『言ってはいけない 残酷すぎる真実』あとがき


新刊『言ってはいけない 残酷すぎる真実』の「あとがき」を、出版社の許可を得てアップします。

************************************************************************

まずは悪い話から。

脳は左右対称の臓器で、右半球と左半球があり、それを脳梁がつないでいる。右脳は感情を、左脳は言語や論理を主に司る。

きわめて特殊なケースだが、重度のてんかんの治療のため、外科手術でこの脳梁を切断することがある。これが分離脳で、右脳と左脳がそれぞれ独立に活動する。

分離脳患者は、左半分の視野で見たものがわからない。言語中枢は左脳にしかないが、左視野の情報は右脳に送られるだけで(視神経は左右で交差している)、それを脳梁を経由して左脳に転送できないのだ。両手からの入力も同じで、右手で触れたものはそれがなにかわかるが、左手で触れたものの名前をいうことができない。右脳に入力された情報はどこかに消えてしまうのだ。

だが、脳の驚くべき能力はここからだ。

分離脳患者を目隠しした状態で、テーブルの上に並べられたスプーン、鉛筆、カギなどを左手で触わらせると、感触はあるものの、その情報は左脳には届かないのだから、それがなにかはわからない。次に左の視野に「スプーン」「鉛筆」「カギ」などの単語を見せると、これも同様に、患者は自分がなにを見ているか気づかない。

ところがこのふたつを同時に行ない、正しいと思う組み合わせを訊くと、手探りで正解を選ぶことができた。右脳は見えていない単語と名前のわからない感触を正確に一致させ、そのうえ患者は自分がなにをしたのかまったく意識していなかったのだ。

次の実験では、分離脳患者の左視野に「笑え」と書いたボードを置いてみた。

質問の意味を理解し、言葉によって回答するのは左脳の役割だ。脳梁が切断されている患者は、右脳に入力された「笑え」という指示を意識することができない。ところが、ボードの指示を見た患者は笑い出した。そこでなぜ笑ったのか訊いてみると、患者は「先生の顔が面白かったから」とこたえた。

分離脳患者は、右脳と左脳でふたつの「人格」を持っている。そして左脳は、脳のなかの見知らぬ他人(右脳)がやっていることを意識できない。

矛盾する認知に直面した状態を「認知的不協和」という。このケースでは、「笑った」という認知と、「笑う理由はない」という認知が矛盾している。これはきわめて気味の悪い出来事なので、意識は(脳のなかにふたつの人格があるという)不愉快な真実を嫌って、「先生が面白い顔をした」という快適なウソをつくりあげたのだ。

このことから左脳の役割がわかる。それは自己正当化、すなわち自分に都合のいいウソをでっちあげることだ、無意識が捏造した気分のいいウソは、「意識」というスクリーンに映し出される。――意識は無意識が生み出す幻想なのだ。

もっとも効果的に相手をダマす方法は、自分もそのウソを信じることだ。カルト宗教の教祖が信者を惹きつけるのは、自らが真っ先に「洗脳」されているからだ。社会的な動物であるヒトは上手にウソをつくために知性を極端に発達させ、ついには高度な自己欺瞞の能力を身につけた。

これが「現代の進化論」の標準的な説明だが、もしこれが正しいとしたら、暴力や戦争をなくすために理性や啓蒙に頼ったところでなんの意味もない。自己欺瞞は無意識のはたらきだから意識によって矯正することはできず、他人が欺瞞を指摘すればするほどかたくなになっていく。これが、教育によってIS(イスラム国)のテロリストを更生できない理由だろう。

自己欺瞞がやっかいなのは、知性の高いひとほどこの罠から逃れられなくなることだ。なぜなら、その恵まれた能力を駆使して、現実を否定し自分をダマすより巧妙なウソを(無意識のうちに)つくりあげるから。ヒトラーやスターリン、レーニンや毛沢東など、現代史にとてつもない災厄をもらたしたのはみなきわめて「賢い」ひとたちだった。

では次によい話を。

治安の悪化が問題になっているが、刑法犯の件数が戦後最少になった(2015年)ことからもわかるように、日本社会はどんどん安全になっている。多くのひとが懐かしむ「三丁目の夕日」の昭和30年代は人口あたりの殺人件数は現在の2~3倍で、残虐な少年犯罪も多かった。「常識」とは逆に、近年は若者の犯罪の減少が顕著で、世代別でもっとも犯罪者が増えているのは高齢者だ。

じつはこれは世界的な傾向で、治安の悪化が叫ばれる先進国はどこも犯罪が大きく減っている。ISによるテロが大問題になるのは、その残虐さももちろんだが、それ以外の危険がなくなったからでもある。

現代史を振り返れば、2度の世界大戦やロシア革命、文化大革命、ポルポトの大虐殺、旧ユーゴスラヴィア内戦などの凄惨な出来事がつづいた20世紀に比べて、冷戦終焉後は国家による大量殺人が大幅に減ったことは明らかだ。アフリカや中東に問題が集中するのは、それ以外の場所(アジアや中南米)で戦争や革命、暴力的クーデターが起きなくなったからでもある。

このことは、理性がまったく役に立たないわけでないことを示している。意識の本質が自己欺瞞だとしても、人類は幾多の悲惨な経験を通して、それを平和と繁栄になんとか役立ててきたのだ。

だとしたら、未来をいたずらに悲観することはない。共産主義者が夢見たようなユートピアは実現しないだろうが、そこそこゆたかでそこそこ暮らしやすい世の中ならじゅうぶん期待できるのだ。

そのためにも、私たちの認知=知性が進化のちからによってどのように偏向しているのかをちゃんと知っておく必要がある。現代の進化論が突きつける不愉快な真実は、歪んだ理性を暴走させないための安全装置なのだ。

2015年1月7日、フランスの風刺雑誌シャルリー・エブドの編集部がイスラーム過激派の武装集団に襲撃され、編集スタッフや警官など12名が犠牲になった。この事件を受けて、日本を代表するリベラルな新聞社は、「テロは言語道断だが下品な風刺画を載せた方も問題だ」として、「ひとが嫌がるようなことをする表現の自由はない」と宣言した。

本書の企画を思いついたのは、この驚くべき主張を目にしたからだ。誰も不快にしない表現の自由なら北朝鮮にだってあるだろう。憲法に表現の自由が定められているのは、ひとが嫌がる言論を弾圧しようとした過去の反省によるものだと思っていたのだが、“リベラル”を自称するひとたちの考えはちがうらしい。

ちなみに私は、不愉快なものにこそ語るべき価値があると考えている。きれいごとをいうひとは、いくらでもいるのだから。

2016年3月 橘 玲

コメントを閉じる

15件のコメント

  1. そろそろ詳細目次をお願いします。R指定って、エロいんですか?
    またkindle版の予定なので、誤字脱字があったら、速やかな更新版のアップもお願いします。

  2. >「テロは言語道断だが下品な風刺画を載せた方も問題だ」として、「ひとが嫌がるようなことをする表現の自由はない」と宣言した。

    >本書の企画を思いついたのは、この驚くべき主張を目にしたからだ。誰も不快にしない表現の自由なら北朝鮮にだってあるだろう。憲法に表現の自由が定められているのは、ひとが嫌がる言論を弾圧しようとした過去の反省によるものだと思っていたのだが、“リベラル”を自称するひとたちの考えはちがうらしい。

    シャルリー・エブドの風刺画もネットで見られる時代です。

    これなんかを見てどう思いますか?
    http://takamasa.heteml.jp/net/2015/01/15/風刺か中傷か/

    やっぱりやりすぎということもあるのです。
    シャルリー・エブドみたいに真っ向から相手を中傷するようなパロディを描くやり方ではなく、
    あくまで構造に身をゆだねながら、それをあざむくような紙一重のユーモアをもって対応するべきです。

  3. イスラームも、そろそろ世俗的になって欲しい。日本の葬式仏教のようになるまで
    世俗に塗れろ、とまでは言わないから。あのピューリタニズムのこちこちで旧大陸
    から追ン出された清教徒の建国した米国でさえ、今じゃ日曜日の礼拝を皆勤する者
    は少ないのだから。

    歴史的に、中東の凄惨な無法の時代を終わらせて、アッラーの下での自由平等で大
    いに栄えて、既にイスラームの一次的な役目は終わったのだから、次は寛容になって
    世俗的な要素も取り入れて発展して欲しい。それとも次の預言者が出ないと、ムハ
    ンマド教そのものは変えられないのだろうか?

    「ひとが嫌がるようなことをする表現の自由はない」のなら、「表現の自由がある
    のなら、ひとが嫌がらないことに」となり、そんなの表現の自由でも何でもない。
    あえてひとに不都合な事までを表現するから、報道の自由が保証されている。

    ムハンマドやキリストや釈迦を酷くパロったとしてもいいと思う。本人さん達は既
    に亡くなってるし。当人さん達は「寛容一番」「右頬の次は左ね」「色即是空」と
    言っている。存命であったとしても「好きにしたら?」と言うに決まっている。
    どこにでもいる凶暴なDQN達が、暴れる口実に「冒涜」を使っているだけ。

    そもそも、記者クラブ制や放送法という既得権を持ち、販売店員を同じ正社員待遇
    とせずに安く使い、軽く平均1000万円を超える年収をとり、さらには新聞に軽減
    税率を取り込んで節税しようとしている、高級紙ライジングサンには何も言う資格
    は無い。素直に、「ひとが騙されれば、記事捏造の自由はある」と言うべし。

    当本、半分程まで読みました。これはオモシロイです。又今から後半を読みます。

  4. >右脳左脳はトンデモ科学らしいので注意しよう。
    右脳左脳の差異というのは、利き腕の右利き左利きがあるように歴然としてあると思いますが?
    それこそ橘さんのいう「脳科学」と「統計学」の知見で各種報告されています。

    >ムハンマドやキリストや釈迦を酷くパロったとしてもいいと思う。本人さん達は既
    に亡くなってるし。当人さん達は「寛容一番」「右頬の次は左ね」「色即是空」と
    言っている。存命であったとしても「好きにしたら?」と言うに決まっている。
    どこにでもいる凶暴なDQN達が、暴れる口実に「冒涜」を使っているだけ。

    ちょっと前に「村崎百郎」という鬼畜系を自称するライターがいましたが、
    それを真に受けた読者を名乗る「電波系」の男性に東京都練馬区羽沢の自宅で刺殺されました。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/村崎百郎
    自ら警察に通報して逮捕された容疑者は精神病により通院中で、精神鑑定の結果、不起訴に
    なりました。

    だから、シャルリー・エブドや「村崎百郎」のやっていることは同じなのです。
    リスクを承知で描くのならしょうがないですが、やっぱりやりすぎるとマズいですよ。

  5. シャルリー・エブドの行為に対して、イスラム教徒以外の人すらも嫌悪感を抱いたのはなぜでしょう?
    それは、批判に付加された嘲笑や侮蔑といった醜い感情、更には、その感情が相手を怒らせると知っていて、わざと行う挑発の意図を感じたからだと思います。
    批判するなら、橘氏のように淡々と批判すれば良いのです。
    それならば、あのような惨劇は起こらなかったと思います。
    こうこうこういう理由で貴方のやっている事は間違っている、というのは良くても、間違った事をしているお前は馬鹿だ、とは言ってはいけないと思います。
    なぜなら、その行為が無用の争いを巻き起こすからです。
    好戦的態度というのは、それ自体が誤りで、シャルリー・エブドもまた、殺されるほどの罪ではないにせよ、罪(sin)を犯していたと思います。

  6. 意識の役割のなかで重要なものとして自己欺瞞があるとのご指摘、その通りだと思います。
    私は元公立高校教師ですが、間近で見た左派系教師には日頃の言動が攻撃的な人が少なくありませんでした。その彼らが自分自身を平和主義者と規定し、憲法9条を守れと声高に叫ぶのです。私は最初(今から30年ほど前のこと)こうした現象を見て、啞然とするしかありませんでした。その後、しばらくして、彼らの不可解な言動を理解するには、心理学や脳科学の知識が不可欠だと理解するようになり、その分野の知識を深め、この1月に産経新聞出版から『「憲法9条信者」が日本を壊す』を出しました。
     憲法9条信者は無意識(本心)では9条を信じていません。日本を破壊するうえでもっとも好都合だから、意識のレベルで信じているように装っているだけです。マルクス・レーニン主義から多大の影響を受けた共産党や社民党が平和主義を志向するはずがありません。朝日新聞にしても、あの慰安婦誤報報道が典型的であるように、わが国を貶めるのに一生懸命です。自己欺瞞という進化の産物が、わが国の安全保障にも大きな影響を与えていることをひとりでも多くの国民に知ってもらいたいと思います。国民をだます最良の手段は自分をだますことだったのです。
    (私の本の宣伝になって申し訳ありません)

  7. 表現の自由と名誉棄損の境界はどこにあるかという話。
    王シュレットは相手が個人で存命ですからともかく、
    宗教とその教祖(死者)を揶揄するのは、名誉棄損には当たらないのだから、それは表現の自由の範疇だと思います。

  8. 右脳に入力された「笑え」というボードからの情報と、実際に「笑った」事実との因果関係がわからないので、橘さんのおっしゃる理屈は理解できません。何かの行動を指摘され、その理由を問われれば、何かを理由らしきものを創作して話すでしょう。

  9. mopyesrさんが、指摘されたように、もうちょっと言葉を増やして説明したほうが良いと思います。せっかく興味深い内容を記しておられるのに、もったいない。

  10. シャルリー・エブドの諷刺画に対する、イスラムのテロは言語道断であるが、常識的に考えるなら挑発に怒るのは当然である。それを表現の自由と言うなら、諷刺画対して怒る自由もある筈だ。福島を侮辱して手が5、6本ある相撲取りの戯画を載せたのも同雑誌社である。それに対してこの著者は怒る方が間違っている、表現の自由だとしてノホホンとでもしていたのでしょうかね。確かに、フランス人とイスラムの確執が前提にあるから他国がとやかく言えるものではないとは思うがこの雑誌社はこと宗教に関しては慎重であるべきであると何故分らないのだろうか?著者自らの表現の自由を正当化する為にシャルリー・エブドを持ち出してきたのは失敗であったが、この人の軽さ浅墓さが分ろうというものである。この人によると「言ってはいけない」とされている残酷すぎる真実こそが、世の中を良くする為に必要なのだ。この不愉快な本を最後まで読めば、そのことが分ってもらえるだろうとのことであるが、最後まで読んだが、著者はどうすれば世の中が良くなるかを一切書いてはいないから、何一つとして分らなかった。

  11. あるとき道端で本を売る男がいた。
    曰く「この本の第五章はすごいよ、賢いサイコパスが警察にも知られていない自分の犯罪体験を喜んで話しているよ。」
    また曰く「この本のあとがきはすごいよ、賢い人は無意識の内に自分自身さえ騙して嘘をつくんだよ。」
    これを聞いた通行人の男が尋ねた。「その本のあとがきを第五章に当てはめると、どうなるのかね?」
    本を売る男は何も答えられなかった。

  12. >本を売る男は何も答えられなかった。

    単なるエンタメ本の「論理矛盾」を追及するのは、
    「北斗の拳」や「キン肉マン」の
    矛盾を追及するのと同じで

    「それは野暮というもの」ですよ。

    とはいうものの、橘さんの矛盾点については、
    私も何度か指摘しています。

    まあ、リーナスの活動にインスパイアされたエリック・S・レイモンドがその論文「伽藍とバザール」で述べ著名となったリーナスの法則に「Given enough eyeballs, all bugs are shallow.(目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない)」というものがある。深刻なバグというのは見つけづらいもののことを言うが、深刻なバグを探すのに大勢の人がいれば、どんなバグも深刻なものとはならないだろうという希望を述べたものであり、ほぼ経験則として受け入れられている。レイモンドとリーナスは、この信念を基盤にしたオープンソース思想を共有している。

    というわけで、矛盾点については、どんどん指摘していきましょう!!!

  13. この前はやや感情的になって批判的コメントを書きました。
    今回は「なるほど」と思った点を書きます。
    終盤の子供社会の階層構造のことです。
    「リーダーと同様に道化も一人しか必要とされない」という点です。
    今考えると自分は無意識に道化となろうとしていた気がしますが
    当然すでに存在していた道化と利害が対立することになります。
    そう考えると、子供時代のいくつかの不愉快な出来事の理由が
    わかったような気がしました。
    しかし「ボス同士の対決」なら迫力ありそうですが
    「道化同士の対決」じゃ、しょーもないですね。

  14. >しかし「ボス同士の対決」なら迫力ありそうですが
    >「道化同士の対決」じゃ、しょーもないですね。

    意外に「お笑い担当」がスポーツや学習で注目や喝采を浴びると、それを引きずり降ろそうという
    見えない力が働く場合があります。この結果、能力があるのにあえてスポイルしてしまう場合
    もあります。

    いわゆる名門中高一貫校などに入ったのに、卒業時には落ちぶれて三流大に進学という
    例があります(もっとも自頭があるので、中島らもや勝谷誠彦みたいに有名人になる場合もあります)。
    結局、「学校」も「社会」というフラクタル構造の一要素だということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。