「気分のいい嘘」と「不愉快な事実」 週刊プレイボーイ連載(77)


世の中には、目をそむけたくなるような話があります。といっても、背筋も凍るホラーや怪談の類ではありません。たんに不愉快なだけです。

有名大学の学生を調べると、裕福な家庭の子どもが多いことが知られています。そこから、「貧しい家に生まれると教育を受ける機会もなく、ニートや非正規になってしまう」とか、「金持ちの子どもだけが私立の進学校に進み、エリートになるのは不公平だ」などの批判が起こりました。自らも有名大学の出身である大学教授などは、「“教育格差”をなくすためにもっと公費(税金)を投入すべきだ」とか、「低学歴で就職できない若者には国が(税金で)教育支援すべきだ」などといっています。

ところで、「金持ちの家の子どもは有名大学に進学できる」という因果関係は正しいのでしょうか?

以前の回で述べたように、行動遺伝学は、一卵性双生児と二卵性双生児の比較から、知能における遺伝の影響が80%以上であることを明らかにしました。この結論は厳密な統計的手法から導かれており、現在に至るまで有力な反証はありませんから、“科学的真理”です。

行動遺伝学によれば、正しい因果関係は、「知能の高い両親から生まれた子どもは有名大学に進学する可能性が高い」というものです。知識社会では一般に、知能の高いひとが高収入を得ていますから、有名大学の学生を調べると結果的に「金持ちの家の子どもが多い」ということになるのです。

どうです? 目をそむけたくなるような話だと思いませんか。

「格差社会」の原因が親の収入にあるのなら、裕福なひとから税金を徴収し、貧しいひとに分配することで問題は解決します。これはきわめて簡単明瞭で、正義感情にもかなうので、とても人気のある主張です。

それに対して、経済(教育)格差の原因が遺伝である場合は、原理的に解決方法はありません。こちらは多くのひとの神経を逆なでしますから、「差別」として激しいバッシングにあいます。行動遺伝学の拠点はアメリカですが、研究者たちはリベラルな団体からの抗議と脅迫のなかで、その結論が科学的に証明されていることを示しつづけたのです。

このやっかいな問題をどのように考えるかは個人の自由ですが、ひとつだけ知っておかなければならないことがあります。

「教育格差」を批判するひとの多くは、大学の教員などの教育関係者です。このひとたちは、教育に公費(私たちが納めた税金)が投入されると得をする利害関係者でもあります。大学の授業料がタダになれば学生はいくらでも集まるでしょうし、再教育や職業訓練の費用が国の負担になれば教育市場は拡大して教員の生活は安泰でしょう。

このように、一見すると正しいものの、科学的には間違っている主張の背後には、「偽善」によって得をするひとが隠れています。

あなたは、「気分のいい嘘」と「不愉快な事実」のどちらを選びますか? もし後者なら、この連載をまとめた新刊『不愉快なことには理由がある』をきっと気に入ってもらえると思います。

 『週刊プレイボーイ』2012年11月25日発売号
禁・無断転載

コメントを閉じる

24件のコメント

  1. >行動遺伝学は、一卵性双生児と二卵性双生児の比較から、知能における遺伝の影響が
    >80%以上であることを明らかにしました。この結論は厳密な統計的手法から導かれて
    >おり、現在に至るまで有力な反証はありませんから、“科学的真理”です。

    あまりに荒唐無稽だと、反証も出ませんけどね。

    クローン技術を使って、均一な遺伝情報を持つ個体を何百人も作って、さまざまな社会で
    成長させて、実験でもしてみれば、面白い結果が出てくるかもしれませんね。

    引用されている、一卵性双生児と二卵性双生児の比較は、科学と言うにはお粗末です。

  2. >引用されている、一卵性双生児と二卵性双生児の比較は、科学と言うにはお粗末です。

    「この結論は厳密な統計的手法から導かれており、現在に至るまで有力な反証は」ない
    そうなので、きちんと反証してほしいものです。
    それができないから、「荒唐無稽」の一言で片づけようとしているのか?

  3. 環境90%、遺伝子10パーセントくらいだろ。詳しくはわかんねーけど。
    大体さ、障害持ってない限り環境がすべてでしょ。
    環境について言えば、金があれば良い教育を受ける選択肢が増えるわけだし、親が子供のやる気を引き出したり、日頃仕事で部下のやる気を引き出すのがうまい人が親ならば年収が低くても子供に自主的に勉強させる脳を作ることができるとおもうんだよね。低学歴低年収親はそういったところまで考えないから、ただ「勉強しろ、姿勢を正せ」って一方的に言うだけで教育したつもりになってる。
    あとさ

    >>知能における遺伝の影響が80%以上である

    これのソースはなに?ちゃんと出してほしいですね。少しこの手の記事を検索したらまったく反対の論文や記事が山のように出てきたんだけど、自分の考え方と合致してるソースだけを拾ってきてそれを元に論説するのはどうかとおもう。
    http://www.sciencedaily.com/releases/2012/02/120224140506.htm
    双子を利用した研究などにより知能が遺伝することは昔から知られており、知能と関わりがあるとされる遺伝子が何十も発見されていた。しかし、ハー バード大学のDavid I. Laibson博士らによる研究によって、その殆どは実際には知能と関わりがないことが分かった。

  4. >少しこの手の記事を検索したらまったく反対の論文や記事が山のように出てきた

    そりゃいっぱい出てくるだろうよ。
    だけど、有力な反証がないらしいよ。
    そして、「反論」と「反証」は意味が違うよ。
    「反論」相手の論や批判に反対の意見を述べること。
    「反証」相手の主張がうそであることを証拠によって示すこと。

  5. >「この結論は厳密な統計的手法から導かれており、現在に至るまで有力な反証は」ない
    >そうなので、きちんと反証してほしいものです。

    その前に、どう厳密で、どう科学的で、統計学のどの手法を使って証明したのか、調べてみたら?

    あなたは、橘流「知的貧困ビジネス」の格好のターゲットみたいな方ですね。

    科学的にきちんと結果を出そうとするなら、クローン技術でも使わなければ無理。

    他人が、同じ手法を使って、同じ結果を出せないものなんて、しょせんオカルトだよ。

  6. 偶然生まれた一卵性双生児の事例をいくら研究してみたところで、大して意味のある結果など出ない。

    「犬はいくら努力しても、鳥のようには空を飛べないことがわかった。」

    みたいな、レベルの低い話でおわり。

    Garbage in, garbage out.

  7. 「野田の罪」

    阿修羅にて>>http://www.asyura2.com/12/senkyo140/msg/216.html#c98
    >>67民主党は何も悪いことなどしていません。
    >国民を騙してもいなければ裏切ってもいません。
    >野田さんは立派な総理であり、毎日この国のために頑張っています。

    この1年:
    1.政治資金規正法違反
    2.出入管法違反:軍事演習キーリゾルブで対自国対相手国ともに何の外交通知もせぬまま公海上で米軍領軍艦へ単身乗艦し密談した。日本の総理始まって以来の破廉恥な国民欺し憲法違反外交である。
    3.官邸前デモにおける警備違反=過剰警備で警察公安に命じてあまたの国民に対する基本的人権侵害(移動の自由、表現の自由、思想の自由を甚だしく侵害)および身体生命に対する直接的侵害である特別公務員暴行凌虐致傷罪をあまた犯行せしめた無差別暴行傷害教唆指嗾。
    4.明らかな戦闘地域へ自衛隊を派遣するよう最高指揮官として命令を出した「精神障害」。精神障害なら罪を免れるがそうでなければあからさまな憲法違反であり未必の故意の自衛隊員無差別大量傷害殺人罪である。

    その前:
    昨年311のとき財務大臣野田はアメリカ政府へ独断メールして「東電が賠償責任を負うための財政出動は一切しない」旨確約した罪。この「財政出動無し決定」でどれだけ多くの国民が被災地でせっかく生き延びた尊い命を落としたことか。天も泣き大地も怒りに震えるはかりしれぬ大きな罪。

  8. 一見すると、数学やら因果と相関の違いやらを理解できない文系のオッサンが、統計の意図的誤用に騙されて慌てふためいているような印象を受けてしまう文章ですが。

    もちろんそんなことはなくて、これはいわゆるポジショントークであって、橘氏はそんなことも理解できないような無知蒙昧ではなく、そんなことは百も承知の上で大衆に受けるキャッチーなネタを提供してビジネスを展開しようとしているのだと思われます。

    でもどうなんですかね?

    ネットのコメント欄だけ見てるとそういうネタを出していればビジネスになりそうな気がするのですが、金を払って本を買う人の知的レベルはそこまで低くないと考えられるので、作家という著作権料で稼ぐビジネスモデルでは上手くいかないような気がするのですが。

  9. 高学歴の人は小さい頃から塾に通ってる人が多いです。
    今では小学生から通うのが普通ですよね。(教育熱心な家庭では。)
    それにはお金がかかります。

    教育に力を入れるにはお金が無いと無理なのが現状です。
    もちろん例外的に塾に行かないで受験を勝ち抜く人もいますけどね。

    それを遺伝で片付けるには乱暴すぎるでしょ。

    遺伝の影響が高い体力や体格の多い分野のスポーツに関することでもプロ野球の二世率1.6%ですよ。
    これは逆にスポーツの才能において遺伝率は高くないと言う論もはれてしまいます。
    1つや2つ3つぐらいの数値だけで論じるのは人間の多様性においては無理ですよ。
    出て来るのはその分野に向いてる向いてないぐらいでしょう。

  10. 確かに「統計学」は取扱い注意、統計学的解釈は、最初からある意図がデザインされているので。

    それは、理解しているとの前提で、今回の本は、亜玖夢博士シリーズの流れなのでしょう。

    それ以上に気になるのが・・個人的に
    「知能の高い人が高収入を得ている」を「真」とすると、
    RKTさんは高収入なのか?

    [知能の高い人は高収入を得ている。RKTさんは知能が高い。RKTさんは高収入だ。]

    これは正しいのだろうか?演繹と帰納。
    個人的関心でした・・・。

    今回は、まだ本を買っていないけれど・・。今一つ買う気になれない。
    「亜玖夢博士の・・・」だったら読み物として買うかも(笑)

  11. 非科学的な耳ざわりの良い一見すると正しいそうな主張をする輩は、所詮、利己的であるから気を付けましょうよ、って言いたいんでしょ?前段の遺伝がどうのってのは一つの例示なんだから、そこが正しいかどうか喰い付くのは、ナンセンスだよなあ。いちゃもんつけたいか、文が読めてないか。国語、苦手な人達ですか。

  12. 荒唐無稽だと思われるかもしれませんが、私も橘さんの言う多様性に貢献させてください。

    100歩譲って遺伝ではなく、経済的な理由で教育格差が生じていたとして一体何が悪いのですか?

    もしそれが事実だとしたら、親の金に頼ったバカ息子が世の中にあふれるはずです。そうなれば数少なくなった優秀な教育者たちは、遺伝的に優れているだろう人材を貧困層の中から見つけだし投資することで、長期的に莫大な利潤を得ることができるでしょう。

    そうすれば最終的に、世の中の不平等は元々この世に存在している不平等つまり、遺伝的な差異とかなり近いレベルにまで落ち着くはずです。

    家という伝統的な社会の枠組みに、必ずしも囚われる必要はないのではないでしょうか?

  13. 自分の主義主張を裏付けるのに様々な資料やデータを使って証明するのは当たり前の話で、自分の主義主張に反する資料やデータは使わないものだと思います。引用している資料やデータが正しいか正しくないかは各個人の考え方でしょう。嘘だと思えばそうだろうし本当だと思えば本当だし。それをわざわざ個人の意見を発表しているサイトで検証することはあまり意味のないことのように思えます。そういう人はそういうサイトを立ち上げてはいかがですか?それともわざわざ反論を書き込むということは自分の知識レベルをひけらかしたいからかもしくは利害関係者か。

  14. 最近の橘氏のコラムには、隠れテーマがあるような・・?

    このコラムも
    「有名大学出身の教育者の親は裕福である可能性が大きい。そして、親は代々「裕福遺伝子」を持っている家系であり、子は少なくとも二分の一の確率でその遺伝子を持っており
    遺伝子の指示で裕福になるように行動する。」
    ところが、
    「人間は知能を発達させ人への思い遣りも持つようになったため、遺伝子の指示と矛盾する状態が頻繁に起き、その解決として自己偽善が必要となった。教育を全ての人に平等に受ける機会を与えるよう主張することで、裕福遺伝子の指示と知能がどうにか妥協できる状態をつくるようになった」

    生物学的にはこんな話になるのですが・・。

  15. ところで教育格差を批判するひとってそんなに強い勢力なのか?
    この人は誰と戦ってるんだ?

    民主党の高校授業料無償化政策を批判しているのか

    ま、確かにバカの子供は大抵バカだしなw

    中卒で十分ww

  16. 幸福になるために必要なのは、たまたま与えられたある単一の遺伝子にのみ有利な単一の環境に

    しがみつくよりも、自分の遺伝子を理解し、それに最適な環境を発見したり構築したり
    することだ
    という先生の言説は 学校嫌いの僕みたいなのには不愉快どころか希望であります

  17. これが本当なら、金持ちの赤ちゃんと貧困層の赤ちゃんを入れ替えたら、
    金持ちの(知能が高い)遺伝子を持つ子は、育ての親が貧困でもやがて金持ちになり、
    その逆は貧しくなって没落するわけですか。

    流石にあり得ないと思うんですが。

  18. 「亜玖夢博士」シリーズは、基本的な教養がない人たちを小馬鹿にした読み物だと理解しています。
    たとえば、統計的手法から因果関係が導きだせるというのは誤りですが、それを知らない人とか。

    「知能」と「収入」のデータなんていくら集めて分析しても、相関関係は見いだせるでしょうけれど、因果関係は出てこない。意志だとか偶然だとかの要素の方が、収入に与える影響は強いはずです。

    あと、個人的な感想ですが、私は『リング』を書いた鈴木光司さんの進化観に共感しますけどね。
    ポテンシャル云々より、意志の力の有無の方が、現実には目につきますし。

    また、亜玖夢博士シリーズは、『笑ゥせぇるすまん』のパクりっぽいと思っていましたが、今回は表紙に本物の「喪黒福造」を登場させてますね。(最初から、コラボって漫画にしておいた方が売れた気がします。)

  19. >金持ちの(知能が高い)遺伝子を持つ子は、育ての親が貧困でもやがて金持ちになり、

    スティーブ・ジョブズは高学歴の両親の元に生まれて、大卒ではない両親に養子に出されて、お金がもったいなくて大学を半年で中退。
    そのあとの活躍は皆さん御存知の通り。

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%96%E3%82%BA#.E9.9D.92.E5.B9.B4.E6.9C.9F

  20. 橘さんと同じ1959年生まれで子供の大学受験が終わりかけの勤務医です。
    周囲には高卒の医療専門職の女性と結婚した医師が結構いますが、子供の大学受験には皆苦戦しています。
    知能は遺伝するというのは常識以前の問題で話題にもなりません。

  21. 鈴木光司さんですね。普段あまり関心を持たない領域でした。

    面白そうな方ですね、単なるスリラー、ホラー小説家ではなく一貫した思想がある様。

    何冊か読んで見ます。ありがとうございます。

  22. 親からの遺伝によって知能が高く、高学歴を成した人であっても、昨今の日本では
    まともな就職ができないケースも多いと思いますので、そんなに気にしても仕方ない
    かと思います。「知能高い>偏差値の高い大学へ進学>高いステータスの企業に入れる」
    …というレールが無くなったので、これからは親が裕福・高知能だと海外へ脱出するレールかな。

  23. 一卵性双生児と二卵性双生児の比較からわかる事実というのは、人は先天的なもの(すなわち
    遺伝子)によって能力的に支配されているということであって、必ずしも両親の能力等が次世代に確実に引き継がれるということではありません。むしろ二卵性双生児の能力差の大きさこそが
    同じ両親を持っても才能差の振幅が大きいこともあるというのを物語っているのです。マクロ的に見れば両親の頭が良ければ子供もそうなる(蛙の子は蛙)相関性は強いのでしょうが、二卵性双生児の才能差が出現して片方はトンビであったりもう一方は鷹であったりするので人生はおもしろいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。