マリファナも売春も合法化が進んでいる 週刊プレイボーイ連載(124)


アムステルダムに泊まったとき、部屋に置いてあった観光客向けのガイドブックに仰天したことがあります。そこは一流ホテルだったにもかかわらず、ガイドブックには「売春の仕方」や「マリファナの買い方」が載っていたからです。

よく知られているように、オランダでは売春とマリファナが合法化されています。

マリファナはコーヒーショップと呼ばれる専門店で購入でき、ヨーロッパじゅうから度胸試しの若者たちが集まってきます。とはいえマリファナの栽培や製造・販売がすべて合法化されているわけではなく、治安の悪化を懸念する声もあって試行錯誤が続いているようです(アメリカでも医療用大麻の合法化は進んでいますが、娯楽としての使用については意見が割れています)。

それに対して売春は世界的に合法化されつつあり、ドイツ、オランダ、デンマーク、ベルギー、スイス、オーストリアなどでは売春斡旋業(置屋)も認可制です。

売春合法化は女性の人権団体からも支持されています。国家が売春を犯罪化すると、反社会的集団にビジネスの余地が生まれ、売春婦(セックスワーカー)の労働環境が劣悪なものになってしまうからです。

売春合法化の流れは、90年代のエイズの蔓延で決定的なものになりました。禁止しようがしまいがセックスを金銭でやり取りするひとはいるわけですから、それなら認可制にして衛生管理やコンドームの使用を義務づけたほうが、当事者だけでなく社会全体の利益もずっと大きくなるのです。

もっとも売春をどこまで認めるかは国ごとに異なります。オランダでは赤線地帯に「飾り窓」と呼ばれる売春宿が並んでおり、顧客と直接、料金交渉をするシステムです(アムステルダムの飾り窓は観光客でものすごい賑わいです)。デンマークではサロンやマッサージ店で売春が行なわれ、オーストリアでは街娼にも営業免許が交付されます(売春を目的とした移民には「売春ビザ」が発行されます)。

スイスのチューリッヒでは街娼への苦情が増えたため、今夏から「売春ドライブイン」の実験が始まりました。道路脇の空き地を柵で囲んでセックスボックを並べ、警備員を常駐させて車に乗っているのが一人かどうかを確認するほか、売春婦が危険を感じたら警報ボタンで知らせることもできます。施設には医師や社会福祉士も常駐するといいます。

なかなかよく考えられた仕組みのように思えますが、当の売春婦は売上げの減少を恐れて利用を躊躇しているとのことで、みんなを納得させる売春制度というのはなかなか難しいようです。しかし世論調査でも、「売春は本人の自由で禁止はできない」と考えるひとが圧倒的で、政府や自治体も過度な規制をするつもりはないと述べています。

日本では大麻所持は覚醒剤と同様の犯罪で、売春も建前上は違法とされています。日本人はこれをまるで普遍的なルールのように思っていますが、暴力団の下で働かされている売春婦や、大麻でしか鎮痛作用を得られない患者の存在は無視されたままです。

世界の流れについていけずにガラパゴス化するのは、携帯電話だけではないようです。

  『週刊プレイボーイ』2013年11月18日発売号
禁・無断転載

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン タグ: , , パーマリンク

マリファナも売春も合法化が進んでいる 週刊プレイボーイ連載(124) への18件のフィードバック

  • ゆうじ のコメント:

    じゃあ、一連の従軍慰安婦発言、性風俗発言で叩かれている橋下市長は、実に国際的進歩人ってことですよね。

    橘さんは反橋下の立場だったように思いますが、橋下的思想を擁護してしまって
    大丈夫なんですか?

  • tiare のコメント:

    山形浩生さんが「売春合法化の是非」を書いています。http://cruel.org/economist/courier200812.html
    (引用開始)こうした各種の動きを売春婦の視点から評価した報告が、まったく予想外の場所から発表され、ニュージーランドの制度がいちばんいいという評価を下している。イギリス女性連合――通常はお料理レシピの交換などが主要活動だ――からのおばあちゃん二人が、オランダ、アメリカ、ニュージーランドの売春宿を視察してまわったのだ。。。(引用終わり)

  • 山本 のコメント:

    ガラパゴス化

    最近の橘さんは常に結論がこれのような気がしますね。
    グローバル化の弊害も色々出てきてるし、
    その国々の風習や歴史があるのだから薬剤の解禁や制度の変化が違って当たり前ですよ。

  • muu のコメント:

    大麻禁止の歴史について、わかりやすい有名な動画
    http://www.youtube.com/watch?v=aaOTAdp0TX8

    これもかなり笑える傑作
    http://www.youtube.com/watch?v=9cgsuZ4fgMc

    Q:なぜ大麻の所持は罪なのに、吸引は罪ではないのか?

    A:栽培している農家の人が、間違えて吸ってしまう可能性があるからです

    Q:なぜ、大麻の種だったら、所持も販売も罪ではないのか?

    A:植物の種を集めるのが趣味の、種愛好家の方のためです

  • muu のコメント:

    売春は完全自由化ならいいけど、日本の官僚が下手に外国の真似をした制度を作ると、思い切り利権化しそう。

  • 大岩四丁目 のコメント:

    私も日本の法律は、そのフィロソフィーうんぬんでなくて、お上の利権の都合で運営
    されているように思います。

    世界の流れについていけずガラパゴス化するのは、お上が鎖国政策を続けているから。
    もちろん、いったん開国してしまうと霞ヶ関幕府は縮小し、お役人特権を失うからです。

    それがイヤだから、滅多に存在しないような気の毒な人を大勢いるように見せかけて、
    さも大きな人助けをするように・・息をするように法律を実質的に作っては、自己増殖
    しています。納税者の利便性などに対しては、カエルのツラに小便です。

    今回の大衆薬インターネット販売の件でも、官の酷い言い訳が多くありました。

    日本では大麻より手に負えないキチガイ水が野放し状態で、一般の勤め人で駅のホーム下
    に転がり落ちてヒキ肉になり電車を止める酔人もいますが、相変わらずキチガイ水には
    最大限に寛容です。大麻の解禁などナンでもないでしょう。

    戦後まもなくは、ちゃんと赤線地帯もありました。落語の中の話なので信憑性は?ですが、
    日本人は性には抵抗の少ない、さばけたスケベ民族のようです。現在でも海外へ行くって
    いうと・・

    日本の一般ピープルはガラパゴスなどトンデモナイ。「来るなら来い!」な人達であります。

  • 古美門研介平 のコメント:

    そりゃ政治家や天皇様がこのコラムを読んで首を縦に振れば合法化はほぼ叶うでしょう。ただ橘先生・・・前置きが必要ではありませんか?私はこれらを利用しないまでも・・・と(携帯のコラムの時は、私は携帯会社関連の株は保持していないが・・・と)。そうでなければ現反社会勢力の弁護はたまた日本に出稼ぎに来ては強制送還されるジャパ行きさんの商売の手助けの応援コラムにしかこれは他なりません。

    基本非合法とされる商売は官僚へのコメントが出てたついでですが、国民の健全かつ安心な生活が大前提ゆえ禁止、と同時に売り上げ・金の流れが不透明で税金の徴収が難しいところにある。そりゃ政府だって空港で押収されるようなおおよそ末端価格のヤクや大麻にでもあらゆる税金がたばこのように掛けられるなら、さぞ大喜びでしょう・・・ですが、これが罷りとってもし国民が非合法商売に一斉に走るなら、お隣の北なんちゃらと変わらない国家に成り下がりますよ!だから官僚達は競馬やたばこ、酒、吉原や飛田新地で我慢してね~と、えげつないストレスや精力の持ち主の方々に必死のお願いをしているわけです。
    なんなら向こうでばれないようにこそっとね、ある政治家みたいにばれたらいけませんよ・・・ってお願いを。
    そりゃお隣の韓なんちゃのように、女子大生でも売春してるところで抱けるものならお相手したい!
    遠い未来に大手売春宿が上場・・・娘さんが就職する姿が見たいですか?俺卒業したら大麻栽培士の資格取るんだ・・・なんて普通に学校出た息子が表明したら、立派になったななどと彼に言えますか?

    欧州圏の貧富の差は経済的なものだけでなくそれだけ『心や精神』というかなり奥深くにある部分にまで病巣化してるゆえこれらの合法化が客や売春婦達の為にあくまで建・前・上まかり通っているのであり、決してグローバル化などの話しにはつなげるべきではありません、ちなみに噂では要人がただオープンに使用したいだけとの情報ともある、フォーウッズアンドベルルスコーニ!とにかく未だポルノのモザイクがとれない日本で、きちんと教育すれば全然世界で戦える国民性の高い我々日本人には、まだまだこの合法化は不必要かと思われます。どうしても先生がそれらを実現させたいという願望がもしおありであるのであれば、せめて・・・経済活動よりも、文化のオープングローバル化実施の意見が先かと思われます。なぜなら海外の親は、ポルノ女優になった娘でも全力で応援出来るという大きな教育文化の土壌があるのですから。

    改めてお伺いします、日本の法律まで否定してまでこれら合法化は一体誰の、何の為のものでしょうか?

    私からの反論はとりあえず以上です、裁判長(他の読者の皆さん)

  • muu のコメント:

    自由化が正しい理由など簡単です。
    それ(例えば売春)が泥棒(=他者の自由に対する侵害)ではないからです。
    泥棒ではないことを、暴力による脅迫でやらせないのは、そのこと自体が泥棒だからです。
    しかも、単にその人に対する泥棒であるだけではなく、その暴力のコストは国民負担です。

    ただ、私も先に述べましたように、完全自由化(例えば単に売春防止法を廃止するというだけの話)なら大いにけっこうなことですが、たぶんそうはならないでしょう。
    売春合法化法案とかいう分厚い書類の中で、将来官僚の天下り先となる大量の関連団体の設立が盛り込まれるに決まっています。
    「泥棒をなくせ」と言えば、それにかこつけてもっと大量の泥棒をするのが、政治家や官僚どものやることですから。
    それなら、現状のままのほうがまだマシでしょうね。

  • tokumei のコメント:

    社会に及ぼす害はタバコのほうが上かもしれないのに、タバコは合法でマリファナは違法なのは、
    マリファナは誰にでも栽培が簡単で税金が取れないからだろう、とオーストラリア人が言っていた。

    そのとき現地では違法でしたが、比較的簡単に手に入るようでしたね。

  • おじさん のコメント:

    >タバコは合法でマリファナは違法なのは、マリファナは誰にでも栽培が簡単で税金が取れないからだろう、とオーストラリア人が言っていた。

    栽培を禁止して政府が専売することは困難でしょうか。
    栽培が違法になれば、面倒なことを嫌う一般ピポーは買って吸うでしょう。
    私もそうします。

  • tokumei のコメント:

    おじさん さん

    そのへんはお国事情なんでしょうね。
    現状がどうなのかといったことなどの。

    日本ではそうなりそうですね。

    でも、合法であれば吸っていてもだれも気にしないわけですから、
    違法栽培のハードルは下がってしまいそうですね。

    どぶろくと似たような感じでしょうか。
    おいしいどぶろくを造るのは知識が必要でしょうが、マリファナは
    部屋で栽培でき、味にもそこまで差は出ないでしょう。
    おそらくどぶろくよりはるかに簡単です。

    アメリカやオーストラリアでは難しそうですね。
    現時点でたくさん流通しているようですから。

  • 尖沙咀 のコメント:

    >世界の流れについていけずにガラパゴス化するのは、携帯電話だけではないようです。

    だから、世界にはいろいろ根拠のないタブーとか禁忌というものは少なからずあり、
    それをあげつらっても世の中が改善するわけでもありません。

    むしろそれを逆手にとって一儲け企むのがこれからのビジネススキルになるわけです。
    イスラム圏では、飲酒や豚肉の禁忌や女性が髪の毛や肌を露出することが禁止されていますが、
    それをあげつらってもイスラム社会が変わるわけではありません。

    日本はキリスト教に属さない(毒されない?)先進国であったからこそ、商売上はイスラム圏
    へ入ってゆきやすい利点があります。この点を利用してハラルフードでもなんでも利用して
    イスラム圏へ進出してゆくべきなのです。

  • 尖沙咀 のコメント:

    もっといえば、たとえばビール酒税が高いから発泡酒や第3のビールが生まれたわけで、日本で
    売春が禁止されているからこそ性衝動のはけ口として、日本が誇る「萌え文化」が生じたわけです。

    こういった「上に政策あれば下に対策あり」といった抜け道=ビジネスチャンスをこそ
    大切にするべきなのです。安易にビール酒税減免や売春解禁を叫ぶことの無意味さを
    理解するべきなのです。

  • muu のコメント:

    システムはどうあるべきか?

    という議論と

    システムにどう適応するか?

    という議論は、まるで論点が異なる。

  • ティーパーティーの正体 のコメント:

    橘さんやその他の皆さん勘違いしていますよ。

    日本でも単純買春は犯罪ではありません。
    売春防止法は「管理売春」を禁止してはいますが、
    男女の合意の元に行われる金品の授受の禁止はしていません。

    タレント時代の橋下さんがTVで「日本でも単純買春は犯罪ではありません。」と言ったのでチェックしたらその通りでした。

    >>世界の流れについていけずにガラパゴス化するのは、携帯電話だけではないようです。

    いえいえ、世界の先端をいっていたのは日本だったのですよ(笑)。

  • muu のコメント:

    >日本でも単純買春は犯罪ではありません。
    >売春防止法は「管理売春」を禁止してはいますが、
    >男女の合意の元に行われる金品の授受の禁止はしていません。

    法律の字面の上では、そういうことになっていることぐらいは、全員承知の上で書いていると思いますが。
    ちなみに私は、そんなことぐらいは小6ぐらいの頃から知っていましたよ。

  • ティーパーティーの正体 のコメント:

    >>16ちなみに私は、そんなことぐらいは小6ぐらいの頃から知っていましたよ。

    冗談がお好きなようで(笑)。

    >>法律の字面の上では、そういうことになっていることぐらいは、全員承知の上で書いていると思いますが。

    とてもそうは思えませんので、ほかの方からご意見を頂きたいところです。

    >>ガイドブックには「売春の仕方」

    これは「買春の仕方」ではないですか、誰も指摘しませんね。

  • ティーパーティーの正体 のコメント:

    単純買春は合法でなくグレーゾーンですね、訂正します。

    「本日12月3日東京・新宿の歌舞伎町などの路上で売春目的で立っている女らについて、警視庁は一斉取り締まりを行い24人を逮捕しました。」
    との記事がネットでありましたので、単純買春でも下記の1~3に抵触すれば犯罪になるようです。外国のようなストリートガールは、日本では犯罪になるということですね。

    これだとキャバクラで「今晩2万円でどうだ」と相対で交渉するのは罰せられないということです、やった事はありませんが(笑)。

    勧誘等)第5条 売春をする目的で、次の各号の一に該当する行為をした者は、6月以下の懲役又は1万円以下の罰金に処する。
    1.公衆の目にふれるような方法で、人を売春の相手方となるように勧誘すること。
    2.売春の相手方となるように勧誘するため、通路その他公共の場所で、人の身辺に立ちふさがり、又はつきまとうこと。
    3.公衆の目にふれるような方法で客待ちをし、又は広告その他これに類似する方法により人を売春の相手方となるように誘引すること。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。