若手女優はなぜ親の宗教に「出家」したのか? 週刊プレイボーイ連載(279)


若手女優が突然、新興宗教団体に「出家」するとして芸能界を引退しました。不安定な人気商売で精神的に追い込まれていたようですが、この団体を選んだのは両親が信者で、自身も子どもの頃から宗教行事に参加していたからでしょう。

このコラムで何度か、「子育てに意味はない」と書きました。子どもに説教しても無視されるのには進化論的な理由があるという話ですが、「矛盾してるじゃないか」と思うひともいるでしょう。若手女優は、ちゃんと親のいいつけどおり熱心な信者に育ったからです。

しかしこの出来事も、現代の進化論の枠組みでちゃんと説明可能です。

アメリカの在野の研究者ジュディス・リッチ・ハリスが子育ての常識に疑問を持ったきっかけは、就学前の移民の子どもたちが母語を忘れ、すぐに英語を話しはじめることでした。子どもの成長が家庭環境で決まるなら、英語を話せない両親との会話に必要な母語をなぜさっさと捨ててしまうのでしょうか?

こうしてハリスは、膨大な証拠にもとづいて次のように主張します。

「家庭のルールが友だち集団の掟と対立した場合、子どもが親のいうことをきくことはぜったいにない」

脳のプログラムがつくられた旧石器時代には、離乳期が過ぎれば母親は次の子どもを産むのですから、幼児の世話をすることはできません。だとすれば子どもは、年上のきょうだいやいとこなど、「友だち」のなかで生きていくほかありません。そう考えれば、親の言葉を捨てて友だちの言葉(英語)を選ぶのは当然です。

しかしこれは、視点を変えれば次のようにいうこともできます。

「友だち集団の掟と対立しない家庭のルールには、子どもを従わせることができる」

私たちは、幼いときに親がつくった料理の味をいつまでも美味しいと感じます。移民の子どもの味覚が変容しないのは、友だち集団に入れてもらえるかどうかの基準に、食べ物の好き嫌いが関係ないからです。――ニンジンが食べられないからといって仲間はずれにされることは(ふつうは)ありません。

同様にハリスは、宗教も「友だちの掟」とは関係がないといいます。スピリチュアルな感覚は人類に共通していますが、宗教は文化的なもので、脳のOSができあがったあとに農耕社会のなかで影響力を持つようになったのです。

子どもたちは、親の宗教によって友だち集団を選ぶことはありません。アメリカなどで、宗教によって子ども集団が分断されているように見えるのは、人種が異なるからです。

進化論的には、子どもは自分に似た子どもに魅かれるようにつくられています。自分のことを親身に世話してくれるのが、きょうだいやいとこなど血縁関係にある仲間であることを考えれば、これも当たり前でしょう。

すべての親が苦い経験として知っていることでしょうが、親は子どもの友だち関係に介入できず、どれほど説教しても音楽やファッションの趣味を変えることはできません――これが友だち集団の内側と外側を分ける指標になっているからです。しかし皮肉なことに、宗教は親から子へと受け継がれ、しばしば世俗化した社会と衝突するのです。

参考:ジュディス・リッチ ハリス『子育ての大誤解』

『週刊プレイボーイ』2017年2月27日発売号 禁・無断転載

コメントを閉じる

16件のコメント

  1. またちょっと話がオカシイですよ。

    >しかし皮肉なことに、宗教は親から子へと受け継がれ、しばしば世俗化した社会と衝突するのです。

    宗教が家族(生まれ)によって引き継がれるということは普通にありえますが、

    ならなぜ、「オウム真理教」のようなカルト宗教に、家族の反対をおしきってまで
    多くの若者が惹かれていった多くの事例が説明できません。

    「理念とか理想」とかいう「観念」が、純粋な若い人たちを魅了していったからこそ、
    宗教にはまるのです。

    ことは「宗教」にとどまりません。「学問」や「教養」、「文学」や「哲学」とか「科学」とか「芸術」とか
    にハマって、行方知れずになった人は数知れずですよ。
    結局人間は、自分の頭の中から出られない存在なのです。

    だからこそ、金儲け・現世利益こそが善であるとした「俗物真理教」
    こそを唯一の世界宗教するべきなのです。

    教祖は「フェレンギ人」にやってもらって。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%AE%E4%BA%BA

  2. そのような人もいると思いますが、私の場合は、親の宗教を受け継いでおりません。
    私の親を含め、何かに祈るだけで精神的な意味合いを超えて救われることがある、と思っている人は知能が低いと思います。

  3. 「カシアス・マーセラス・クレイ」が「モハメド・アリ」になったように、
    http://fum2.jp/1659/

    自ら宗教を選んだ人間もいるのです。

    「モハメド・アリ」は「自国であるアメリカ、そして白人社会」と
    戦うために自ら「イスラム教」を選びました。

    モハメド・アリが存命なら、トランプ大統領をどう思うのでしょうか?

  4. 本文もコメント欄も人格形成の話とそれ以降をゴチャゴチャにし過ぎていて論点がボヤけちゃってる気がします。
    ハリスの研究は基本的に幼児期からの社会性獲得とそれによる人格形成がコアですよね。
    人格形成期は子供社会(帰属先)のルールや価値観が最優先だけど、宗教なんかは子供社会では無視されてるケースが多いから家庭での宗教教育が有効なケースは多い、ってだけの話ですよね。

    それ以降に別の宗教観や価値観に傾倒するとか、そもそも家庭での宗教教育に失敗してるケースなんかの話は、本件には関係無いように思います。

    本エントリはあくまでも

    > このコラムで何度か、「子育てに意味はない」と書きました。子どもに説教しても無視されるのには進化論的な理由があるという話ですが、「矛盾してるじゃないか」と思うひともいるでしょう。若手女優は、ちゃんと親のいいつけどおり熱心な信者に育ったからです。
    > しかしこの出来事も、現代の進化論の枠組みでちゃんと説明可能です。

    これが全て。
    親の言いつけどおり熱心な信者に育つケースが「子育てに意味はない」論と矛盾しないことをエクスキューズするのが文意で、親の言いつけどおりに育たないケースは「基本的にはそういうもの」だってことで一貫してるのだと思います。

  5. >このコラムで何度か、「子育てに意味はない」と書きました。

    とすれば、以前言っていた

    自分の子供を
    「安全保障のためにこそ、
    私立中学に行かせること」自体が、

    「無意味」です。

    「子育て」というのは、

    ある意味
    「親の(自分がなし得なかった)自己実現」

    という面があることを忘れてはいけません。

    橘さんや私の親やその親の世代は
    「進学したくてもできなかった世代」
    であり、

    だからこそ、
    書評:平川克美『俺に似たひと』
    http://www.tachibana-akira.com/2012/03/4026
    を書いたのでは???

    「語るに落ちる」とはこのことですよ。

  6. なぜって、
    その娘の勝手でしょう。

    我らリバタリアンから勝手に思ったら、
    せっかく事務所離れたのに再び組織依存か~と
    がっかりー

    でもですが、我が国の教育を筆頭にした洗脳教育
    うまくいってる証拠かなあ、って感じましたわ
    アメリカ人ならコマーシャルにでるのも恥ずかしー
    てな文化

    若いプレイボーイには変わってもらいたい

  7. 言ってしまえば、橘さんも

    「現代進化論真理教」

    にハマっているだけのような。

    「すべての学説は、単に仮説」に過ぎず、

    現在信じられている学説は、長年の風雪に耐えてきたものが
    なんとか生き残っているだけの話で、

    現代進化論ですら、さらに洗練された学説により淘汰される
    という、それこそ進化論のくびきから自由ではないことを
    再認識するべきでは???

    新たなるネオ進化論の出現を期待します。

  8. この宗教に詳しくないが、この宗教なら子供用の宗教コミュニティ持ってるような気がする

  9. > >このコラムで何度か、「子育てに意味はない」と書きました。
    > とすれば、以前言っていた
    > 自分の子供を
    > 「安全保障のためにこそ、
    > 私立中学に行かせること」自体が、
    > 「無意味」

    確か、性格や人格や生き方に影響を及ぼそうとする教育はあまり意味を持たないが、
    そこに大きな影響を与える「友達集団の質」には学校や居住地の選択で間接的に制御できる部分もある、的な話だったと思いますよ、それ。

  10. >確か、性格や人格や生き方に影響を及ぼそうとする教育はあまり意味を持たないが、
    > そこに大きな影響を与える「友達集団の質」には学校や居住地の選択で間接的に制御できる部分もある、的な話だったと思いますよ、それ。

    というより、
    子育てというのは、

    そもそも
    「親の自己満足」
    であり、

    「それがそういうものである」
    と理解できるのが

    「自分が親になった時期になって、初めて」
    なのです。

    これこそが、
    書評:平川克美『俺に似たひと』
    http://www.tachibana-akira.com/2012/03/4026

    の中の
    私たちの人生には、“落とし前”をつけなくてはならないこと
    なのです。

  11. 今週のプレイボーイ誌にも書かれてましたが、

    能年さんも清水さんも忖度できない体質なんよ

    だけど、若者を食いものにしているかの事務所

    あいつらの既得権を時々、壊してくれるような

    ビジネス界でいうと、青色ダイオードの田中修

    あるいはホリエモンなど、インパクト大きく

    日本を変えるような気がしています!

  12. 橘玲さんの幸福論を読んでたら、郵便箱に幸福の科学のチラシが入っていて驚いた!これは偶然か?、それとも引き寄せの法則??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。