第40回 「国に頼らぬ通貨」壁厚く(橘玲の世界は損得勘定)


仮想通貨ビットコインの取引所マウントゴックスの経営破綻が大きな社会問題になっている。“世界を変える画期的なイノベーション”と期待していたひとがたくさんいたからだ。

ビットコインの前身にあたるのが、90年代半ばに登場したイーゴールドだ。ここではふたつの仮想通貨を比較して、今回のトラブルを考えてみたい。

通貨は信用を担保に発行される。商品と引き換えに見知らぬひとからお金を受け取るのは、そのお金と引き換えに見知らぬ誰かが商品を売ってくれると信じているからだ。

かつては金貨や銀貨が通貨として使われ、安全上の理由から金との交換券である紙幣が流通するようになり、現在では国家の信用力が通貨の担保になっている。私たちが1万円札という紙切れに価値があると思うのは、日本国がその価値を保証しているからだ。

「国家に頼らない通貨」を構想するなら、その信用をなんらかの方法で利用者に納得させなければならない。

イーゴールドはこの問題を、発行額と同等の金塊を保有することで解決しようとした。いわば現代の兌換紙幣で、利用者はインターネット上でバーチャルな金貨を購入するが、最終的には、それはイーゴールド社が保有している(はずの)金と交換できるのだ。

だがこの場合は、通貨を発行するイーゴールド社の信用が問題になる。会社が倒産してしまえば、仮想通貨は煙のように消えうせてしまうのだ。

ビットコインは、テツシ・ナカモトなる人物の論文に基づき、通貨の発行や決済を不特定多数のユーザーが行なうことで、民間会社が中央銀行のように振る舞う問題を解決した。決済は銀行を介さず当事者同士で完結し、マイナー(採掘者)と呼ばれるユーザーが高度な演算問題を解き、公開帳簿(ブロックチェーン)にその取引を追加すると報酬が支払われる。報酬目当てのマイナーが帳簿に履歴を積み上げるごとに新たな通貨が供給され、同時に複製に必要な計算量が大きくなって偽造が不可能になる。

金のような裏づけのないビットコインの信用は、通貨の発行を厳しく制限し希少性を担保する仕組みにある。特定の組織に頼らずオープンソースで通貨を発行するという独創が、この仮想通貨の新しさなのだろう。

今回の事件の真相はまだ明らかになっていないが、マウントゴックスの社長は、不正アクセスにより85万ビットコイン(470億円相当)と現金28億円が失われたと説明した。内部犯行説も根強いようだが、取引所に銀行業務や信託業務などすべての機能が集中しながらも、いかなる法律や規制にもしばられていないことを考えれば、こうしたトラブルもじゅうぶん予想できた。

これが深刻な事態なのはいうまでもないが、ビットコインの仕組みそのものが破綻したわけではないから、通貨としての信用はまだ守られている。

イーゴールドは9.11同時多発テロでテロ資金に関与した換金業者が摘発され、廃れていった。今後、ビットコインが信用を回復しようとすれば国家と法による管理を受け入れるほかないだろう。それによって「自由な通貨」の魅力は損なわれてしまうかもしれないが。

 橘玲の世界は損得勘定 Vol.40:『日経ヴェリタス』2014年3月9日号掲載
禁・無断転載 

コメントを閉じる

10件のコメント

  1. ビットコインの開発者らしき人として有名なのはサトシ・ナカモトでは?
    ほかに説があるのか知らないんで言い切れないですけど・・・

  2. テツシ・ナカモトかよ。ぶわっはっは。
    大丈夫かよ、日経さん。レベルの低下いちじるし。

    つーか原典て、英文だろ。なんでまちがうん?

     Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System
     Satoshi Nakamoto

    あ、読んでネーのか。

  3. ◆題目◆普通みんなお金に換算して考え過ぎるのです。
    【解説 No.0009-1/1】● 普通みんなお金に換算して考え過ぎるのです。本当は必要なものは神さまから頂く気持ちで感謝をしていたらいいのです。お金に換算すると、「これだけ働いているのに、貰える額が少ない」となります。

     ●お金は絶対価値ではないのです。同じ労力を使って働いて手に入れた物がある場合、絶対同じ価値があります。ただ金額が違う場合は、少ない方が本当は得をし、金額が大きくなった時は借りになります。
     外国で安い米を作って、日本では高い米を作ります、本当は安い米の方がいいのです。日本の賃金が上がり過ぎていて、上がった分は不労所得になり、ある意味、他からの借りが殖えている感じです、結局日本人は大損しているのです。借金を積み重ねている事になのです。

     ●【最高理想の姿は、無償の奉仕活動です。ただで働いて、ただで貰うのがいいのです。働いて得た物は必ず同じ分を与えて貰えます。日本人が昔のように安いお給料で奉仕の心でしっかり働いて、働きを大きくすればするほど、日本人全体は幸せいっぱいになります。労働時間を減らして、働きを少なくして、お給料だけ上げて来ると、結局借金を積み重ねている姿です。】
     日本で楽してお金を稼いで、外国から安い物を買ったら得したと思いますが、違います。全部借りになり、後で清算する必要があります。どれだけ人を幸せにする働きを、意識的に、沢山してゆくかが大事です。お百姓さんもお金の金額に余りこだわらずに、いい物をどんどん作って、人の為にどんどん配ればいいです。配った分は同じ量が返って来ます、尽した働きに見合った分が必ず与え返されて来ます。与え合いのプラスの循環が多くなればいいと思います。【本当はお金には換算しない方がいいのです、そうしたら、すべて問題は解決してゆきます。良いものをどんどん与え尽くせばいいのです、そうしたら、みんなからも良いものを与え返されて満たされた状態になります。】
    【H.26.3.20 AM0:10 ありがたく存じ奉り候。】【at Mr.橘玲】

  4. ◆題目◆その内にお金なんかはなくなります。
    【解説 No.0010-1/1】●奉仕(ボランティア)で働かないと元に戻りません。お金に換算している間は駄目です、神さま(宇宙造化主)の世界に、究極お金が在るわけがない。奉仕の心でお互いに必要な物を与え尽くすだけが、本当の理想の姿です。本当に人を信じるなら家族のようなものです、家族はお金を取り合いません。本当に大事な親戚同士ではお互いに無償で与え合います。本当の助け合いになります。

     ●だから、これからは人を信じないといけません。信じられる人をどんどん増やせば、助け合いの輪がどんどん広がって、お金なんて相手にしないで、本当に必要な物を与え尽くし合うようになってゆきます。お金を儲けようとし過ぎる為に、無駄に競争し過ぎるのです、物でも作り過ぎです。(現在は)必要な物を人に提供したいというわけでは無いのです。本当に必要な物を安く提供したいなら、自動車会社でも、皆でいい知恵を出し合って最高の車を、一車種だけ、必要な台数を作ればいいと思います。本当に無駄が無いし修理もし易いです。理想的な姿になり易いのです。
     【信じ合う人の輪を広げればいいのです、その自主的な助け合いをどんどんしてゆけば、その内にお金なんかはなくなります。】
    【H.26.3.20 AM0:15 ありがたく存じ奉り候。】【at Mr.橘玲】

  5. そりゃ、中本 哲史 って書くんだもんよ。

    ホンモノが出てきたら
    「あっ、本名はテツシって読むんです」
    「ペンネームを、サトシとしとるんですわ」
    と言うハズです。

    何故わざわざ橘さんが、ヴェリタスから校正せずにそのまま載せているのか?
    いつも飛ばし記事を書く日経だからと、見くびってはなりません。

  6. 論文の冒頭に記載された彼のメールアドレスには、satoshi と明確に書いてある。
    にもかかわらず、「テツシ」と橘先生(もしくは先生のゴースト)は書いた。

    なぜか?

    日経の編集者のレベルを試すためであろう。

    そして、低レベルな日経編集者をさらすことで、本ブログ読者に笑いを提供するためでもあろう。

  7. ビットコインは将来も利益が出るほどの低コストでは偽金を作れないのは間違いなさそう。
    あとは安全に所有する方法さえできたら完成でしょ。
    交換所はデータを通すだけにして、保存には携帯電話でも、好きなクラウドストレージでも何でも使えるようになったら、システム的な信用問題は解決だと思うけど。

  8. 記事の内容は正直がっかりしましたね。
    橘センセーも情報弱者の中年オヤジだから仕方ないんでしょう(笑)。あの有名な論文を原文で読んでいないことには驚きましたね(笑)。
    このテーマは切り口が多数にあり、いくらでも面白い記事が書けたはず。(リバタリアンのインテリ)文筆家の記事としては情けない。やっつけ仕事で小遣い稼ぎ、と言われても仕方ないレベルでしょう。
    Bitcoinの論点は無数にある。
    技術面の設計思想、特に認証の仕組みはすばらしい。中銀の独占、金融機関の仲介機能の排除という観点も面白いだろう。
    ただ、Bitcoinの本質は、貨幣と国家の利権でしょう。
    結論を言うと、国家の利権を語るまでもなく、Bitcoinが既存の不換紙幣に取って代わることはなく、貨幣としても致命的な欠陥が複数ある。
    そもそも設計思想が、不換紙幣を脅かすものではなく、ニッチな存在であり続けることを宿命づけられている。マクロ経済学的にも実質的にも、せいぜい政府が許容する”ニセ札”止まりの存在でしょう。
    「Satoshi Nakamoto」という名のグループと思しき人々は、経済学にはあまり関心を払わなかったようだ。マイルドなインフレ、約2140年に打ち止め予定、という荒っぽい設計である。
    言うまでもなく、マネタリーベースを調整できない貨幣が機能するわけがない。
    そもそも、それ自体が価値の尺度になる見込みがなく、かつ価値の貯蔵もできないツウカが、幅広く受け入れられる交換手段になるはずもない。

  9. ナカモト テツシだろうがナカモト サトシだろうが、そんな枝葉末節のことはどうでもよいとして。ビットコインなんていうあやふやなリスク満載の疑似通貨を480億円も使っていた人がいること自体驚きます。全額失ってもそりゃ自業自得でしょ。もっと驚きなのは「マスゴミ」がマウントゴックス破綻前に「ネットで新しい通貨が」とポジティブ気味に宣伝していたこと。セカンドライフ騒動を思い出しました。FXにしろ手数料が安いというだけで何の裏付けもない業者は眉につばつけながら、試してみた方がよいですよ、という教訓。でもこんな当たり前のことでは、まったく面白くもなんともないですよね。「マスゴミ」を含む情報を売ることで収入を得ている業界は、私も含め一般庶民が喜ぶように味付けをせねばならない宿命を背負っておられるから。橘さんは、このような話題でも変に煽らず、淡々と当たり前の冷静な意見を書かれているのに共感を覚えます。皆さんご指摘のように、毎回毎回目新しい斬新な視点で評論せよと求めるのは酷ですよね。売文業は大変だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。