第18回 欧州で光る移民のレストラン(橘玲の世界は損得勘定)


ロンドンのヒースローは、世界でいちばん評判の悪い空港のひとつだ。

いちばんの理由は入国審査官がいじわるなことだ。

ヨーロッパはシlェンゲン協定によって国境を自由化したが、ドーバー海峡という“自然の防壁”があるイギリスは協定に加盟せず、不法移民の流入を水際で阻止しようと頑張っている。入国審査では目的や滞在地などをねちねちと聞かれ、到着便が重なると長蛇の列ができる。ヒドいときは3時間待ちになり、旅行者から皮肉の拍手が起きたと新聞記事になるほどだ(ロンドン五輪を目前にして、最近は多少改善されたようだ)。

ようやくの思いで入国審査を通過しても、こんどはロンドン市内への交通の便が悪い。空港のインフォメーションでホテルへの行き方を教えてもらったのだが、けっきょく各駅停車の地下鉄に乗り、コヴェント・ガーデン駅でスーツケースを引っ張り上げ、霧雨のなか石畳の道をホテルまで歩くことになった。せっかくの五つ星ホテルなのに、これではバックパッカーが安宿に向かうみたいだ。

ホテルにチェックインすると、次の悩みはレストランだ。ロンドンは、パブやスポーツバーで鯨飲するにはいい町だが、ローストビーフとフィッシュ・アンド・チップスばかり食べてはいられない。

しかしこのやっかいな問題は、インド料理店に行くことで解決する。ロンドンにはたくさんのインド系移民がいて、パキスタンやバングラデシュから南インドまで、本場のインド料理をリーズナブルな価格で提供してくれるのだ(チャイナタウンを勧めるひともいるが、中華料理は日本や中国・香港・台湾で食べられるのであまり行ったことがない)。

こうした事情はロンドンだけでなく、ほかの大都市でも同じだ。パリは「美食の都」といわれるが、高級レストランの料理の値段はほとんどが家賃と人件費で、裕福で見栄っ張りな観光客を相手に商売している。パリにはアルジェリアやチュニジアからの移民が多く、地元の食通は安くておいしい北アフリカ料理の店にいく(「フランス料理を食べるならベルギーに行け」といわれる)。

ドイツ料理もジャガイモとソーセージのイメージしかないが、いまではどの町にもトルコ料理やギリシア料理のおいしい店がある。アムステルダムなら、オランダの旧植民地だったインドネシアやスリランカ料理の店を探すといい。

移民のレストランが安くておいしい秘密は、人件費率が小さく競争が激しいからだ。安い時給でも国ではエリート並みの給料で、土日も休まず働けば故郷に豪邸が建つ。内外価格差を利用すると、移民の低賃金労働がWin-Winの関係になるのだ。

どの国も不法移民には頭を悩ませているが、それでもヨーロッパはますます多民族化している。翌日、ロンドン郊外に向かう電車に乗ると、乗客の8割は中国系、ロシア系、アラブ系などで、英語を話すのは少数派だった。

橘玲の世界は損得勘定 Vol.18:『日経ヴェリタス』2012年7月22日号掲載
禁・無断転載

コメントを閉じる

4件のコメント

  1. 初めてロンドンを訪れた時、有色人種の多さに驚いた。スーパーや雑貨屋の店員のほとんどはカリビアンやインディアン、あるい中華系などのカラードだった気がする。

    「Bent it like Beckhm」という英国映画をご存知だろうか?町の女子サッカーチームで奮戦するインド系の女の子を描いたフィルムだ。
    主人公ジャスミンダは英国生まれの移民2世だが、流暢な下町英語を話す。父母はインド訛りの英語で会話をする。なんと親子で別の英語で話しているのだ。
    ジャスミンダのチームのコーチはアイルランド人で彼はアイリッシュ訛りの英語で話す。
    この映画では少なくとも3つの英語が飛び交うのだ。
    まさに今の多様な英国社会を表している映画だと思う。興味のある方はご鑑賞あれ。

  2. こんにちは、いつも記事を興味深く読ませてもらっています。
    自分は今ロンドンで留学をしているのですが、大学の寮の周りはバングラディッシュから来た移民であふれています。
    そして、彼らが経営しているマクドナルドを小さくしたようなハンバーガーショップがいっぱいあり、1ポンド強で出来立てのハンバーガーとポテトを提供しています。
    最初は戸惑ったのですが、量も多くかつ出来立てでマクドナルドよりも全然美味しいです。
    ロンドンでは先進国の料理は不味くて高いですが、移民系の店に行けば確かに安くて美味しいところがあるな~とこの記事を読んでいて再確認しました。

  3. なにもロンドンに行かなくても、都内の中華料理店で働いている人はほとんどが大陸から来た人です。
    グローバル化というより、稼げるところがあればそこに流れるというのが自然な流れです。
    「尖沙咀」という名前で書いていますが、大陸人や香港人じゃなく日本人ですが、
    香港人の大陸人に対する感情は日本人のそれと共通するところがあります。

    現在は大陸人が主要顧客となっている分野であれば歓迎でしょうが、競争相手となった場合
    排斥的な動きがおこらないわけではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。