世界の秘密はすべて解けてしまった


新刊『不愉快なことには理由がある』から、PLOLOGUE「世界の秘密はすべて解けてしまった」の冒頭部分を掲載します。

***********************************************************************

私たちの感情は、幸福や哀しみも、愛や憎しみも、歓喜や絶望もすべて科学的に説明できるといわれたらどう思うでしょう?

政治も経済も、独裁や戦争や虐殺ですら、この世界で起きているすべてのことはその理由が解明されていたとしたらどうでしょう。

あるいは、社会学や経済学だけでなく、心理学や哲学、文学に至るまで、人文・社会科学と呼ばれていた学問は、すべて科学の統一原理によってまとめられることを知っていましたか?

じつはこれは、SFの世界の話ではなく、すべて現実に起きていることです。より正確には、「こころとはなにか」が科学によって解明できるようになってきた、ということですが。

もちろんあなたは、こんな与太話を信じようとはしないでしょう。でも、もうすこしつきあってください。

なんでこんなことに気づかなかったのか?

グーテンベルクの印刷機やワットの蒸気機関、ニュートンの万有引力の法則やアインシュタインの相対性理論など、私たちの生活や世界の見方を根本から変えてしまうような発明や発見はいくつもあります。これを「パラダイム(枠組み)転換」といいますが、そのなかでも最大の発見のひとつがチャールズ・ダーウィンの進化論です。

世界には、宗教的な理由から進化論を認めないひとたちがたくさんいますが、一神教の教義から自由な日本人は、多種多様な生き物が40億年前に誕生した単細胞生物から進化したことや、ヒトの祖先とチンパンジーやボノボの祖先が共通していることを常識だと思っています。しかしこれは、進化論の持つ途方もない可能性のごく一部でしかありません。

進化論というのは、「子孫を残すことに成功した遺伝子が次世代に引き継がれる」という理論です。これをもっと簡単にいうと、「生き残ったものが生き残る」というだけのことで、ダーウィンの『種の起源』を読んだ当時の知識人たちが、「なんでこんなことに気づかなかったのか」と愕然としたのもよくわかります。

その後、進化論は個体だけでなく、社会や文明も進化していくという社会進化論に拡張され、それが人種差別を正当化し、ナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人虐殺)へとつながったとの反省から、厳しい批判にさらされました。現代の進化論は、そうした批判に一つひとつ科学的にこたえていくことで鍛えられていったのです。

1970年代に、進化論は生物学や遺伝学、ゲーム理論などの最新の研究成果を取り入れた進化生物学(社会生物学)となり、90年代には進化によってひとの感情(こころ)を説明しようとする進化心理学へと発展しました。

こうした現代の進化論の成果を大衆に広めたのがイギリスの動物行動学者リチャード・ドーキンスで、「利己的な遺伝子」は世界的な流行語になりました。

ドーキンスは、進化するのは遺伝子(のプログラム)で、生物は遺伝子のたんなる乗り物(ビークル)に過ぎないと説きます。もちろんこれは、遺伝子に進化への意志があるわけではなく、「生き残ったものが生き残る」という単純な原理によって、より環境に適した遺伝的プログラムが次世代に引き継がれるというだけのことです。

進化論を「利己的Selfish」な遺伝子の立場から説明することは、レトリックとしてはきわめて優れていますが、同時に、遺伝子が人間を支配しているかのような多くの誤解を招きました。ドーキンスは進化の仕組みを「盲目の(意識を持たない)時計職人」とも評していますが、こちらの言葉はまったく流行りませんでした。

進化心理学では、キリンの首が長くなるような身体的特徴だけでなく、人間のこころや感情も、より多くの子孫を残すように進化してきたと考えます。しかしこれも、まったく奇異な主張をしているわけではありません。

母親の子どもへの愛情を考えてみましょう。

子どもを愛さない遺伝的プログラムが突然変異で現われたとしても、このプログラムを搭載した個体はうまく子どもを育てることができませんから、その遺伝子は次世代に引き継がれることなく途絶えてしまいます。それに対して、子どもに対する愛情が強いほど多くの子孫を残せるとしたら、長い進化の過程で母親の愛情は強化されていくにちがいありません。

爬虫類には「家族」という概念がなく、近くに子どもがいるとエサとして食べてしまいます。そのため、タマゴから孵ったばかりの幼い爬虫類は、できるだけ早くその場から逃れるようプログラムされています。

一方、哺乳類や鳥類は、親が自分の子どもを認識して、エサを与えるなどの養育行動をとることで子孫を増やすよう進化してきました。そのなかでもヒトはこころを持っているので、この養育本能を「愛」と解釈するのです。

しかしだからといって、母親の愛が無窮だというわけではありません。遺伝子のプログラムがより多くの子孫を効率的に残すことだとすれば、母親は兄弟姉妹のなかで大きく美しい子どもを愛する(優先的に養育する)でしょう。さらには、生まれたばかりの赤ん坊は世話をしなければ死んでしまいますから、「投資」をムダにしないためには、乳幼児を溺愛し、年上の子どもは邪険に扱う(自力で食料を獲得させる)はずです。

このことから、「現代社会では母性本能がこわれてしまった」などという主張がまったくのデタラメだとわかります。児童虐待が再婚した母子家庭に多いことは統計的に明らかですが、継父が血のつながらない子どもに暴力を振るうのも、母親が新しい夫(愛人)をつなぎとめるために子どもを虐待するのも、すべて進化論的に説明可能です。母親の愛はそもそも完全無欠ではなく、たった1世代や2世代の出来事が40億年の進化の歴史に影響を与えるはずはないのです。

どれほど修行しても解脱できない

進化心理学は超強力な説明原理なので、“こころの問題”を一刀両断に解明してしまいます(それに納得するかどうかは別問題です)。

眠っているとき以外は、ひとはいつもあれこれ思い悩んで暮らしています。じつは私たちは、人生の大半をシミュレーションに費やしています。

学校に行けば、好きな男の子(女の子)の後ろ姿を見て、誕生日にプレゼントを渡したら受け取ってもらえるだろうかと考えます。

会社では、新商品をいくらで販売したらライバルに勝てるかを何時間も議論します。

家庭では、生まれたばかりの赤ん坊を眺めながら、この子にはどんな未来が待っているのだろうかと夫婦で話し合います。

これらはすべて、シミュレーション(ある仮説を立てて、その現実の結果を模擬実験などで予想すること)です。なぜ私たちがいつも思い悩んでばかりいるかというと、新しい事態に遭遇すると、こころという「シミュレーション装置」が無意識に駆動しはじめるからです。

ところで、ヒトはなぜこころなどという奇妙な能力を獲得したのでしょう。それはもちろん、(利己的な遺伝子の)生存にとって有利だったからです。

チンパンジーはヒトと同じ社会的な動物で、その生態を観察すると単純なシミュレーション装置(こころ)を持っていることがわかります。群れを統率するのはアルファオスと呼ばれる第一順位のオスですが、すべてのメスを独占しているわけではなく、下位のオスにも生殖の機会は与えられています。しかし交尾には上位のオスの暗黙の了解が必要で、さもなければこっそり“不倫”するしかありません。

このときチンパンジーは、いまここでメスと交尾しても上位のオスに攻撃されないかどうか、さまざまな方法で知ろうとします。このシミュレーションが上手ければ、身体が大きかったり力が強かったりしなくても子孫を残すことができるのです。

シミュレーションで相手の行動を的確に予想できれば、異性を獲得するだけでなく、狩りをするのも、敵から身を守るのもずっと容易になります。これを「知能」と呼ぶならば、ヒトの祖先は賢ければ賢いほど生き残る確率が上がり、より多くの異性と交尾して子孫を残せたはずです。

孔雀のオスの尾羽根がきらびやかなのは、メスがより美しい(尾羽根の豪華な)オスを選ぶからです。これはもともと、長い尾羽根を持つオスが強健で、なんらかの偶然で、メス(の遺伝子)が尾羽根で交尾の相手を選択するようになったからだと考えられています。いったんこのようなルールができあがると、進化という「盲目の時計職人」の手によって、オスの尾羽根は生存の限界まで派手になっていきます。

長くて重い尾羽根を持つオスは捕食動物に簡単に食べられてしまいますが、たとえそうであっても、短い“人生”のあいだに、より俊敏に動ける尾羽根の短いオスよりもずっと多くの子孫を残すことができます。このように、生存に有利な特徴が非現実的なまでに拡張することを進化のランナウエイ(暴走)効果といいます。

言語の起源については諸説ありますが、ヒトが言葉というコミュニケーション能力を得たことで大脳新皮質を急激に発達させていったことは間違いありません。こころがいかに強力な武器だったかは、食料を求めてアフリカ大陸を出た人類の祖先が、短期間のうちにさまざま種を絶滅させながら地球上に繁殖したことで明らかでしょう。ヒトにとって脳はクジャクの尾羽根であり、進化のランナウエイ効果の結果、不必要なまでに高度の知能(シミュレーション能力)を獲得したのです(クリストファー・ウィルズ『暴走する脳』)。

シミュレーションがこころの本質だとすれば、私たちはそこから逃れることはできません。仏教では、修行による解脱、すなわち悩みからの解放を説きますが、シミュレーション機能を停止させてしまえばひとはもはやヒトでなくなってしまいますから、解脱は人類の理想であっても原理的に不可能なのです。

コメントを閉じる

15件のコメント

  1. 解説出来て説明出来て、それで何か解決する訳でもない。
    解決なんかできないしその必要もなく、説明さえつけばそれで良いっていうこと?

    その辺の評論家となにも変わらないね。

  2. タイトルと小見出しと文章に関連性が無いですね。

    また
     ・幸福や哀しみも、愛や憎しみも、歓喜や絶望もすべて科学的に説明できる
     ・政治も経済も、独裁や戦争や虐殺ですら、この世界で起きているすべてのことはその理由が解明されていた
     ・社会学や経済学だけでなく、心理学や哲学、文学に至るまで、人文・社会科学と呼ばれていた学問は、すべて科学の統一原理によってまとめられる
    とありますが、「科学的な説明」「その理由」「科学の統一原理」の説明が、「ヒトにとって脳はクジャクの尾羽根であり、進化のランナウエイ効果の結果、不必要なまでに高度の知能(シミュレーション能力)を獲得した」だけではとても残念です。

    風呂敷の広げ方にとても感銘を受けました。

  3. >ヒトでなくなってしまいますから

    そうだよ。だから山の中で引きこもって修行してんじゃん。人を捨ててるんですよ。

  4. 面白いですね。
    荒削りだと思いますが、進化的に獲得・成長したソーシャルな能力こそが人の生の苦しみの大きな源泉であり、そこから逃れることは不可能である、というのは正しいと思います。
    性欲や食欲から解放されることが不可能であるように(うまく付き合うことはできるでしょうが)、
    「承認と恥辱のゲーム」を潜り抜けるために行われる社会的シミュレーションから逃れることもまた不可能でしょう。
    ただしこれもまた、それなりにうまく付き合っていくことはできるでしょう。ただし社会的欲求は人がその為に生き、そしてその為に死に得るほどの最も強烈な衝動です。
    食欲や性欲よりも、はるかに制御が難しいじゃじゃ馬だということは間違いないでしょう。

  5. 自分で問題を作って自分で解こうとして何故解けないのか思い悩むのがヒト。

    解けてしまった。

  6. ランナウェイは、生存に不利だが繁殖に有利な形質が性選択によって進化するプロセスなので、

    >生存に有利な特徴が非現実的なまでに拡張することを進化のランナウエイ(暴走)効果といいます。

    という文章は間違っていると思います。
    同じように、知能の獲得はランナウェイではないと思います。もし、ランナウェイが強く働いて知能が獲得されたなら、クジャクの羽根のように、人間の知能にも大きな性差が生じているはずだからです。

  7. 世界の秘密が解けたのなら、
    子どもをエサとして食べてしまう爬虫類から、子どもを養育する哺乳類へ、どうやって進化したのか? 説明して。

  8. > そのなかでも最大の発見のひとつがチャールズ・ダーウィンの進化論です。

    むちゃくちゃです!進化論はダーウィンの発見じゃありませんよ!
    種の起源で提唱されたのは「突然変異と自然淘汰」です。

    ダーウィン以前にも、進化という言葉は欧州にあり、パリのような先進的な都市には
    博物館があり、原始的→高等と類推できる順で剥製を並べたりしてました。
    ダーウィン以前から、ですよ?
    プレ・ダーウィンの進化論の主流はラマルク主義で、これは、生物は子孫を残すたびに
    少しずつ高等になるという考えです。

    ラマルク主義は間違っていたわけですが、生物が進化していくものだということは
    既に当時の知識人の間では主流であって、ダーウィンの進化論は、いわばVer2なのです。

  9. 私たちはよく、「先駆的な発見をしてそれまでの世界観を一新するような天才」を
    持ち上げ、拍手喝采を送ります。そして、その天才の側にいつのまにか回りこんで、
    天才が作った新世界を信じられない旧世界人を批判する、という行為を始めます。
    しかしこれは単なる知的支配欲でしかないのです。

    ダーウィンの著作は、そもそも進化や生物学を解する、当時としても先駆的な
    人々しか読めない内容であり、現代とは情報流通が桁違いに遅い時代に、自分が
    先駆的な人々の側に立てていたものかどうか?と自問してみることです。
    ましてや、その中の最先端の人の隣に自分が立てており、彼を代弁なのできるものなのか?

  10. 「キリスト教などの宗教的理由で進化論を信じられない人々」という認識も、
    これもそこかしこで目にしますが、あまりに荒すぎます。ほぼ完全に都市伝説ですよ。

    進化論を理解するには、まずは分類学が絶対に必要になりますが、
    分類学の基礎となる、界、門、綱、目、科、属、種という区分はカール・リンネのものです。
    実は、リンネは極めて信心深いカソリックでした。彼にとって、聖書を読むことと、草花を
    分類することは同じことだったのです(リンネについての研究はいっぱいあります)。
    自然とは神の身体であるという考えですからね。
    分類学と進化論は両輪であり、進化論だけを知ろうというわけには行かないです。
    現代の分類学はDNAに基づく別の体系のものに組みなおしている途上ですが…

    テイヤール・シャルダンのようにキリスト教的進化論というものを提唱した人も居ます。
    多様な生物の存在をどう理解するか?という思考実験の歴史はすさまじく深いのです。
    仏教世界において生物の多様性を理解しようとした思想に「インドラの網」
    などというものもあったりします
    (実はこの思想は現代数学で言うフラクタルを言い当てており、驚異的です)。
    いずれにしろ、西欧世界の近世-近代の学問はキリスト教の背景なしには少しも成立せず、
    それが進化論を生み出したのに、「宗教があるから進化論を信じられない」は滑稽です。
    正反対ですよ、「信仰が進化論を生み出した」が真実でしょう。

    「宗教なんて未だに信じてるからダーウィンを信じられないんだぜ?」
    というタイプの思考パターンは恥ずかしいだけです。

  11. 「すべての」と「一部の」を省いた粗い議論だな。これも日本語の特性なんだろうか?

  12. 長々とコメントされる方の意図はどこにあるのでしょうね。

    完全に、いわゆる「専門家の穴」に落ちて浸かっているけれど。

    それより、ちょっと心配なのは、橘氏が本を読みすぎて本来の橘氏らしさが薄まっているのではと、それが心配。書評が多すぎるように感じるのは私だけだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。