新刊『大震災の後で人生について語るということ』発売のお知らせ


新刊『大震災の後で人生について語るということ』が、講談社より明日、発売になります。Amazonでは、すでに予約が始まっています。

タイトルからもお分かりのように、この本はブログでのエントリーをきっかけに、ポスト3.11の日本人の生き方にについて考えたもので、私の人生設計論の完成形でもあります。

日本人は、戦後の高度成長期に最適化された、きわめてリスクの高い人生設計のポートフォリオを築いてきました。日本社会を覆う閉塞感は、私たちが人生設計のリスクを管理できなくなったところから生じています。

いま、誰もが政府を声高に批判しています。しかし、自分自身がリスクを生む原因になっているのであれば、どれほど叫んでも不安が去るはずはありません。これが、私たちの時代が抱える病です。

私はこれまで、「社会を変える」ことについては意識的に言及を避けてきました。天下国家を語るひとは世の中にあふれていて、それは私の役割ではないと考えていたからです。

しかしこの本では、制度改革についても自分なりの見解を述べています。それは、これが日本にとって最後の機会だと考えるからです。

残念ながら、日本の政治は日々、統治能力を失いつつあるようです。財政問題だけでなく、道徳や正義をふくむあらゆる問題について、日本社会はいま重大な局面を迎えています。それを乗り越えられるかどうか楽観はできませんが、しかしそれでも希望はあると信じたいと思います。

いずれにせよ、私たちは戦後的な価値観を清算して、ポスト3・11の人生を歩きはじめなくてはならないのです。

この週末には、書店の店頭に並びはじめると思います。よろしければ、ぜひ手に取ってみてください。

橘 玲

*                   *                   *                   *                   *                   *                   *                   *

『大震災の後で人生について語るということ』目次

PART1 日本人の人生設計を変えた四つの神話

1 日本を襲った二羽の黒い鳥
2 不動産神話 持ち家は賃貸より得だ
3 会社神話 大きな会社に就職して定年まで勤める
4 円神話 日本人なら円資産を保有するのが安心だ
5 国家神話 定年後は年金で暮らせばいい

PART2 ポスト3.11の人生設計

6 伽藍からバザールへ 人的資本のリスクを分散する
7 世界市場投資のすすめ 金融資本を分散する
番外編 なぜふつうのおばさんが億万長者になるのか?
8 大震災の後で人生を語るということ

カテゴリー: etc パーマリンク

新刊『大震災の後で人生について語るということ』発売のお知らせ への8件のフィードバック

  1. hiroyuki のコメント:

    キター
    うれしすぎて鼻血が出ました

    グッジョブ

  2. ヨーコ のコメント:

    >私はこれまで、「社会を変える」ことについては意識的に言及を避けてきました。

    そうですよね。
    橘さんの本を読み始めた時に感じた違和感のひとつでした。
    でもそれが新しいというか、心地良いというか・・・。

    橘さんが自ら「完成形」と言い切るほどなので、このジャンルでの新刊や続編はもう望めないですよね。
    新刊、心して読みます。

    四国の田舎なので、新刊は普通に3日は遅れて並びますから
    amazonをポチってきます!!

  3. タカ のコメント:

    早速、明日にでも書店に行って求めます。週末からの旅行のよいお供になってくれそうです。

  4. ガンさん のコメント:

    新刊をずっと待っていました。突然ながら明日が訪れるのが楽しみになりました。読ませて頂きます。

  5. KJ のコメント:

    貢ぐ

    私が税金を真面目に払うことができた手法について,お話します。
    税金を受け取る人を好きになることです。
    これはあらゆる邪気をねじ伏せます。

  6. 吉村 のコメント:

    早速読みましたが、疑問に感じた点が一つ
    「預金や債券の実質利回りがマイナス」

    これは間違いなのではないでしょうか?
    私が以前にジェレミー・シーゲルの株式投資で見たデータでは、
    アメリカでは長期債、短期債ともにインフレ調整後でもプラスリターンでした。
    敗戦国のドイツ・日本の債券リターンは酷いことになっていましたが。
    少なくともインフレ連動債はプラスになるはずですよね。

  7. ハローすけ のコメント:

    新刊上梓おめでとうございます。

    今まで、橘さんを「気になる人」に留めておこうとする自分がいましたが、
    今回の出版で株が上がりました。

    関係ないけど山本義隆さんとか、こういうときに乗れる人は素直にかっこいいと思います。

    おれには、今回のこともよくわかりません。

    こんなことしてる場合じゃないのに2氏の本を注文したのは、
    みんなが何をわかってるかを知りたいからなのかなぁと思います。

  8. ピンバック: 読む必要のない本があふれているが。 :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


(必須)

名前欄が「匿名」だと投稿できない場合があります。コメントが反映されない場合はこちらをごらんください。