【書評】職業としてのAV女優


コラムとして書いた原稿ですか、「面白いけど、うちではちょっと……」といわれてしまったので、BLOGにアップします。

**********************************************************************

フリーライター中村淳彦氏の『職業としてのAV女優』は、アダルトビデオの現場で起きていることはすべて、需要と供給の市場原理で説明できることを教えてくれる。

21世紀に入ってからのAV業界の大きな変化は、供給の爆発的な増加だ。かつてAV女優になるのは、家庭などに複雑な事情のある女の子たちだった。それが今では、インターネットに「モデル募集」の広告を出すだけで、AV女優志願者がいくらでも集まるのだという。

自分の性を晒すことに抵抗がなくなったこともあるだろうが、中村氏は、いちばんの理由はデフレ不況だという。

最近のAV女優の典型は、地方から東京に出てきて、働きながら看護士などの資格を取ろうとする真面目な女の子だ。

時給900円のアルバイトでは家賃を払うと生活が成り立たない。かといってバイトの時間を増やすと学業と両立できない。こんな悩みを抱えた女の子が、短時間でできる仕事をネットで検索してAVに辿りつくのだ。

AV女優が真面目なのには、別の事情もある。

キャバクラなどの風俗店で働けば、もっと簡単にお金を稼ぐことができる。だったらなぜ、AV女優などという“汚れ仕事”をするのか不思議に思うだろうが、女の子のなかには、知らない男性とは話ができないというタイプがいる。製作側からしても、遊びなれた女の子より、男性経験の少ない素人っぽい女性の方が人気があるのだという。

AV女優志願者は、ごくふつうの主婦にも広がっている。

これもデフレ不況の影響で、夫の収入が減る一方で子どもの教育費がかさみ、生活費の不足から消費者金融でつい借金をしてしまう。その返済に困った主婦も、子育てと両立できる仕事を探していて、ネットで「モデル募集」の広告を見つけると続々と応募してくるのだ。

AV女優の供給過多の一方で、需要側の変化は市場の縮小とユーザーの高齢化だ。どんな作品でも売れた時代もあったが、今はネットに動画が溢れていて、若者はAVにお金を払おうとはしない。優良顧客は、一人暮らしの年金生活者だったりする。

高齢化した消費者が若い女性を好まないことで、需要と供給のミスマッチはさらに拡大する。こうしてAV女優の“品質”が上がると同時に価格(出演料)が大きく下がった。

デフレ不況のAV業界では、若くてかわいいだけでは相手にされない。時間や契約を守り、礼儀と常識をわきまえ、プロフェッショナルな仕事ができなければ生き残れないのだ。

中村氏によると、こうした真面目なAV女優のなかには、将来のために倹約と貯蓄に励む女の子も多い。引退後は看護士や介護士になったり、理解のある男性と結婚して幸福な家庭を築く女性も珍しくないのだという。

AV女優は、いまや平凡な“職業”のひとつなのだ。

コメントを閉じる

29件のコメント

  1. 江戸時代の「花魁」は、本当に「会いにいけるアイドル」だったわけです。
    いまのAV女優は、下手なアイドルより・・・という方も多くいます。
    もっとも整形した人も多いですが、逆に整形というネガティブな面も
    飲み込んでしまう点はもっと評価されるべきです。

    性産業というものは、忌避されるものではなく、むしろ適切に育成されるものなのです。

  2. あるAV会社が感謝際を行った時、集まったのがほとんど30代中心だったそうだ。

  3. AV女優が真面目とか、あんな連中の言うことを真に受けるなんて
    オジサン達は鼻の下を伸ばし過ぎですよwwww

    看護師になるのにわざわざ東京の学校へ??まず話がおかしい。
    看護学校なんて全国津々浦々にあるし、寮完備で奨学金制度もある。
    新宿のキャバクラ嬢に憧れて上京したけど、
    AVだと目先の金が手に入るからそっち流れたとか、そんなところが実態でしょ。

    派遣労働者にインタビューした「生きさせろ(雨宮処凛)」を読んだ時と
    同じような違和感がありますね。話がおかしい。

  4. AV女優としてアダルトビデオに出演すれば、もっと簡単にお金を稼ぐことができる。だったらなぜ、看護士や介護士などという“汚れ仕事”をしたいと思うのか?

  5. 人の肌や裸に触れる事に抵抗がある女性が看護や介護職につくことは難しい。
    裸に特別な意味を感じていない。

    AVの世界で人生を全うする難しさを感じ。看護師や介護士として生活した方が結局は割が良い事を理解しているのでは。

  6. 簡単に金を稼ぐだけが人生じゃないってことだろ。
    はそれなりにしか稼げないけどやりたい仕事があるって人もいるからね。
    そして、仕事に対する適性ってものもあるからな。

  7. うーむ・・・・
    これは考察の為に一度、AVを買って観てみなければならないなぁ。気が進まないが。
    あくまで考察のために・・・気が進まないが・・・

  8. >うーむ・・・・
    >これは考察の為に一度、AVを買って観てみなければならないなぁ。気が進まないが。
    >あくまで考察のために・・・気が進まないが・・・
    ネットをたたけばAV動画がたくさん見られる時代に、わざわざDVDを購入するのは、
    性的な消費目的というより、そのAV嬢を応援したいという意味もあるのです。

    これはAKB48の推しメンの投票権のためにCDを大量に買うのと同じです。

    私の推しメンは絵色千佳でしたが、引退してしまったみたいです。

  9. うーむ・・・ 応援したいって人、多いだろうね。
    でもさ、俺なんかあんまりそこまで考えてなくて、素晴らしいパッケージとかマーケ力に心打たれる事があるね。ジャケ買いだわ。

    でもさ、ググってみたんだけどさ・・・ 絵色千佳、いいじゃん!!!!
    (ブログの格調を下げて申し訳ない。)

  10. 「簡単に金を稼ぐだけが人生じゃない」

    そのとおり。

    お金に不自由のない家庭に生まれ育ち、中央大学の法学部に在学していながら、AV女優になる学生もいますしね。

    好きなら良いんじゃない、ってことですね。

    将来、自分が年老いて、この世を去った後も、自分の出演した作品がインターネットによって世界中を駆け巡るのは、それはそれで素晴らしいとも言えます。

  11. 珍しく、kom氏 RKTさんの意見が一致しましたね。

    あと、口の悪い(根は悪くはなさそうだけれど)kenさんも一致したら 奇跡かな?

  12. ホモ・サピエンスの直接のご先祖様であられるサルの世界では、性交は群れの中で特に隠す
    ことなく行われています、我々もヘビにそそのかされてイチジクの葉を性器の場所につける
    まではサルと同じだったハズ。

    先祖返りしてるのだと思われます、性交など皆んながやっていることで恥ずかしい事でも何
    でもありません、そうすると普通の女優もAV女優も同じ女優家業です、ビジネスですね。
    美女であれば需要は強いはずです、ドンドンその姿を晒して稼いでいただければ良いかと。

  13. 中国でいちばん有名な日本人は「蒼井そら」だったりするわけで、
    AVを含めた性産業が日本のこれからの主要産業になるかもしれません。

    特に、私のハンドルネームである「尖沙咀」、すなわち香港などの
    地域では、男女の数にかたよりがあるため、AVなどのお手軽な「性」
    に対する世界の潜在的需要は非常に大きいと思いますけど。
    http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/51940709.html
    香港では、日本のAV専門店というのもあります。
    http://animetic.web.fc2.com/hongkong02.html
    なぜ日本にこういった「性産業」が発展したかという点については、
    モザイクをかけなけれなならないなど、様々な表現の規制が逆に性商品としての
    品質を高めていったという逆説もあります。二次元とか。
    世界には様々な形で「性」に対する規制がありますが、逆にそれを
    逆手にとってどんどん世界進出してほしいものです。

  14. >あと、口の悪い(根は悪くはなさそうだけれど)kenさんも一致したら 奇跡かな?

    犬は真面目だから、このコラムにはコメントしないだろ。

  15. 一言と、ひとりごとさんへ

    RKTは非常に高度な反語話法を駆使なされているのだと思いますよ。

  16. 「反語」ですね。
    感情が込められている。

    RKTさんもkenさんも感情が豊かに飛び交う。
    時に、激しく。時に、飛び出してしまう。

    理性と思っていても実は感情表現だったり。

    kenさん久しぶり。

  17. そもそも誤解をしていたようだ。
    AV女優が簡単にお金の稼げる職業だったのは、昔の話のようだ。

    というか、かなりミスリーディングな書評だな。まんまとやられた。

  18. >高齢化した消費者が若い女性を好まないことで、需要と供給のミスマッチはさらに拡大する。

    ここを見ているオジサン方に質問なんですが、
    高齢者が若い女性を好まないって、一体どういう事なんですか?
    20代の若い子よりも、30代のオバサンのほうが良く見えるようになるんですか?
    それとも、年代に関係なくギャルが嫌いってことなんですか?
    黒髪美少女なら若くてもいいんですか?

    AVコーナーの一角には、40代のオバサン女優のDVDがありましたが、
    ああいうのは性的マイノリティではなく、一般的な高齢者の嗜好なんですか?

  19. そう。RKTさんも気が付きました?
    これって、橘氏の意図的な「ミスリーディング」

    最近、あちこちにあるけれど。意図的に振っているのか。
    違うのか?「隠れた意図」があるのかないのか?
    こういうどうでも良い記事の中で、遊んでいる。

    ある種の人にとって:「作家とは簡単にお金の稼げる職業」それは、「今も昔」も同じ。
    (ある種の才能(遺伝)のある人です)

  20. しかし、橘玲は、己の経済小説家としての才能のなさを嘆くあまり、オカルトチックな方向に走っているように思えて仕方がないのだが。

    もし才能があったなら、今ごろ、週刊ダイヤモンドに『マネーロンダリング4』なんてのが、連載中だったかもしれない。真山仁の『グリード』の代わりにね。

    二人は近い時期にデビューしているが、対照的だな。

  21. 私には、橘氏の「才能の有無」ではなく、「関心の有無」と「仲間」の違いに見える。
    最初は、「海外投資を楽しむ会」そして今は「海外投資の歩き方の会」

    「・・・人生の時間は有限だと知るようになる。小説を書きながら片手間に投資をする(あるいは投資をしながら片手間に小説を書く)ほどの才能に恵まれていない以上、なにかを選び・・・」

    橘氏のように世界中を旅し、知的関心を満たす作家もありだと思うのですが。
    人生の楽しみ方を示してくれている。

    RKTさんも何らかの関心か期待があるからコメントされているのでしょう?

  22. 臆病者の〜 からの引用ですか?

    >小説を書きながら片手間に投資をするほどの才能に恵まれていない

    というより、小説を書く才能に恵まれていない(『マネーロンダリング』はビギナーズラック以外の何ものでもなかった)。もしくは、小説に専念できる精神力に恵まれていなかったというのが、実際のところではないでしょうか?

    そうでないというなら、マネロンシリーズの第3弾を書いていただきたいものですね。

    この世の中の仕組みの中には、まだまだバグが潜んでいるはずですから。

  23. 親が女の子に手に職をつけておくほうがいいと言って、看護師や介護士を勧めるケースはよく聞く話だ。経済的に不安定な人はとりあえずその資格をとっているだけだろう。AV女優は介護士と同じラインにある職業というのは自然に思える。

  24. 裸やセックスに抵抗の少ない海外ではもっと進んでいるようです。
    欧米人はおおらかで開放的です。

  25. >裸やセックスに抵抗の少ない海外ではもっと進んでいるようです。
    >欧米人はおおらかで開放的です。

    これはちょっと認識不足ですよ。
    いわゆるキリスト教右派は性表現に対する規制とか考えは現在の日本の比ではありません。

    いわゆる慰安婦問題に対して、日本に対する風当たりが強いのはこのせいだったりします。

  26. De l’article du blog ou du commentaire, je ne sais lequel est le plus &lu2so; saffiuant »&#8q30; Manière — un brin suffisante, je le concède — de dire que je ne le sais que trop.Il faut desserrer les fesses, collègue, surtout si vous enseignez en établissement « réellement difficile » (mais je crois que l’auteur du blog l’a fait aussi auparavant). Sinon vous ne tiendrez pas vos 5 ans

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。