“ブラック政府”はブラック企業を指導できない 週刊プレイボーイ連載(89)


サービス残業というのは、就業時間外に働いたにもかかわらず残業代が支払われないことで、労働基準法では明確に禁じられています。それにもかかわらず、日本ではサービス残業が常態化しているとしばしば指摘されます。「法治国家」であるはずなのに、なぜ違法状態が野放しになっているのでしょうか?

ほとんどのサラリーマンがサービス残業を仕方がないものとして受け入れていますが、この悪習が許されないのには理由があります。対価を払わずにひとを働かせるのは奴隷労働で、それを否定することで近代が成立しました。このままでは日本は、「前近代社会」といわれても反論できません。

会社(雇用者)が労働基準法を遵守しているかどうかは、各自治体に置かれた労働基準監督署が監督し、サービス残業を見つければ正規の残業代を支払うよう指導することになっています。それにもかかわらず違法行為が常態化しているとしたら、そもそも労働者保護の制度に根本的な欠陥があることになります。

何年か前に、霞ヶ関の中央省庁で「居酒屋タクシー」が問題になりました。終電がなくなった後の深夜帰宅の際に、官僚が公費で、馴染みの運転手から缶ビールやつまみなどの「接待」を受けていたというものです。

官僚の帰宅が深夜になる大きな理由は「国会待機」で、政府答弁の原案を作成するために、議員からの質問がわかるまで関連する省庁の担当者が拘束されることをいいます。一部の議員(民主党の元首相が有名)が夜中まで質問を教えないと、担当者は仕事もないのに帰宅を許されず、省庁内にとどまることになるのです。

ところで、官僚も労働者(被用者)ですから、国会待機による拘束に対しては残業代や時間外手当が支払われなければならないはずです。しかしなぜか、国家公務員は労働基準法の適用対象外とされていて、サービス残業が当然とされています。

中央省庁だけでなく、地方自治体でもサービス残業は常態化しています。

さいたま市では2011年度に、40代の職員(課長補佐)が1800時間を超える時間外勤務をして、年間給与と同等の800万円ちかい残業代を受け取り、年収が1500万円を超えたことが市議会で問題にされました。1800時間というと、平日だけなら7時間超、土日を含め1日あたり5時間に相当しますから、じゅうぶん過労死が危惧されるレベルです。こうした異常な労働環境が明らかになったのは、さいたま市が正直に残業代を支払っていたからです。他の自治体も、裁量労働制などを使って不都合な現実を隠しているだけで、一部の職員に過度な負担をさせている実態は同じようなものでしょう。

労働基準監督署は厚生労働省の出先機関ですが、国会待機などを見るかぎり、厚労省も「サービス残業」の温床になっているのは明らかです。この国では、「サービス残業を禁止する法律がサービス残業でつくられる」という話がブラックジョークにならないのです。

政府や自治体がブラック化してるなら、労基署が民間企業を強く取り締まれるはずはありません。サービス残業は経営者の自覚の問題などではなく、日本の社会に巣食う構造的な病なのです。

 『週刊プレイボーイ』2013年3月4日発売号
禁・無断転載 

コメントを閉じる

28件のコメント

  1. 違憲状態の国会議員で構成された立法機関で、憲法改正が行われるのもブラックジョークでしょうね。
    イギリスでは質問は文章で数日前(日にち忘れた)に提出しないといけないとされているとか。
    政党助成金も政府という調査機関がない野党のみに配られるというのも聞いたことがあります。
    今の憲法を作ったとき「男女平等は日本には合わない」と抵抗したとか。
    この辺も日本の「伝統と文化」なのでしょうか。

  2. サビ残しても、基本的に給料は受け取るだろうから、トータルで見れば労働の安売りということで、サビ残は経済合理性が強力に働いている部分だから、法律で強力に取り締まらないと減らすのは難しいということですよね。サビ残させるのが違法ならば、するのも違法だよね。従業員も罰したら良いんじゃない。

  3. 橘さんは以前、出版社などでお勤めだったと思いますが、残業代はきちんと処理されていたのでしょうか?出版社ではおそらく管理職の地位にも就かれたと思うのですが、その際は部下の残業をきちんと認められていたのでしょうか?
    私自身は中小企業を経営する上で、実はこの問題にいつも悩まされています。法律がはっきりしており、罰則も厳格に適用されるのであれば、悩むことはないのですが、公務員の現実を見るように守らないのが当たり前の中で、自分だけ真面目にしていれば正直者が馬鹿を見るという感じで競合との競争にも影響が出ますし、経営スタイルを確立するかも難しいのです。
    解雇のルールも含め、あまりにあいまいでグレーなことが多いこの日本の労働慣行の中で経営するのは何か非常にすっきりしない感じをいつも抱いています。

  4. 商売人が、客から
    「ちょっとこの大根、サービスしてよ。サービス悪いと、もうオジサンから買ってやらないよ」
    と言われることなど、普通にあることだ。

    「まいったなあ、奥さんには。ええい持ってけ」とサービスするのも、
    「おう、上等じゃないか。もう買ってくれなくてもいいぞ」と言い返すのも、
    商売人の自由だ。

    売っている商品が、大根ではなく労働力である場合も、話は同じだ。

  5. サービス残業=ブラック企業ですか?そもそもサービス残業って何?
    労働者はほぼいつでも辞めることができるのです。いやならやめればいい。
    企業側は解雇できない制限があります。逆にもしいつでも無条件解雇が可能なら
    全企業 労働者の流動化が進む お互い様となりサービス残業などなくなりますよ。
    いやならやめてサービス残業の無い企業にいけばいいのだから。
    そもそもサービス残業なる言葉なくなればいいのです。何がサービスやねん?
    さぼって仕事しない人材に給料を払うほうがサービスではないのか?
    もし、そんなことに規制がはじまったら中小企業にサラリーマンはいなくなります。
    すべて個人事業主として契約して雇うことにするしかなくなりますから。
    保険も所得税もみなさん個人でやることとなります、お互いが自由な関係で経営をしていけます。いい加減 サラリーマンも経営者であることに気づくべきだと思います。
    サービス残業やらブラック企業やらいつまで左にあおられているつもりなんでしょうかね

  6. 自分の労働をグレーにできない公務員のために、定休日を無くし、貨幣に限らない価値を時間管理し、再就職システムの構築へつなげていけばいいと思う。

  7. まあまあいいじゃないですか。

    鎌倉幕府の成立の際に、建前(天皇が最高位)と本音(将軍が実権)が乖離して以来
    日本の社会は建前と本音が全然違ってもまあいいじゃないか、
    堅いこと言い出したらそのたびに殲滅戦になる、それはよくないということで
    皆さん平和にやってきたんですよ。

    官僚の皆さんだって、後で美味しい天下り生活があるんだから
    サービス残業だって何だってすればいいんですよ。
    元官僚の皆さんはただ座ってるだけで高給取りですよね。

    民間企業からの出向組にしてみても(実質的に実務を行う部隊)、
    出向元の給与水準(たいてい公務員より高い)が保証されるうえに10時ー6時で帰れるから
    夢のような生活ですよね。

    皆さん実態はブラックだけど、建前はホワイトってことでいいじゃないですか。

  8. 8番の書き込みに、名前を記載するのを忘れてました。
    失礼いたしました。

  9. 米国系の会社に転職した際に、英文の雇用契約書に「アソシエイト職以上は年俸制で残業代の支払いはなし」「残業代が支給されるのは現場職とアシスタント職のみ」と書かれていました。私自身は日本企業で、いわゆる「激務」だったのですが、その際の残業代がそっくり年俸に組み入れられたので文句なく合意しましたが・・・残業すると法律の定義では「サビ残」なんでしょうね。
    高度な専門職やいわゆる中堅以上の総合職は、成果給の色合いが強いので一定以上の給料(例えば最低賃金の2倍以上を保証)を条件に年俸制しいてもいいんじゃないかと思いますが。その代わり労務管理は緩くして、例えば義務としてはコアタイムだけ出勤すればいいとか(後は本人裁量で)。また、「成果を出せないものはクビ」でもいいかと。高給の代償ですね。法律はともかく、米国系の外資だと運用上はそうなってて、支障もないようですし・・・。

    (最低賃金の2倍は少ないようにも思えますが、あまり高くすると普通の会社では適用できないですので、法律の要件として最低2倍、と。実際は年俸の対象になるような仕事は給与交渉するでしょうからもっと上がると思います)

    「ブラック」はかなり減るのでは?

  10. ちなみに現行の裁量労働制は中途半端です。運用が煩雑な上に限定が厳しい。おそらく、「労働者」という位置づけは同じで、制度が違うので分けたいという趣旨なんでしょうけど・・。労働労働者は基本「プロ」扱いなんですから、「お金」と「解雇規制」で、ミドルリスク・ミドルリターンにしたらいいだけだと思います・・。

  11. 厚生労働省どころか労働基準監督署ですらサービス残業の宝庫という話も聞きます。
    そもそも、労働基準監督署が企業を指導しても、支払わなかった分を支払うだけ。
    これでは、合理的なブラック企業は、見つからなかったら儲けもの、と思うのでは?
    改善方法としては、指導が入ったら未払額の10倍を罰金として課せば良いと思う。
    酒気帯び運転も、罰金を増やしたら激減しましたし。
    一方で、専門性の高い社員や、中小企業の社員は、成果見合いのボーナスを支払う代わりに残業代無しにするとか。

  12. コメントをみていると、世の中の仕組みを何もしらないことは幸せなんだろうと思いますね(笑)。
    >>10 >>11なんかは高校生の意見かと思うほどです・・

  13.  突っ込まれるのを期待して議論を展開するのはやめましょう!
    論旨がずれることはこの場ではご法度です。

  14. 書き込んでいるのは文科省教育の犠牲者しかいないようだな(笑)。
    橘氏の読者層はもっとインテリなイメージだったのだが・・。
    まあ”ノイジー・マイノリティー”が騒いでいるだけだろうけど。

  15. はいはい。高校時代からあまり成長してないかもね。
    ブラック企業=法令違反が常態化している会社、をなくすには二つしかないですよね。「法律を厳密に守らせる努力をする」か「現実的に運用しやすいように法律を変える」か。「後者」がいいんでないのか?と言っているだけなんだけどな。ptさんは、ご自身の意見を書かれてないですが、どっちがいいと考えているんですか?。できれば理由付きで教えて欲しいですね。

  16. 「解雇規制の緩和」という言葉だけが一人歩きしている。これは極めて危険な状態だ。
    ・派遣業の禁止
    ・多重請負の禁止
    ・外国人労働者の制限
    これらの実施によって労働市場での売り手絶対優位の構造を確立させる。
    これらを満たしてはじめて解雇規制の撤廃だろ!

  17. >>18
    解があることが前提の思考法で、しかも論理的でない。受験劣等生的思考法とでもいうか・・・
    そして元の記事をまったく理解してないようだな。
    あなたの頭の中では解決策が2通りしかないらしいが、的が外れすぎている。どちらも解決策にはならないし、しかもまったくMECEではない。
    バカは自分の頭の悪さに気づかないらしいからな・・。
    日本的雇用慣行の下では構造的にブラック企業が存在せざるを得ない、ということをまったく理解していない。
    池田信夫や城繁幸の本でも読んで出直してこい(笑)。

  18. ですから、ptさんのご意見は?。ぜひ無学な私にもわかりやすいようにかいつまんで教えてくださいませんか?。分かっている人だけで、みんなで同じ意見を書き込みしてもおもしろくないでしょ?。いろいろおっしゃるんですから、ご意見がおありなんでしょ?

    ちなみに、ここは橘さんのサイトなので同じゲストの立場である貴方に「出直してこい」といわれる筋合いはないと思います。

  19. >>21
    頭が悪い人って、脳のシュミレーション・システムが壊れてるんだろな。
    ところで、記事とは無関係な自論を展開しておいて、「意見は?」と漠然と聞かれても、何についての意見か判読不能であろう。
    一連のブラック企業記事で意見を述べているから、そんなに知りたいなら自分で調べな。
    物事を何も知らず、論理的に物を考える能力がない者には世の中の仕組みは一生わからないでしょう。
    それと、一番最後の一文の論理性のなさにウケました(笑)。

  20. ptさんは「議論に勝ちたい」んでしょうけど、私はそもそも「いろんな経験の方の知見を知りたい」と思って、自分自身の経験から「コメント」しているだけです。議論に勝ちたいわけじゃないのでご指摘は構いませんが、せめて「なぜ足りないのか」をキチンと書いてもらえませんか?書き方は気に入りませんが、あなたが何を考えているか、には興味がありますよ。

    さて、「日本的な雇用慣行の下ではブラック企業が存在せざるを得ない」というのは、感覚的には「そうだな」というのは分かるんですが(これは前提として分かってるつもりですよ)、これは興味深い矛盾もあるな、と感じるわけです。なぜなら、以前外資系企業専門の士業の先生に伺ったのですが、「日本に進出して、社歴が長くなればなるほど、人が増えて大きくなればなるほど、組織や制度が日本化していく」、しかも「従業員側からの要望を取り込んでそうなる」、と。それは外資系企業数社に身を置いた経験からも納得できます。日本人は結局日本的雇用慣行を望む(人が多い)んだ、と。多くの外資系企業(母国によっても違うでしょうが)は、基本は新卒採用はせず、中途採用で入れます。中途採用ですから、「外資系企業はクビになりやすいかも」とか「実力主義」とか、そういうのは承知して入っているはずですが、それでも、だんだん日本化(さすがに終身雇用は無理でも、昇進昇格のシステムや人事異動の仕組が)していくのです。

    だとすると、ブラック企業の土壌を作っているのは外でもない従業員自身だということになってしまいませんか?。従業員の要望や希望を叶える、と、どんどん雇用慣行が日本化して、それがブラックの原因(違法になる)になってしまう、訳ですから、(従業員の希望を叶えることが合法になるように)法律変えたら?と思うわけですが。やっぱり変ですかね?。

    自身の経験から申し上げているだけで、研究しているわけではないので、別に「正しい」と主張するつもりはないんですが、指摘されるなら、中身について指摘頂けませんか?。わかりやすく。

  21. ちなみにいろんなところで意見されていると言うことですが、一貫した意見を探すのは難しいので、わかりやすい記事かコメントをいくつか教えてださい(どの記事のコメントか)。
    いじめの話題の時も思ったんですが、どうもptさんの意見はなんか大所高所からは言っているんですが、あまりリアリティを感じないんですよ。だから具体的な所でご意見を伺いたいと思ったんですが・

  22. わたしは論理破綻を指摘しているだけですがね(笑)。
    本記事の要旨は最後の一文に集約されるだろう。
    >>政府や自治体がブラック化してるなら、労基署が民間企業を強く取り締まれるはずはありません。サービス残業は経営者の自覚の問題などではなく、日本の社会に巣食う構造的な病なのです。
    つまり、日本的雇用慣行―長期的関係(年功序列・終身雇用・退職金制など)を前提にした暗黙の契約―の下では構造的に長時間残業やサービス残業が発生するのである。
    いまの労働法制が形骸化していて、そんなルールに従うことにもともと無理があるという背景がある。ちなみに労働基準法は半世紀前の工場労働者を基準にしている。
    あなたの言う“二つしかない”解決策が幼稚にみえるのは、日本的雇用の本質を理解していないからだ。
    日本的雇用の本質は、長期的関係に基づく奴隷制であり、その一部だけを直すことは不可能である。いわゆるサラリーマンは、金銭的インセンティブ・個別企業特殊技能などによってしばりつけられた奴隷なのだ。
    以上が(ふつうの脳の持ち主なら読み取るであろう)本記事の要約である。

    あなたのいう外資系の話は特殊すぎてなんら一般性がない。
    あなたの外資系の意見には、“あまりリアリティが感じない”ですね(笑)。

    >>基本は新卒採用はせず、中途採用で入れます

    日本のほぼすべての外資系企業は新卒採用を精力的におこなっています。ただ、あなたの出身大学にとっては中途採用のみの会社が多いかもしれませんが(笑)。
    コンサルや投資銀行であっても新卒を採用し、結果を出さなければ首にするスタンス。もちろんMBAを取得して中途入社というキャリアパスが王道であるが。

    >>社歴が長くなればなるほど、人が増えて大きくなればなるほど、組織や制度が日本化していく

    そもそも外資が日本的雇用体系で給与評価するのは不可能でしょう。
    大枠の制度を決めているのが本社であり、現地法人に一任されている部分で基幹制度を変えれることなぞ、一部の消費財メーカーなどを除いて、ほとんどないのが現実です。
    人事制度を積極的に日本向けにローカライズしている企業であっても、根幹の査定基準はしっかり決まっており、日本の雇用慣行をもちこむのは原理的に不可能なわけです。
    外資系企業で「従業員の要望や希望を叶える、と、どんどん雇用慣行が日本化」するという事実はありません(笑)。
    『社員の面倒を見る義務から会社を解放しよう』でコメントしてるので、興味があるならどうぞ。

  23. 日本企業でサービス残業が違法にも関わらず横行しているのは
    「赤信号みんなで渡れば怖くない」の精神もあるかと。違反企業が
    多すぎて労基署が回れないそうで。

    そんな労基署でもうちの社員の通報を元に当社を摘発してくれました。
    その結果、サービス残業が無くなったと思いきや、すぐさま全員に「裁量労働制」
    適用の社内命令が下りまして、私も先月から強制的に裁量労働制にされました。
    (裁量労働制を受諾しないと社内的に不利になるんでしょうなあ)

    ということで、今年はサービス残業はゼロになりました・・・・・・・・・・。

  24. すいません、急に仕事が忙しくなって当分書き込みできなくなりそうです。またどこかでお会いしましょう(イヤかも知れませんが)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。