「働き方改革」の第二章は「解雇自由化」 週刊プレイボーイ連載(325)


「働き方改革」で政府は、同一労働同一賃金の実施を当初案から1年遅らせて、大企業は20年度、中小企業は21年度からにする方針とのことです。同じ仕事をしているのに待遇が異なるのは「身分差別」で、それを解消するのになぜ2年も3年も待たなくてはならないのかわかりませんが、「差別」の存在すら認めなかったことを思えば大きな前進です。それに対して、専門職に成果給を導入する「高度プロフェッショナル(高プロ)制度」は予定どおり19年4月からになりそうです。

ほとんど理解されていないようですが、これらの法律が厳密に適用されると「日本的雇用」は根底から覆ります。

いまは「正社員への特別手当を非正規にも払え」というレベルの話ですが、すぐに「なぜ正社員は社宅に入居できて非正規は拒否されるのか」「親会社からの出向と子会社の社員で給与がちがうのは違法だ」という話になっていくでしょう。「一般職」を女性限定で募集するとか、「現地採用」の外国人社員を「本社採用」の日本人と区別することももちろん許されません。

同一労働同一賃金を徹底した北欧では、社宅や住宅手当はもちろんボーナスや退職金もなく、フルタイムでもパートタイムでも平等に時給換算されます。日本でも事務系の仕事は早晩、正規・非正規の区別がなくなり、先進国ではありえないほど劣悪な非正規のステイタスが上がり、ありえないほど恵まれている正社員(サラリーマン)のステイタスが下がることで「平等」が実現されるでしょう。

バックオフィスは時給仕事ですから、サービス残業は「奴隷労働」以外のなにものでもありません。残業代を払ったからといって無制限に働かせていいわけではなく、労働時間の上限規制も必要でしょう。会社の都合で一方的に解雇(雇止め)にされるのは生活権の侵害で、リストラは金銭的な補償を含む厳格なルールの下に行なわれるべきです(ただし、会社が「終身」雇用を約束する義務はないでしょう)。

それに対して専門職(高プロ)は、「会社の屋号を借りた自営業者」です。この法案に「残業代ゼロ」のレッテルを貼って反対するひとたちがいますが、自営業に残業代などないのですからこれは当然のことです。その代わり成果給は青天井で、大きな利益をあげれば社長の給与を上回ることもあります(欧米では珍しくありません)。

「高プロは残業に上限がなく過労死の危険がある」というひともいますが、いい歳をした大人が仕事時間くらい自分で管理できなくてどうするのでしょうか。これでは、「私はバカなのでどうか面倒みてください」といっているのと同じです。高プロの仕事は成果のみで評価し、会社が働き方に介入しないよう決めておけばいいだけです。

そして、もうひとつ大事なことがあります。報酬が青天井ということは、契約時にお互いが合意した目標に成果が達しなければ解雇されても文句はいえない、ということです。これも、自営業者に雇用保障などないことを考えれば当たり前の話です。

流動性の高い労働市場では、専門職はよりよい条件で他の会社に移っていきます。これに反対するひとはいないでしょうが、それは(成果を理由にした)専門職の解雇自由化とセットです。これが、「働き方改革」の第二章になるのです。

『週刊プレイボーイ』2018年2月19日発売号 禁・無断転

コメントを閉じる

5件のコメント

  1. だから、
    「会社の歯車」として長年やっていると

    良い意味でも悪い意味でも
    「アタリ」が付いてきて

    他の会社や職種に対応困難になってくる
    だけの話ですよ。

    長く乗りたいならやるべき?新車の角をとる「慣らし運転」の方法を解説!
    http://car-moby.jp/58954

    橘さんは、編集や出版で長年やって来ましたね。

    現在人手不足だからといって、
    そういう人が明日からコンビニや宅配便ドライバー
    へすぐに転換できますか???

  2. 「「会社の歯車」として長年やることが当たり前」を、やめろという話では?
    今は同業内ですら流動性がないから。

  3. >「「会社の歯車」として長年やることが当たり前」を、やめろという話では?
    >今は同業内ですら流動性がないから。

    というより、ほとんどすべての人は
    「高度プロフェッショナル(高プロ)制度」の人材
    とはなれないし、これについて論じるだけ無意味という
    話です。

    マンガ「グラゼニ」で、プロ野球のスパイダースに所属していた
    凡田夏之介は、
    連載当初は、
    プロ8年目で年俸1800万円の中継ぎ投手とプロ野球選手としては
    決して一流とは言えない選手でしたが、

    マンガの人気が出たおかげで
    神宮スパイダース→(大リーグ移籍?)→文京モップス→
    仙台ゴールデンカップス

    と流動するたびに年俸があがってくる、
    高度プロフェッショナルになってきました。

    グラゼニも他のマンガ同様、
    バトル漫画におけるパワーインフレ
    から逃れられないのです。

    そもそも、プロ野球選手になれる人というのは、
    年間に県で1人いるかいないかという
    アスリートなのです。
    その中で切磋琢磨するからこそ、
    マンガの題材になるのです。

    ところで、仕事で会社の複数の営業車に乗っていると、
    もともと同じ車種・年式なのに微妙な違いを感じること
    がありますね。
    この場合、どうしても自分の感性に合う車を選びがちです。

    人材も同じで、同じような学歴、入社年次なのに
    「微妙な違い」があり、それがその人の運命を
    決めるだけの話です。

    つまり、
    「どんぐりの背比べ」
    こそが社内での地位を決めているのです。

    どんぐりの背比べで解雇自由化されたら、

    たまったもんじゃない
    というのが本当のところじゃないでしょうか???

  4. 高齢化社会において日本的慣行が立ち行かなくなる事が目に見えている以上、こうした変化が見えてきていることは少なくとも何もしないよりはマシ、という意味で歓迎すべきです。
    大筋な展開が記事にある通り進んでくれればよいですが、やはりルールに落とし込むという点では粗が目立っているように感じます。誰からも理解を得られることはないでしょうが少なくともわかりやすいルールとなってくれることを望みます。

  5. 「非正規雇用と社会保障制度のマイナスの側面から、未来を奪われた若者達は、
     国家から搾取する権利がある」(うる覚え)

    という一文が、橘さんの某著のあとがきにあったと記憶してます。

    思えば私も20代の頃は非正規雇用で働き、
    2度のリストラを経て、
    約5年前に合同会社を自分で作って、
    不動産投資会社の代表社員になり、今に至ります。
    (初年度は結構苦労しましたよ。)

    私が昔いた製造業の会社って、非正規で働く人の数も多ければ、
    リストラ人員の数も多い、挙句は、元請けが海外企業に買収される始末。

    私の会社も、ギリギリの資金繰りで、なんとか食いつないでいるけど、
    それでも、やっぱり独立して良かったなあって思えます。

    非正規雇用の問題、年金の問題、国家の借金の問題、M&Aの跋扈、
    変化の早い時代、先行き不透明な時代だからこそ、
    会社や国家に依存せず、自分で資産を作り出す側へ回れた幸運を感じてます。
    (資産を作り出すって言っても、無尽蔵に作れるわけじゃないです・・・)

    橘さんが昔、ネカフェ難民を起業させて、
    会社の信用を武器にセカンドチャンスを掴む話を作るのを断念したみたいですが、
    私が辿ったコースは、この話に近いかもしれません。

    「貧乏はお金持ち」の本を読んで、定款を法務局に自分で提出へ行き、
    (定款の電子認証だけは、行政書士にやってもらいました)
    税金と社会保険料のコントロールの方法を覚えて、
    不可能を可能にする奇跡のファイナンスで資金調達して賃貸物件を獲得し、
    2年目には、1か月も海外へ行きっぱなしなんて事もできました。

    日本国は沈没船ですが、黄金の羽根はやっぱりあちこちに落ちてます。
    探さないと見つかりませんが、探していれば、ふとした瞬間に見つかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。