シミュレーション 20XX年ニッポン「財政破綻」


『ZAITEN』2011年2月号の特集「20XX年ニッポンの国債暴落」に掲載された「シミュレーション20XX年ニッポン「財政破綻」」を、出版社の許可を得てアップします。これはもともと、編集部の要望で、同特集の巻頭のために匿名で執筆したものです。

*                   *                   *                   *                   *                   *                   *                   *

金利上昇、デフレ脱却が住宅ローン破産を呼ぶ

20XX年1月10日(金)。午前6時に人形町のワンルームマンションを出て、徒歩で丸の内に向かう。出社前に近くのスターバックスに寄り、3800円のカフェモカを飲むのが私のささやかな贅沢だ。紙の新聞はずいぶん前になくなってしまったので、iPad5を開いてニュースをチェックする。

一面トップはあいかわらず「年金全共闘」で、新宿西口に3万人を超える団塊の世代の高齢者が集まり、「生きさせろ」と叫びながら警官隊と衝突した。大阪では公務員の大規模ストでゴミが回収できないため、道頓堀を巨大なドブネズミが走り回っている。スポーツニュースでは、中国の財閥が買収したFC銀座が、バルセロナを戦力外通告されたメッシに移籍のオファーを出したことが大きく報じられていた。

3年ほど前、さしたるきっかけもなく、国債価格が下落し、金利が上がりはじめた。最初はなにが起きているのか、誰にもわからなかった。経済学者のなかには、ようやく長いデフレから脱却できると、この現象を楽観的にとらえる者もいた。

それから、物価が上がりはじめた。最初はガソリンと野菜で、国際的な石油価格の高騰と冷夏が原因だとされた。だがそれが局所的なものでないことは、すぐに明らかになった。食料品や石油製品だけでなく、ありとあらゆるものの値段が一斉に高くなったからだ。

それでもまだひとびとは、比較的落ち着いていた。物価の上昇が急激でなかったため、経済評論家たちはニュース番組で、日本経済復活に必要なマイルドなインフレが起きているのだと解説した。

実際、この異変は当初、歓迎されていた。預金金利が5%に上がって、「利子で生活が楽になった」と喜ぶ高齢者がワイドショーで紹介された。円が120円まで下落したことで、トヨタやソニーなどの輸出産業が軒並み最高益を計上するようになった。

そして、住宅ローン破産が始まった。

超低金利に慣れ親しんだひとたちは、ほとんどが変動金利の長期ローンでマイホームを購入していた。それがいまや、ローン金利は10%台まで上がり、毎月の返済額は2倍になった。ローンを払えない契約者が続出すると、銀行は抵当物件を片っ端から競売で売却した。金利の上昇で大打撃を被った不動産市場に大量の競売物件が流れ込んだために、都市部を中心に地価は急落した。

政府は当初、住宅ローン破産を防ぐための特別措置を講じようと試みた。

だが金融当局は、銀行の財務内容を見たとたんに、ローンの繰延べや競売の猶予が不可能なことを思い知った。日本の銀行は大量の国債を保有しており、国債価格の下落で莫大な含み損を抱え込んでいた。そのうえ担保にしていた不動産価格まで暴落し、いまや数行を除いてほとんどが実質債務超過の状況にあった。不良債権問題を先送りする余裕などなく、返済が滞れば即座に処理する以外に選択肢はなかったのだ。

日本政府は銀行の連鎖倒産を防ぐために、超党派で金融危機特別法を可決させ、時価会計を一時的に停止し、簿価会計に戻すことにした。だがこれは、政府が公式に経済破綻を認めたと受け取られ、海外投資家が日本株と円を投げ売りし、日経平均は6000円まで暴落、円は1ドル=200円の大台を超えた。翌日物のコールレートは一時20%という消費者金融並みの水準まで上がり、各地で取り付け騒ぎが起こった。銀行救済のために政府は大規模な資本注入を余儀なくされ、大半の銀行が実質国有化される異常事態になった。

それと同時に、食料品や生活必需品を中心に物価が急速に上がりはじめた。スーパーの値札はたちまち倍になり、現金を握りしめたひとびとが買い物に殺到し、店頭からモノがなくなった。日本社会は、パニックに陥った。

カテゴリー: Life Planning タグ: , , パーマリンク

シミュレーション 20XX年ニッポン「財政破綻」 への126件のフィードバック

  • nyarome のコメント:

    コメントを最後と申しましたが、納得がいかないので、
    書かせていただきます。

    zeimu太郎さん
    どの文面を読まれ、国税庁を批判と解釈されるのか
    理解に苦しみます。
    そして、誰が、課税を逃れろと書いているのでしょうか?
    財産を守れとは解釈できますが、脱税しろとは誰も
    書いていません。

    >国税庁は24時間、国際的犯罪組織やヤクザから脱税を
    >目論む中小企業の子悪党の資金を追いかけるのに必死なんです。

    公務員に多いのですが、自分たちは仕事が
    たくさんで、いっぱいいっぱいと必ず言い訳をし
    ますが、公務員だけが忙しいわけではありません。
    それを、あえて書く必要が、どこにあるのでしょう。
    あなたが、国税庁の人間であれば、それが仕事です。
    その仕事が嫌なら、お辞めになれば良い話しです。
    ここで愚痴るのは、やめていただきたい。

    >別に財政破綻した時に口座の金を取るために海外送金
    >の情報提出求めているわけじゃなくて純粋にマネーロン
    >ダリングの防止のためですから。

    では逆に、身分証を提示するにもかかわらず、何故上限が
    決められているのでしょうか。
    そして何より、この法案が通ったのは、国会で承認があった
    からであって、国税庁が決めたことではありません。
    国税庁の、しかも下っ端のような人間が、その意図を知る由
    もありません。
    この場合、マネーロンダリング防止法に対する批判は、国税庁
    ではなく国会議員の解釈であるべきです。
    あなた自身、解釈を間違っています。

    >だから変な気を起こさないほうが身のためだよ。

    脅迫ですか?

    税金を払えば、お返しにサービス提供?
    履き違えるのも、勘違いにもほどがあります!
    納税者が居るから、あなた達の給料があるのです。
    納税者も公務員も、対価以外何ものでもありません。

    これが、日本の公僕と思うと寒気がしますし、
    破綻の一因であると、改めて確信しました。

  • アニマルスピリット のコメント:

    我々は言論統制・弾圧のない国家で暮らしています
    一部の政治的な情報統制があるとまことしやかに言われていますが
    それとて調べ上げていく術はいかようにもあります
    *幾多の陰謀説すら散見します

    国家が全体を管理しようとすればするほど
    それに対する反逆・反論者が比例して増えていきます
    *コンプライアンスはその国で生きていくものの最低限の規律で
     あえて今更いうべきことでもない

    「財政破たん」一つとっても
    賛否両論 かんかんがくがく議論が起こっています

    社会保障等 将来不安を抱えているからからこそ
    浮かれてなどいないのです・・一部の者を除き

    「安全安心論」をいくら声高に叫んでみたところで
    国民のマインドは「財政・現社会保障の破たん等々」の危機感を
    大なり小なり取り込んで生活しています

    それが現実です

    備える 備えないは個々人の自由でありますが
    きたるべきXデーが「絶対起こる 起こらない」など 先の事は何人たりとも
    わからないことなので
    「保険をかける」 という同等の意識をもたれることを
    お勧めいたします

  • zeimu太郎 のコメント:

     なぜこうまで罵倒されるのか理解に苦しむんですが…

     確かに貴方のように政界の事情通では無いので、マネーロンダリング防止法の「真の解釈」などと言うものは私には分かりませんねw
    別にそのお金がクリーンなお金なら海外に幾らでも送金してもらって構わない。(もちろんクリーンであると文書で証明できるならの話で、出来ないのなら時に国税庁に脱税と判断される可能性もある)

    >税金を払えば、お返しにサービス提供?
    履き違えるのも、勘違いにもほどがあります!
    納税者が居るから、あなた達の給料があるのです。

     何か変なこと言ったかな?公務員だってみんな固定資産税とか消費税払っているんだし、納税者のお陰で公務員の給料がある?なんてのおかしいでしょ。ただ、払わない自称納税者は公務員だろうと一般市民だろうと罰を与えるよってこと。時に逮捕。これは全部(福祉サービスも含めて)日本国のシステムが執行しているんであって公務員とか市民とか関係ないの!
     結論として。日本に住み続けるなら税金を払いましょう。嫌なら出て行って外国で暮らしましょう。日本に住んでいるのに日本には税金払わないっでいいとこ取りしようっていう人は後で懲罰があるかもよw

  • アニマルスピリット のコメント:

    >日本に住み続けるなら税金を払いましょう。嫌なら出て行って外国で暮らしましょう。日本に住んでいるのに日本には税金払わないっでいいとこ取りしようっていう人は後で懲罰があるかもよw

    その通りですね

    その国にはその国のルールがある
    その国のルールが気に入らなければ出ていくしかない

    そして世界には我が国で考えられないようなルールも存在する
    出ていく人は自分にあった国を選択してでていけばいい ただそれだけです
    *賢人(富裕層・企業群・リタイア族等々)はとうに動いている

    ただ >21さんがおっしゃてることも十分理解できる
    政府が己らの(一部の政治家・官僚等)利権・利得に固執し
    国をかえりみず立法府としての権力を利用して都合のいい?手立てをつくりだしてきた事も
    これまた事実です・・当然それに恩恵を得るもの(得ないものも)がいることも存在する

    そして 今のような国の有様になった
    その 政治家を選んだのも我々国民!
    民度の低い国民が選択した国家像がいま ここにある

    ただ、国民は多少目覚めた 
    IMF・格つけ機関等含めた ある種の外圧や 国内メディアの報道および
    ネットなどの情報を得て  

    そして民間同様 公務員もリストラ対象になった
    血が通わず トップダウンで粛々と仕事をこなしていたロボット?かな(公務員?かな・・従順なポチ?かな)
    も危機感を募らせている?  かもね

    いずれにしても こんな国家をつくったのは我々国民全員であり
    それを良しとするものは そこで退廃化するまで残ればいいし

    嫌なものは さっさと出て行けばいい

    もはや「期待」という言葉は この国では死後になったかもしれないと 悲しいかな
    思ってしまう

  • youji82 のコメント:

     寄付したお金が所得税から控除されるというようなことを聞いたことがあります。この話を聞いたとき何か違和感を感じました・・・。税収が減ったら今の日本の現状を考えると大変なのに。この寄付金の行く先をもっと精査し、今税収で行っていることに対する寄付に置き換えられないのでしょうか・・・。税金もですが、寄付金も何の価値も生まないところにお金が流れ、税収が減り、これ以上国の借金が増えていけば、結局不平等な税制が今以上に生まれることになる気がします。

  • のコメント:

    移民が来て経済を握る
    移民排斥の右翼政党が支持を伸ばす
    インフレ不況に移民排斥で
    ヒトラーを生み出した状況によく似てますね
    日本の破綻で誰が一番得をするのか見極める必要があると思います

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

名前欄が「匿名」だと投稿できない場合があります。コメントが反映されない場合はこちらをごらんください。