日本の大学やメディアが隠す「不都合な事実」 週刊プレイボーイ連載(331)


文科省主導の大学改革で、文学部などの人文科学系学部の「組織見直し」が掲げられ、大学教員らが強く反発しています。しかしこれは文科省の暴走というわけではなく、「教育による国際競争力の強化」を目指すのは先進諸国どこも同じで、日本はこのレースから大きく出遅れているというのが実情でしょう。

日本の労働生産性は先進国で最低で、日本のサラリーマンは過労死するほど働いてもアメリカの労働者の7割程度の利益しかあげられないという「不都合な事実」は、最近になってようやく認知されるようになりました。では、日本の研究者の生産性はどうなっているのでしょうか。

じつはここにも「不都合な事実」が隠されているようです。

オランダの学術出版大手エルゼビアが日本の研究活動を主要国と比較したところ、日本の官民合わせた研究開発投資の総額は米国と中国に次ぐ世界3位なのに、一定額あたりの論文数は主要9カ国で最低水準だとわかりました。1本の論文を書くのに、日本の研究者はカナダや英国の5倍以上の研究費を使っているのです。

なぜこんな悲惨なことになるのでしょうか。報告書は、「日本の研究者は日本国内にとどまりがちで、流動性の低さも問題だ」と指摘しています。先端研究では優れた研究者との国際共同研究が成果につながりやすく、各国とも積極的に海外との研究に乗り出しているのですが、日本の研究者は海外の研究者ネットワークに加われず、情報収集や共同研究で後手に回っているというのです。

大学に投入される研究費の多くは税金です。リベラルアーツの大切さを説くのもかまいませんが、その前に大学関係者は、研究開発投資がほんとうに有効に使われているのかを納税者に説明する重い責任を負っています。

じつはこれ以外にも「不都合な事実」はあります。

国連の「言論と表現の自由」に関する特別報告者デイビッド・ケイ氏は、「日本政府がメディアに圧力をかけている」として放送法4条の撤廃に触れたことで「反日」のレッテルを貼られましたが、その後の記者会見では日本の報道機関に対し、「先進国では優れた記者が所属媒体を移る、一種の流動性があるが、日本には存在しない。そのため政府からの圧力が記者にも特別な影響を与える」と述べています。

ところが、日本のマスコミの構造的な問題を指摘したこの会見を記事にしたのは朝日新聞だけで、他のメディアは無視を決め込んでいます。ケイ氏が安倍政権を批判したときは、「国連」を水戸黄門の印籠のようにしてこぞって大騒ぎしたというのに。

東芝は利益を水増しするために決算を粉飾し、財務省は首相の国会答弁に合わせて決裁文書を改ざんしました。ここでも問題はまったく同じ「流動性の低さ」です。「転職」という選択肢がないことで、有能なひとたちは違法行為に手を染めざるを得なくなりました。

日本の社会のすべての「不都合な事実」は、「タコツボ」にしがみつくしかないひとびとが生み出しているようです。

参考文献:「日本の研究 生産性低く オランダ出版社調査、投資あたり論文数 最低水準」日経新聞3月12日朝刊
「「日本メディア、政府圧力に弱い」――国連報告者デービッド・ケイ氏が指摘」朝日新聞2017年10月26日朝刊

『週刊プレイボーイ』2018年4月2日発売号 禁・無断転

コメントを閉じる

13件のコメント

  1. 逆に流動性が高すぎると、

    プロ野球選手のように

    「チーム」を応援しているのか?
    「選手個人」を応援しているのか?

    分からなくなってしまうという問題があります。

    2001年にメジャーに渡った「イチロー」は
    現在も活躍しつづけていますが、
    所属するチームは低迷していた時期もあります。

    チームをマネージメントする立場からすれば、
    一点豪華主義よりも適材適所のようが
    有効な場合もあり、

    さらにいえば、
    「客が呼べる」となれば、
    「もう終わった選手」でも
    「経営的に」使ったほうが良い場合もあります。

    選手の流動性があれば
    問題が解決するとは言えないのが
    「プロ野球経営」のむずかしいところですよ。

  2. 「官民合わせた」研究開発投資の額が多いという話と、大学の生産性の話がごっちゃになっている。いつもの財務省の手口と同じ。

  3. >「官民合わせた」研究開発投資の額が多いという話と、大学の生産性の話がごっちゃになっている。いつもの財務省の手口と同じ。

    そもそも、「ロシア文学」といった
    今となっては
    「屁のつっぱりにもならない学問」
    を専攻した橘さんが、

    >大学に投入される研究費の多くは税金です。リベラルアーツの大切さを説くのもかまいませんが、
    >その前に大学関係者は、研究開発投資がほんとうに有効に使われているのかを納税者に説明する重い責任を負っています。

    といったことを論じることこそ「自己矛盾」ではないでしょうか???

    そもそも「大学」というのは

    「社会に出るための助走機関=モラトリアム」であり、

    だからこそ学問の自由というものが保障されていたり、
    一見無意味に思えるものに多額の税金が投入されているのです。

    「国際空港」を例に取って言うと、

    滑走路での助走距離がある程度ないと大型機は飛び立てないし、
    国際線で出国した後の制限エリアでは
    「消費税」は支払う必要はありません。

    利にさとい人間ならは、この利点を逆に利用するべきなのです。

  4. モラトリアムだからって許されるわけないだろ
    海外ではモラトリアムを得て、かつ結果も出してるんだぞ

  5. >モラトリアムだからって許されるわけないだろ
    >海外ではモラトリアムを得て、かつ結果も出してるんだぞ

    CERNの大型ハドロン衝突型加速器 (略称 LHC)が、
    そのまま実用的な結果を生み出しているわけではないでしょう。

    欧州原子核研究機構(おうしゅうげんしかくけんきゅうきこう、CERN) は、
    スイスのジュネーヴ郊外でフランスと国境地帯にある、世界最大規模の素粒子物理学の研究所である。

    「マンハッタン計画」は役に立たないものの象徴として言われることがありますが、
    「東西冷戦」の先手を打つために必要だったという見方もあるのです。

    比喩表現としての「マンハッタン計画」という言葉がある。「規模は壮大だがろくな結果にならない(ならなかった)もの」のことの例えとして、しばしば使われる。2008年のリーマン・ショックに際し、金融商品製作ソフトの元開発者マイク・オシンスキーが、サブプライムローンの破綻に代表される一連の惨劇の要因の一つだとして、自らの行いをこう表現した。

  6. それって海外にも結果が出ない研究がある事の説明ですよね?
    日本にも海外にもモラトリアムがあるのに成果が違う事の説明ではないのでは?

  7. 橘さんも80’sで自分が学生時代から社会人になりたての
    バブル時代の回想録を書いていますが、

    それよりやや下の(新人類・オウム世代)の私から言わせれば、
    社会に余裕があり、バカなことに時間とお金を費やせた
    バブル時代というのは悪いことばかりではなかったのです。

    それを象徴するのが、
    ホイチョイ・プロダクションズ
    ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%A4%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%80%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%BA
    ですな。

    社会に余裕があったからこそ、バブル昭和末期元禄文化が繚乱したのであって、

    もちろんその反動が
    「平成の飢饉」=「失われた20年」
    なのですが。

  8. 日本人にも流動性はあるけど、流れることができる人だけね。大谷とかね。
    上原みたいな流動性もあれば村田みたいな流動性もある。
    日本のマスコミは英語すらできないのに会社の金でメジャーリーグの試合見に行ける。

    ニートは自分の部屋からも動けないよ。

  9. 日本の大学は変化に対応してこなかった。その結果がこれ。
    年功序列だと変化に対応出来ない。
    実際日本の論文はかけたコストと対応出来て居ない。
    パーマネントとったら全く論文書かなくてもクビにならない教授や
    無駄に長時間労働するだけの研究室。
    今まではきちんとは計測されてなかったから、それですんでいただけ。

  10. というより、
    「大学」に「生産性」を
    求めるコトが
    そもそもナンセンス
    ではないでしょうか?

    かつては大学入試がある程度の
    「知的水準をクリアした者が入っている」
    として勉強しないことの免罪符に使われ、

    学生にとっても
    「大学というレジャーランド」で
    遊ぼうがバイトしようが勉強しようが
    自由だからこそ魅力的だったのです。

    社会にとっても、安価に使える若年労働力のプールとして
    採用・解雇が自由の労働力源としての存在価値があったのです。

  11. 勝負は、これ詭道からの・・
    発想でしょう

    勝つために日本大学もやったと
    考えれば明白

    でもクラットには分かんねぇ
    だろうなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。