“ネオリベ化する福祉国家”オランダから日本の未来が見えてくる


『マネーポスト』の2013年新春号に書いた記事を、編集部の許可を得て転載します。日本ではあまり馴染みのないオランダの政界の話ですが、非常に示唆的です。

なお、本文でも述べていますが、この記事の元ネタは水島治郎氏の『反転する福祉国家 オランダモデルの光と影』で、これはヨーロッパの政治状況を考えるうえでの必読書です。

************************************************************************

今回は、オランダの政治について書こうと思う。

おそらく、この一行だけで読む気をなくしたひともいるだろう。でもこれは日本でいま起きていることを知るうえでたいへん興味深い話なので、しばしおつき合い願いたい。

オランダは、売春とマリファナを合法化した国として有名だ。アムステルダムのホテルに泊まると、各部屋に観光協会の小冊子が置いてあって、そこでは「売春婦(セックスワーカー)のサービスをどのように購入するか」とか、「どこに行けばマリファナが手に入るか」とかの説明が堂々と書いてある(はじめてこれを読んだときは、腰が抜けるほど驚いた)。

「自由の国」オランダは、移民に対しても寛容だ。宗教革命の時代には、フランスなどのカトリック国で差別された新教徒(ユグノー派)やヨーロッパ各地で迫害されていたユダヤ人が、信教の自由が保証されたこの国に逃れてきた。17世紀のオランダ(アムステルダム)は国際貿易の中継地として栄えたが、こうした繁栄の陰にユダヤ商人たちの活躍があったことはいうまでもない。

そんな「移民の国」オランダで、移民政策の強化を求める新右翼のポピュリズム政党が大きく支持を伸ばしている。これは、その中心にいたピム・フォルタインという政治指導者の物語だ(以下の記述は、水島治郎『反転する福祉国家 オランダモデルの光と影』〈岩波書店〉に負っている)。

オランダ社会に衝撃を与えた啓蒙主義的なイスラム批判

1948年、オランダの田舎町の敬虔なカトリック教徒の家に生まれたフォルタインは、日本でいう全共闘世代で、60年代の学生運動に大きな影響を受け、マルクス主義社会学を学び、卒業後は大学で教鞭をとりながら社会主義政党である労働党の活動家になった。

だがその後、フォルタインは40代で思想的に大きく転向し、「右翼」と呼ばれるようになる。大学教授の職を辞した彼は、ベンチャー企業の経営などを経て政治コラムニストの道を選んだ。

フォルタインの政治的主張のなかでもっとも大きな議論を呼んだのは、イスラム教への批判と、ムスリム(イスラム教徒)の移民に対する厳しい評価だった。宗教批判や移民問題がタブーとなっていたオランダで、フォルタインは歯に衣着せぬ発言で社会的な注目を集めた。

だがフォルタインは、フランスの国民戦線のような、移民排斥とEU脱退、妊娠中絶反対を掲げる極右勢力とは一線を画していた。

フォルタインは大学時代から自分が同性愛者であることを公表しており、同性愛者の権利を積極的に擁護し、妊娠中絶などの女性の権利を認め、安楽死や麻薬を個人の自由として容認した。こうした思想は、自由原理主義者(リバタリアン)に近い。

フォルタインは、人種差別や民族差別によってムスリムを排除するのではなく、自由や人権といった近代の普遍的な価値からイスラムの教えを批判した。

「(ムスリムの)女性は自らの意思でベールをかぶり、全身を覆っているというのか……そのような女性たちの住む(オランダの)遅れた地域に対しては、全面的な差別撤廃政策を進めたい」

「(イスラム社会で同性愛者であることを)公言する勇気を持つ者には、社会的にも、家族からも完全に孤立する状態が待っている。これほど野蛮なことはない!」

フォルタインはムスリムの移民に対しても、「自由の国」オランダで一般市民が享受しているのと同じ自由や人権が完全に認められることを求めたのだ。

ヨーロッパ各地で、ムハンマドをカリカチュアした風刺画問題が起きている。もっとも影響が大きかったのは2005年にデンマークの新聞が掲載したもので、ムハンマドを思わせる人物のターバンが爆弾に模され、イスラム過激派を連想させるとしてイスラム諸国で大規模な抗議行動を引き起こした(パキスタンのデンマーク大使館で自爆テロがあり、デンマーク国内でも風刺画を描いたマンガ家の自宅が襲撃された――犯人はイスラム系武装組織にかかわるソマリア人で、警備の警察官に取り押さえられ未遂に終わった)。

2012年には、ムハンマドを中傷したとされる映画の一部がインターネットで流れ、ふたたびイスラム諸国で大規模な抗議行動が起きたが、その最中にフランスの風刺漫画誌がムハンマドを彷彿とさせる人物を掲載して物議をかもした。

私たち日本人は、西欧社会におけるイスラムの位置づけを理解できず、キリスト教との宗教的な対立とか、貧しいムスリム移民への差別と考えがちだが、フォルタインはそれが、近代の普遍的な価値(自由と人権)と、それを受け入れない頑迷固陋な前近代的風習との対立であることを世界に示したのだ。

イスラムを「遅れた」宗教と見なすフォルタインの啓蒙主義的な批判は、オランダ社会に大きな衝撃を与え、急速に支持者を増やしていく。こうしてフォルタインは、政治への足がかりをつかんだ。

コメントを閉じる

8件のコメント

  1. まあ日本だと、安倍総理か橋下市長が在日に殺害される、といったところでしょうか。

  2. 安楽死ができる国 オランダ。それだけで魅力的です。

  3. 『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル』

    もうアマゾンで予約してしまった。。。俺って思うツボだなあorz。でも楽しみ。

  4. 日本は,オランダのような国ではなく,香港のような都市国家みたいになれば,良いと思う。

  5. 橘センセーお得意のパターン。他人の本から引用し、自分の主張を補強する。
    しかし今回の記事は、完成度が低い気がしますね・・あいかわらずの西洋コンプレックスはいいとして。
    この人は“ネオリベ”、“グローバル化”という言葉を使うことに快感をかんじているようですね。こういう言葉を使ったときの文章のキレが悪い。思考停止になっているか、あまりにも世界を単純化しすぎている気がしますね。
    たとえば、
    “グローバル化によって市場が国家を超えてしまった”

    “グローバル化の進展によって、それぞれの国の歴史や文化の違いによる固有の問題は後景に退いた。グローバルな課題は、グローバルスタンダードの改革でしか対処できない。”
    は、定型文のようなものでしょう。どこまで自分の頭で考えているのか疑問ですね。
    統計を読むリテラシーがない(あるいは読者を統計データで誘導する)ことはいいとして、橘センセーの手法で気になるのは、局所的な特殊事象から普遍的な法則を見出そうとする傾向と、答えがあるという前提の思考様式。本人は社会科学的手法とでも思っているのかもしれませんが。
    まあ作家だから仕方ない面もあるのだろうけど..
    公式を丸暗記して問題に当てはめていく教育を受けた者は、公式らしきものを帰納的に発見し、途中の計算を省略しようとする。そして公式がなぜ成り立つかを深く考えもせず、普遍的な法則だと信じる。テストでは、ひとつの公式の意味を深く考えるよりもたくさんの公式を覚えるほうが有利なのだ。
    大前研一崇拝、Web2.0崇拝、統計データ・学説を疑いなく使う点等をみると、グローバル化を論じる橘氏にもどうも似たような匂いを感じますね。
    橘氏が邱永漢氏に遠く及ばない点はこういうところなのでしょう。
    以上最後の1ページを読んだ感想でした。
    まあ、ちょっとしたインテリが、経済学者等の識者の意見から総合的に判断すれば、グローバル化した現在、ネオリベを既定路線と考えざるを得ない、という結論にいたるのもわかります。枠内で考えると他に選択肢がないというわけです。
    しかし、現実の世界はもう少し複雑である、と思います。
    少なくとも、それぞれの国の歴史や文化の違いによる固有の問題や国際政治の力学を無視できるほど単純ではない。
    ちなみに、わたしと橘氏の「市場の力」についての認識にズレはないと思います。
    欧米の先進国で起きていることは、日本でも同じことが将来起こる、という論理は成立せず、根拠がないということを指摘してるだけですが。

  6. 西洋でのイスラム教徒の立ち位置は、日本での朝鮮人と同じ位置にあるようだ。
    日本での朝鮮人は特別特権を利用して日本社会を牛耳る金持ちになり、日本人を奴隷化した。朝鮮人に対する謝罪意識を常に持たせて、先端技術の提供、日本の一流企業への特権使用の裏口入社を繰り返し、自分たちだけに都合よい国に変えている。日本にいる貧困層は、全員が純粋日本人だ。日本人は裕福な朝鮮人に長時間労働で酷使され、今日も自殺してゆく。
    謝罪と賠償とを延々と繰り返し続けて来た日本の末路。白人たちは賢いから日本人のようにはならないだろう。自分の先祖が創り上げた祖国を守る事は、当たり前の事。よほど馬鹿でないなら、自分の先祖の国が乗っ取られるのを見たくはないだろう。移民は移住した国を祖国と思わないなら出てゆくべき。極悪移民は、ただの侵略者にすぎない。

  7. 西洋でのイスラム教徒の立ち位置は、日本での朝鮮人と同じ位置にあるようだ。
    日本での朝鮮人は特別特権を利用して日本社会を牛耳る金持ちになり、日本人を奴隷化した。朝鮮人に対する謝罪意識を常に持たせて、先端技術の提供、日本の一流企業への特権使用の裏口入社を繰り返し、自分たちだけに都合よい国に変えている。日本にいる貧困層は、純粋日本人が多い。日本人は裕福な朝鮮人に長時間労働で酷使される。
    謝罪と賠償とを延々と繰り返し続けて来た日本の末路。自分の先祖が創り上げた祖国を守る事は、当たり前の事。よほど馬鹿でないなら、自分の先祖の国が乗っ取られるのを見たくはないだろう。移民は移住した国を祖国と思わないなら出てゆくべき。極悪移民は、ただの侵略者にすぎない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。