純粋な「掛け捨て年金」はどうだろうか?


橋下徹大阪市長が「維新版・船中八策」のなかで、年金の積み立て方式への移行と「掛け捨て年金」を組み合わせる新しい年金制度を主張している。具体的な内容は詳らかになっていないが、年金はじゅうぶんな老後資金がないときのための保険であり、資産家や高所得者には支給しないということらしい。

「船中八策」には首相公選制や参院の廃止など大胆な項目が並んでいて、新自由主義/市場活用型の改革モデルになっている。政党としてはもちろんすべての項目で実現を目指しているのだろうが、議論をすること自体にも意味があると思うので、この耳慣れない年金制度について私見を述べてみたい。

まず原理的にいって、すべての保険は「掛け捨て」だ。もっと簡単にいうと、保険の仕組みは宝くじと同じで、賭けに外れたひとから当せんしたひとに富が移転する。当然、外れを引けば宝くじの購入代金は“賭け捨て”になる。

生命保険というのは「不幸の宝くじ」で、たとえば20年という保険期間を無事に過ごした幸運なひとが「外れ」を引き、事故や病気で死亡したら「当たり」だ。保険料は掛け捨てになるが、誰もが「当せんしないこと」を願っているわけだから、「外れることに意味がある宝くじ」といってもいい。

それに対して積み立て型の年金というのは貯蓄/投資商品の一種で、掛け捨ての保険とは仕組みがちがう。民間保険会社の個人年金は、毎月一定額を積み立てて、規定の年齢(60歳とか)になったらそれを定額で引き出していく。終身年金では途中で死亡しても保険料は掛け捨てにはならず、払った分くらいは戻ってくるのがふつうだ(保険の設計でいろいろな種類がある)。

掛け捨ての年金と積み立て型の年金というのは商品設計が根本的にちがうので、分けて考えたほうがいいだろう。

よく知られているように現行の年金制度は賦課方式で、現役世代が退職世代の年金を支払うかたちになっている。最近は「ねんきん定期便」にこれまで納付した保険料の総額が記載されているが、これは個人財産ではなく、将来の世代が払ってくれるはずの年金のヴァーチャルな原資にすぎない。

少子高齢化がこのまま進めば年金制度は破綻して、このヴァーチャルな原資が消えてしまうのではないかと、多くのひとが心配している。年金制度に対するこの不安が、日本の閉塞感の大きな原因のひとつだ(生活防衛を優先して預貯金を増やそうとするから消費市場も萎縮する)。

年金を積み立て型に変えるのは年金不安への抜本的な解決策で、ヴァーチャルな原資がリアルな資産(法によって所有権の確定した資産)になれば、80歳になってから、「お金がないので年金は払えません。あとは自分で生きていってください」といわれることはなくなる。

だが積み立て型への移行にはひとつ大きな問題があって、現役世代の保険料を個人資産にするには、退職世代が受け取る分の年金(彼らが払った保険料はさらに上の世代の年金として使われてしまった)を新たにファイナンスしなければならない。すでに1000兆円も借金があるのに、年金資金として新たに何百兆円も国債を発行すれば、財政は破綻してしまうだろう。

この問題はずっと前からわかっていたのだから、まだ財政に余裕のあった80年代か、せめて90年代のはじめに年金を積み立て方式に移行しておくべきだった。しかし日本の政治は「決められない」のだから、いまさらいっても詮無いばかりだ。

積み立て型への移行を可能にするためには、少しでもファイナンスの額を減らさなければならない。そこで出てきたのが「掛け捨て」年金なのだろうが、正直、これにはいろいろと疑問がある。

国民年金の未納が問題になっているが、これは制度上、納付するかどうかを保険加入者が選択できるようになっているからだ。そこで、たとえば「65歳時点で資産1億円以上のひとには年金を支給しない」と決めたとすると、親から1億円以上の財産を相続する予定のあるひとは最初から年金に加入しないだろう。それ以外でも、65歳までに1億円を貯める目処がついたひとは順次、制度から脱退していくだろうから、保険加入者は貧しいひとばかりになって制度は破綻してしまう(いわゆる「逆選択」の問題だ)。

それを避けるには、丸損だとわかっているひとからも強制的に保険料を徴収する仕組みが必要だ。これはジョージ・オーウェルの『1984』のような世界だが、「維新の会」はこんな未来を目指しているわけではないだろう。

現実的な方法は、年金保険料を消費税で徴収して、一定の資産/収入以下のひとだけに支給することだろう。これなら年金と生活保護は一体化して行政の効率は上がるだろうが、これまで保険料を納めたひとを納得させるのはきわめて難しい。年金と生活保護を合体させるのは、保険料の納付者(そのなかで一定以上の所得のあるひと)から年金の受給権を取り上げて、保険料を払ってこなかったひとに分配することを意味するからだ。

それではいっそのこと、年金を本来の「掛け捨て」にしてしまったらどうだろう。

純粋な「掛け捨て年金」では、国民は、平均寿命よりも長生きしたときに「当たり」を引く宝くじに参加することになる。この方式では、資金は平均寿命に達する前に死亡したひとから、平均寿命を超えた長寿のひとに移転する。これが掛け捨て年金の最大のメリットで、お金は世代ごとに右から左に移動するだけなので、将来の人口動態にかかわらず絶対に破綻しない。そのうえ掛け捨てだから、保険料は大幅に安くできるだろう。

高齢者の最大の不安は、自分が予想以上に長生きして、お金が尽きて誰にも面倒を見てもらえなくなることだ。長寿が罪悪のようになってしまう社会は、どう考えても間違っている。「掛け捨て年金」は、長寿のリスクに完璧な保険をかけることができるのだから、健康なお年寄りはなんの不安もなく人生を楽しむことができる。

ただしそのためには、すべての国民が、平均寿命までは自己責任で生きていかなければならない(年金保険料が安くなる分、リタイアから平均寿命までは自分で老後資金を積み立てる)。それでも、破綻することが明らかな年金制度に老後を託すよりはるかにマシだと思うのだが、どうだろうか。

PS 高齢になれば病気やケガで働けなくなるひとも増えるだろうから、そのための保険も付加するべきかもしれない。それでも、年金全体を積み立て方式にするより移行費用はずっと安くできるだろう。

コメントを閉じる

11件のコメント

  1. >丸損だとわかっているひとからも強制的に保険料を徴収

    現状がこれで困っています。国民年金保険料を払わないと最終的には差し押さえまでいくらしいですから嫌々払っています。方や収入の少ない人はこの限りではないそうですから不公平なものです。

  2. 掛け捨ての制度はよさそうですね。

    ただ、ベーシックインカムにしてしまい、年金そのものを無くしてしまったほうが、役人の余計な手(平均寿命を算出するだとか、平均寿命に達したかどうかなどの判断も含めて)を排除できるので、よりよさそうに感じます。

  3. 消費税は実質関税の役割を果たす為、自由貿易論者は廃止を訴えるべきであろう。

  4. 基本的に、貧乏人より、お金持ちのほうが長生き。 
    生涯未婚者は平均寿命が7~8年低い。低所得者は、宝くじには当たらない。
    やりきれないが、世の中そんなもんだ。

  5. 年金や生活保護、医療も含めた社会保障は人々の善意で成り立つものだと思います。困っている人を助けた方が良いと思う人で、お金がある者は寄付をそうでない者はボランティアをする。自分は人を助けたくはないが、自分は助けてほしい、そんな人も当然いますが、それでいいのではと思います。
    今の賦課方式は人々から、人生の先輩を敬う大切な心を奪っていっている。そんな気がします。

  6. (老人の世話したくないなぁ・・・そうだ、必要なお金だけ渡しておけば自己責任で勝手に生活してくれるじゃん!)
    「老いた人々は収入を得るすべがありません。なので現金を支給すべきです!」
    「そ、そうだな・・・年金ってのはどうだ?」
    「粘菌ですか?死にそうになったら勝手に群れを作って子孫繁栄のために破裂するという・・・」
    「いや、年齢金だよw。ある一定の年齢になったらお金を支給する。
     負担は当然現役世代の人間から均等に徴収する」
    「いいですね。60歳以上の高齢者はせいぜい増えても人口の1割以下ですから、それで十分賄えますよ」
    「よし、『国民年金』これで決定だ!」
    (おじいちゃんおばあちゃんごめんね・・・仕事が忙しすぎるし
    他にやりたいこといっぱいだから老後の面倒は見れないよ。時代は変わったんだ・・・
    でもお金あげるから安心してね・・・)

  7. どんな制度でもいいけど、明らかに損することがわかっているのに強制的に取られているから腹が立つんだよな。
    健康保険なんかも結構取られてるけど、複雑だし、ある意味仕方ないって思えるから、それほど不平が出てないけど、年金ってやっぱりねずみ講なので確実に若い世代は損するのが目に見えてるから、どんな制度にしても不平はでるよ。
    錬金術でも無い限り、無理だもん。まあ、今の年金は今もらってる人にとっては錬金術だけどねぇ。

    個人的には健康保険の方が腹たったりするけどね。結構高い金額取られてるのに、最新医療とかいろいろ保険外もあったりして必要なときに使えないのに、老人の茶飲み診療のためにたくさん使われているとか聞くと払う気なくなってくるよ。

  8. 高所得者に値する者です。
     が、再婚のために前妻への慰謝料・財産分与などの支払い及び
     月平均5~8回はある冠婚葬祭、部下への慰労会や二次会の支払い、親の介護など
     毎月の支出がとても大変な生活状況です。

     年金の掛け捨てなど、とんでもない話です。

     何が普通かと・・・

     一生懸命に働くのは、先行きに目標となるものがあるからでしょう?
     夢を叶えるために、必死になって働くのではありませんか?

     所得が増えれば、それなりの支出も増えるのが当然です。

  9. 大体にして1番の問題は選挙のために政権与党が選挙を有利にするために
    老人に大盤振る舞いしてきたのが、
    年金や健保の問題点なんよ
    アメリカなんか健保で月3万支払わんと保険医療が受けれんようになってるんよ?
    それ考えればかなり安いと思うよ
    結局の所、過剰福祉で日本の国内の借金がヤバいことになってる訳やから
    それを考えれば、速やかに国民皆保険事業を民営化すべきと思うけどね
    それで保険と政治を切り離すべきやと思う
    そしたら財政赤字で保険や年金を補填する必要はなくなるわけやしね

  10. 掛け捨て・積み立て

    意味わかってんの?(コメントしてる人も含めて)

    そんな問題?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。