どうすれば「恐竜の頭」が見つかりますか?


N.Bさん

橘さんはじめまして。僕は下記について夜も眠れないほど真剣に考えています。ぜひ橘さんのアドバイスをいただきたくお願いいたします。

『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』を読み、「伽藍を捨ててバザールに向かう」決意をしました。ですが具体的にどうすれば実現できるかが思いつきません。好きな分野でブログを書いて広告収入(アフィリエイト)を得る程度のことしか考えられません。「好き」を仕事にして家族を養える程度の収入を得る方法には、例えばどのようなやり方が考えられますでしょうか?

*                   *                   *                   *                   *                   *                   *                   *

同様の質問をほかにもいただいていますが、「これをすればいい」という具体的なアドバイスは私にはできません。

そのかわり、「成功」における運や偶然について、最近思ったことがあるので、それについて書きます。

先日、邱永漢さんと食事をする機会があり、「必要は発明の母、偶然は成功の父」という話を伺いました。今年で86歳になられた邱さんは、これまでの人生でたくさんの成功者と、それよりもずっと多くの失敗したひとたちと出会ってきたわけですが、「計画を立てて、そのとおりに成功したひとは一人も見たことがない」といいます。

私はこれまで、偶然(運)をうまく説明することができなかったのですが、邱さんと別れたあとで、六本木ヒルズの前を歩いているときに、突然、『残酷な世界~』で書いたこととつながりました。その仮説を、次のような例で説明してみます。

私はいま、深い森のなかで道に迷っているとします。地図も磁石もなく、空は樹木に覆われて太陽も星も見えません。

しかしこの森がバザール空間であれば、とにかく歩き出せばどこからかフィードバック(評価)が返ってきます。どの方向に歩き出すかは勘に頼るしかなく、どこからどのようなフィードバックが来るかはわかりません。すなわち、まったくの偶然です。しかし、そのフィードバックを活かすことで、深い森を抜けられるかもしれません。

このように考えると、「成功」に必要とされるさまざまな資質を整理することができます。

  • どこからフィードバックが来るかは、偶然(運)です。
  • そのフィードバックを聞きとれるかどうかは能力です。
  • 正しい方向がわかったとして、一歩を踏み出せるかどうかは決断です。
  • その方向に歩きつづけられるかどうかは努力です。

しかし、歩いているうちにフィードバックは変わってきます。突然、聞こえなくなったり、ネガティブなものに変わってしまうこともあるでしょう。

  • そのとき、立ち止まったり方向を変えたりできるのが勇気です。

ありきたりなたとえですが、ここでいいたいのは、最初のフィードバック(偶然)がなければ永遠に森からは出られないということです。

伽藍の世界は、原理的に、ポジティブなフィードバックが送られてこない死の世界ですから、いつまで待っても「偶然」は訪れません。脳は物理的に頭蓋骨に閉じ込められていますから、伽藍からバザールへ出る方法を考えているだけでは、無限ループに落ち込むだけです。

ヒトは社会的な動物なので、他者からの評価を参照しながら前に進んでいく基本設計になっています(遺伝子決定論?)。この仕組みを利用する以外に成功への道はなく、すべては常に偶然(初期値のわずかなちがい)から始まるのです。

抽象的な話になってしまいましたが、なにかのお役に立てば幸いです。

*******************************************************************************************

お問合せはこちらから。
なお、すべてのご質問に回答できるわけではありません。また個人的なご相談には対応できませんので、ご了承ください。

コメントを閉じる

7件のコメント

  1.  はじめまして。はじめてコメントさせてもらいます。 このブログを読み始めたのは『世界にひとつしかない黄金の人生設計』のプロローグを読んだからです。自分が今まで思っていた疑問がすべて解決されました。冷静にそして論理的に事実を見ているところがとても共感しました。
     『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』では、なんかそんなところがなくて、遠い話のように感じて、ふーんて思いながら読み終えてしまいした。知りたいことはもっと具体的な話でどうすれば自分の理想(成功)に近づけるのかということで、遺伝や進化だからしょうがないではなんの答えも、ひらめきも、方向性もでてきませんでした。
     多くの人が知りたいのは、どうすれば成功できるのかということで、なので「必ず成功する」というようなタイトルの本が売れていて、そして読んでも成功などしないということを繰り返しているのだと思っています。そんな自分もその中の一人です。
     そして今回のブログの「恐竜の頭」をみつけるということに反応してしまいコメントをかいてしまったというわけなんです。読んでみて今回も抽象的すぎて遠い感じがしました。しかし、運ということは最近自分も思っていて、その偶然をキャッチできる自分でそのとき決断をし、継続させていく。ということは何となく分かったような気がします。今は、運は人が運んでくるということで第1段階のところでいろんな人に会うようにしています。毎日つねに成功を意識していれば、聞き取れる能力はなくならないと思います。
     今は今回のNBさんと同じく、FXで稼ぐというようなことしか思い浮かばないのでその勉強と資金を貯めています。本当は会社などを興したり、仕事で上を目指したりすることがいいと思うのですが、学歴もなく大きい企業には入れないし、起業するほどの資金も頭もありません。結局は自分が魅力ある自分に成長することが人を惹きつけて近道になるということは分かるのですが、性格を変えることは難しいことを実感しています。人と話すことが苦手なのに誰とでも気軽に話せるようになるということでさえも簡単にはできません。ここが成功本を読んでも何も変わらない部分だと思っています。なので突き詰めるとNBさんや自分のようにネット関連と人と接することが少ない方へ行くのだと思います。
     乱筆乱文長文すみません。これからもブログは読んでいきます。冷静で論理的に事実を冷酷に教えて下さい。

  2. はじめまして。先生の著作を欠かすことなく愛読している30代の男性です。
    このようなサイトを立ち上げて下さりありがとうございます。

    「残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法」を拝読し心の底からそのとおりと実感することばかりです。
    私は「伽藍を捨ててバザールに向かう」ことを数カ月前に決断しました。
    もといた職場は典型的な伽藍の世界でした。
    顧客からは独立(起業)を進められましたが、そこはすでにレッドオーシャンです。またその世界も伽藍であることを知っています。
    また独立すれば今までよりも収入が増える見込みが大きいのですが自分のリスク許容度を超えていると考えました。
    さらに独立すればひたすら他人にサービスを提供するだけの生活となり、現時点では私生活(子育て)にも時間を要するのでそれは難しいと判断しました。
    そこでサラリーマンとして生きながら(=労働を他人に提供する時間を限定しながら)も伽藍を捨ててバザールに向かうことを考えました。
    恐竜のしっぽの存在は同職種の人々なら皆知るところですが、多くの人々はそっぽを向かれている領域です。
    そこではまだ競争率は比較的低く「頭」は簡単に見つかりました。あと必要なのは本当にそちらへ進むかどうかの決断だけでした。
    3ヶ月の間夫婦で悩み、ついに決断し、実行しました。その決断は簡単なことではありませんでしたが、実行してみた現在は順調な滑り出しです。むしろ順調すぎて怖いです。(なにか落とし穴があるのではないかと)
    私の戦略はサラリーマンとして国家に搾取されながらであっても株式などの投資行動(もちろん臆病者なので先生の著作を拝読し入門しました)でリスクを取り両者からバランスのよい果実(時間、収入)を得ることです。
    現時点では考えられるその最適曲線上に乗ることができたと思っています。

    また子どもの能力や人格形成の多くの部分が遺伝的に決定されるという論旨も経験的に深く同意・実感します。
    目から鱗が落ちる内容で、少なくとも私や妻は子育ての方法論においてあまり悩まなくなりました。
    衣食住の環境を与えた上できちんとしつけをし、あとは子どもの好きなようにやらせようと思います。

    先生は私の人生を一変させてくださいました。感謝いたしております。
    これからも著作を楽しみにしております。

  3. 一つの事例ですが、「政府が進める政策」に伴ってこぼれ落ちる「黄金の羽」を丹念に拾ってゆくという方法があると思います。
    たとえば、現在政府が進めている政策に「地デジ化」というものがあります。
    この政策の是非はともかく、それに伴って発生する「旧型TV」などがありますが、これは本来「家電リサイクル法」に基づいて消費者から運搬料と処理料を何千円かとって処理されていますが、
    現在うちのまわりでも「無料回収」と題して回収しているところがいくつかあります。無料で回収してもやっていけるということは、なんらかの資源として有価で引き取ってくれるところがあるということで、早めに地デジ化して有償でテレビを処分した人がバカを見るという構造なのです。
    つまり、政府や自治体の行う政策は、たいてい「ぬけている」ので、それの裏をかくようにすれば「黄金の羽」は見つかるのではと思います。
    ゆめゆめ政府の政策にのせられることのない様に状況を見極めることが肝要だと思います。

  4. 「伽藍を捨ててバザールに向かう」「恐竜の頭」を見つける。
    とてもわかりやすくて、また、良くも悪くも人生を変える大きな意味をもつ言葉ですね。

    「恐竜の頭」は見つかりますか? 恐竜の頭の意味は? そもそもそんなものあるの?
    そんな疑問が浮かびますが、それを人に聞くことがそもそも無意味な気がします。
    (3番目の質問について私的にはそれは無数にあると確信しています。)

    バザールに向かうとは、広大なネットに繋がることだと思いますがそこから全て自分で声を聞きながら、自分で考えて進む必要があると思いました。

    検索エンジンで「感動」と検索するだけで一日泣けるような無数の動画やサイトに出会うことができます。(これは最近知った事実でしたが)

    次に自分が人に与えられるニッチな感動は何かを考えることが、自分の恐竜の頭を探すヒントになるのではないでしょうか。

  5. 伽藍(閉鎖空間)とバザール(開放空間)は政治空間と貨幣空間に似ていると思います。
    これもネットワークの視点で眺めると解読しやすくなります。
    ネガティブフィードバックとポジティブフィードバックはリスクとリタンに関連するでしょう。
    支配従属空間と自由市場空間の違いですし、流動性の違いでもあると思われます。
    これらは革命のヒントになるのですが、
    もう武力や騒動などのタイプの革命は途上国ぐらいでしか起こらないでしょう。
    代わりに新しいタイプの革命が起こります。既にみなさんは見て知っているはずです。

  6. ネットワーク経済学。

    流動性のわな。

    複雑系のスモールワールド。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。