日本人は日本語に混乱している 週刊プレイボーイ連載(40)


Jリーグのレフェリーが、「日本語は難しい」という話をしていました。英語であれば、相手がメッシでも「ステップバック」といえばボールから離れます。しかし日本語で「下がれ」と命じればまるでケンカを売っているようですし、「下がってください」ではお願いしているみたいです。「下がりなさい」がいちばんよく使われそうですが、これでも〝上から目線〟を感じる選手はいるでしょう。

同じことは、道路工事の交通整理にも当てはまります。

アメリカでは、交通整理の係員はものすごく威張っています。億万長者のメルセデスベンツが来ても「止まれ」「行け」と命令するだけで、「サンキュー」などは絶対に口にしません。

それに対して日本の交通整理員は、傍から見ていてもかわいそうなくらいペコペコしています。運転席に駆け寄って「申し訳ありませんがしばらくお待ちください」とお願いし、車を通すときは「ありがとうございました」と最敬礼する、という感じです。

この極端なちがいは、アメリカ人ががさつで日本人が丁寧だ、という国民性だけでは説明できません。

アメリカの交通整理員が尊大なのは、“上から目線”でもドライバーが腹を立てないからです。日本の交通整理員がひたすら“下から目線”なのは、命令口調を使うと怒り出すドライバーがいるからでしょう。

これは、責任と権限についての考え方がちがうからです。

アメリカ人は、責任と権限は一対一で対応していると考えます。交通整理員は道路の安全を確保する責任を負っていて、そのことに関して大きな権限を持っています。これが、すべてのドライバーに“上から目線”で命令できる根拠です。

それに対して日本では責任や権限があいまいなので、ドライバーと交通整理員は“ひと”と“ひと”として対等な関係になってしまいます。「止まれ」と命じられて「なんだ、その口のききかたは」と激怒するのは、人間として貶められたと感じるからでしょう。

しかしこれだけでは、まだ謎は残ります。

サッカーの国際試合で、「ステップバック」といわれて怒り出す日本人選手はいません。アメリカでドライブしていて、交通整理員から「ストップ」といわれて不快に思うひともいないでしょう。責任と権限のルールはきわめて明瞭ですから、誰でもすぐに理解できるのです。

だとしたら、“上から目線”を嫌うのは日本人の特徴ではなく、言葉の問題なのかもしれません。

Jリーグのレフェリングを英語にすれば、「ステップバック」に「プリーズ」はつけないでしょう。交通整理も、「ストップ」「ゴー」でみんな納得するのではないでしょうか。

日本語の複雑な尊敬語や謙譲語は、お互いの身分をつねに気にしていなければならなかった時代の産物です。それが身分のちがいのない現代まで残ってしまったため、命令形は全人格を否定する“上から目線”になってしまいました。日本語は、フラットな人間関係には向いていないのです。

老若男女を問わず異常に丁寧な言葉づかいが氾濫する理由は、日本人が日本語に混乱しているからなのかもしれません。

 『週刊プレイボーイ』2012年2月27日発売号
禁・無断転載 

コメントを閉じる

17件のコメント

  1. 私、僕、俺などの使い分けも面倒ですよね。
    >お互いの身分をつねに気にしていなければならなかった時代の産物
    今もそれ程変わらない時代なのかもしれません。
    余談ですが、青森県では自分のことを「わ」と言います。
    男も女も先輩も後輩も。

  2. (うろ覚えですけど、)
    村上龍氏がその小説の登場人物に、
    「我々の組織では敬語は使わない、責任の所在があいまいになりやすいから。」
    なる趣旨の発言をさせていたのを思い出した。

  3. 「責任と権限の明確さ(上下関係にあることの明確さ)」の違いが反応の違いをもたらしている、という最初の論証においては、アメリカでは上下関係が明確であるから上から目線で話してもいいが、他方で日本では上下関係が不明確であるから上から目線で言われると腹が立つ、という話をされていますね。

    すなわち、ここでは、日本では責任と権限が不明確であり「権限を有した者が上であり、権限を行使される側が下にある」という事実を認識していない、という話になっているわけです(「責任と権限の一致」と「責任と権限の明確さ」をつなぐ論理は不明ですが…)。

    それに続く「言葉の問題」が違いをもたらしている、という論証においては、日本語の命令形は上から目線であるので日本人はそれを嫌がるが、他方で英語の命令形は上から目線でないので日本人も腹を立てない、という方向になると思います。

    前者の論証においては英語の命令は上から目線でなされるものとしながら、ここでは英語の命令は上から目線ではない、としています。ここの関係が気になります。また、前者の論証のおいては、関係がフラットでないことを理解していないこと、を問題としながら、後者の論証においては、日本語はフラットな関係には向いていないとしており、ここの関係も不明です(そもそも「フラットでない関係における命令」の話をしていたのに突然日本語がフラットな関係には向いていないという主張が出るのも不思議ですが…。)。

  4. 敬語が身分制度の産物という説はたまに見聞きしますが、極端なまでに単純化した議論であり、とても実態を表したものとは言えません。
    英語には擬態語が少ないから音に関する感性が鈍いだとか、単語に性差があるから男女差別が激しいというくらいに乱暴な意見です。

    敬語に関しては、英語においても敬語は存在するが、それが体系化されていないといった方が正しいです。日本語のように、語尾に「です」「ます」を付けるとか、単語の前に「お」を付けるなど、ある一定の法則が存在しないため、その場の空気や、自分と相手の立場を把握する能力が試されます。日本語の「●●さん」のように、広範に使える敬称もありません。非常に細かい言い回しの違いで「敬意」を表現するので、ともすれば日本語より面倒な面があります。

    「ステップバック」を例に出されてますが、これは日本語に訳せば「下がれ」という命令形と言うより、「後退」という単語の方がニュアンス的には近いと言えます。言ってしまえば、これはもう単なる単語だから腹が立たないのです。柔道の審判が「一本」とか「技あり」というようなものです。「一本取りました」とか「技ありになります」とか言いません。でも、これで腹を立てる柔道選手は居ないでしょう。もはや、ただの単語となっているため、敬語など使わなくても腹が立たないのです。

    そもそも、敬語を「丁寧な言い方」と定義した場合、敬語が存在しない言語はこの世にないといっていいでしょう。そして、ある程度、広い範囲で使用されている言語なら、敬語が簡単な言語というものも、この世には存在しないでしょう。

    言語を元に、その言語を使用する民族の、歴史や文化を一面的に見るのは、友人同士の冗談や、単なるエスニック・ジョークとして使うのなら話の種になりますが、本気でそれを信じこむのは危険であり、差別にすらつながりかねません。言語は確かに、民族を決定づける強い要素の一つですが、それが全てではありません。

  5. 個人的には、責任を取らない議会よりも、責任を取る独裁者の方がはるかにマシだと思いますね。

    橘さんのブログいつも楽しく拝見しているのですが、ブログの記事に関連する図書を読みたいので、良ければ出所を明記してくださいませんか?お願いします。

  6. あの、水を差すようですが、ストップなど、バイバイと同じようにすでに日本語です。サッカー好きの間ではオフサイドとかレッドカードとかも日本語です。ステップバックも便利ならキックオフなどという言葉と同じようにすぐ日本語になると思いますよ。(そこステップバックして!という風に)
    交通整理の係員の丁寧な対応が過剰な対応なのは、日本語のせいではなく、個人情報保護法とかコンプライアンスとか歪んだ共産主義的な法律屋のせいです。日本人は特に指示されなくても信号でもちゃんと止まりますし道も譲るでしょう。古いシステムが消滅すればもっと合理的なところに落ち着きます。現に警察など「そこストップ」などと平気で使っています。まあこういうのに、いちゃモンつけてくるのは福島みずほ的な人たちだけです。

  7. 確かに、道路工事等で停止させられる場合、整理員に尊大な態度を取られると不愉快です。なぜ不愉快になるのか自分なりに考えてみましたが、それは、
    「工事は工事業者の都合であり、それに付き合わされて停止させられるのは嫌である」という感じではないかと思います。
    もうひとつ。
    地方に行くと工事での交互通行が信号で行われている場合がありますが、その場合はあまり不愉快ではありません。なぜでしょうか?
    交通整理員に対して、一段低くみる差別的視点があるのではないか、と感じました。
    交通整理員は、けっこうきつい仕事だと思いますが、「日雇い」「失業者」「他にやれる仕事がないからこんなことをしている」といった負のイメージを私たちは持っており、そういう見下している人たちに威張られることが我慢できないのではないかと感じました。

  8. 外国では、日本でよくあるような、話の内容についての議論が突如「なんだ、その物言いは」という表現方法への議論へ飛んでしまう、ということは無いのでしょうかね。

    スポーツにおいては、プレーヤーは審判のゲーム運営に従うことが前提になっていますから判定内容はともかくとして審判の口のききかたに抗議する余地はもともと無いのでは?

  9. おもしろいですね!
    話がすこしずれますが、確かに、試合で「下がってください」なんてまどろっこしくて言ってられませんが、「下がれ!」なんて先輩だったら(中学時代)絶対言えませんでした…

    丁寧な言葉遣いというのは日本の文化だと思います。私も英語で話すときに感じるフラットな感じが好きですが、外国人の友達には「(敬語は)敬意を表せるからすばらしい」みたいに言われたこともあります。

    それからまたずれますが、
    日本では「お客さま第一主義」みたいなところがありますよね。いろんな業種の人が、もっと自分の仕事に自信を持って、というか交通整理などその人に敬意を示していけたらいいのかもしれませんね。

  10.  そう。ここでは「お客様第一主義」の力学が働いているのだと思う。警察が交通整理をしていて「止まりなさい。」といっても、「何だその物言いは!」とつっかかる人は少ないだろう。

     ただ英語で敬語や丁寧語が少ないということはなく、Could you~?、Will you~?という表現はよく使われる。以前パーティで日本人に What is your name? と、いきなり聞かれて面食らったことがある。突然「名を名乗れ!」と言われたような感じがしたのだ。
     とある英国人旅行作家が、英語を使う外国人に対し「Could you~? Will you~?を使えばもっと良いコミュニケーションがとれるのに。」と言っていたのを思い出した。
     特に米語を学んだ人の英語はとてもラフに感じるのは私だけだろうか?せめて「水をくれ」ではなく、プリーズを付けて「水をください。」と言ってくれないだろうか?

  11.  日本でも●十年か前を振り返ってみると、交通整理の係員が今みたいにぺこぺこしてたっけ?と疑問に思います。最近は、確かに気持ち悪いぐらい丁寧です。近年、日本人の日本語混乱度は上昇中かもしれませんね。

  12. 正式には、交通整理とは警察官がやっているもので、民間の警備会社が行っているのは交通誘導
    と言います。交通誘導は何の権限も持たされていませんので、あくまでお願いする立場です。会社から
    もあくまでお願いする立場なのだから、丁寧に低姿勢で対応するように厳しく指導されます。

  13. 怒りの源は、「交通渋滞」そのものよりも、2月から3月になると激増する道路工事に、「予算を使い切るための工事であって、必要があっての工事でない。その上、自分は迷惑している」と感じてしまうことからなのではないでしょうか?

  14. 交通整理なら本来警察しか出来ない仕事ですし、まあ安全上の観点からも上からでもよい気はします。
    ただ民間人は、公道での交通誘導や止めることは本来法律上出来ません。なので「お願い」は正しいのです。

    それとは別で、コンサートやイベントやらで人員誘導は大変ですね。
    「そこ止まれ!」なんて言ったら「客に向かって何を言う!!」ですからね・・・。
    1.の方も言われてますが、一人称の使い分けは意識し始めると本当に苦痛です。
    特に男社会は・・・。年齢、地位、性別、親密度が入り混じってる関係での会話とかホント面倒。
    「わ」いいですね。
    ジェンダーフリー組織に後押ししてもらい、明日から国民みな「わたし」称に統一!!とかしてくれると楽だなw

  15. 交通誘導員は何の権限も持たず、誘導に従うかどうかは任意なので、
    無視されて事故られても責任は問われません(運転手の責任)。

    訴訟大国アメリカはどうなのか知りませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。