電子書籍、WEB、出版の未来 Bookscanインタビュー


9月26日にYahoo!ニュース個人の中に「不愉快なことには理由がある」という著者ポータルを開設しました。それに合わせて、以前、bookscanさんにまとめていただいたWEBと電子書籍についてのインタビューを、同社の許可を得て転載します(なお、若干の情報を追加しています)。

Yahoo! ニュースBUSINESSへの配信、ZAiオンラインと共同での海外情報ポータルサイト「海外投資の歩き方」の開設、今回のYahoo!ニュース個人への配信と、WEB関係の企画が続きましたが、これで一段落です。

今後は、紙とWEBのバランスをとりながら、いろいろなことを試してみたいと思います。

********************************************************************

テクノロジーの“費用対効果”が見えたら電子書籍を読みたい

―― ブックスキャンのことは、ご存じでしたか。

全然知らなかったです。

―― 作家の7名の方が、いわゆる自炊業者、スキャン代行業者を訴えたということはご存知ですか。

新聞で読みましたが、個人的には、本を買った人が自分の意思で自炊をするなら著者がとやかくいうことはないのでは、と思っているので。自炊した本が大量に出回って著作権者が経済的損害を被っているならともかく、そういう可能性があるからといって読者の権利を著者が制限できるのか、という感じです。

―― 普段、電子書籍は読まれたりしますか。

ほとんど読まないですね。紙の本しか読まないです。デバイスは持っているんですけど……。電子機も使いこなせれば違うのかもしれないですけど、ページを折ったり、しおりはさんだり、書き込んだり、赤引いたりっていう、そういう本を読むときの一連の手つきというか、これまで何十年もかけてつくってきた読み方のノウハウが人それぞれあるわけじゃないですか。もちろん技術的には、iPadでもしおりを挟めるし、いろんな注釈も書けるし、あるいはその注釈をみんなでシェアできるというのもわかるんですけど、そういう新しいテクノロジーの“費用対効果”も含めて、もうちょっと様子を見てからでもいいかな、と思っています。

―― 書籍の電子化についてはどうお考えですか?

紙であれ、電子であれ、できるだけ多くの読者に読んでもらいたいと思っているのでまったくこだわりはないです。といっても、本格的に電子書籍で発売されるのは近刊の『(日本人)』が最初になります。iPadや楽天のkoboなど、すべてのデバイスに対応しています。

 日本人は『リンゴ』『アップル』『エポー』の3種類を使い分けなくてはならない

―― そうすると、今後は電子化が急速に進むということになるんでしょうか。

そうかもしれないですけど、アルファベットの電子化と、縦書きの日本語の電子化では、技術的なハードルがまったく違いますよね。漢字にルビを振ったり、横書きだと半角数字なのに縦書きだと漢数字や全角数字になったり、簡単そうに見えても技術的にはやっかいなことが日本語にはたくさんあって、それが全部解決できるのかというのは疑問です。縦書きの文に横書きの半角数字が入っているとものすごく違和感があるんですが、だったら古典作品や詩歌などを除いて、日本語も全部横書きにすればいいんじゃないかと思ったりもします。韓国語はすべて横書きになったし、中国語も、台湾(繁体字)は縦書きでも中国(簡体字)は横書きです。日本語も、縦書きにこだわることにどれほど意味があるのかなって。

―― それは、読者にとっては大きな変化になりますよね。

新聞を読んでいていつも困るのが、外国人の名前などのカタカナ表記です。スティーブ・ジョブズのような有名人ならいいんですが、それほど知られていない人だと、カタカナの人名検索ではウィキペディアにも出てこない。英語のサイトで調べようと思ったらスペルが必要ですが、カタカナから想像するしかない。これはかなりのストレスです。

ナラヤナ・ムルティというインド人がいて、彼はインフォシスという世界的なIT企業の創業者なんですが、それ以前は熱心な左翼活動家でした。若き日のムルティはフランスに渡り、そこで現地の共産主義者や社会主義者たちと、どうしたらインドの貧困をなくせるか夜を徹して議論します。ムルティのたどり着いた結論は、「イズム(主義)だけでは世界は変わらない。レトリックは富を生まない。富を創れず、それを分配できない者が、世界を救うことなどできはしない」というものでした。こうして彼はインドに帰国し、1981年に6人の仲間とベンチャー企業を創業するのですが、そのインタビュー記事を読んでムルティという人物に興味を持っても、インド読みのカタカナ表記からは“Murthy”というスペルは出てきません。英語サイトを検索するにはまず、カタカナ表記からスペルを調べなければならないんですが、だったら新聞や雑誌はすべて横書きにして、人名などはそのまま英語表記で記載して、必要なら読み方をカタカナで補足するようにすればいいんじゃないかと思います。“Narayana Murthy(ナラヤナ・ムルティ)”という感じですね。

あと、もっと困るのは中国人の名前です。「毛沢東(モウタクトウ)」というのは、日本人にしか通じません。中国語では「マオ・ツートン」、英語でもMao Tse-tung(もしくはMao Zedong)です。だから、日本語読みで中国人の人名を覚えていても、海外の人と毛沢東について話すことができません。“鄧小平Deng Xiaoping”も“江沢民Jiang Zemin”も“胡錦濤Hu Jintao”も同じで、中国語読みや英語表記を知らないと、観光ガイドの説明や英字新聞の記事ですらなんのことかわからない。旅行者同士は英語で話しますが、これでは中国についての初歩的な会話すら成立しませんから、日本人は相手にされなくなってしまいます。最近は日本の新聞も中国人の人名にルビをふるようになりましたが、やっぱり不便です。

もっというと、Appleをアップルと発音しても通じません。カタカナだと「エポー」か「アポー」になるんですが、それなら横書きのまま、“Apple/’æpl”と発音記号を併記したほうがいい。カジノ(カシーノ)とかウォーター(米語ではワラー)とか、カタカナ英語ではまったく通じない言葉はいくらでもあります。カタカナが外国の文化を取り入れる素晴らしい発明なのは間違いありませんが、それがいまではグローバル化の足かせになっているのではないでしょうか。

東南アジアなどの新興国は、大学では英語で授業をするのが当たり前ですから、学生たちはアメリカ人やヨーロッパ人ともふつうに話ができます。それに対して日本人は、Appleという単語に対して「リンゴ」「アップル」「エポー」の3種類を使い分けなくてはならない。これは、日本のカタカナ文化の限界なんじゃないかと思います。

もっともこれは私の個人的な体験からで、中国に行くと、いつも中国人の人名の現地語読みが出てこなくて苦労するんです。中国でMao Tse-tungを知らないと、「こいつバカか?」って顔をされますから(笑)。

コメントを閉じる

7件のコメント

  1. >英語のサイトで調べようと思ったらスペルが必要ですが、カタカナから想像するしかない。

    以下の部分に関して言えば、日本では日本語をなくして英語だけにしろと主張したほうが筋が通ります。

  2. 中国国内でしたら、中国人名は簡体字で筆談すれば何の問題もありませんよ。
    私は、中国出張のときには必ずメモ帳を携帯して、どこでも筆談できるようにしてますよ。

    だいたい現代中国ではやっと共通語が出来たものの
    完全に定着してないから、ドラマだって簡体字の字幕付きばっかりですよね。

    欧米人には、東アジアは漢文文化圏だったから、国ごとに漢字の発音が違うので
    日本式の発音は分かるが普通話とかいうローカル語のアルファベットは知らないと言えば
    中国嫌いだと思われるでしょうが馬鹿とは思われませんよ。
    あと、現代中国語の語彙の多くは日本から輸入したものだから、普通話で発音してあげる
    義理なんてそもそもありません。
    (中国語 日本から で検索するとたくさん出てきます。)

  3. >中国国内でしたら、中国人名は簡体字で筆談すれば何の問題もありませんよ。
    >私は、中国出張のときには必ずメモ帳を携帯して、どこでも筆談できるようにしてますよ。

    >日本式の発音は分かるが普通話とかいうローカル語のアルファベットは知らないと言えば
    >中国嫌いだと思われるでしょうが馬鹿とは思われませんよ。

    そんな馬鹿な。日本にいる中国人が、野田首相のことを「イェディエンしか分からないけど、何て読むか分からない、中国ではこう言うから」と言われて、日本人はどう思うのか。「何年も日本に住んでて野田という読み方も分からないのか」と思うだろう。

    そんなことを言っているから日本人は馬鹿にされる。
    まぁそんな在日の中国人ははるかに在中の日本人より少ないわけだが。

    逆に、中国で取上げられている日本人は、日本読みのまま伝えられることもしばしば。
    逆に中国読みで覚えている中国人を日本のニュースを聞いていて、少し考えてから、「あーあの人だ」と思い出す。本当に不便だ。

  4. chillhouse さん:

    ご指摘の件は「何年も住んでて」の場合ですよね。
    出張や旅行程度で来た中国人が野田の発音知らなくても
    書ければその人物について議論できるんだから、何の問題も無くないですか。
    漢文を日本語読みするって歴史ある東洋の文化なんだから、それを恥じる必要なんて無いですよ。

    普通話なんて数十年の歴史しか無いし、中国人にすら完全には浸透してないじゃないですか。
    それこそ恥でしょう。
    話し言葉すらまともに出来上がってないんだから。

    胡惟庸とか張士誠なんて、当時はなんて発音してたんでしょうねえ。

  5. 橘氏の日本語に対する考え方には驚きました。
    欧米コンプレックスなのか、大前研一氏の影響なのか・・
    橘氏の日本語と外国語に関する認識には、違和感がありますね。彼には、日本はグローバル化に対応できていない、という危機感があるのかもしれませんが。
    確かに、日本は、漢文に代表される大陸文化や欧米の文明を吸収・受信することに偏り、発信力が弱かったのは事実でしょう。
    しかし、原則的に人命を英語表記で記載するのは、いかにも安易な発想であり、日本語を軽視しすぎでしょう。
    「東南アジアなどの新興国は、大学では英語で授業をするのが当たり前ですから、学生たちはアメリカ人やヨーロッパ人ともふつうに話ができます。」
    >>新興国での世界語としての英語の弊害を考えたことがあるんでしょうかね・・
    中世から18世紀の西ヨーロッパは、大学ではラテン語で授業をするのが当たり前ですから、少数のエリート層に属する学生たちは、出身国に関わらず、ふつうに話ができました。
    いま、多くの新興国では、エリート層が英語や旧宗主国の言語で抽象的なことを学んでいます。
    が、庶民が使っている言葉は、少し複雑なことになると、それを表現する語彙すらないという現実があります。
    日本人は、難しい概念を母語で読み、書き、考え、議論できます。これはアジアの言語としてはかなりの例外であって、資産と考えるべきです。
    結局、橘氏は、カタカナも「毛沢東」も日本語であって、外国語ではないということを忘れているのでしょう。「アップル」と”Apple”、「毛沢東」と「毛泽东」が一対一に対応すべきと考えていると・・
    憎むべきは、日本語ではなく、Mao Zedongさえ知らなかった自分自身でしょう。
    ちなみに、「ナラヤナ・ムルティ」の英文名を知りたいなら”infosys founder”で検索すれば簡単に出てくるでしょう。有名企業Infosysのスペル程度なら誰でも知ってるでしょうし・・(創業者は複数いますが)
    個人的には、横書きの様式の場合日英併記で”ナラヤナ・ムルティ(Narayana Murthy)”とするのならアリかなと。日本語に英語を入れる意味も、それによってどれほどの読者に便益があるのかも不明ですが。
    英語コンプレックスの奴が英語を批判し、英語に自信だけはあるが、たいして英語ができない奴が母語を軽視する。この流れを変えるべきでしょう・・

  6. 集英社の「不愉快なことには理由がある」が一向にKindle化されないのですが、その予定はないのでしょうか??Kindle化期待してます。中古本を買ってスキャンするのは、手間が面倒ですし、橘さんに還元できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。