書評『「弱者」はなぜ救われないのか』


著者の増原義剛氏は元大蔵官僚で、東海財務局長で退官した後、2000年から09年まで自民党の衆議院議員を務め、現在は広島経済大学で教鞭をとっている。代議士時代は、内閣府副大臣や財務金融委員会理事などのポストにつき、自民党金融調査会で改正資金業法の立法に携わった。『「弱者」はなぜ救われないのか』は、その経験をもとに、日本の政治がいかにポピュリズムに翻弄されているかを世に問うたものだ。

とはいえ、本書を手に取った読者は、その穏当な表現に落胆するかもしれない。著者の経歴からすればスキャンダラスな告発本になるはずもなく、ポピュリズムを煽ったメディアや政治家が名指しで批判されているわけでもない。しかし政権の中枢にいた元政治家が、自らが立法に携わった法律を全否定するというのは、やはり“前代未聞”なことなのだ。

著者は自らの政治家時代を、次のように自己批判する。

改正当時の経緯を正直に申し上げると、改正貸金業法とはそのような(多重債務者保護とノンバンクの淘汰・撤退という規制強化の副作用の)比較衡量がほとんどなされずに導入が決められた法律であった。むしろ、規制の弊害を指摘することが社会的・政治的に許されない、ある種異常な雰囲気のなかで決められた法律であった。政治と政治家の限界があらわれた法律であったとも言える。

2003年6月、大阪・八尾市のJR関西線の踏切で、同市内の主婦(69歳)と清掃作業員の夫(61歳)、主婦の兄(81歳)の3人が電車にはねられて死亡した。現場から主婦の遺書が見つかり、「荷物の整理をしながらも死にたくないという思いで涙が止まりません」などと記してあったことから、警察は借金の取立てを苦にした自殺と判断した。主婦はヤミ金から1万5000円を借り、その利子が雪だるま式に増えて、保証人となった夫や兄にまで取立てが及んだことから心中に追い込まれたのだ。

2006年には、取立ての電話録音がテレビなどで繰り返し放映された。「話を聞けよ! ジジイ!」「おら! この野郎! お前らなんて潰すのなんともねえんだよ!」「金融監督庁でも何でも行ってこい! 野球の監督でも連れてこい! バカタレッ!」というもので、多重債務者の相談業務を行なっていた弁護士たちが、消費者金融大手のアイフルを相手どって損害賠償請求訴訟を起こした。被害者弁護団は、アイフル社員か、もしくは依頼された関係者が違法な取立て(恐喝)を行なったと主張したのだ。

この訴訟も当時、大きく報道され、一審(熊本地裁)は「(電話をかけたのがアイフル)社員とは断定できないが依頼された人物が電話をかけた可能性は残る」として、損害賠償30万円、弁護士費用5万円の支払をアイフルに命じた。しかし高裁では、それがアイフルの関係者から依頼されたものとは確定できないとの理由で一審判決が破棄され、2009年5月には最高裁で上告が不受理とされてアイフルの無実が確定している。当時、マスメディアはこぞってこの事件を取り上げ、消費者金融バッシングを行なっていたが、それはすべて虚報だったのだ。

著者も述べるように、冷静になってみれば、恐喝まがいの取立てで問題になったのはすべてヤミ金業者ばかりで、「脅迫テープ」に見られるような極端な取立ては消費者金融では見られなかった。しかし、消費者金融の創業者が長者番付に名を連ねていることや、派手なテレビCMへの反発もあって、いつのまにかヤミ金と消費者金融を同一視することが当然とされるようになった。

こうしたメディアの論調に便乗するように、自民党の金融調査会では、「貸すも親切、貸さぬも親切」が合言葉となって、消費者金融に対する規制強化が声高に主張されはじめた。ヤミ金と消費者金融は別物であるという“正論”など通る余地はなく、上限金利の引き下げに加え、借り手の年収に応じて融資額を制限する「総量規制」が議論されるようになる。

ところで著者は、出資法の上限金利を引き下げたことによって貸金業者の廃業・撤退が促された一方で、大手業者による貸し込みが激しくなったことを指摘する。考えてみればこれは当たり前で、生き残った体力のある業者が低い金利でこれまでと同じ利益を維持しようとすれば、融資額を増やすほかはないのだ。

政治家が上限金利を引き下げたことで大手業者の寡占と貸し込みがもたらされ、その弊害に驚いてさらなる規制に乗り出す。マッチポンプとはこのことだ。

そもそも近代社会では、私的所有権や私的自治とならんで契約自由が原則で、公序良俗に反しないかぎり当事者同士でどのような契約をするのも自由だ。所得に応じて融資額の上限を決める「総量規制」はきわめて特殊な政策で、先進国では例がない。

金融庁は各国の貸金業制度を調査し、アメリカ、ドイツ、フランスでは上限金利は設定されているものの総量規制はなく、イギリスにいたっては上限金利規制すらないことを把握していた。イギリスでも過去に上限金利を導入する動きがあったが、消費者保護団体までもが、「(優良な借り手が)短期資金の融資が受けられなくなる恐れがある」と反対した。

日弁連は、高い金利で融資することが自殺の原因になっていると主張したが、だとしたらイギリスの自殺率(10万人あたり6.4人)が日本の自殺率(同25.8人)の4分の1しかないという事実を説明できない。こうした客観的なデータはすべて不都合なものとして闇に葬られ、マスメディアでも一切報道されず、消費者金融を敵役とする勧善懲悪の図式がもてはやされた。

2006年に、全国信用情報センターは、大手消費者金融などの貸金利用者は約1200万人で、そのうち5社以上の消費者金融から融資を受ける「多重債務者」が230万人にのぼると発表した。だがこのデータは、多重債務者問題の深刻さとともに、消費者金融を利用する1200万人のうちおよそ1000万人(83%)は優良な借り手であることをも示している。彼らは自らの意思で消費者金融から融資を受け、それを期限までに返済しているのだから、その自由な商行為に国家権力が介入する理由はどこにもない。

総量規制が完全施行される半年前の2009年12月に日本貸金業協会の行なった調査では、利用者の5割が、「規制」対象となる年収の3分の1以上の借入者に該当していることが明らかになった。所得別では、年収300万円以下では利用者の73%、301万~500万円では43%、501万円~700万円では34%、701万円以上では29%が借入規制の対象になってしまう。

このように総量規制は、貧しいひとたちを合法的な無担保・無保証融資から締め出し、優良な利用者を法の保護のないヤミ金へと追い立ててしまうのだ。

1200万人のうち1000万人が正常な借り手だとすれば、総量規制はそのうち500万人の善良な利用者の犠牲のうえに成立する。著者が繰り返し述べるように、このような法律が正当化できるはずはない。

2006年1月、最高裁は「シティズ判決」で、それまで「グレーゾーン金利」での貸付を認めていた貸金業規正法の「見なし弁済規定」を実質的に否定した。これにより、すでに完済し終わっているケースも含めて過払い金返還請求が可能になり、弁護士や司法書士の「過払い金バブル」が起きたことはよく知られている。弁護士のなかには過払い金返還請求で巨額の利益をあげ、税務署に所得隠しや申告漏れを指摘される例も相次いだ。最高裁判決は弁護士に“特需”をもたらし、同時に司法制度の信用を失墜させたことになる。

著者のいうように、改正貸金業法の総量規制だけでなく、「借地借家法」や「モラトリアム法(金融円滑化法)」など、弱者保護を名目に導入され、市場の機能を破壊し、法の正義を歪め、結果的に弱者をより苦しめることになった“欠陥法律”はほかにもある。だがこうした法律は、「弱者の仮面をかぶった既得権者」に利益をもたらし、わかりやすい勧善懲悪の話を求めるマスメディアがもてはやすから、改正や廃止はきわめて困難だ。

自らの政治家時代を振り返って、著者は日本の政治が「サイレントマジョリティ(声なき多数)」のためのものではなく、「ノイジーマイノリティ(声の大きな少数の既得権者)」によって動かされていることを慨嘆する。

リベラルなマスメディアは小泉政権(劇場型政治)や橋下・大阪維新の会(ハシズム)をポピュリズムと全否定するが、自らが市場を破壊し、法を歪め、社会的弱者により大きな困難を与えるポピュリストであることにはまったく自覚がない。本書を一読すれば、ポピュリストがポピュリストを批判する日本の政治の寒々しい光景が見えてくるだろう。

コメントを閉じる

41件のコメント

  1. 多くの消費者金融会社が弁護士に潰され、都①問題がクローズアップされたりもし、消費者金融がなくなるもんだから 消費も減り、金の循環もわるくなり、雇用も悪化 デフレとなり、テレビCMは消費者金融がなくなり正義をふりかざした法律事務所ばかりになり、そろそろ儲からないと見るや今度、法律事務所が狙うのは、労働問題、ところが企業を狙うも実は企業は金がなく、ただ企業が潰れていくばかり。そして法律事務所が潰れていき、…なんだったんだ。消費を減らし、企業を減らし、雇用を減らし、まともな法律事務所を減らしただけ?なぜか働き盛りの自殺者や若者の自殺者が増大したことは誰が責任とるんだろう。恐ろしきマスコミや左の嫉妬。と思いました

  2. 今回のコラムは名文ですね。

    この国では、社会保障という名の高齢者の既得権により国家が崩壊する、という世界史上初めての快挙を成し遂げた後、ポピュリストが駆逐されるのでしょうか・・・

    いや、きっと駆逐されないなぁ。

  3. たぶん、普通は経済的に正しくても、人としてできないことがあると思う。うまく戦争すれば景気が良くなるとか。馬鹿は適当に騙して火車に載せてしまえば景気が良くなるというのもその類。

    だいたい、突然の出費といっても、それに対応できない程度のやりくり能力しかない人間が、年利18%の借金を扱えるのかまず疑問に思うべきだし、ましてや高利の借金を生活資金にして持続可能な生活も考えにくい。インフレ率の高かった昔ならいざ知らず、デフレの今、年利18%の借金に見合う投資先もない。本当に少額の借り入れ以外、使い道として正当化できるものがないのに、貸し込みを続けていれば、こうしてしっぺ返しが来る。

    多重債務者の80%は優良債務者って、そうだろう、契約ベースでは。債務の一本化広告とか見たことないのかな?多重債務で首が回らなくても、完済になる会社はある。完済すればまた貸せるから、とか言って勧めるところもある。そうやって少しでも破たんを先延ばしして、貸金業者のババ抜きの末、最後に飛ぶ。たまに、武富士放火とかやって社会に害悪を振りまきながら。そのうち総量規制で優良債務者の比率が減ったとかいう明後日な話も出てくるだろう。契約のたらいまわしがなくなっただけだが。

    欧米と日本の差は個人主義の差が大きい。欧米ならたとえ夫婦でも相手の借金は払わない。離婚しちゃう。日本の貸金業者の悪質なところは、あの手この手で家族に借金を払わせようとすること。家族さえしっかりしていれば、本人はだらしないほど良いとなってしまう。連帯保証人制度もそうだが、日本の貸金業者は甘やかされすぎ。本来、融資をするというのはプロの仕事のはずなんだが、制度や慣習におんぶにだっこで実力がまるでない。結局、規制ができた途端なにもできなくなってしまう。

    最終通告ゲームって知ってますか。あまりにもひどい提示をされた人間は、たとえ拒否することで自分に損があっても、それを拒否する。あまりにも強欲な、あるいは不誠実な人間を社会においておくことは、結局ストレスが高まりすぎてコストがかかるということなので、社会的に合理性がある行動。サラ金はモラルを過小評価し、自身の経済性を過大評価した結果、社会につぶされた。

  4. まさしく名文。特に黒字の部分。マッチポンプ式既得権益政治経済。自分の足を食べていることに気付かないタコ。タコだから気付かない。

  5. 個人的には
    「優良な借り手ってなんだよw 年中金借りてる時点でアウトだろ」って気がしてしょうがないですが
    彼らが安易に借りれなくなるのはいいことにしか思えません(たとえ小金貸し市場が崩壊してもね)
    だいたい本当に一足飛びにヤミ金にいきますかね?そんな馬鹿いないでしょう 
    法律が変わって、どうしても緊急でこまってヤミ金に行く人  < 法律がそのままだったらアコムとかで借り癖がついてしまう人
    だと思いますよ

  6.  確か「不道徳教育」であったような?間違っていたらごめんなさい。
    ここは検閲もあるとのことですが、少し考えさせれるコラムです。

  7. この人の政治批判はいつも国家の否定でしかないのでみんなあんまり本気にしちゃだめだよ。

  8. >>9
    橘さんは国家はいらないとするリバタリアンだって公言してるんだから
    「国家があるからこそ上手くいってない部分」を批判するのは当然では。

  9. いや当然なんだけどさ。
    それじゃ国家がないとどんだけうまくいくのかって話

    ここでコメントしてる人たちってみんな国家なんていらないって思ってんの?

    だったら全員ソマリア行けよ

  10. あ、ソマリアは史上初めて成立したリバタリアン国家だよ!

    国民みんなが個人の利益の最大化を追求するとっても自由でいい国だよ!

  11. 企業が貯蓄過剰にシフトした1998年は個人の預金がマイナスに転じ、自殺者も3万人を超えました。いわゆる「1998年問題」といわれるもの。今年、社内留保は430兆円を超えてるし、311以降に社内留保が急激に増加してるのも? ベーシックインカムを認めない人が75%を超えるそうですが、そういったエートスがこういう形で具現化してるんでしょうね。

  12. anone さん

    あなたの言ってることに賛成する人いないと思いますよ。(特にここには)

    >デフレの今、年利18%の借金に見合う投資先もない。本当に少額の借り入れ以外、使い道
    >として正当化できるものがないのに、貸し込みを続けていれば、こうしてしっぺ返しが来る。

    だから、こういうのは大きなお世話なんですよ。

    貸し込み過ぎて失敗した業者は、自然と倒産して淘汰されていきます。
    自由主義経済でなんでそれを規制する必要があるのか?

    年18%み見合う投資先がない???

    それは、あなたが決めることじゃないです。あなたには
    年利18%のビジネスが見つけられないからといって、他の人もそうとは限りません。

    現に消費者金融の融資があったから、ビジネスが継続できて今に至ると言っている
    起業家を私は知ってます。彼は、過払い請求の件では怒ってました。感謝している
    武富士がどうしてあんな目にあうのか!と。彼の会社は今大きくなって、海外進出
    まで果たしています。

  13. パチンコ、サラ金、SNSゲーム…
    これらの共通点を知っていますか?
    ・大量にCMをうつ
    ・何割かが依存症になり、それによって業界が成長する
    ・ユーザがやって(あって)良かったという話しは聞いたことがない
    ・この業界の人たちは皆うしろめたさを持っている

    何の規制もなくこれらが蔓延るのは反対です。
    リベラリズム、リバタリアン、何でもいいのですが、anoneさんの言って
    いる最初の2行を逸脱すると、まともな人は嫌悪すると思います。

    こくぴとさんの起業家もまっとうな融資があった思いますよ。
    (まっとうな起業家なら)

  14. kenyutaさん

    >こくぴとさんの起業家もまっとうな融資があった思いますよ。
    (まっとうな起業家なら)

    全く同感です。以前の橘さんの記事でも詳しく書かれています。

    「お金を必要としているのは誰なのか?」
    http://www.tachibana-akira.com/2012/07/4601

    特に最後で
    >この国で、お金を必要としているのは誰なのだろうか? 消費者金融で借りた資金で起業して成功した、などという話は誰も聞いたことがない。

    とまで言い切っています。
    こくぴとさんの話はにかわには信じがたいですね・・・

    私はanoneさんの
    >デフレの今、年利18%の借金に見合う投資先もない。本当に少額の借り入れ以外、使い道として正当化できるものがないのに、貸し込みを続けていれば、こうしてしっぺ返しが来る

    というのはその通りだと思います。
    上記の橘さんの記事でも同様のことが書かれています。

  15. 今まで、洗脳できない若者を殺してきたし、これからも殺していく。

  16. <ポピュリストがポピュリストを批判する日本の政治
    本当に言いえて妙です。
    さてと、誰に洗脳されるのが一番幸せなのか考えないといけませんね。
     規制されようが淘汰されようが、すべてを見越して起業していくのが真の企業家!
    ホリエモンはつぶされましたが、いっぱい出てくるとポピュリストでしょ。
     宇宙旅行実現するころには世の中変わってますよ。
     賢い投資家は見込みのある事業にどんどん融資してるでしょうしね。
     おいしい物件は世間・一般の人にはわからない間で進行しています。わからせません。

  17. 知人の商売の中身は極めて「まっとう」ですよ。
    脱法ハーブとか風俗とか、反社会的な要素は一切ないです。

    もちろん武富士にお世話になっている時は、大変な状況で銀行には全く相手にされて
    なかったそうですが。

    「お金を必要としているのは誰なのか?」
    http://www.tachibana-akira.com/2012/07/4601

    確かに世の中の大半(=世間の常識)はの文章の通りだと思います。

    でも、現実に18%程度の営業利益率の会社だったら、全然ないわけではないですよ。
    それほど目剥いてびっくりするうような話ではないと思うのですが。
    ネット上の情報でも、少し時間かけて探せば、その位の利益率の会社1つ2つは見つかるはずです。

  18. 営業利益率が18%以上の会社なら普通それ以下のコストで資金調達できるはずだが。

  19. >パチンコ、サラ金、SNSゲーム…
    >これらの共通点を知っていますか?
    >・大量にCMをうつ
    >・何割かが依存症になり、それによって業界が成長する
    >・ユーザがやって(あって)良かったという話しは聞いたことがない
    >・この業界の人たちは皆うしろめたさを持っている

    原子力産業の話かと思った(苦笑)。

    莫大な広告宣伝費。
    何割かの自治体が依存症になり、それによって自治体行政が拡大再生産される。
    電力利用者は、原子力発電があって良かったなんていう話を聞いたことがない。
    原子力村の人たちは皆うしろめたさを持っている。(いや、持っていない奴もいるか。)

  20. >知人の商売の中身は極めて「まっとう」ですよ。
    >脱法ハーブとか風俗とか、反社会的な要素は一切ないです。

    「宝くじに当たった」みたいな話をされてもね。
    レアケースじゃなくて一般的な事例で話してもらわないと誰も納得しない。
    たとえ、その知人の話が架空の話でなかったとしてもね。

  21. 世の中、たとえ、金利がべらぼうに高くても即金でお金が必要な場合だってあるでしょう。
    そういう時に一時的に武富士や商工ファンド果ては闇金から資金調達するってのは「有りうる」ことじゃないんですかね。

  22. 不道徳教育の

    「自由経済は道徳的な制度ではない。消費者の欲望を満たす手段である以上、市場はその参加者に応じて道徳的であるにすぎない。市場はまさに多様で、・・・・道徳性のないものとみなされるべきだろう。」

    は心に残った一文でした(シズカちゃんとデキスギくんの「絶対優位」「比較優位」。ノビタくんとジャイアンの「時間選好率」の話が好きですが)。
    それを地で行く感じの文章ですね。

    それにしても、3.匿名さん の指摘は興味深いですね。
    実際には少し我慢すれば借りなくてもいい人が借りていたということでしょうか。

    個人的な意見だとこのような法律なんて不要だと思います。
    自分でリスクとリターンを考えればいいだけでまさに余計なお世話です。

    「今お金がないが、今日風俗にいかないと明日から働く気がしない」という欲望にこたえられる社会もいいかなと(まず先輩、友達(無利子!?)にたかるべきですが)。

  23. >世の中、たとえ、金利がべらぼうに高くても即金でお金が必要な場合だってあるでしょう。
    >そういう時に一時的に武富士や商工ファンド果ては闇金から資金調達するってのは
    >「有りうる」ことじゃないんですかね。

    そういう状況、一般的には「詰んでいる」というんじゃないですか?
    奇跡でも起きなければ流れは逆転しません。

    奇跡が起きる可能性はゼロじゃないとか、私は奇跡を見たとか言われても説得力はない。

  24. お金を貸すほうだけを規制したり、地下水利用するほうだけを規制したり。

    アップロードだけを規制したり、ダウンロードだけを規制したり。

    保護しようとしている「弱者」の定義が、めちゃくちゃ。

  25. サブプライムローンなんてのが典型で、結局返ってくる来る見込みの
    ない借金のババ抜きを延々やってるケースが多いと思う。

    金利の上限規制などバカバカしい規制だが、人が常に合理的に行動できる
    存在ではなく、市場が常に暴走の可能性があることを踏まえると、何かしら
    社会を安定化させる装置は必要だろう。

  26. 時と場合に応じて大人モードと子供モードを使い分けるRKTさんへ。
    今回のご発言はどっちのモード?

    結局、人は何をどう言おうとも簡単には変われない、という格好のモデルだね。

    高金利のところから金を借りっぱなしだったら「既に詰んでいる」だろうけど、決済資金として当てにしていた入金がずれ込む、なんてことは全くないわけじゃなく、そういう時のつなぎ資金として一時的に高利を使うってことはあるんじゃないの?

  27. 事業のつなぎ資金を高利で貸し付けるなんてのはまさに悪名高い大島健伸率いる商工ファンドのビジネスモデルだったわけだが。商工ファンドの場合もまた、徹底的な担保確保と保証人の追い込みで、規制前は非常に高収益で優れたビジネスモデルだと市場で評価されていた。

  28. しかしその実態は借主が支払い不能となり連帯保証人から元本と利息を回収することを前提として成り立っているビジネスモデルである。これはこれでビジネスとして成り立たっているのだから問題ないとも言えるが、個人的には存続させる必要はない企業であったと思う。

  29. >決済資金として当てにしていた入金がずれ込む

    KOMちゃんのように、右肩上がりしか知らない世代は、そんな甘い感覚なのかねえ。

    不確実な入金なんぞを前提に商売していたら、いつ詰んでもおかしくない。

    というか、そんな状況は、事実上「詰み判定」なんだが。

  30. だいたい、規制強化の方向で業法改正が行われる場合、弱者の救済なんて名ばかりで、目的は官庁の権限拡大でしかない。そんなことは分かりきった話。

    だから、「なぜ救われないのか」と問われれば、「奴らが馬鹿だからさ」としか答えようがないだろ。

    弱者の味方のフリをして法改正を批判しても、偽善臭が漂うだけ。

  31. >奇跡が起きる可能性はゼロじゃないとか、私は奇跡を見たとか言われても説得力はない。

    いや、だからその奇跡が起こる確率で、金利を割っておけば、金融業者は最終的に
    儲かるようになるっていうのが、金融の根源的な考え方なんじゃないんですか。

    それが成り立たなくなる線っていうのは、いわゆるまっとうな商売やっているときの
    感覚に沿った金利水準とは全然違うってのは、別に普通のことだと思うのですけど。

  32. ↑ここでの「まっとう」ってのは反社会的って意味じゃなくて、
    銀行さんが相手してくれるぐらい健全な(リスクの低い)通常の状況にあるビジネスって意味です。

  33. 「馬鹿の三段論法」の頃が懐かしいな。

    しかし、かつて「金利の計算ができない馬鹿」呼ばわりした奴らのことを「優良な利用者」とか言うなんて、ほんと橘玲さんも変わりましたよね。

  34. 巷の中小企業では、取引先の入金を当てにしてそれを決済資金に充てる=取引先からの入金が月末なら自分の決済日も同じ月末にしてる、というのはありがちだと思うんだが。
    取引先からの入金は月末で、自分のところの決済は翌1日でOKというところは、RKTさんのところくらいじゃないですか?
    もしくは、1回分の支払資金くらいは余剰資金としていつも口座に入っているか、その日に銀行に貸してくれ、と言えばその日のうちにご融資が受けられる、とか。

    いいところにお勤め(もしくは優良企業をご経営)なんですね。

  35. 「優良な利用者」ってのは、消費者金融から見た場合じゃないでしょうか?
    総量規制のせいで、これまで返してくれていた彼らにお金を貸すことができなくなってしまったということなのでは?

  36. 取引というのは双方が満足する(何らかの利がある。利がお金とは限らない)から発生すると考えれば、金利の上限規制などやはり不要。
    もっとも私はただのサラリーマンで、大きな借金もなく、お金について合理的な判断ができないほど追いつめられたことがないだけかもしれません。

    また、ただの机上の計算だけの話ですが、年利10%の収益を見込める事業を始めるのに、3000万必要だが、2700万しか集めれなかったという場合、残りの300万を年利18%でファイナンスするのは馬鹿とは言えないと思います。
    その事業に思い入れがあれば、なおさらその人にとっては「合理的」なのでは。

  37. パチンコに使える金が減っていいんじゃない
    それで今度は闇金へ行くようなら行くところまで行ってもらうしかないでしょ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。