自衛隊にはなぜ軍法会議がないの? 週刊プレイボーイ連載(322)


日本の自衛隊についてずっと不思議だったことがあります。トム・クルーズ、ジャック・ニコルソン主演の『ア・フュー・グッドメン』のように米軍を描いたハリウッド映画には軍法会議が舞台のものがいくつもあるのに、自衛隊にはなぜ軍法会議がないのか、ということです。さらに不思議なのは、憲法9条改正の議論のなかで、保守派もリベラルもこのことを問題にするひとがほとんどいないことです。世界の軍隊のなかで、軍法会議の制度をもたないのは(おそらく)自衛隊だけだというのに。

これは私の個人的な感想ではなく、日本法制史の碩学である霞信彦氏(慶應義塾大学名誉教授)は、『軍法会議のない「軍隊」』でこの異様な状況について述べています。自衛隊は国際的には重武装の「日本軍」であり、中国や北朝鮮との軍事的緊張も高まっているというのに、日本国内ではいまだに「自衛隊は軍隊ではない」あるいは「自衛隊は違憲だ」との理由で軍司法制度(軍刑法と軍法会議)がないことを当然する「常識」がまかり通っているというのです。

軍法会議がないと、どのようなことになるのでしょうか。

PKO(国際連合平和維持活動)に派遣された自衛隊の部隊が現地で武装勢力から攻撃を受け、戦闘に巻き込まれた民間人が死傷したとします。こうした場合、PKO部隊の兵士の行為が適切だったかどうかはそれぞれの派遣国の軍法会議によって裁かれることになっていますが、日本には軍司法制度がありません。そうなるとこの事件は、検察が自衛隊員を被疑者として刑法199条の殺人罪で起訴し、日本の裁判所で審理するほかないのです。

南スーダンのPKOに派遣された陸上自衛隊の日報を防衛省が組織的に隠蔽していたとして稲田防衛大臣が辞任しました。日報には首都ジュバで大規模な武力衝突が発生した際の状況が記録されており、これが「紛争当事者間で停戦合意が成立していること」というPKO五原則に反しているため公表を躊躇したのだと報じられています。

たしかにそういう事情もあるでしょうが、安倍政権が南スーダンからの自衛隊撤退を決断した理由は、現地でやむなく戦闘行為を行なった場合、それにともなう民事上・刑事上の紛争を処理することができないからでしょう。自衛隊は主要国に匹敵する武力を保有していますが、「戦う」ことを前提にしていないのです。

安倍首相は北朝鮮の核ミサイル開発を「国難」として総選挙に踏み切りましたが、朝鮮半島で有事が起きても、このままでは自衛隊はなにもできない張り子の虎です。それでも万が一、北朝鮮軍が攻撃してくれば自衛隊は応戦するでしょうが、そもそも憲法上は存在しないはずの軍隊なのですから、すべては「超法規的」に行なわれるしかありません。

近代国家はすべての「暴力」を独占しますから、国民にとってもっとも重要なのは、その強大な「暴力」を民主的な法の統制の下に置くことです。その中核部分が空白になっているとすれば、これは「スパイ防止法」や「共謀罪」どころの話ではありません。

「軍法会議のない軍隊」を放置している政府も、自衛隊という「暴力装置」の法治を拒絶しているリベラルも、そろそろこの異常さと向き合う必要があるのではないでしょうか。

『週刊プレイボーイ』2018年1月29日発売号 禁・無断転

コメントを閉じる

14件のコメント

  1. 「自衛隊」が「軍隊」の「まがい物」であることは常識ですが、

    コレは日本国憲法第9条第2項

    前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
    国の交戦権は、これを認めない。

    の要請によってそうなっているだけの話です。
    素直に改憲ができれば良いのですが、憲法を作ったアメリカの策略によって
    憲法を改正するのが非常に難しいから、そうなっているだけの話です。

    ところで、世の中には
    「本物」よりも良い「まがい物」
    というのがいくつもあります。

    不飽和脂肪酸を多く含む「バター」よりも、
    多価不飽和脂肪酸や一価不飽和脂肪酸を多く含む「マーガリン」の方が
    心臓疾患などへのリスクは小さいし、

    プリン体を多く含む「ビール」よりも
    「ホッピー」の方が痛風持ちには適切です。

    さらに「カニ」より「カニカマ」のほうが、現在世界で浸透してきていますよね。

    だからこそ、日本としては、
    この「自衛隊」の有り様
    を世界に知らしめることによって、

    世界に冠たる「イミテーション国家」を知らしめるべきなのです。
    BGMはこれで。
    ttps://www.youtube.com/watch?v=CiTDdT-l5Uo

    「イミテーション国家」であるからこそ、
    紛争地域の厄介な問題に対して
    距離をとることができるのです!!!

  2. イマジンへのコラージュ、いやオマージュとして自衛隊改め「防衛互助団」が近未来まずTPP内で活躍する栄光の唄を描きます


    想像してごらん、血も涙もない無機質が襲ってくるような危機
    いま備えるなら難しいことじゃない・・
    不安におびえ大声出す人たちはいない
    ただ心を空にして見守るだけ


    想像してごらん、弱小国どうしが守りをシェアしている世界
    君たちは僕を夢想家だと笑うかもしれない
    だけど、たぶん僕だけじゃない・・
    いつかは君たちも静かに下支え


    世界は一つになる

  3. >自衛隊は主要国に匹敵する武力を保有していますが、・・・
    してないと思います。まあ一応最新といえる極僅かのF-35等が少々あるだけで、大部分は、ショボい古臭いダサいしょっぱい児戯みたいな装備ばかりだと思います。なんせ1964年に正式採用された小銃を未だに使ってるらしいですから、笑止千万片腹痛しです。こんな装備では戦いたくないなというようなのばかりだと思いますよ。

  4. ×正式採用
    ○制式採用
    ですよ。言葉は正しく使わないと。

    ”軍法会議なしに軍隊は機能しない。「敵前逃亡は死刑」という軍法があってこそ、軍人はプロの戦士として戦うし、それによって、一般市民は巻き添えを食わずに済み、国を守ることが出来る。また、入隊志願者が軍法という厳しい法律を守る意志があることを確認するために行われる儀式が「宣誓」であり、この「軍法」と「宣誓」によって軍隊の秩序が保たれる。これは世界の常識であり、「宣誓」はあるが軍法会議のない自衛隊は軍隊といえない。だが、このような重大なことが今まで何も討論されてこなかった。なぜなら、日本では一部の「知識人」やジャーナリストが「軍隊イコール悪」「軍法会議=非人間性の象徴」といった意図的に操作された偏った情報しか流さないからである。そういった「洗脳」から脱出するためには、「軍隊」や「軍法会議」といった一つの概念に対して好き嫌い抜きにして、自分がそれについて正確な情報を持っているかどうか冷静に点検することだ。”というものです。

    そのなかで例としてスター・トレックに言及しているので、少々長くなりますが(すでに長くなってるけど)その部分を全文引用します。

    「ここで少し余談をしよう。バリバリの軍事国家アメリカで生まれた有名なTVSFシリーズに「スター・トレック」がある。この最初のシリーズが放映されたとき、主人公のカーク大佐が乗船する23世紀の惑星連邦の船のことを、日本の翻訳では「パトロール船」と言い、カークのことは「船長」と言っていた。実はこれでは、この船は民間船(あるいは沿岸警備隊などの警察)ということになってしまう。その後このシリーズは映画化され、新たなシリーズがテレビで放映されたりしたが、その中ではちゃんと「宇宙戦艦」(原語は「スターシップ」)であり「艦長」である。どちらがほんとは正しいのか、いうまでもあるまい。ちなみに日本の熱心なスター・トレックファンの中には、ここに出てくる「宇宙艦隊」が軍隊でないと思っている人がいる。「平和大好き日本人」としてはそう思いたいのだろうが、残念ながら現実は違う。「宇宙艦隊」は軍隊である。その理由は将校や兵士がいるからではない。戦艦や武器を多数所持しているからでもない。それは軍隊にとって必要な条件ではあるが、絶対的な条件ではない。ここまで読んでくればもうおわかりだろう。
    スター・トレックシリーズには、その第1回(正確に言えばパイロット版)から「軍法会議」が登場する。もしあれが軍隊でないなら、たとえどんな罪を犯そうとも、被告は民間の裁判所で裁判を受ける権利を持つ。そしてファンならお気づきのように、このシリーズにはしばしば「軍法会議」とそれに対応する形での「艦隊の誓い」が登場する。したがって「軍法」と「宣誓」によって秩序が維持される社会、すなわち軍隊以外の何物でもないのである。」

    スタートレック(TOS)には、
    「タロス星の幻怪人」や、
    そのまま「宇宙軍法会議」
    というエピソードがあります。

    この中でスポックやカークが軍法会議にかけられているエピソードがあります。
    ぜひ一度ご覧を。

  5. 自衛隊は軍です。
    そして私は自衛隊を違憲だとは考えていません(安倍総理は違憲と疑っているようですが)。

    さて、軍法会議を設けるとなると、特別裁判所を禁じた憲法に反します(特別裁判所の例外は憲法が認めた弾劾裁判所だけです)。
    従来の司法権の系統から外れなければ特別裁判所ではないと一応いえますが、軍法会議の決定が裁判所を拘束するとなるとまた問題が起きます。

    現行制度でも行政裁判所の事実認定が裁判所を拘束することがあります。海難審判や電波監理、公正取引委員会などですね。いずれも専門性の高い分野です。

    しかし軍法会議が扱う、自衛隊内部で起こったことは、そんなに専門性の高いことではない。一般社会規範と隔離すると、ただでさえ閉鎖性の高い組織で「シャバと軍隊は違う」という旧軍の思想が支配的になるだけです。

    隊員の人権を守るためにも、軍隊内に一般社会の法規範を持ち込む必要があります。故に軍法会議は自衛隊員を守るために有害で不要なものと判断します。

  6. >しかし軍法会議が扱う、自衛隊内部で起こったことは、そんなに専門性の高いことではない。一般社会規範と隔離すると、ただでさえ閉鎖性の高い組織で「シャバと軍隊は違う」という旧軍の思想が支配的になるだけです。

    >隊員の人権を守るためにも、軍隊内に一般社会の法規範を持ち込む必要があります。故に軍法会議は自衛隊員を守るために有害で不要なものと判断します。

    どんな「組織」にも
    「内規」
    というものはあります。

    その「内規」に抵触してしまったら、
    組織から追い出される
    ことはありますよね。

    日本国憲法で保障されている
    精神的自由権
    思想・良心の自由
    信教の自由
    学問の自由
    表現の自由
    集会の自由
    結社の自由
    経済的自由権
    職業選択の自由
    居住移転の自由
    海外渡航の自由
    を一部禁じている「内規」は多くあります。

    たとえば「兼業禁止」など。

    その「内規」が
    憲法上の自由に違反するからと言って
    「内規」自体の
    無効を求めて裁判しますか???

  7. 単純な仮説

    ・防衛省の誰も、軍法について考えたことがない

    ・軍法が必要と思っても、どうしていいかわからない

    ・めんどくさいし取り組みたくない

    案外こんな理由かもしれません

  8. リバタリアン的には、軍法ナシでいいんじゃないかな

    前線でいきなり退官届提出し、逃げてもOK

    リバタリアン国家の軍隊は、全員義勇兵であるべきですから

  9. >リバタリアン国家の軍隊は、全員義勇兵であるべきですから

    そもそも、「リバタリアン」を自称する橘さんが、
    自衛隊とか軍法会議のあり方を論じること自体がオカシイのです。

    「リバタリアン」ならば、下記の「ミニット・マン(民兵)」の存在をどう考えているのか、
    ご意見をお伺いしたいですな。

    メキシコと国境を接する米国アリゾナ州では、4月からメキシコ人不法移民の監視パトロールが開始されている。「ミニット・マン(民兵)」と呼ばれるそれは不法移民の取り締まりを目的とした私的な自警団のようなもので、武器も携行している。人権擁護団体からは批判もあるが、同種の活動はテキサス州にも広がりつつある。同州では10月から国境監視活動を始めるために市民の間で呼びかけが行われており、200人~300人の「ミニット・マン」が集められるものと見られる。

    テキサス州で「ミニット・マン」の推進に当たっている関係者らは、その活動の意図は国境における不法移民流入の現状に政府の目を向けさせることだと述べた。不法移民対策のための国境封鎖が無理であることは理解できるものの、「政府は、我が国に病気、犯罪、潜在的なテロをもたらす不法移民の流入から我々を守るという義務がある」とした。具体的な活動内容としては国境付近の監視・パトロールを行い、不法移民の国境越えを発見したら携帯電話で国境警備当局に通知するとしている。
    http://www.jil.go.jp/foreign/jihou/2005_7/mexico_01.html

  10. >日本国憲法第76条 で禁止しとるじゃん。はい終了。

    憲法で禁止しているなら、自衛隊の存在自体が憲法違反です。

    とはいえ、
    この「憲法や法律で禁止されているのに、
    実際にはなしくずし的に運用されている」
    ことこそ、

    強固な戒律を持たないからこそ、
    社会の変化に柔軟に対応できてきた
    日本を含めたアジア圏の強みなのです。

    この前ベトナムに行っていたのですが、
    「ここって社会主義国???」
    て感じでしたよ。
    食べ物は美味しいし、ぼったくりタクシーもたくさんいて。

    逆に、
    「キリスト教」「イスラム教」「共産主義」
    といった戒律を厳格に守ってきた国家が、
    その社会の変化に対応できずに
    ハードランディングして破滅した例を
    過去の歴史から学ぶべきです。

    「なしくずし」「いいかげん」「なるようになりやがれ!」
    という社会こそが、時代の変化に対応できるのです。

  11. 人間にはなぜしっぽがないの? 週刊プレイオールド連載

     人間についてずっと不思議だったことがあります。トムとジェリーのように動物を描いたアニメにはしっぽがキーポイントのものがいくつもあるのに、人間にはなぜしっぽがないのか、ということです。さらに不思議なのは、美容整形の議論のなかで、保守派もリベラルもこのことを問題にするひとがほとんどいないことです。世界の脊椎動物のなかで、しっぽをもたないのは(おそらく)人間だけだというのに。

     これは私の個人的な感想ではなく、動物学の碩学である論愚手入氏(動物大学名誉教授)は、「しっぽのない生き物」で この異様な状況について述べています。人間は国際的には進化した「動物」であり、クジラやウナギの保護活動も高まっているというのに、日本国内ではいまだに「人間は動物ではない」あるいは「人間を動物と見るは違憲だ」との理由でしっぽがないことを当然する「常識」がまかり通っているというのです。

    しっぽがないと、どのようなことになるのでしょうか。

     熱帯のジャングルに派遣された川口浩探検隊の部隊が現地で猛毒サソリのしっぽに付いた毒針から攻撃を受け、戦闘に巻き込まれた隊員が死傷したとします。こうした場合、川口浩探検隊の行為が適切だったかどうかはそれぞれの現地の警察と司法によって裁かれることになっていますが、そもそも川口浩探検隊は日本のエンターテインメント番組です。そうなるとこの事件は、検察が川口浩を被疑者として刑法211条1項の業務上過失致死罪で起訴し、日本の裁判所で審理するほかないのです。

     フィリピンのパラワン島に派遣された川口浩探検隊の日報をテレビ朝日が組織的に隠蔽していたとして、当時の社長が辞任しました。日報にはエルニドで大規模なストライキが発生した際の状況が記録されており、これが「当事者間で日程、演出、役割分担、シナリオ、ギャラ合意が成立していること」というエンタメ五原則に反しているため公表を躊躇したのだと報じられています。

     たしかにそういう事情もあるでしょうが、テレビ朝日が川口浩探検隊シリーズからの撤退を決断した理由は、現地でやむなく新発見・大発見を行なった場合、それにともなう学術上の説明責任を処理することができないからでしょう。川口浩探検隊は一流大学・国家研究機関に匹敵する調査能力を保有していましたが、「発表する」ことを前提にしていないのです。

     テレビ朝日は藤岡弘、を「後継」として新探検隊シリーズの製作に踏み切りましたが、朝鮮半島で有事が起きても、このままでは藤岡弘、探検隊はなにもできない張り子の虎です。それでも万が一、北朝鮮軍が攻撃してくれば藤岡弘、探検隊は応戦するでしょうが、そもそもすでにこの世に川口浩は存在しないのですから、すべては「超法規的」に行なわれるしかありません。

     近代国家はすべての「娯楽」を統制しますから、国民にとってもっとも重要なのは、その強大な「娯楽」を民主的な法の統制の下に置くことです。その中核部分である川口浩が空白になっているとすれば、これは「タランチュラ」や「猛毒サソリ」どころの話ではありません。

     「川口浩のいない探検隊」を放置しているテレビ朝日も、藤岡弘、探検隊という「二番煎じ」を拒絶しているかつてのファンも、そろそろこの異常さと向き合う必要があるのではないでしょうか。

  12. https://ameblo.jp/eriko–imai/entry-12343330255.html
    今井参院議員が、こちらの記事で沖縄の子供の貧困問題について述べている。
    沖縄の貧困率が突出して高いのは遺伝の影響だろうか?

    ところで、橘氏は不倫報道と少子化の関係について述べられているが、『言ってはいけない』がベストセラーになったのが少子化の一因・・・というのは考えすぎだろうか?
    もっとも、これからはAIやロボットが人間の仕事を奪うのだから、出生率が上がってもニートと失業者が増えるだけだが。

  13. >沖縄の貧困率が突出して高いのは遺伝の影響だろうか?

    人間の特質として
    寒いところだと、閉鎖的・インドア趣味(文学やヲタク傾向)が強くなり、
    アリとキリギリスのアリの傾向が強くなります。

    温かいところだと、開放的・アウトドア趣味(スポーツやセックスに興味が向く)になり、
    アリとキリギリスのキリギリスの傾向が強くなります。

    かつて、南北問題で言われていた、南の発展途上国(アジア・アフリカ)を
    北のヨーロッパの先進国が搾取するという構図になるという話です。

    国内でも、北海道や東北人の特質と、沖縄人の特質が違うのはこのせいです。

    >橘氏は不倫報道と少子化の関係について述べられているが、『言ってはいけない』がベストセラーになったのが少子化の一因・・・というのは考えすぎだろうか?

    単なるネタ本が少子化の一因とは穿ち過ぎですよ。
    ワンピースのせいで海賊が増えたり、ナルトのせいで忍者が増えましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。