いじめ自殺はなぜ公立中学で起こるのか? 週刊プレイボーイ連載(60)


滋賀県・大津市立中学2年生の男子生徒(当時13歳)が昨年10月に自殺し、大きな社会問題になっています。さまざまな議論がなされていますが、ここではなぜ、いじめ自殺は公立中学でしか起こらないのかを考えてみたいと思います。こうした悲劇は、高校や私立中学が舞台となることはほとんどないのです。

高校でいじめ自殺が起きない理由は、誰でもすぐにわかります。高校は義務教育ではないので、いじめられて学校がイヤになった生徒は退学してしまうのです。だとしたら中学も義務教育をやめて、自由に退学できるようにすればいじめ自殺はなくなるはずです。もちろん「中学中退」ではその後の人生はきびしいものになるでしょうが、死んでしまうよりはずっとマシです。

「義務教育の廃止」という劇薬を飲む前に、私立中学ではなぜいじめ自殺が起こらないのかも考えてみましょう。これはもちろん、私立中学の生徒の倫理観が高かったり、教師が理想の教育に身を捧げているからではありません。私立だろうが公立だろうが、生徒も教師も同じようなものです。

私立中学と公立中学では、いじめに対するインセンティブ(動機)と選択肢がちがいます。わかりやすく説明してみましょう。

公立中学の教員は公務員ですから、いじめ自殺のような事件が起きると社会からバッシングされますが、首をすくめて嵐が過ぎるのを待っていれば、いずれは平穏な生活が戻ってきます。

それに対して都市部の私立中学ははげしい生徒の獲得競争をしていて、いじめ自殺はもちろんのこと、「あの学校は荒れている」という評判が立っただけで、優秀な生徒を他校に取られてしまいます。入学者が激減すれば経営が成り立たず、学校は倒産、教師は解雇されてしまうかもしれません。私立中学の経営陣や教師は、「悪い評判を立ててはならない」という強力なインセンティブに動かされているのです。

私立中学では、いじめを根絶するためにどのような手段を使っているのでしょうか? これはきわめてかんたんで、問題のある生徒は片っ端から退学処分にしてしまうのです。

これはかならずしも「教育的」とはいえませんが、それでもいじめに対する生徒のインセンティブを大きく変えていきます。私立中学でも教師に気づかれない陰湿ないじめはあるでしょうが、彼らも損得勘定くらいできますから、暴行や恐喝のような「退学リスク」の大きないじめは抑制されるのです。

それに対して公立中学の教師は退学という“暴力”を行使することができず、いじめる側の生徒とも3年間つき合っていかざるを得ません。こうした生徒はクラス内での影響力が大きく、きびしい指導で対立すると学級運営が崩壊してしまいます。大津の事件でも、暴力行為を目撃した教員が「あんまりやりすぎるなよ」と注意しただけだったと批判されていますが、それ以上のことなどできない、というのが現場の本音ではないでしょうか。

未来に大きな可能性が待っているのに、わずか13歳で生命を絶つほど悲惨なことはありません。こうした悲劇を繰り返さないためには、すべての中学を民営化して生徒の獲得を競わせると同時に、退学処分の権限を与えればいいのです。

 『週刊プレイボーイ』2012年7月23日発売号
禁・無断転載

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン タグ: , パーマリンク

いじめ自殺はなぜ公立中学で起こるのか? 週刊プレイボーイ連載(60) への85件のフィードバック

  • 私立でもイジメはあるよ。私立はインペイ体質なだけ。 のコメント:

    私立でもイジメはあるよ。私立はインペイ体質なだけです。
    だってそんなことがバレたら、高いお金払って入学させるお客さんが居なくなってしまいますから。

  • 祝 十郎(いわい じゅうろう) のコメント:

    タイトル : 腑抜けてしまった教育の改革が必要

    いじめは からかう軽い気持ちから始まります。
    だから、どの時代であっても 無くすことはできません。
    いじめは、なぜ無くならないのか?
    先生が、いけないことをした生徒に ビンタをしないからです。
    先生と生徒を 意気地のない そんな関係にしてしまった教育方針が
    学校を 人間関係を ダメにしているのです。
    こんな教育現場にしたのは(社会党系 共産党系)の人たちであり、逃げの教育委員会です。
    今で言うと、 憲法9条を守れと騒いでいる 民主党→民進党 も その一派です。
    9条の札を見せれば 中国が大人しくしているのでしょうか? 現実は全く違っていますね。
    いじめは 謂わば (乱暴・狼藉)です。
    それに対しては、間 髪(かん はつ)を入れず 力によって、それは いけないことだと 悟らせることです。

    先生が ビンタをするのには 正当な理由(わけ)がある。
    (何が何でも暴力反対)と言っていたら 教育はできない!!!
    悪いことをした生徒が後悔できるように叱るのは(ビンタ)です。
    先生にビンタされて、自分の頬が ジーン とします。
    集団でいじめた生徒たちをビンタした先生の手も痛い筈です。
    ビンタをされて やっと( あぁ いけないことをしてしまった ! )と 気づくものなんです。
    自分の頬の痛さを通して いじめられていた子の気持ちを知り いじめてしまった自分と 繋がるのです。
     
    口で言っても その場逃れの人間を作ってしまうだけです。
    先生は 教師は 尊敬され、 だけど 怒ったら怖い という存在でなければなりません。
    あの時 先生にビンタしてもらって 良かったなぁ・・・ と 大人になっても 尚更に ありがたく感じます。

  • kgu のコメント:

    小中学校の先生の中には生徒に対して好き嫌いがある先生がいる。嫌いな生徒へのびんたは強い打ち方をすることさえある。それが生徒にとって心理的なトラウマになり、そのうち生徒が大人になっていくにしたがって、トラウマという心理も成長していき、納得できなかったびんたが人への憎しみに変わることがある。

  • ピンバック: いじめデータを公立と私立で比較、いじめ認知率、警察通報率、解決率など。 | おっさんの放課後

  • ピンバック: いじめは子どもの本性!いじめ調査は逆効果!退学処分と転校を容易に!橘玲氏の「いじめ論」をまとめてみた! – トウマコの教育ブログ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。