している会社についても考慮してほしいと思います。

    多分就活生も社会や会社が望んでいるから、こういう格好をしてるだけだと思いますよ

  20. 画一的にしているのは、企業側であり、マスコミなのでは?就職したかったら、ああしなさい。こうしなさい。と、服装から髪型、ましてや回答まで用意しているじゃあないですか。それを無かった事にして自主的に生み出した秩序と決めつけるのは、強引すぎる気がします。

  21. 学生たちは自ら望んでその格好をしているのではありません。
    社会がその格好を望んでいるのを知ってその格好をしているのです。
    それが出る杭、目立つ人間は潰され、消される日本社会でこれからを生きるための処世術なのですから。

  22. 着ている服でかき消されるような個性は、別に無くてもいいと思います。

  23. > 新入社員たちが、誰の指導も受けず、伝統や慣習とも無関係に、自分たちだけで(自生的に)I生み出した秩序だ。

    違います。それは 「会社の選抜試験に残った人たちの秩序」 です。無個性の人材を選抜したのは会社側です。「会社が近年になるほど無個性人材をより選別するようになった」 が正解です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。