沖縄をタックスヘイヴンに(2)


「沖縄をタックスヘイヴンに」のエントリーに、予想外の反響があった。政策にかかわるひとたちも読んでくれているようなので、これが荒唐無稽な話ではないことをもうすこし説明してみたい。

私の提案は、沖縄にジャージーやガーンジーのような自治権を与えることだ。とはいえ、ほとんどのひとはチャネル諸島なんかに行ったことがないだろう。

ジャージー島は伊豆大島くらいの大きさで、人口は約9万人、1人当たりGDPは56,000ドル。首都セント・ヘリアはこんなところだ。

セント・ヘリア(ジャージー)


ガーンジー島はひとまわり小さく(八丈島くらい)、人口は約65,000人、1人あたりGDPは約4万ドル。首都セント・ピーター・ポートはこんな感じだ(港のすぐ裏手が丘陵になっていて、平地はほとんどない)。

セント・ピーター・ポート(ガーンジー)


ちなみに、日本の1人当たりGDPは約39,000ドルだから、漁業と牧畜、観光以外さしたる資源のないこの小さな島のひとびとは、日本よりもずっと豊かだ。

この写真を見ればわかるように、どちらの町にも高層ビルはひとつもない。「オフショア金融センター」という言葉から、香港やシンガポールのような摩天楼をイメージしたひとはびっくりしただろう。

なぜこんな田舎町で、最先端の金融ビジネスが営めるのだろうか。その秘密は、「世界がタックスヘイヴンになる日」のなかで書いた(タックスヘイヴンの本当の所在地)。

金融業は純化した情報産業で、タックスヘイヴンはヴァーチャル空間(電脳空間)の中にある。ロンドンのシティに本拠を構えるグローバル金融機関は、イギリス周辺の島々の「自治権(主権)」を利用して、巨大なオフショア金融市場をつくりだしているのだ。

ジャージーやガーンジーの金融機関にあるのはコールセンターと営業部門だけで、資金運用やデータの管理はすべてロンドンの親会社が行なっている。銀行には顧客用の窓口すらなく、ドアを開けると、受付の脇に応接セットが置かれているだけだ。

沖縄にオフショア金融センターをつくるとしても、バックオフィスだけなら、新規の公共投資はほとんど必要ない。現在のインフラだけで、十分にスタートできる。

前のエントリーで、「沖縄がタックスヘイヴンになっても、国内の金融業や税収に影響を与えることはない」と書いたけれど、これは正確ではない。沖縄タックスヘイヴンに東アジアから膨大な資金が流入すれば、ロンドン・シティと同様に、東京に巨大なオフショア金融市場が誕生するだろう。日本の金融業は空前の活況を呈し、その収益で金融機関はふたたび税金を納めるようになるにちがいない(よく知られているように、バブル経済のツケで、日本の銀行は利益を上げても税金を払っていない)。

98年の金融ビッグバン以降、日本政府は「金融のグローバル化」を叫びつづけているが、現在にいたるまでなんの成果も上げていない。外資系金融機関は東京から上海へアジア拠点を移し、日本の金融業はドメスティックなビジネスに張りついたままだ。「沖縄タックスヘイヴン」には、この閉塞した状況を劇的に変える大きな可能性がある。

もちろん、沖縄の潜在力はチャネル諸島の島々よりもはるかに大きい。最初は東京のバックオフィスとしてスタートしても、いずれは香港やシンガポールに匹敵する金融センターへと成長していくだろう。

閉塞する日本社会に必要なのは、みんながびっくりする(わくわくする)ようなイベントだ。東アジア最大のタックスヘイヴンつくるのは、沖縄問題も、金融の国際化も、日本の不況もまとめて解決できる妙案だと思うのだけれど、どうですか、菅総理。

PS おまけとして、タックスヘイヴン化にともなう制度設計もタダでできるという話を次頁で書いた。興味のある方はどうぞ。

カテゴリー: Offshore/Tax haven タグ: , , パーマリンク

沖縄をタックスヘイヴンに(2) への10件のフィードバック

  • Mute のコメント:

    おはようございます。

    >閉塞する日本社会に必要なのは、みんながびっくりする(わくわくする)ようなイベントだ。
    まったくその通りだと思います。

    びっくりわくわくイベントというのは、何も変わらない日常の中に突如として出現した変化です。”何かが変わるかも知れない”という思いは、希望につながります。

    沖縄タックスヘイヴンに比べれば遥かに小さい事なのですが、ホリエモンがフジを買収しようとした時がありました。又、小泉元総理が郵政選挙でバカ勝ちした時がありました。その時、僕は”何かが変わるかも知れない”という思いを抱きました。結果的には何も変わらなかったのですが、それでも気持ちがとても明るくなったのを覚えています。

    沖縄タックスヘイヴンはそれらとは比べものにならないほどビッグイベントです。仮に実現しようものなら東京オリンピック並のびっくりわくわくイベントに成り得ると思います。

  • るうたろう のコメント:

    沖縄をタックスヘイブンにするというアイデアを
    私自身は考えてもいなかったので、久々に頭を
    ガツンと殴られたような感動と、ワクワク感を
    感じました。

    是非、このアイデアを実現する方向で国として
    動いていって欲しいと思っています。

    ただし、ブログではまずはメリットの強調を
    されたと思うのですが、逆にデメリットも
    検討しておき、そのデメリットへの対処案
    も提示しておかなければ、空虚な感情の論戦に
    なってしまう可能性があり、それを懸念しています。

    もし、続きをお書きになっていただけるのであれば
    そのようなデメリットに関する議論もお聞かせいただければ
    と願っています。

  • くぼた のコメント:

    日本の利益になるなら、それはいいとおもうが果たして、中国への沖縄譲渡の布石のにおいぷんぷんで嫌になるね。本当に沖縄の将来、日本の将来を考えての提案だろうか。日本にとって尖閣の油田がとられれば命とりになることは間違いない。

  • その蜩 のコメント:

    こんにちわ。

    面白い提言だと思います。

    しかし、仰られてる他のタックスヘイブンの所と、沖縄を同様に考えるのは少し危険ではないでしょうか。

    少なくとも、他のタックスヘイブンの地は、その地に領有権をあからさまに主張している隣接国がないと思います。
    また、独立の機運があるという土地柄でもないと思います。

    仰るとおり、タックスヘイブンにし、自治区化し完全に沖縄だけで大きな利益が上げられるようになり、更に米国など第三国により安全保障の確保が可能な場合、沖縄は最早日本に帰属する意味が無くなるんじゃないでしょうか。
    かつてのような、本土への帰属意識も永きにわたる反日教育ですっかり失われてるように見えますし。
    単純に、そのまま独立してしまうと思います。
    そして、独立した中立国沖縄の港には米国や中国の軍艦が双方停泊し睨みをきかせているなんて日常になるのでしょうか。

    日本は広大な海域と莫大なカネを掛けてきた戦略的要地を単に失うだけという結果にならないでしょうか?

    沖縄ではなく、大阪の無駄に浮かんでる夢洲の有効活用とか如何ですか?

  • 通りすがり のコメント:

    中国の沖縄侵略工作の典型ですよね。
    現在沖縄を取り巻く状況がどんなか、ご存知無い訳ではないでしょう。

    今やそんなお話に希望を見出すほど、日本人は無警戒ではないですよ。

  • Maxwell のコメント:

    沖縄本島在住の者です(出身は県外).

    この地に本当に必要なのはお金ではなく,新しいものを作っていける人間だと思っています.自治体主導ではない自然発生的なシリコンバレーができれば大きく変わる可能性はあると思います.「実体経済と直結した何か」が必要です.

    県内の名護市は金融特区になっていますが,制度が中途半端なこともあり,あまり生かされているとは思えません(もちろん,県外から進出している企業はあります).タックスヘイヴンを考えるなら,まずはこのあたりから考えるのもよいかもしれません.

  • futenma のコメント:

    中国の沖縄侵略等言いふらす人ほどプロパガンダに洗脳されてる事を気づいていません。中国を脅威に感じるよりも自国の活力を強化する視点をを重視するべきかと。もっと世界のニュースを読んで勉強してほしいですね。現実を直視するには、とりあえず宋文州さんのブログなどはおすすめです。今の政権連中は危機を理由に利権を保持したい輩ばかりなので、庶民としては国家財政破綻の前に夢と希望のあるタックスヘイブンぜひ実現させてほしいです。普天間基地あと地は高台の平坦地にあるのでタックスヘイブンにして海を望める高層ビル郡と自然の共存(車を排除し路面電車等を活用した環境都市)のモデルケースになれる可能性を秘めています。

  • futenma のコメント:

    よく沖縄が中国に取られる等と話している輩が多いのですが嘉手納基地がある限り、それはないですし、基地移設の話は普天間だけで沖縄県民も雇用の意味でもそれは望んでいません。勘違いなさらずように。沖縄の中国譲渡の心配よりばら撒きを続けて少子高齢化まっしぐらの日本国の国家破産を心配するべきでしょう!その時は沖縄は食べていくために中国になる可能性もなきにしもあらずですが・・・あと尖閣諸島の石油ですが、思ったよりも少ないとの話も聞きますし、石油は地底深く掘れば無尽蔵にあるという説をご存知でしょうか?客観的にみて化石の死骸よりもかなり説得力あります。まあ石油高騰で潤っている企業や環境問題の観点からスルーなだけなのですが・・・メキシコ湾岸の事故も深海採掘を抑制のための工作という気がしてなりません。

  • BirdFlow のコメント:

    橘さんと同じ事を以前から考えています。
    海洋博も、毎年の国からの補助金も、全くと言って良いほどの無効な状態で、何が沖縄を活性化させるか?

    タックスヘイブン + 海洋リゾート を勧めたいと思います。
    後者が香港には無く、シンガポールもインドネシアまで行って遊ぶといった状態で、沖縄が両者を兼ね備えた地区になれば、活性化は約束されたようなものだと、楽観視しています。

    段階の世代(なんですが)で、もうすぐリタイアなので海外生活も考慮に入れているのですが、いかんせん日本の食事・文化、まして医療から完全に離れることは困難なことに気づいてもいます。

    私自身は石垣でヨット三昧、沖縄本島に行って美味しい食事(申し訳ないのですが、石垣などは美味しいと言う味覚が異なります)などで過ごしたいのですが、こういった退屈しない生活が可能なのは、決して香港みたいな所ではありません。

    是非実現していただきたいものですねっ。
    チョットした決断があれば、可能なのですが、・・・。

  • RealWave(馬場) のコメント:

    いくつかの疑問を自分のブログの方にまとめてみました。
    http://realwave.blog70.fc2.com/blog-entry-277.html

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

名前欄が「匿名」だと投稿できない場合があります。コメントが反映されない場合はこちらをごらんください。