消費税引き上げを延期しても家計が苦しくなる理由 週刊プレイボーイ連載(242)


2017年4月から消費税を10%に引き上げるかどうかが議論になっています。ここで、消費税が2%上がることと、それ以外の税・社会保険料のコストをざっと計算してみましょう。

年収300万円でかつかつの生活をしている若者で考えてみます。貯蓄の余裕はまったくないでしょうが、家賃には消費税はかかりません。アパート代を年80万円(月額約6万5000円)とすると、残りの220万円が消費に当てられます。税率8%なら消費できるお金は約204万円、税金は約16万円です。これが10%に上がると200万円+税20万円ですから年間4万円の増税になります(食品等には軽減税率が適用されます)。

それに対して所得税は、サラリーマンの場合、給与所得控除など各種控除を差し引いた課税所得約120万円に5%の所得税率が課されて6万円、住民税は東京都区部で約4万円で計10万円です。自営業者は仕事に必要な経費を差し引いて自分で課税所得を計算するのですが、ここでは同じ税額としましょう。

この若者がアルバイトなどで生計を立てていると、国民年金の保険料は月額1万6260円(平成28年度)なので、年19万5120円です。

国民健康保険は医療分・支援分・介護分(40~64歳)に分かれ、さらに均等割と所得割があって複雑なのですが、東京都区部の1人世帯では、概算で39歳以下なら年約18万円(40歳以上で約22万円)になります。ざっくりいうと、国民年金と国民健康保険で約37万円(40歳以上で約41万円)が徴収されるのです。

この負担をもういちど整理してみましょう。

年収300万円の自営業の場合、消費税負担が約16万円、所得税・住民税が約10万円、社会保険料(年金+健康保険)が約37万円(39歳以下)です。これをすべて足すと約63万円で、総収入(300万円)に対する負担率は21%。年収300万円のフリーターでも月約5万円を税・社会保険料として支払い、実際に生活費として使えるのは月額20万円弱しかないことになります。

こうして見ると、家計を圧迫しているのは「税金」以上に、年金・健康保険料なのは明らかです。そしてこの社会保険料は、気づかないうちにどんどん値上げされているのです。

国民年金は10年のあいだに17%以上も引き上げられました。国民健康保険は計算方法が複雑に変わっていますが、1990年代に比べてほぼ2倍になっています。こんなに負担が重くては、年金や健康保険料の滞納が増えるのも当然です。そのうえこの引き上げは、厚生労働省や自治体が国会などの審議なしに勝手に決めているのです。

だったら低所得者層の負担を減らせばいいのでしょうか。実はそうもいきません。高齢化で社会保障費用がどんどん膨らんで、日本の財政はにっちもさっちもいかなくなっているからです。ここでは自営業者を例にあげましたが、負担はサラリーマンの方がさらに重く、健保組合の保険料は9年連続の引き上げで負担増は5万円を超え、2020年にはさらに15万円増えると経団連は試算しています。

ひとびとは2%の消費税引き上げで大騒ぎしますが、不思議なことに、それよりさらに金額の大きな社会保険料についてはなにもいいません。たとえ消費税率を据え置いたとしても、社会保険料で毎年「増税」しているのでは、家計は苦しくなるばかりで景気がよくなるはずもないのです。

『週刊プレイボーイ』2016年5月16日発売号
禁・無断転載

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン タグ: , パーマリンク

消費税引き上げを延期しても家計が苦しくなる理由 週刊プレイボーイ連載(242) への7件のフィードバック

  1. 774 のコメント:

    黄金の羽初版から言い続けてますね(笑。
    まぁ60代以降の何割が自分の得た死活に直結する権利(まさに既得権)を手放せるか?って話で破綻するまで無理でしょう。責められないですわー。

    年金減額&生保でセーフティーネットってのが効率的でしょうが、老人は自尊心の問題も大きいでしょうしね。

    このままの調子で行けばどっかの段階で均衡点を超すんで(負担が耐え切れなくなるか、補てんの国債消化がおかしくなるか)そんなに気にしなくてもいいんじゃないでしょうか。

    自己防衛だけ考えて蓄財しとくしかないですよね。

  2. 大岩四丁目  のコメント:

    日本独特の源泉徴収の制度が、いかに使用人連中の脳を破壊しているかです。

    自分で申告している人達は、タメ息や軽い殺意まで感じながら会計作業している
    と思いますが、雇われ人達は「天引き」された手取り分しか意識しませんから。
    橘元編集者のように、自分の給与明細を見つめて奇妙な税制への旅を始めたりは
    滅多にしません。

    先の戦時中に生まれた「国が天から奪ってしまう」システムは、もちろん大政翼
    賛会的な全体主義の産物です。大敗戦後、国が財政破綻したので、主に官僚達が
    この収奪システムを温存し、火事場ドロボウしたのです。旧大蔵省は盗人です。

    でも、毎月毎月強奪されているのに「消費税2%ハンターイ、いや、サンセーイ」
    とか、橘さんが言われるように目くそ鼻くその世界です。日本人の多くを占める
    勤め人達は、戦時末期から今もバンザイ攻撃や特別攻撃を続けている事になります。
    そりゃ、電車が恋しくもなります。

  3. 尖沙咀 のコメント:

    だから、橘さんに期待しているのは、

    いかに年金・健康保険料などの支払いをちょろまかして、
    受益だけはしっかりいただくという
    「黄金の羽根の拾い方」
    なのです。

  4. 禿同 のコメント:

    >>いかに使用人連中の脳を破壊しているか

    彼ら使用人連中の多くがそのことに気付いて投票所に顔を出すころには
    制度を維持したほうが得な年齢に近くなっているから
    やっぱり現状は彼らの合理的消極的選択の結果なんでしょうね

    残念な話ですw

  5. フジ のコメント:

    平日昼は元気な高齢者が外食や習い事やサークルなどのメンバーと楽しそう。まだまだ人生長そうだし、少し働いて税金を納めてもらえばいいのに。働きたくても働く場がない、
    お金も沢山あるわけでもないからお金のかからない時間潰しの遊びしかないといっていたなぁ。

  6. 匿名 のコメント:

    住民税が東京都区部で約4万円?
    区民税6%と都民税4%で合わせて10%では。

  7. qwerty のコメント:

    リタイヤ世代にとって見れば、社会保障費がいくら増えてもウエルカムですね。むしろ貯蓄全体に課税される消費税は大反対ですね。現役世代がこの問題に少しでも気づいて行動を起こさないと変わりませんね。
    リーマン直前の状況に近いと言うことで(笑)、消費税増税延期はほぼ決まりの様ですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


(必須)

名前欄が「匿名」だと投稿できない場合があります。コメントが反映されない場合はこちらをごらんください。