第35回 意外に身近なミリオネア(橘玲の世界は損得勘定)


 

グローバル資本主義を批判するひとたちがウォール街を占拠してから、「1%の金持ちと99%の貧乏人」というのはすっかり決まり文句になった。たしかに、とてつもない大金持ち(ビリオネア)がいる一方で中産階級が貧困層に没落していく構図は先進国に共通している。

しかしその一方で、まったく異なる景色を見せてくれるデータもある。

スイスの大手金融機関クレディ・スイスが2012年10月に発表した世界の富裕層ランキングによれば、純資産100万ドル以上を持つ富裕層は1位がアメリカの約1100万人(人口比3.5%)、2位が日本の約360万人(同2.8%)、3位がフランスの約230万人(同3.6%)となっている。

「ワールド・ウェルス・レポート」(2012)ではイギリスの資産運用会社が、居住用不動産を除いて100万ドル以上の投資可能資産を持つ富裕層の数を推計している。それによれば1位はやはりアメリカの約300万人(人口比1%)で、2位は日本の約180万人(同1.4%)、3位はドイツの95万人(同1.1%)だ。これを富裕層の定義とするならば、日本はアメリカを抜いて、人口比では世界でもっともゆたかな国になる。

日本では、自宅不動産を含めて1億円以上の純資産を持つひとが360万人、投資など自由に使える1億円以上の資産を持つひとが180万人いる。これはどういう数字なのだろうか。

国勢調査によると、2010年度の日本の世帯数は約5200万、1世帯あたりの平均は2.46人になる。そこで「ミリオネア世帯」の比率を計算してみると、居住用不動産込みで人口の約7%、14世帯に1世帯が「億万長者」ということになる(自宅を別にすれば全世帯の約3.5%)。

これはアメリカも同じで、1100万人の富裕層を総世帯数の1億1700万で割ると、その比率は9.4%になる。じつに10世帯に1世帯が「ミリオネア」なのだ(ちなみにこれはフランスも同じ)。

「大金持ちはわずか1%」という数字は氾濫しているが、「先進国では10人に1人がミリオネア世帯で暮らしている」というデータはほとんど無視されている。「格差社会」を批判する社会運動家にとって、富はけっこう均等に分布しているというのは不都合な事実だからだろう(日本の場合、「富は高齢者に偏在している」とはいえる)。

ビリオネアは10億ドル(約1000億円)以上の資産を保有する超富裕層で、私たちのほとんどは縁がない。だが日本やアメリカのようなゆたかな社会ではミリオネアになることはけっして不可能ではないし、実際に10人に1人は“ミリオネアの暮らし”をしているのだ。

努力すれば誰でも億万長者になれる社会では、貧乏は自己責任になるほかはない。現にアメリカではそのように考えられている。

私は個人の責任を過剰に問う社会が素晴らしいとは思わないが、ゆたかな社会の現実を否定することにも意味はない。良くも悪しくも、私たちはこういう世界に住んでいるのだ。

橘玲の世界は損得勘定 Vol.35:『日経ヴェリタス』2013年9月8日号掲載
禁・無断転載

コメントを閉じる

31件のコメント

  1. 内容の薄さもさることながら、週刊誌に連載された記事であるにもかかわらず誤植がありますね。
    ビリオネアは1億ドル(約100億円)→billionareは10億ドル(約1,000億円)
    英語で考えれば常識でしょう・・
    また、いつものことながら、統計を曲解して使用していますね。意図的に誘導していることを願いますが、橘氏が論理的な間違いを理解していない可能性もありそうですね。
    ほかにもツッコミどころ満載ですが、いいとしましょう。
    そもそも、HNWIに焦点を当てる欧米の金融機関のレポート自体に統計的な意味がほとんどないと言ってしまえばそれまでですから。
    ところで、マネー系の話題では、橘氏の考え方に基本的に同意するのだが、ただ、彼の不動産との付き合い方だけは理解に苦しむ。リスクが大きいという理由だけで、理論と現実が乖離し、歪みの大きい分野を捨てるのはもったいない。実際にはリスクが大きいわけではなく、金額が大きいだけだ。手堅く儲かる機会があちこちにころがっている。
    まあ、レベルの低いサラリーマンが中心だとみられる読者層を考えれば、橘氏のアドバイスは100%正しいのだが。
    記事でも指摘されているように、日本は豊かな社会ですよ。今のところはね。

  2. 以前、教養の高い人間と接するとどうとか言っていた人は(橘センセーを含め)レベルの低い人やその発言を見聞きすると己の優越感に打ち震えるのかね。

    2割は2割同士の閉じた世界で互いを認め合ってれば良かろうに。

  3. いやいや、この必死さがイタいんですよwww
    必死だからコメントが支離滅裂になり、主張に一貫性がない。
    一貫性がないから、まともな文章の体を成していない。(本当に知識豊富ならもうちょっとまともな文章が書けそうだが)。
    批判するだけならサルでもできる。
    非リアは分かり易いww
    少なくとも、ここでは誰も必要としていないのだが非リアは取り敢えず「俺はここに居るよ!」って必死になるw
    賢い皆様、ここが炎上すると悪いので、批判を浴びる悪者は私だけで結構です、スルーしてください。
    立派な見識があれば以前と主張を転換するとは思えないので、ご本人もスルーして下さるものと思われるが。

  4. ビリオネアに関しては、修正されたようですね。

    1億円の金融資産を持っている人を金持ちと表現するなら、それは大勢いるでしょう。
    ただ、1億円程度では金持ちとは言えないと思う。銀行の利子だけで食べていければ
    金持ちだと思う。銀行が潰れたらどうする? というような疑問はさしおいて・・。
    実際のところ、老人用のマンションなど、5000万円を超えるので、1億円程度では
    全く余裕がない。

    要するに、1億円程度の金融資産を金持ちと称するから話がおかしくなる。
    少なくとも10億円あたりが基準だと思う。半年くらい前に週刊東洋経済で
    金持ち特集を組んでたけど、やっぱり10億円以上の金融資産がある人を
    金持ちとしていた。

    統計のベースが違っていたのでは、議論になりようがない。10億円以上
    に限れば、1%の金持ちと99%の普通人ないし、貧乏人という評価はあて
    はまるんじゃないの? (私は計算してない)。

  5. >いつものことながら、統計を曲解して使用していますね。

    どこを曲解しているのか、ぜひともご教示願いたい。

    >実際にはリスクが大きいわけではなく、金額が大きいだけだ。

    リスクって「ある事象の変動に関する不確実性」のことだから、
    金額関係ないと思うんだけど、意味変わったのかな?

  6. 去年遺産を相続して、最近の株高もあって、不動産もあわせた総資産がちょうど一億になりました。

    自分でも意外でしたね。一億あっても意外と使い道がない。

    年収300万円の契約社員なので、暮らしは基本的にはフツーです。

  7. 1世帯に複数人のミリオネアがいる可能性もあるので、富裕層人口を世帯数で割って10世帯のうち1世帯にミリオネアがいるという結論には無理があるのではないでしょうか。統計の扱い方がやや乱暴だと感じます。

  8. それと、多くのミリオネアは目立たない地味な存在のようですね。ケチじゃなくてジミで、
    自分がミリオネアでお金持ちという自覚が希薄のよう、実際に自覚してないと思える程。

    ウチの隣のイエは賃貸物件をたくさん持っててミリオネアですが、普段は軽トラで地元温泉
    へ通い、メインはプリウスの型落ち。晩ゴハンのおかずを、お裾分けに持ってきてくれるよう
    なミリオネアです。

    ただの倹約家でないのは、タマに身内にデカいプレゼントをしたりするのでわかります。
    一言で言うと、お金に対してガツガツしていない。潤沢なキャッシュフローがあっても、
    欲しくもないモノは買わないし、欲しいモノにはドカンと使う。ストレスフリーです。

    お察しのとおり、都市近郊の元農家です。もし東京都区内であったら、ちょいと道順を尋ねた
    畑の中の腰の曲がった農家のバアさんが、実はビリオネアという事もあるのではないでしょう
    か?

    戦前までは、あまりレベルの違わなかった都市とド田舎の専業農家。片やビリ・ミリオネアで、
    他方は過疎化の限界集落として貧困の中で消滅してゆきます、住んでる所が悪かった。

    あんまり努力しなくても誰でも億・百万長者になれる社会では、貧乏は運の尽きが原因となる
    ほかない。現にトレーダーの世界では、そう考えイッパツ当てようとして倫敦鯨になったりし
    ている輩がいますね。

    私は個人のツキを過剰に問う社会が素晴らしいとは思わないが、ゆたかな社会の現実を否定
    することにも意味はない。良くも悪しくも、私たちはこういう世界に住んでいるのだ。
                                
                                

  9. ツッコミどころ満載ならぜひツッコんでください。
    じゃなきゃ面白くない。

  10. 興味深い内容ですね。 確かに一部の地主資産家を除いても、現在の高齢者世代で1980年以前に不動産を買う機会に恵まれ、公務員か大企業の社員として定年まで無事勤め上げられた人にとっては、純資産1億円は十分可能な水準だと思われます。 逆に現在の50代以下の世代でバブル期以降に不動産を買ってしまった人は、資産価値より住宅ローン残高(金利込み)が上回る債務超過状態に陥っているケースが多々あると考えられます。 それでも何とか定年まで無事行ければ退職金で何とかなるのでしょうが、実際にはリストラ・早期退職・子会社出向・病気で中途退職など色々なリスクが存在し、実際そのような状態に陥り人生のコースから転落している人が多いのも事実です。 橘先生がいろんな著書で書かれている、不動産購入のリスクはまさにこの様なことだと思います。 テールリスクと思われたものが実はファットテールだった、つまり確率がかなり低い(または無視出来る)と思われたリスクが実際にはかなりの頻度で起こる、と言うことだと思います。 私の周囲にも、そのようなリスクを背負い薄氷の上を歩むような生活を送っている人が沢山います。  

  11. >現在の高齢者世代で1980年以前に不動産を買う機会に恵まれ、公務員か大企業の社員として定年まで無事勤め上げられた人にとっては、純資産1億円は十分可能な水準だと思われます。

    「となりの億万長者 〔新版〕」によると、
    億万長者である彼らのほとんどは、
    ありふれた職業と家庭をもつ「普通の人々」だそうです。
    公務員とか大企業の社員限定ではありません。
    ただ、彼らに共通しているのは「ドケチ」とのことです。
    だからこそ、10人に1人が億万長者なのに、
    目立たないし気づかれないのではないでしょうか。

  12. 建設的批判ならな。

    じゃ、遠慮なく突っ込ませていただくw
    おそらく、基本的にここの賢者の皆様はほとんどが知的好奇心の刺激を求めて
    来訪されている。(上記コメント、他を見れば明らか)
    よって、小学生レベルの快楽を求めるのはスレ違いw
    議論とは建設的批判の元、討議を交わすことが内容的にも充実し、
    白熱する。建設的批判と「えっへん、俺ってすごいだろ~~」という借りてきた言葉でしか
    語れない、前後不覚の小学生レベルの内容の違いを理解できないひともスレ違いw
    我々のような無駄なスペースを使う愚か者はほとんど居ないわけだ。
    静かに去ることを望む。

  13. 12

    いや、だからさ、ツッコミどころ満載だなんていってないで、
    きちんと内容にツッコンでくださいということ。

    そのツッコミがあってるか間違ってるかは読んだ人が判断すればいいでしょう。

    pt氏のようなコメントを見るとあなたは感情が揺さぶられるのでしょう。
    内容を見る前にね。

    たしかに、あなたは前後不覚の小学生レベルの感情的解釈をしているようですね。

  14. 申し訳ありません、おっしゃる通りです。
    悪いほうに解釈していました。心意気、理解いたしました。
    普段なら、ああいった不快な内容はスルーするんですが、感情的に許せなくなったので
    排除しようと思いレスしました。
    因みに、9さんのおっしゃる通り、ptは「つっこみどろこ満載~」等々の
    ご立派な意見を述べる割に、いつも表現が抽象的で、自分の見解を論理的に述べない所を突いて
    反証可能な意見を是非述べて貰おうと思って、今回追及しました。
    9さんには逆に不快感を与えてしまい、大変ご迷惑をおかけしました。

  15. だれが原因をつくったのか知りませんが、いい具合にコメントがあれてますね(笑)。
    義務教育レベルから日本語の勉強が必要な人やリスクの意味さえ知らない人がいるようで・・
    7氏も指摘しているように、異なる統計を合成して比率を取ることに意味を見出そうとする姿勢に無理があるのである。つまり暗黙の前提条件として一様分布を仮定することがダメ。この種の統計に意味があるとすれば、平均値ではなく、中央値である。
    そもそも個人に焦点を当てた富裕層統計にあまり意味はない。金持ちとは、どういうひとたちなのか考えればわかることだろう。

  16. >義務教育レベルから日本語の勉強が必要な人やリスクの意味さえ知らない人がいるようで・・

    このコラム及びこのコラムに対するコメントで誰のどの部分がそうなのか具体的に例示してくれるとありがたいんだがね。

  17. 橘様の著書は色々読んでいて、分析する視点は非常に興味がそそられますが、今回のこの記事は、事実に反しているように見て取れます。比率計算の単位が違っているように思えます。クレディ・スイスの調査では、日本人一人あたりの居住用不動産を含めた資産で100万ドル以上を所有しているのは360万人としています。そして、三菱UFJメリルリンチPB証券株式会社から公表されている「ワールド・ウェルス・レポート」では、居住用不動産を除いた投資可能な資産を所有しているのは、180万人としています。橘様の比率計算においては、日本は国勢調査の結果から5200万世帯あるとしているため、ミリオネア人口の約7%(360万人/5200万世帯)、自宅を別にすれば約3.5%(180万人/5200世帯)としています。しかしこれでは、分子が人で、分母が世帯になっています。むしろ世帯に単純に換算すると、国勢調査から1世帯当たりの平均は2.46人であれば、360万人/2.46人で、146万世帯、180万人/2.46人で73万世帯となるため、ミリオネアの世帯は、居住用不動産を含めた資産では、2.8%(146万世帯/5200万世帯)、居住用不動産を除いた投資可能な資産では、1.4%(73万世帯/5200万世帯)になると推計できます。別の調査結果ですが、2012年11月22日に公表された野村総研(NRI)の富裕層調査では、ドルとの単位の違いはありますが、1億円以上の純金融資産を所有している世帯は81万世帯としています。これらの調査は、居住用資産を含める、居住用資産を含めない投資可能な資産(投資用不動産を含むかは不明)、純金融資産調査とそれぞれ調査の視点の違い、または調査時期、範囲、単位の違いはあリますが、上記のワールド・ウェルス・レポートから導いた73万世帯(100万ドル以上の居住用不動産を除いた投資可能な資産)とNRIの81万世帯(1億円以上の純金融資産)は、近い値になっているように見て取れます。むしろ1億円の金融資産を所有できる世帯は相当少ないように思えてきます。73万世帯であれば、73万世帯/5300万世帯から1.4%となり約71世帯に約1世帯、また居住用不動産を所有しても2.8%のため、約36世帯に約1世帯という結果になります。金融資産で1億円以上を所有する世帯になるのは、それほど簡単ではないと考えられます。むしろ金融資産の所有状況は、生計を同じくする世帯を単位にしたほうが経済状況を読みやすいように思えます。

  18. 世帯員全員がミリオネアっていうのは、どう考えても無理があるでしょう?

    大半は一人、せいぜい二人じゃないんですか?

  19. 北の国から氏のご指摘通り、確かに、単純に2.46人という数字には無理がありましたので、1世帯で、資産を所有している人を想定すると1人か2人ですね。さらに高齢者に富が偏在していることも考慮すると、1.8人くらいが妥当かもしれません。そこで再度計算し直すと360万人/1.8人で200万世帯、180万人/1.8人で100万世帯くらいでしょうか。その結果、居住用不動産を除く層では、100万世帯/5200万世帯から1.9%となり約52世帯に1世帯、また居住用不動産を含める層では、約26世帯に1世帯という結果になりますね。先ほどの私のコメントでは、為替を考慮していませんが、この当時の調査時においては、1ドル80円程度だったように思いますので、居住用不動産を除く層では、円を基準にした場合の1億円以上の純金融資産を所有する層は、ますますNRIの結果(81万世帯)に近づくようにも思えてきます。何れにしても金融資産でミリオネアになれるのは、比喩が適正かわかりませんが、1学年200人とすれば、3人~4人程度になりますので、かなり競争率は高いように思えてきます。

  20. tokumei2 さん

    1.8人にして世帯を基準にするなら、「世帯の合計の資産」になりませんか?であれば、5000万+5000万でも 7000万+3000万でも、3000万+3000万+4000万でも良いことになりますから、一億円以上の「個人」という最初の統計自体が意味をもたなのでは?

    >1学年200人とすれば、3人~4人程度になりますので、かなり競争率は高いように思えてきます。

    私が中学生のころは1クラス40人以上いたので、「1-2クラスに1人はミリオネラになった」ということになります。なので、結構多いように思えます。

  21. 北の国から氏の再度ご指摘通りですね。むしろ世帯で見ると、金融ミリオネア層は、多くなりますね。180万人は、個人が100万ドル以上所有していますので、老夫婦であれば2人で200万ドル以上のケースもあるでしょうが、そのような世帯は限られますね。むしろ世帯合算(5000万円+5000万円)で100万ドル以上を所有している層の方が多いでしょうから、金融ミリオネア世帯はかなり存在するということになりますね。橘氏の指摘はかなりあっていることになりますね。となると、NRIの富裕層調査の81万世帯については、為替や調査範囲等の違いはあるにしても開きがあるようにも思えてきます。

  22. 正しい統計を導こうという発想が理解出来ない、中央値が妥当でしょう。新発売のスマートフォンを買う為に並ぶ列を見ただけで豊かさは感じますし、逆に配給や生活保護費に並ぶ人生に無責任な列もあるのがこの世界かと。統計というなら、あの購買の行列にどれだけ富裕層がいるか調べた方が面白い。
    一億以上という金額はおそらく「将来の金銭的な不安」はこれぐらいで払拭できるだろうという庶民レベルに照らし合わせたものでしょうが正直足りない・・・と自覚して初めて富裕層への道程が出来るはず。その為に国・地方の議員の元に参っては(献金活動)、税法の抜け道作成や税に有利な法律の維持に努める連中もいる・・・三世代以上に渡って。努力すれば誰でもお金持ちになれる(らしい)アメリカは、子供の頃からファイナンスしかり模擬投資の授業をしてますから可能性はありますよね。前に銀行の利子で世界旅行をされてる夫婦の事を余談で書きましたが、事業の不動産の顧客に海外のビリオネア家族がいたそうです。印象的な特徴は、「ディスカウント」知らず・・・それどころか倍返しでお礼が返ってきたそう(買った豪邸に社員を無料で招待しかつ無制限で自由な観光をしてくれと、全ての費用請求はこちら持ちでいう内容)。
    トリクルダウンが隔年して実現出来れば、何世帯であれ富裕層が存在すればいい。うちは3/4人で億単位は資産ありますが、全然富裕層なんて器じゃない。不安は解消出来ても上には上がいますから・・・。

  23. 自宅資産も含めて1億円は、少なくとも日本ではお金持ちではないですよね。
    「お金持ち」と言われてイメージする生活を送れるのは10億円くらいからかなと私も思います。

  24. 平均的な資産額ではなく、
    1億円以上の資産を持つ人の割合を計算するのに
    中央値を持ち出す意味がわからない。

    1億円以上の資産を持つ人を富裕層と定義するならばという前提条件があるのに、
    個々人の持つイメージで富裕層を語る。
    アンケートじゃん。

  25. >G氏

    単年の統計で導き出した結論(日本及び先進国は豊かだ)に疑問符なだけ、橘先生の統計や計算法は否定してません。ただどうしてもこれ(平均値)を成立させたい人達に言いたいのは、例えば人口が一億人に達してからほぼ最近までの比率のデータを提示する必要があるじゃないの?あくまで例えですが12人に1人から現在では10人に1人は定義上の富裕層が増えた・・・となれば、そりゃ豊かですねとなる。
    たった一年のデータで豊かさを図りたいならアンケートや中央値で充分かなと。また社会活動家に、10人に9人は満足な生活が出来ていないと、愚直で安易ですが逆手に取られる恐れだってありますよ。

  26. >あくまで例えですが12人に1人から現在では10人に1人は定義上の富裕層が増えた・・・となれば、そりゃ豊かですねとなる。

    昔に比べて豊かになったかどうかの話じゃないよ。
    「今」富裕層と定義される人が、どれくらいの割合でいるかの話だよ。

    >また社会活動家に、10人に9人は満足な生活が出来ていないと、愚直で安易ですが逆手に取られる恐れだってありますよ。

    そういう輩は、どんな数値だって逆手に取りますよ。
    そして、逆手に取られたところで、そういう輩の主張には全く説得力ないよ。

  27. 例えば(毎度内容厳し目だけど)、1や16の意見や感想の出し方があって議論や反論ありきになるんだけど・・・あなたには少し必要な事だと思う。無意味ですよ、あまり読解力テスト並みに他者と絡むのは。

  28. >これを富裕層の定義とするならば、日本はアメリカを抜いて、人口比では世界でもっともゆたかな国になる。

    なんでアメリカ除くの?アメリカ除いて最も豊か~とか言いたい理由でもあるん?

  29. >なんでアメリカ除くの?

    よく読んでからコメントしましょう。
    そんなことはひとことも書いてないから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。