一代で巨万の富を得るひとがいるのはなぜですか?


S.Mさん

日々奴隷の如く働いている26歳のサラリーマンです。

『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』を読み終えても、読む前から抱いていた2つの疑問の解決には未だ至っておりません。それが以下の2点です。

(1)一代で巨万の富を得る理由。

(2)運と努力の関係。

「運」に関しての記載で、「偶然(運)を聞きとる能力→決断→努力→勇気」という流れに関しては全く寸分の狂いもない事実だと思います。しかしまだ何か腑に落ちません。

(2)に関してですが、普段仕事の中でも、まず努力した者に運が来ている気がします。所謂、村上和雄氏がいう「サムシング・グレート」なるものでしょうか。

その「運」自体も、聞きとる、聞きとらないといったような高度な「運」だけではなく、周りから見ても明らかに「ツいている。」といった単純な「運」もしかりです。

私は理系出身で、非科学的なもの、精神論など必要以上に毛嫌う傾向がありますが、よく自己啓発本にも載っているような月並みな言い方をするならば、「頑張れば運が味方をする。」を認めざるを得ない気がします。

この点に関して、もしお時間があればお答え頂ければと思います。

*                   *                   *                   *                   *                   *                   *                   *

一代で巨万の富を得たひとがいる理由は、「果ての国と月並みの国」で説明できます。

めったに起きず、いつどこで起きるかも予測できないけれど、いちど起こればすべてを変えてしまうようなまれな事象がブラックスワンです。「スワンは白鳥」という常識は、たった一匹のブラックスワンによって覆ってしまいます。

一代で巨万の富を得たのは、果ての国でブラックスワンに出会ったからです。

ふたつめの質問を敷衍すれば、「どうしたらブラックスワンに出会えるか」ということになるでしょう。

まず確実にいえることは、「ブラックスワンは果ての国にしか棲んでいない」ということです。月並みの国で待ちつづけても、幸運の黒い鳥はやってきません。

では、果ての国で懸命に努力すれば、ブラックスワンは現われるのでしょうか? タレブ(『ブラック・スワン』の著者)は、これには否定的です。まれな事象は予測不可能なのだから、努力はなんの役にも立たない、というのが理由です(それに対して月並みの国では、努力が報われることは多いでしょう)。

私は、「すべては運だよ(努力したって意味がない)」とは思いません。しかしその一方で、「努力した者だけに運がめぐってくる」ということにも躊躇があります。ここには、強い生き残りバイアスが働いているからです。

たとえば100人の努力するひとたちがいるとして、そのうち1人か2人が大きな成功をつかみます。べき乗則の支配する果ての国では、原理的に、誰かはショートヘッドになるからです(市場参加者の全員が均しく成功できない、ということはあり得ません)。

ブラックスワンに出会った幸運なひとを見て、私たちは、「努力したからこそいまの成功がある」と思うでしょう。しかしこのとき、彼と同じように(もしくはそれ以上に)努力したものの、成功できなかったたくさんのひとたちがいることを見落としてしまいます。

努力せずに成功することはありませんから、努力が成功の必要条件であることは間違いないでしょう。しかし、「幸運のブラックスワンはもっとも努力した者を選んで舞い降りる」というのは美しすぎる虚構だと、私は考えています。

*******************************************************************************************

お問合せはこちらから。
なお、すべてのご質問に回答できるわけではありません。また個人的なご相談には対応できませんので、ご了承ください。

カテゴリー: Life Planning タグ: パーマリンク

一代で巨万の富を得るひとがいるのはなぜですか? への10件のフィードバック

  • jun のコメント:

    毎回、興味深い記事を読ませていただき
    ありがとうございます。

    これを読んで、質問者が26歳の若者である
    ことにまず注目しました。
    最近の若い人たちは、ほんとうに真剣に
    人生のことを考えているように思います。
    深夜、ファーストフードの店にいくと、
    若い人たちが資格の勉強をしていたり、
    自己啓発関係の本を読んでいたりする姿を
    よく見かけるようになりました。

    さて、今回の記事ですが、これを拝読いた
    しまして、もしかすると、質問者の若者は、

     だから~、そのブラックスワンが選ぶのは、
     (努力してることは必要条件として、)
     何をしてる人、もしくはどういう人なんだよ?
     それを知りたいんだよ、橘センセ~!

    と思うかもしれませんね。

      ブラックスワンが舞い降りてくれるのは、
      努力をしていて、かつ・・・・・・な人

    という命題を考えたとき、・・・・・・に入るのが、
    何だというふうに、橘さんがお考えになっているのか、
    とても興味があります。
     言い換えれば、月並みの国にいようが、果ての
    国にいようが、成功したければ努力は必須条件。
    ずっと月並の国の住人でよければ、そこで成功
    するにはもしかしたら、努力だけで成功できる
    かもしれない。
     でも果ての国では、努力だけではダメ。
     言い換えると、月並の国で「努力する」という
    ことと、果ての国で「努力する」ということとは
    違いがある。
     その違いは何かというと・・・・

    というのを、今後のご著書で伺いたいですね。
    それでは、失礼いたします。

  • liverpool08 のコメント:

    う~ん。(2)についてですが、S.Mさんの主張に答えていないというか、結局肯定しているようにしか読めないような。S.Mさんの「『頑張れば運が味方をする。』を認めざるを得ない気がします。」との主張は、敷衍すると「果ての国において努力によってブラックスワンが現れる蓋然性が少しは高まりますよね。」ということですよね。

    橘さんは「努力した者だけに運がめぐってくる」「幸運のブラックスワンはもっとも努力した者を選んで舞い降りる」というのは虚構だと仰っておりますが、S.Mさんは努力した者「だけ」に運が見方をするのではなく、努力をしたほうが蓋然性が高くなりますよね、という話をしているわけですので、努力が成功の必要条件であることを認める橘さんと結論は同じような。

    運と努力の関係をめぐる議論においてはタレブのフレームワーク(果ての国と月並みの国)は分析枠組みとして有用ではないように感じました。たしかに果ての国においては、月並みの国に比して努力が報われる蓋然性が低いということを説明するには役立つともいえますが。

    ところで橘さんは山形さんのファンでしょうか?影響を色濃く感じております。違っていたらすみません。

  • ハローすけ のコメント:

    >「頑張れば運が味方をする。」を認めざるを得ない気がします。

    認めればいいんじゃないすか? S.Mさんの科学。

  • kensaku のコメント:

    巨万の富を得るのは、かなりの高確率(運)だと思います。ただその確率を上げる方法は無数にある訳で、その有力な方法として努力が挙げられると思います。自分が思うに、結果(巨万の富)から逆算して一般人がその域に到達する方法論としては、起業もしくは発明もがかなり有望ではないでしょうか?その次に自分の適性とモチベーションとニーズを客観的に判断して勝負する業種を選定し、一発勝負するのではなく、何度もチャレンジする基礎をつくれば、かなり成功する確率は向上するのではないでしょうか?当然その中で本HP指摘の方向性を微調整していくことになると思います。その中で勝負する業種は必ずしもニッチじゃなく飽和状態の業種でも自分が得意としてニーズが継続するならありだと思います。あくまでニーズと適正のバランスだと思います。更に確率を上げたいなら新興国等の右肩あがりの国やそのような業種で勝負するのも必要かもしれません。打席に何度も立てばHR出る可能性は打率1割でも当然あがります。一番大事なのは死なないことではないでしょうか?

  • コンキチ のコメント:

    こんにちは

    努力って二種類あると思います。「間違った努力」と「正しい努力」。で、いくら一生懸命努力しようが、「間違ったど努力」は無駄な努力で徒労でしかない(やらない方がまし)。「正しい努力」がブラックスワンを獲得のために必要な条件の一つだと言えるのではないかと思います。だだ、誰も何が本当に「正しい」のか分からない。「正しい努力」は後付バイアスでしかない。そう思います。

    それから、「運」についてですが、よくサイエンス(自然科学)の世界でノーベル賞級の発見と「運」の関連性が語られます。「運」がなければノーベル賞はゲットできないけど(長生きしないといけない。田中耕一さんの受賞はレア・ケース)、関連領域に対して常にアンテナを立てていないと、大発見につながる糸口を手繰り寄せることはできないっていう話です。アンテナとは、対象領域に対する膨大なバックグラウンドと知的好奇心であったり探究心であったりするかもしれません。対象領域に対する膨大なバックグラウンドは「運」を手繰り寄せるための必須要件です。世間ではバックグラウンド獲得作業(平たく言えばお勉強)を努力と称するのかもしれませんが、研究者はそういった作業を努力と思ってないと思います。「楽しい」の延長線上にある。個人的に、努力を努力として認識しているうちは、それは「人に語るための努力」じゃないかと思います。所謂「努力」をしているうちは、ブラックスワンが舞い降りてくることはないのではないでしょうか?

    ちなみにクは、仕事(研究)よりも飲み会のセッティングに努力を要します。

  • しにすぎ のコメント:

    つまり、努力とか運とかはとりあえず置いといて、まずは果ての国に行ってみろ、ってことですかね
    ある意味それが頑張りであり努力だと言える
    気を付けるべきは、黒い白鳥が幸運を運んでくるか破滅をもたらすかは分からないということ
    (個人的なものである)努力は破滅したときの慰め用です

    でも何もしなければ世界が広がらないことは間違いない

  • AZ のコメント:

    この項の結論は「(成功の「最低条件」なのだから)常に努力を惜しまずに、(来ない確率の高い)運が来るのを待ちましょう、勿論、運が回って来なくても(成功しなくても)確率的には当たり前」、でしょうか。

  • mikura のコメント:

    AZさんに追加して言えば、まず「果ての国」へ行ってからで努力しろって事ですね。月並みの国でいくら努力しても月並みな物しか得られないと。
    果ての国では、努力と成功という結果に直接的な因果関係がない、と言う事が心情的に納得できないんですよね。
    月並みの世界で努力してきた(と自分では思いこんでる)人ほど。

  • あれれ のコメント:

    そもそも巨万の富なんかはじめからいらないんじゃないですか?
    物の価値がゼロに近づいていくデフレ、フリーミアムが実現していく世の中で、
    たくさんの金を持つ必要なんてあるんですかね。
    努力すれば富豪になれると踊らされて、サビ残を繰り返すかわいそうな人達を
    たくさん見てきましたが。
    彼らは何のためにそんなに必死に働いてるのか目的がよくわからないのですが。

  • KJ のコメント:

    働けば働くほどに金持ちになる、起業はイベントとかパーティー開催するイメージ。の時期 金があふれていて起業しなきゃ大損、このときは全員大儲け。

    一方、現在は金が稀少で 大当たりが出にくい カモも少ない時期

    逆説的にはチャンスともいえるが、巨万の富にはカモは必須。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。