金融業界の不都合な真実をすべてのひとに


『臆病者のための億万長者入門』から、「はじめに 金融業界の不都合な真実をすべてのひとに」をアップします。

********************************************************************

「将棋のプロはいるけど宝くじのプロがいないのはなぜか?」前著『臆病者のための株入門』では、最初にこの問題を考えてみた。

プロとは、才能と努力によって素人には到達できない高みにまで達したひとのことだ。1カ月前に将棋を習い始めた素人が羽生善治三冠に勝つことはぜったいににあり得ない。なぜこういい切れるかというと、プロと素人のちからの差はとてつもなく大きいからだ。

それに対して宝くじにプロがいないのは、それが確率のゲームだからだ。過去に何度も当たりくじの出た売り場で買うひとは多いが、これはたんにたくさんのくじを売っているだけで統計学的にはなんの根拠もない。純粋な確率のゲームに必勝法はなく、そこにプロの居場所はない。

それでは、“金融のプロ”とはいったい何だろう?

ここで誰もが思い浮かべるのが、160万円を元手に株式投資を始め、5年間で100億円を超える資産を築いた20代の個人投資家だ。報道によればこの男性は、大学時代に株式トレードに興味を持つようになったものの、株価収益率(PER)とか株価純資産倍率(PBR)などの株式投資に必須とされる知識にはなんの興味もなく、売買している会社がなにをしているのかもよく知らないという。

金融の世界で「投資のプロ」と呼ばれるのはファンドマネージャーで、彼らは投資家から資金を預かり、最先端の金融知識を駆使して運用している(ことになっている)。その成績はインデックス(株式市場の平均)をどれだけ上回ったかで評価され、5年にわたって年率10%で運用できれば“辣腕”などと呼ばれてあちこちのマネー雑誌に登場する。

それに対して、株式投資の基礎知識がまったくないこの若者の運用利回りは年率900%(!)だ。個人投資家とファンドマネージャーでは条件が異なるとはいうものの、運用成績がこれほど桁ちがいだとどんな言い訳も通用しない。金融の世界では、ど素人が名人や三冠を完膚なきまでに叩きのめすことができるのだ。

この単純な事実は、株式投資が将棋よりも宝くじにずっと近いことを教えてくれる。それは必勝法のない確率のゲーム、すなわちギャンブルなのだ。

私はこれをきわめて単純明快な話だと思うのだが、不思議なことに同じようなことを述べるひとはほとんどいない。

どんな業界にも、「それをいったらおしまいだよ」ということがある。ある程度の年齢になれば誰でも学ぶことだろうが、「不都合な真実」を言い立てるひとはいつのまにか排除されて消えていく。これは陰謀とかそういう話ではなく、たんにやっかいだったり、つき合いたくなかったりするからだ。

本書でこれから述べるのは、金融業界では誰もが当たり前だと思っていながら、暗黙のうちに「それはいわないことにしておこう」と決めていることだ。「株式投資はギャンブルだ」というのもそのひとつで、私は一介の文筆家で業界とはなんのかかわりもないから好き勝手なことが書けるのだ。

私が金融市場に興味を持ったのは30代半ばで、タックスヘイヴン(租税回避地)と呼ばれる国や地域を中心に銀行口座や証券口座を開設し、株式や債券投資だけでなく、シカゴの先物市場でデリバティブ(先物やオプション)取引もやってみた。本書ではそんな体験をもとに、「資産運用の常識」をシンプルな論理で解説してみたい。それはあなたが漠然と思っている(あるいは「金融のプロ」から聞いている)“常識”とはまったく違うかも知れないが、ちゃんと読んでもらえば、「論理的に考えればそうなるほかはない」と納得していただけるはずだ。

リタイアしたあとに資産のすべてを失ってしまったら、もはや生きていく術はない。金融市場のなかで、個人はもっともリスク耐性の低い投資家だ。そう考えれば、個人の資産運用は保守的であるべきだ。

資産運用は金儲けの手段ではなく、人生における経済的なリスクを管理するためにある。そんな「臆病者の投資家」にとって、資産運用でもっとも大切なのは目先の利益ではなく、将来の予期せぬ経済的な変動から自分や家族の生活を守ることにあるはずだ。

あなたがそんなことを考えているのなら、必要なことはここにすべて書いてある。

コメントを閉じる

30件のコメント

  1. 昨日アマゾンで予約しました。
    (間違って、『臆病者のための株入門』をオーダー。あわててキャンセル!?)
    到着が楽しみです。

  2. 機関から個人に移った者だけど、個人投資家のトップ20%くらいは機関の連中より上手い。機関出身の個人もいるからね。あれは運ではなく実力。数千数万回試行して勝ち続けてるから、運だけでは説明できない。
    BNFの場合、金融の経歴はないけど、その辺のバイサイドやセルサイドの連中よりも遥かに深い知識持ってる。あれは実質的に日本のトッププロ。

    プロである橘さんの運用成績を見せてほしいですね。

  3. 上梓ありがとうございます。
    楽しみに拝読させていただきます。

    些事ですが、第二段落目「ぜったい」の助詞が二つになっています。

    個人的には、なぜ橘さんが「絶対」と表記されないのか非常に興味があるのですが。
    「単に」ではなく「たんに」だったり、「何」ではなく「なに」だったり、
    その違いにどのような意図を隠していらっしゃるのか、ぜひブログで書いていただきたいですね。

  4. 「将棋」より「宝くじ」に近いのは確かだけど、「音楽」のほうがもっと近いかも。

    ごくごく稀に、何のレッスンも受けずにいきなりピアノが弾けてしまう子供が出る(=BNF)。
    それを見て、自分も頑張ればできるのでは?と沢山の人が大きな勘違いして絶望的努力を繰り返す。(=BNFのようになろうとして、BNFの財布にお金を供する人の群れに入る)

  5. BNFは文字道理プロでしょ。あれをド素人とか何もわかってないのを
    告白してるようなもんだよ。
    株は純粋な確率のゲームじゃなく、人間の心理も経済の動きも影響する情報格差のあるゲームなんだからそれを見事に読み切った彼はプロ中のプロ。

    投信とかやってる人間にはそんなプロがいないだけ。学歴なんかじゃなく
    個人の資質に負うところが大きすぎるからね。
    あと規模が大きくなればパフォーマンスが下がっていくのは当然。バフェットですら
    利益がでなくなる。投信とか100億単位なんだからそれと比較するのはさすがに
    ミスリードがひどいと思う。

  6. 思うのは、羽生三冠は子供のころから天才的に強かったと言うこと。
    今後もわずかな修練期間でプロを負かすような子供が出現する可能性は必ずあるね。

    ここで言われている投資のプロって、それで食っていけているという並みのプロでしょ。

    羽生三冠のような、トッププロ中のトップとと比べるのはどうでしょう。
    羽生三冠のような投資のプロも世界的に見ればいくらかいるんじゃないでしょうか。

  7. 入門者は、「確率のゲーム」を理解していないトーシロがほとんどですからねぇ。

    損切りが出来なくて莫大な損失をこうむってしまい身動きとれない塩漬け大王に
    なってしまったり、マージンコールがかかって巨額損失にふくらんだポジションを
    強制解消させられたりして、過去の勤労所得の数年・数十年分を吹き飛ばしてから
    やっと、この残酷かつイカサマな確率の世界について腹に落ちます。

    そもそも元はと言えば、地球誕生・人類発生・各個人生誕まですべて「偶然」です
    から(あっ、熱心な宗教家の方は寝ていて下さいね)。それなのに何故かトーシロ
    の人達は無意識に、愛と正義と科学があればコトは必然的に起こると思っています。
    そして、親切で正直なギョーキイの方から正確なアドバイスを受けてジゴク行き。

    プロの方は「偶然」に起こるコトに期待値をつけて、それを最大化する技術を持った
    人達です。「必然」で推論して正解を導くというガッコで習った世界とは反対側の
    ギャンブル世界の住民です。戦場の最前線でも冷静に指揮できるような肝も要ります。
    多数のトーシロが、簡単にラクして大金を手に入れられる世界ではありえません。

    この本は新書で廉価ですし、こういうズブトーシロ向けの本は大変ありがたい存在
    です。おそらく、大多数の個人投資家はプロになるどころか損をして退場するのです
    から、アマチュアのままで生涯現役でいられるのならトーシロ投資家にとってそれ
    以上のことはありません。

  8. 本を読む前に、かなりがっかりしてしまいました。
    橘さんはB・N・Fのことをよくご存知ないようです。
    彼をド素人と言える人は、間違いなくド素人と言えるでしょう。

    尋常な知識量ではありませんよ。
    しかもちゃんと儲けられる、役に立つ知識です。
    そもそも自分の投資スタイルに合致していない、
    儲けられない知識などは、害にしかなりません。

  9.  かなりの勉強料を支払い、学習しました。
    確信して、ギャンブルと言えます。最近なら個人資産家をねらった「詐欺」の宣伝でしょう。
    外国人投資家って誰だと思いますか?
    機関投資家ってだれですか?
    経済評論家になれる人はまず、自分の資産を増やせばいいのになぜ?素人にわかりずらいコメントを書く(述べる)必要があるのですか?
     私を含めて、金融のプロは存在しません!
    どんな尋常でない知識量があっても、ごめんなさいあったら言いません。あしからず。

  10. 大成功したトレーダーがPERを投資判断に使っていないから素人だと言うのは、将棋の名人が定跡通りに指さないから素人だと言うのと同じだと思いますが・・・

  11. ギャンブル的運用を成功したレアケースと長期で巨額マネーを(毎年)市場以上に運用できないケースを取り上げて「投資はギャンブル」というのはコピペでねつ造した論文と同じ。

    株式投資で10年以上生計を立てている身からすると、ギャンブル論者やサラリーマン運用者のおかげかとも思うので、是非このまま続けてほしいものです。

    株式投資は色んなやり方がありギャンブル的要素も多いと思います。
    でも会社勤めより少ない時間をかけるだけで、自由な時間と収益を得られる運用方法と思っています。

  12. ペーいち様
    心底応援しています。あと十年後なんて誰もわかりませんからね。
    あまり儲けすぎると眼をつけられますから気をつけてください。

    ここにコメントしている段階でプロではないと思うので、失敗談として聞いていただければ幸いです。
    すでに金融商品はすでにコモディティ化していることと、生き物であると言うこと。
    個人投資家には先物は格好のカモになりかねないこと。
    タックスヘイブンに恩恵をあずかれる人はうらやましい限り、物語として最高の疑似体験と居君になります。
     その先にあるものを早く見つけたいと思います。あしからず。

  13.  誤植がありました。正しくは「疑似体験となります」
    また一言。 プロ野球のたとえおもしろいです。
    解説者=オーナーのお気に入り
    オーナー=変わり行くもの。

  14. 強いて言うならBNFのようなのは将棋でも宝くじでもなく
    その中間?のマージャンやポーカーに近いんですよ
    あれ、実力でるんですよ長期で収束していくと

    BNFはファンダメンタル的な知識はほとんどなく売買してても
    テクニカルやリスク管理その他はハイレベルでやっているんですね
    機関勤めのディーラーと似たようなことやってるでしょうが今の時代そこから個人でやる人も増えています
    パソコンとネットの普及が大きいでしょう

    >>本書でこれから述べるのは、金融業界では誰もが当たり前だと思っていながら、暗黙のうちに「それはいわないことにしておこう」と決めていることだ。「株式投資はギャンブルだ」というのもそのひとつで、私は一介の文筆家で業界とはなんのかかわりもないから好き勝手なことが書けるのだ。

    素人の思い込みでがきついですねこれは

    >>リタイアしたあとに資産のすべてを失ってしまったら、もはや生きていく術はない。金融市場のなかで、個人はもっともリスク耐性の低い投資家だ。そう考えれば、個人の資産運用は保守的であるべきだ。

    これはその通りで素人は迂闊に手を出すべきではないと思います

  15. ギャンブルというのは丁半博打に代表されるように勝率が5割以下、即ちやればやるほど負ける行為を言うのではないでしょうか? 株は勉強を徹底的にすれば勝率7、8割いく、というのが長年やって来た私の感触です。即ち百発百中ではありませんが、やればやるほど勝てます。私の場合、過去10年以上無数のトレードを繰り返して来て現在、資産は何倍にもなっています。株がギャンブルであれば必ず徐々にか一気にか資産は減少するはずです。コンスタントに宝くじを当てる人など皆無ですよね?コンスタントに圧勝するBNF氏は宝くじのイメージとはほど遠いものです。

  16. なんとしても「よし」様はギャンブル否定説ですね。もしかしてその道の方かと。
    確かにいままでの右肩上がりの時代はいろいろな株の「名言」がありました。
    すべて、素人向けの「おまじない」でした。

     これからパイが少なくなる中で生き残れる日本企業はわずかです。
     日本を名乗る企業でもすでに海外に拠点を移しています。

    唯一、私が期待するのはインフレのみです。

     損している私、得している皆さんどうぞご検討あれ!

  17. 橘先生は投機の話は一切してません。投資で負けた人は尚更本読んだらいいんじゃないですか!?

    ちなみにギャンブルの戒め話しとしてセミプロによる「賭けゴルフ」話しがある。
    1ホール目負けた方が100円払う、次からは額を倍ずつ増やす賭け。もし全部負けたらいくらになるか計算した後、これがいかに危険な賭けかが分かる反面セミプロには美味しい商売です。番外編としてここでのヘッジのかけ方は、相手の話に乗らずに逆に賭博容疑で相手を脅す事でしょうかw

    投資が投機に変わる方は、倍になった射幸心が麻薬になったとか負けた悔しさを晴らすなどしたあげく、自分がセミプロと過信し、元々お金に縁のない凡人であったとも分からない存在かもしれません。

    資産運用は射幸心という化け物との戦い・・・だったかな、個人的な感想ですが。そのプロというのは良成績しかり情報収集や処理能力しかり、まずそこにずるずる引き込まれない人達を指すと思う。プロなんかなろうとせず小額からでも我慢強くコツコツと・・・これでいいと思います、凡人は。

  18. 株で失敗した人は、「株はギャンブルだ!」と言うんですよね。
    昔ふられた女の悪口を言いふらしているような感じで、はたから見ると恥ずかしくもあります。

    『臆病者のための株入門』には、橘先生が、過去に大損したエピソードがありました。
    http://www.alt-invest.com/book/old/okubyomono/atogaki.htm
    あとがき「追証がかかった日」

    これ、見方によっては昔の女の悪口に過ぎません。

    え、私?
    もちろん、追証がかかったこともありますし、短期間に年収数年分を吹っ飛ばしたこともあります。
    でも、ギャンブルだとは思いませんね。いや、強がっている訳じゃなく。
    つーか、人生そのものがギャンブルなんじゃないですか???
    他人を妬んでも何も始まりませんよ。

  19. いつもは非論理的な橘センセーを批判したくなるが、本記事では、さすがに橘センセー側に立たざるを得ない。
    コメントを見ると、頭の悪い人間の特徴が出ている。学校教育のせいなのか、解がある(儲かる方法があるはずだ、あるいは、そういう能力が存在するはずだ)という前提で思考し、現実を記した橘センセーの論理を非論理的に否定している。
    もちろん、市場は論理だけで説明できるものでもない。でも、論理的に考えてごらんなさい。「160万円を元手に株式投資を始め、5年間で100億円を超える資産を築く」という意味を。この意味がわからない人間が多いことに驚きますね・・・
    >>15で指摘されているが、短期トレードは、たしかにマージャンやポーカーに近い。株式市場の歪みも、実際に存在する。ただし、マージャンやポーカーで、160万円が5年間で100億円になるようなことはない。この意味がわかりますか?
    個人的には、株式投資は趣味でやるものだと思いますね。少なくとも、短期トレードに興じているような人間は頭が悪いでしょう。機械相手に人間が勝てることは(少なくとも長期的には)期待できないわけですから。それに比べ、長期投資は、機械にじゅうぶん勝てるチャンスがあり、知的好奇心を刺激してくれるエキサイティングな作業ですね(いうまでもなく、長期投資の方がリスクは大きい)。
    株式専業でやってる人間の大多数は、莫大なリスクを取っているにもかかわらず、エリートサラリーマン程度の収入があれば御の字といったレベルでしょう。一生、お金とは縁のない人々でしょうね。
    どの国でも、歪みが大きいのは不動産市場。知識のない人間にはリスクの塊に見えても、実際にリスクなしで儲かるチャンスがある市場は、不動産以外に存在しない。
    まあ、株は趣味でやらないと、儲かりませんよ(笑)。

  20. 必勝法のない確率のゲームだったら、論理的にはウォーレン・バフェットすら否定しなければならなくなる。

    橘先生の体験談に嘘はないと思うけど、十把一絡げで「ギャンブル」と言ってけなすのは、単なる悪口では?

  21. ギャンブルと思って株式投資をする人はギャンブル並みのリターン・ロスを得る。
    増税に合わせて免税制度につられた人は、高値をつかまされる。
    「プロ」に薦められて、売買をすると手数料をふんだくられる。
    「プロ」に運用を任せると損をする。

    「だって素人だから分からないじゃん」と言って勉強もしない
    「臆病者」はミソと○ソを一緒にした「市場平均」を一番優れていると評する。

    こういう世界だから私が食べていけるんだな、感謝…

  22. パチスロで10年以上生計を立てている身からすると、ギャンブル論者やサラリーマン運用者のおかげかとも思うので、是非このまま続けてほしいものです。

    パチスロは色んなやり方がありギャンブル的要素も多いと思います。
    でも会社勤めより少ない時間をかけるだけで、自由な時間と収益を得られる運用方法と思っています。

  23. 競馬で一時所得か雑所得かで争っている方からすると、競馬も統計的に優位な投資行為なのでしょう。ひょっとしたら宝くじにも「必勝法」があるのかもしれません。

    パチプロという方は多くいるらしいので珍しくもなさそうですが、「必勝法」があっても
    あんな場所に10年以上も通い詰める体力や精神力(依存症?)はないので個人的に対象外です。
    匿名さん、腰痛や腱鞘炎にご注意を…

    宝くじやパチ、競馬などの「いわゆるギャンブル」は結局のところ、集めた金から経費?を引いて分配する→何も生んでいない。
    一方株式投資は損も含めて企業活動の収益による企業価値の売買なので根本的に違うと感じています。(商品取引はその中間で微妙…)
    ただ、業者や運用者は報酬は取るくせに負けてもツケは投資家に…なのでギャンブルや詐欺的とも言えるかと。

    ああ、三回もコメントしてしまった、暇だ…

  24. この橘さんの話はちょっと納得がいかないが、半分理解できる部分もある。

    多分、橘さんの話は「ウォール街のランダムウォーカー」位で止まっている。
    パッシブ運用で、手数料を安く抑える等々、確かに手堅い運用だと思う。
    そして、金融業界でプロと名乗る人も、実際には大したことのない人も多い。

    しかし恐るべき成績を叩きだす人もいるということも事実。
    ただし、そういう人はごく一部。
    全体としては例外だから、普通の人はスケベ心を出さず、保守的に運用しましょうということなのだろう。
    FXみたいなワナもあるし、それはそれで理解できる。

    私も先物・オプションを中心に相場を研究したが、確かに優位性はある。ギャンブルではない。
    ただし、先物・オプションを普通の人に薦められるかと言うと、さすがに無理だと思っている。
    それに、私の優位性を公にしたら、その時点で私の優位性は優位性でなくなっている。
    ここにパラドックスがあるような気がする。

  25. コメントを読む限り株は博打ですね。
    十年株で食っていようが、勝率が7割だろうが「160万円を元手に株式投資を始め、5年間で100億円を超える資産を築いた」事に対する答えにはなってない。

    大金吹っ飛ばした人に至っては、「株はギャンブルじゃない」と言ったそばから「人生はギャンブルだ」とのたまう。

    株は研究すれば勝率を上げられる割の良いギャンブルじゃ駄目なんですかね、否定派の人たちは?

    今回の結論
    人生はギャンブルつまり株もギャンブル

  26. ま、「ウォーレン・バフェット」は大ギャンンブラーだと評価するのもあなたの勝手。

  27. さんもくならべのプロはいないが将棋のプロはいて、
    阿弥陀くじのプロはいないがポーカーのプロはいる。

    将棋のプロが存在しえるのはさんもく並べと違いゲームが複雑で簡単には読めないからですし、
    ポーカーのプロが存在しえるのはプレーヤーにコントロールできる要素があるからでしょう。

    株式投資が宝くじとも将棋とも違う(ポーカーが阿弥陀くじとも将棋とも違う)のは明らかでしょう。宝くじに「ずっと近い」というのが橘さんのご意見ですが、その二つの間のどの辺りにあるかで意見が分かれるところですね。

  28. 投資で飯を食っている、「投資のプロ」は実在しますよ。

    私の周りでも、
    バフェットの投資法の猿真似をしてるだけで、
    そこそこ資産作った奴がチラホラいます。

    バフェットロジーは奥深いですよ、
    投資家としてのレベルが上がれば上がるほど、
    その洗練度に心打たれます。

    投資で飯食えるようになるまでが、最初の大きなハードルでしょうね。

    その先に待っている、投資家としての人生は、
    皆様がそれぞれ、ご体験なさって、味わっていただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。