釣銭の返ってこない世界と小銭のない世界〈エジプト旅行2〉


エジプトの古都ルクソールの国立博物館でのことだ。日本人のシニア夫婦が、切符売場の前で200エジプトポンド(約2,800円)札を握りしめて途方にくれていた。事情を聞いてみると、釣銭がないのでチケットを売ってくれないのだという。

博物館の入場料は1人80ポンド(2人で160ポンド)だから、釣りは40ポンド。ところが窓口の女性は、20ポンド紙幣がないので、10ポンドを加えて釣りを50ポンドにしないとチケットは売れないのだという。仕方がないので持ち合わせの小銭で両替してあげたのだけれど、考えてみればこれはずいぶんおかしな話だ。

入場料が1人80ポンドなら、釣銭は20、40、60、80ポンドのいずれかしかない。だったら20ポンド紙幣を窓口にたくさん用意しておけば、チケット売場での無用なトラブルはすべて解消できるはずだ。なぜこんな簡単なことに気づかいないのだろう。

だがこれは特別な出来事ではなく、この国のあちこちで出会う同じようなトラブルのひとつにすぎない。

ルクソールのカフェでビール(生ビール1杯10ポンドとものすごく安い)を飲んで50ポンド紙幣を出すと、ウェイターが3~4人集まって、全員の財布を出してお釣りを集めはじめた。カイロの大型ショッピングセンターで買い物をして、レジで100ポンド紙幣を出すと、店の女の子が小額紙幣を探してあちこちのレジを走り回る。ナイル川クルーズの豪華客船のフロントで両替を頼むと、スタッフは客のチップが入った封筒を逆さに振るばかり……。

発展途上国を旅するときに、高額紙幣を出して釣銭が返ってこない、というのはよく経験する。彼らはそれをチップと見なして、きまって「釣銭の持ち合わせがない」と言うから、旅行者は、タクシーなどに乗るときのために、できるだけ小額紙幣を手元においておこうとする。しかしエジプトでは、こういう典型的なぼったくりだけでなく、釣り銭を払おうとするひとまで小額紙幣を持っていない。そこは「釣銭の返ってこない世界」ではなく、そもそも「小銭のない世界」なのだ。

私の観察によれば、その理由は、エジプトが「安心社会」だからだ。エジプト人は、家族や血縁など近しいひととはきわめて強い絆をもっているけれど、その反面、身内以外のエジプト人を信頼していない。当然、店員やスタッフのことも疑っているから、経営者やマネージャーはできるだけ頻繁に現金を回収しようとする。こうして、スーパーのレジにすら釣銭がないという不可思議なことが起こる。

観光客にとっては、100ポンドや200ポンドといった高額紙幣はあまり使い道がない。そこでいろんな機会を利用して、5ポンド、10ポンド、20ポンドといった“貴重な”小額紙幣に両替しようとする。この国ではあらゆるサービスに対してチップ(バクシーシ)を払わなければならず、高額紙幣を渡しても釣銭が戻ってくることは絶対にないからだ。

その結果、博物館のチケット売場など、釣銭が確実に受け取れるとわかっている場所では、誰もが高額紙幣を使おうとする。こうしてただでさえ少ない10ポンドや20ポンド紙幣が枯渇して、冒頭のような場面が日常的に起こることになるのだ。

社会学者の山岸俊男は、『安心社会から信頼社会へ』などの著作で、家族や共同体の身内しか信用しないムラ社会を「安心社会」、見知らぬひとでもとりあえずは信用してみる社会を「信頼社会」と名づけた。山岸によれば日本はまだ安心社会で、それに対してアメリカなどの移民国家は信頼社会のルールが根づいている。そしてグローバル資本主義の世界では、ビジネスチャンスはムラの外にしかないのだから、“よそもの”とも積極的につきあう信頼社会に制度的な優位性があると論じた。

だがエジプトと比べると、日本もじゅうぶんに「信頼社会」だ。日本人は(とりあえず)社員やアルバイトを信頼するが、エジプトでは「レジのお金は持ち逃げされる」ということが商売の基本になってしまっている。

他人(身内以外のひと)に対する最低限の信頼がないと、市場はうまく機能しない。観光客はエジプトでぼったくられるかもしれないが、じつはそれ以上にエジプト人同士でぼったくり合うことになるからだ。

私が目にした例では、3日間しか案内しないツアーガイドが4日目の分も含めてチップを集めてしまい、新しいガイドがまったくチップを受け取れなかった、ということがあった。ツアー客(サウジアラビアから来た中国人の大学生グループ)に聞くと、「ガイドへのチップは1日あたり50ポンド」といわれ、4日間分を先払いさせられたのだという。エジプトのガイドはほとんどがフリーランスだが、同じツアー会社に雇われているのだからお互いに知らない間柄ではないだろう。これではまるで、「先にだました者勝ち」の世界だ。

でもこれを読んで、「エジプトってなんてヒドいところなんだ」とは思わないでほしい。冬のこの時期は最高の観光シーズンで、抜けるような青空を背景に悠久の時を刻んだ石造建築がくっきりと浮かび上がる。エジプトのひとたちはみんな一生懸命生きていて、基本的にはものすごく親切だ。豊かな国の旅行者がぼったくられるのはどこだって同じだし、それに加えて「市場とは何か」まで教えてくれるのだから、観光と同時に経済の勉強にもなる(これは皮肉ではありません)。

イスラム教徒とコプト教徒の宗教対立やチュニジアの政変の余波で、エジプトの観光業はいま危機に瀕している。旅行者が来なくなれば、私の出会った愛すべきひとたちは収入の道を閉ざされてしまうだろう。

たくさんの旅行者がこの国の魅力を体験し、そしていつの日か、ちゃんとお釣りをもらえるようになったら素晴らしいのに。

カルナック神殿の柱と青空


最後に、旅のTIPSを。これからエジプトに行かれる方は、米ドルの1ドル札と5ドル札があると便利です。ちょっとしたチップは1ドル札で済むし、感謝の意を伝えたいなら5ドル札でとても喜ばれます(米ドルのコインは受け取ってもらえません)。

コメントを閉じる

16件のコメント

  1. 香港でも、バスなんかに乗ってもおつりが出ないのが普通ですが、オクトパスカードの普及によってこの問題(お釣りが出ない)は解決しました。
    日本では電子マネーが乱立しているため、電子マネーの使い勝手が非常に悪いですが、香港ではオクトパスカードだけで生活することが可能です。
    電子マネーはこういった社会でこそ真価を発揮するのではと思います。(ソニーのフェリカの担当者様、こういったところに売り込んでは?)

  2.  チップというのもおかしなものですよね。
     「価格」という素晴らしい機能が死んでしまう。

  3. > チップというのもおかしなものですよね。
    >「価格」という素晴らしい機能が死んでしまう。

    アメリカなどのチップは、従業員の賃金補填という意味もあるそうです。
    日本では最低賃金というのがありますが、アメリカにはないので、給仕などのサービス業の時給は恐ろしく低いそうです。

  4. こんにちは。Philippinesに2年住んでいて チップのある生活に慣れていました。
    昨秋 Singaporeに越してきて、ここが全く!チップの習慣がないことを新鮮に感じました。
    物事が額面通り進むのは精神的にかなり楽ですね。
    米国にも長くいましたので従業員の給料とチップ収入の事など本人たちから時々聞かされていました。尖沙咀 さんのおっしゃる通りです。
    住む場所の習慣に合わせようと思いますが、常に小額紙幣やコインを気にするということは慣れないと面倒ですね。
    チップについては色々と思うところがあります。今まで住んだ場所を思い出すからでしょうか。

  5.  私は外国に住んだことはないですが、チップという慣習は日本でも広めるべきと思っています。

     ある日外食した際に何となくウエイターの方にチップを差し上げたところ、慣れていないせいか大変喜んでいただけました。そうするとこちらも凄く嬉しいんですね。それからは外食に限らず、「値段以上のサービスをしてもらった」と感じたらどんどんチップを差し上げるようにしています。ほんの数十~数百円ですが。

     そうしてみると不思議なことに、今まで当然の景色として見ていたサービス業の風景が一変しました。無意識のうちに
    「あ、こいつ今手を抜いたな。チップやらねーよ。ざまぁ。」
    とか
    「きちんと客を観察しているな。よし、50円と思ったが100円やろう」
    とか考えるようになったんですね。これはサービスを受ける「消費者」のレベルアップ、ひいてはサービス業自体の向上にもつながると思います。何より似非貴族になったみたいで気持ちいい(笑)。皆様もいかがでしょうか?

  6. もしも橘玲氏にこの意見が届くのであればぜひお願いしたいことがある。
    貴殿の本やこのブログを初めとする作品は素晴らしく、人々を魅了するものである。そこでもし貴殿の気が向いたのなら、なにか支持者向けのイベントを催して頂きたい。
    例えばこのブログの一周年を記念した今年の夏、例えば貴殿の新しい本の発売記念としてはいかがだろうか。貴殿は人前に出るのは好まない御仁であれば、例えばこの項や年末年始にのせて頂いたような世界各地を貴殿の鋭い目で切り抜いた写真展や写真集のようなものであるなど。
    どのような形でも活字媒体外で貴殿の世界を感じられたら自分以外の多くの支持者方にとっても喜びとなると考える次第である。
    強く反対される方々や貴殿が嫌悪する提案でなければ、どうかよろしくご検討願いたい次第である。
    以上。

  7. エジプト社会は低レベルな安心社会、日本社会は高レベルな安心社会
    アルバイトを「信頼」してるから日本も意外と信頼社会だね~、ということにはならない
    同じことは安心社会でも出来る

  8. >エジプト社会は低レベルな安心社会、日本社会は高レベルな安心社会
    「食い逃げされてもバイトは雇うな」という本がありましたが、結局その社会においてどれがパレート最適かというだけで、「安心社会」とか「信頼社会」というレッテルだけで分かったような気になるのは???

  9. さすが橘さん、なんて絶妙なタイミングで旅行されたんでしょう!

  10. Philippines に住んでいます。ここでもお釣りが無いことが多いです。これはやはりこの国の貧しさではないでしょうか。お釣りを用意するということは、その分収益機会を逃すことになります。お釣りの分まで商品を購入して(仕入れて)、それを売らないと十分な収益が出ない、と言うことだと思います。個人商店でもお釣りを用意していない、ということは他人(従業員)を信頼していない、ということとはまた別の要因もあるのではないでしょうか。無論、橘さんの仰ることもあり、またフィリピン人の計画性のなさ、という要因も十分にありますが。

  11. 私がエジプトを訪れたのは15年前、店での(交渉の上での)ぼったくりや物乞いは多いものの、
    宗教的理由からお金や、物を盗む者は居なかった記憶があります。
    店に忘れた財布も戻ってくるぐらいでした。(ただし、「届けたので何か買ってくれ」とは言われますが・・)
    『エジプトでは「レジのお金は持ち逃げされる」ということが商売の基本になってしまっている』
    とは、なんとも酷い、変わったのですね・・・・

  12. イスラム社会では、「喜捨」といういわば社会保障的なシステムがあります。日本でも「タイガーマスク現象」に象徴されるように、恵まれない子供に援助してあげたいという感情はあるし、欧米では自分の子供に遺産をのこすより、「寄付」することの方が尊ばれる風潮もあります。

    イスラム社会が「遅れた社会」っていうのは、欧米や日本の傲慢な考え方にすぎません。

  13. シリアを旅行した時も、「定価」というのはなくて、常に競り落とすような感覚なのが
    面白かったし、お金も次々モノに変わって、仲間内ですぐに分け合ってしまう。なんだか、お金の行く先がすぐに見えて、あまりボラれた気がしませんでした。旅行者も仲間内なんだと思います。

    アッラーの神を通じて、福祉を行うイスラム圏は、お金にしがらみがなくて、政府(人間)が福祉を行う国民としてはうらやましくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。