第56回 ルール透明化の皮肉な結果(橘玲の世界は損得勘定)


利益相反はいつの時代でもやっかいな問題だ。典型的なのは政治家で、「国民のため」などといいながら、公共事業の発注と引き換えに建設会社からキックバックをもらったりする。言語道断だが、同様の行為は社長に任命された監査役とか、製薬会社から接待漬けにされた病院長とか、枚挙にいとまがない。残念なことに金融業界も例外ではなく、世界金融危機以降、利益相反の巣窟と見なされている。

もちろん監督官庁も手をこまねいているわけではない。不道徳な慣習をやめさせる武器は「情報開示」だ。「手の内を知られているなら、ダマすことなどできないはずだ」というのはたしかに一理ある。だがこれは、ほんとうに効果があるのか。

行動経済学者のダン・アリエリーは、次のような興味深い実験を紹介している(『ずる』早川書房)。

ある参加者は、小銭の入ったビンを一瞬見せられ、金額をより正しく推測することで報酬が支払われた。これを「推測者」としよう。

それに対して別の参加者は、ゆっくり時間をかけてビンを調べることができ、おまけに「正解は10ドルから30ドルのあいだ」とヒントまで与えられた。こちらは「助言者」だ。

助言者には、ふたつの異なる報酬が支払われた。ひとつは利益相反がないタイプで、助言者の報酬は推測者の正しさによって決められた。もうひとつは利益相反のあるタイプで、助言者の報酬は、推測者が金額を多く間違えるほど高くなった。

もうおわかりのように、利益相反のある助言者は、推測者により大きな金額を助言した。その金額は(利益相反のない)対照群が16.5ドルだったのに対し、3.66ドルのゲタをはかせた20.16ドルだった。

この結果に「けしからん」と怒るひともいれば、「そんなものか」と胸をなでおろすひともいるだろう。助言者のぼったくり率は2割ほどで、倍にふっかけるような非道なことはしていない。これはダマす側にも(まがりなりにも)良心がはたらいていることを示している。

だがこの実験で興味深いのは、第三の条件を試したことだ。それが、「金額が多いほど助言者の利益も大きい」という報酬体系を情報開示した場合だ。この公開主義で、推測者は助言者に利益相反のバイアスがかかっていることを見抜くことができる。

結果はどうなったのだろう。

予想どおり推測者は、助言者の金額から2ドル割り引いて利益相反に対抗した。これは情報開示の効果だが、驚いたことに助言者は、さらに4ドル上乗せした24.16ドルを推測者に助言したのだ。その結果、助言者の報酬は差し引き2ドル増え、ぼったくり率は35%に拡大した。

規制で透明性が向上すると、利益相反の害はより大きくなる。なぜこんな奇妙なことが起こるのだろう。

それは、開示によって助言者の罪の意識が軽くなったからだ。ゲームのルールが周知されると、ダマせる立場にあるひとは、ダマされるのは自己責任だと思うようになるのだ。

橘玲の世界は損得勘定 Vol.56:『日経ヴェリタス』2016年1月31日号掲載
禁・無断転載

コメントを閉じる

31件のコメント

  1. 要するに、「情報開示される」ことによって

    この件が「ボッタクリが社会的証明された」と認識されて

    「赤信号、みんなで渡れば怖くない」
    という状況になったということでしょ?

    もっとわかりやすく書くと、

    ある公共事業の発注見積(実費が16.5億円)が20億円だったけど、

    10%マイナスシーリング実施が公開されると

    見積額が4億円増加し、24億円の見積となり、
    それに基づいた入札結果が22億円となり、
    最初より2億円多く支出するはめになった。
    という話ですね。

  2. >要するに、「情報開示される」ことによって
    要しなくていいですよ。橘さんの文でよくわかります
    >もっとわかりやすく書くと
    ご自身でブログ書けば?

  3. 橘さんのテキスト読んでなるほどなぁと思う。で、コメント欄読んで興ざめする。別にあなたに解説しちもらう必要ないし。嫌がらせ?貼り付いてるのかな。気味が悪いよ。

  4. >粘着ストーカーもそろそろ潮時だな

    「コバンザメ」の粘着力をなめてもらっては困ります。
    水中で他の生物に粘着するメカニズムというのは、現在も技術的な研究テーマであり、
    http://bioinspired.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

    他にも牡蠣やフジツボ、ムール貝などの貝類が死んでも岩や船底からなかなか外れないことは
    海洋利用上にも大きな研究テーマだったりします。
    http://kensacenter.jugem.jp/?eid=633

    閑話休題。
    本題から外れて、粘着ストーカーの動向を話題にするのはいかがなもんでしょうか?
    気に入らなければ「ハンドルネーム」が見えたら読まなければよいわけですから。
    私もいつもそうしています。

  5. うざいと思ってた事も自分もありますが知らなかった、気が付かなかった視点を教えてくれる書き込みも多々ありますし。橘さんもわざとコメ欄開いてくれたままなのでガンガン書いてくださいよ皆さん。

    ところで名前が読めないですよコバンザメさん。

  6. >ところで名前が読めないですよコバンザメさん。

    尖沙咀(または尖沙嘴、チムサアチョイ)は、香港にある九龍半島南端の商業地区である。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/尖沙咀

    マネーロンダリングを読んだのち、香港には10回ぐらい渡航したことがあり、
    このページにある場所にはほとんど行ったことがあります。
    http://www.alt-invest.com/book/old/money/index.htm

    尖沙咀にあるペニンシュラで、麗子よろしくアフタヌーン・ティーを
    いただいたことから、このHNを使っています。

    もっとも重慶大厦(チョンキンマンション)の方が好みですが。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/重慶大厦

  7. チムサアチョイさん、とお読みするのですね!

    やはり面白そうな人だ……これまで通りを期待しているのは私だけではないはず。お願いします。

  8. 「要するに」なんて使う人は、頭のいいバカの典型だよね。
    リアルではまず間違いなく仕事ができない人。

    >閑話休題。
    >本題から外れて、粘着ストーカーの動向を話題にするのはいかがなもんでしょうか?
    >気に入らなければ「ハンドルネーム」が見えたら読まなければよいわけですから。
    >私もいつもそうしています。

    話題がこうなっているのはあなたのせいだよ(笑)
    読みたくないけど、目に入ってくるから嫌がっている人がいるの。あなた以外のコメントは読みたいのよ。時々入る擁護コメントも自演じゃないかと疑うレベルのウザさです。

    求められていないことに早く気付いて、ほんと自分のブログかtwitterででもやってくださいよ。コバンザメ見苦しいよ。

  9. ミイラ取りがミイラになるように、粘着ストーカーに粘着するのも粘着ストーカーです。

    閑話休題。
    本題から外れて、粘着ストーカーの動向を話題にするのはいかがなもんでしょうか?
    気に入らなければ「ハンドルネーム」が見えたら読まなければよいわけですから。
    私もいつもそうしています

    大事なことなので二回言いました

  10. わたしも橘ファンのひとりとして、コメント欄の私物化にはうんざりしています。迷惑なので早く消えてください。

  11. 本当に橘さんのファンなら、「伽藍とバザール」について理解していますよね?

    伽藍とバザール
    The Cathedral and the Bazaar

     1998年にEric Raymondによって書かれたオープンソースに関する論文。ソフトウェアの開発の方法論として、伽藍方式(Cathedral)とバザール方式(Bazaar)があるとし、Cathedralの例としてFSFを、Bazaarの例としてLinuxを挙げている。この文書は、Netscapeのオープンソース化に影響を及ぼしたとされている。

     Cathedralとは、設計者がすべての計画と体制を確立して開発する、企業などで一般的に行われている開発方式をいい、あたかも大聖堂の建築を行うがごとく厳かで大がかりであることを指す。これに対してBazaar方式とは、知らない者同士がバザーで売買を行うようにアイディアや技術、またはソフトウェアそのものを持ち寄って互いに交換しながら作り上げていくことを指していると思われる。

     Bazaar方式では、全体をとりまとめる責任者がいないにもかかわらず、それなりの秩序を保ったコミュニティが成立している。Bazaar方式が有効であるためには幾つかの条件があり、まず開発の最初から始めることは難しく、とりあえず何か動くものが必要であること、最初はそうでなくても、将来よいものに発展していくであろうということを開発候補者たちに納得させられること、また参加者の意見やアイデアを受け入れることができることが必要であり、コーディネーターやリーダーの対人能力やコミュニケーション能力が優れていることが不可欠であるとしている。

  12. なんか文章が尖沙咀っぽいな。自演?
    ストーカーの投稿はただの荒らしであり、バザールの構成者な訳ないでしょ。

  13. 異分子に対する反応がまさに伽藍のそれのような。適切な反論や主張(論拠やデータに対する)に人格否定はイクナイです……。

    自演するほどの頭の悪さを感じた人はここには1人もいませんけど私は。

    仲良く(適切な議論で)師の教えを受け共有、咀嚼したいです。以後ROMってますので消えますね。皆様失礼しました。

  14. >ミイラ取りがミイラになるように、粘着ストーカーに粘着するのも粘着ストーカーです。

    違います。
    以前からちょこちょこ「コバンザメさんの投稿」への嫌悪感を表明している方はいます。粘着ストーカーに対して誰か一人が粘着しているわけではなく、多人数の意見に対して粘着ストーカーを当てはめるのは間違いです。ここに来て加熱しているのは、みな我慢の限界なんじゃないですか。

    私は上の「橘ファン」さんと「匿名」さんのように、一言で本質を言うスキルを持ち合わせておらず、長文になってしまいますが、「コメント欄の私物化」「荒らしはバザールの構成者ではない」という意見はまさに状況を的確に表していると思います。

    それから、「ええやん」さんは人格否定と言いますが、ここまでコバンザメさんが言われているのは、自身のコメントに反論がついたときの彼の再反論の醜さも大いにあると思います。読み返せばわかりますが、都合の悪い意見はスルーして、自身の意見に固執し、けっこう汚い言葉で逆に人格否定していますよ。

  15. ミイラ取りがミイラになるように、粘着ストーカーに粘着するのも粘着ストーカーです。

    閑話休題。
    本題から外れて、粘着ストーカーの動向を話題にするのはいかがなもんでしょうか?
    気に入らなければ「ハンドルネーム」が見えたら読まなければよいわけですから。
    私もいつもそうしています

    大事なことなので3回言いました

  16. 私も尖沙咀さんは博識なのですからご自分で発信したほうが‥と
    思います。面白かったら読まれる方いますよ!
    ブロガーが出版する時代です、挑戦されたらいかがでしょうか?

  17. >ブロガーが出版する時代です、挑戦されたらいかがでしょうか?
    私は藤沢数希にはなれないし、なるつもりもありません。
    そもそも藤沢数希は投資では食えないから、ブログやメルマガで小銭を稼いで、
    本まで書いているわけです。
    この意味で、藤沢数希は北浜流一郎と同じです。

    もっとも、北浜流一郎先生のことは尊敬していますよ。
    自分では投資をしない株式評論家として
    この世界で生き残っているわけですから。

    それに対し、私が本当に尊敬しているのは「リーナス・トーバルズ」で、
    「それがぼくには楽しかったから」としてLinuxを作り上げたわけですから。

    ポストモダンとオープンソースの薫陶を受けた身としては、
    「ノマドなコバンザメ」として生きていきたいと考えています。

  18. >なんか文章が尖沙咀っぽいな。自演?
    > ストーカーの投稿はただの荒らしであり、バザールの構成者な訳ないでしょ。

    これは話がまったく逆で、

    「バザール」というのは一種の演劇空間で、

    原価数円の綿あめや、まずとれない金魚すくいなどの
    ボッタクリやインチキ商品を売る香具師(尖沙咀?)も
    含めた「娯楽空間」なのです。

    ==========================================
    「男はつらいよ」のフーテンの寅さんの啖呵売

    結構毛だらけ猫灰だらけ、お尻のまわりはクソだらけってね。タコはイボイボにわとりゃハタチ、イモむしゃ十九で嫁に行く、ときた、黒い黒いは、なに見てわかる、色が黒くてもらいてなけりゃ、山のカラスは後家ばかり、ね。色が黒くて食いつきたいが、あたしゃ入れ歯で歯が立たないよときやがった、どう、まかった数字がこれだけ、どう、ひとこえ千円といきたいが、ダメか、八百、六百、よし、腹切ったつもりで五百両、もってけ、オイ!

  19. ボッタクリでも香具師でも構わないので、自分の店でやってくれってこと。
    このストーカーは他人の店に入って来て出来損ないを売ったり店の商品に難癖をつけたりしてるから、他の客から「出ていけ」と言われてるんだよ。

  20. >このストーカーは他人の店に入って来て出来損ないを売ったり店の商品に難癖をつけたりしてるから、他の客から「出ていけ」と言われてるんだよ。

    苦情の方は、橘さんもしくはサイトの運営者の方にお願いします。

    逆にあなたが出ていくということも自由です。

    もし、橘さんが私を出入り禁止するならするで、ここはやっぱり「伽藍」でしかなかった
    ということです。

    そうでなければ、「アジ―ルなバザール」として「粘着ストーカー」を続けたいと
    考えています。

    *アジ―ルとは
    アジールあるいはアサイラム(独: Asyl、仏: asile、英: asylum)は、歴史的・社会的な概念で、「聖域」「自由領域」「避難所」「無縁所」などとも呼ばれる特殊なエリアのことを意味する。ギリシア語の「ἄσυλον(侵すことのできない、神聖な場所の意)」を語源とする。具体的には、おおむね「統治権力が及ばない地域」ということになる。現代の法制度の中で近いものを探せば在外公館の内部など「治外法権(が認められた場所)」のようなものである。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%AB

  21. 尖沙咀さん

    最新のトピックに関しての意見はありませんか。

  22. 最新のトピックについて書かなかった理由は、
    この件については、もう以前に結論が出ていて、

    「差別のない明るい社会」を目指してほしい 週刊プレイボーイ連載(174)
    http://www.tachibana-akira.com/2014/12/6631
    ******************************************************************************************************
    中国私論では、沿岸部と内陸部の経済格差がある以上、中国の民主化は「絶対にない」と論じられていましたね。
    そりゃそうです。沿岸部である上海や香港の住民が既得権を手放すわけはありません。

    これと同じく、正規労働者と非正規労働者の経済格差がある以上、日本の労働市場の民主化は「絶対にない」のではないでしょうか?
    正規労働者が既得権を手放すわけはないわけですから!
    ************************************************************************************************
    ということなのです。

    この点については、橘さんは中国については冷静に見ることができないのに、
    国内の労働市場については冷静に見られないのだなと思いました。

  23. 訂正:
    ×この点については、橘さんは中国については冷静に見ることができないのに、
     国内の労働市場については冷静に見られないのだなと思いました。

    ◯この点については、橘さんは中国については冷静に見ることができるのに、
     国内の労働市場については冷静に見られないのだなと思いました。

  24. 尖沙咀さん

    ありがとうございます。

    現実問題はともかく、差別をなくすべきだという主張自体に異論は無いと言うことでしょうか。

    ついでに過去のトピック見返してきました。
    この話題は数ヶ月に一度ほどあり、橘さんの主張はほぼ一貫しているのですが、
    やっぱり、コメントがそれぞれで面白いんですよね。
    最近は見ない方の辛辣なコメントも結構面白く、参考にもなってたんですけどね。

    ここにコメントすることで社会問題が解決するわけではないので、
    あくまで単なる娯楽に過ぎませんが、自分の中に無い視点を提供してくれる自由なコメント欄は
    あったほうがいいと私は思うのですが、極端に嫌う人がいるのもまた興味深いことですね。

  25. >現実問題はともかく、差別をなくすべきだという主張自体に異論は無いと言うことでしょうか。

    結論としては、「差別をなくすべきだ」とは思いますが、
    各自の利害がからんでくると、橘さんも私もその他大勢も
    そうもいかないということです。

    以前東日本大震災についてのスレッドに書いたとおり、
    http://www.tachibana-akira.com/2011/03/2376/comment-page-1

    生き残った私たちができることは、自分の手の届く範囲で、自分にできることをやるだけです。

    >あくまで単なる娯楽に過ぎませんが、自分の中に無い視点を提供してくれる自由なコメント欄は
    あったほうがいいと私は思うのですが、極端に嫌う人がいるのもまた興味深いことですね。

    それは、結局人間が「自分の頭の中から出ることができない存在」だからです。
    これについて論じたのが「唯幻論の岸田秀」と「唯脳論の養老孟司」なのですが、
    私の世代なら、これについては常識だと思うのですが、知らない人も多いみたいなので
    紹介しておきますよ!

  26. >「要するに」なんて使う人は、頭のいいバカの典型だよね。
    >リアルではまず間違いなく仕事ができない人。

    橘さんも近著の「「読まなくてもいい本」の読書案内」でこう書いています。

    「リゾームって、ようするに複雑系のスモールワールドのことでしょ。」

    さすがに橘さんのサイトでこういうことを書くのは、著者に対しても失礼です。
    猛省を求めます!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。