沖縄をタックスヘイヴンに


明日、沖縄県知事選が告示される(28日投開票)。今回は民主党が候補者の擁立を断念したので、米軍普天間基地の県外移設を求める現職と、国外移設を求める前宜野湾市長の争いになるのだという。

しかしこの議論は、(いつものように)むなしさと徒労感に覆われている。米軍基地の県外移設や国外移設がほとんど不可能なことは、政治家はもちろん、基地に反対する沖縄県民にもよくわかっているはずだからだ。

1972年の返還以降、米軍基地受け入れの代償として、沖縄には巨額の援助(公共投資)が投じられてきた。しかししそれでも、沖縄は現在でも日本でもっとも貧しいままだ(平均所得は東京の半分で、失業率は全国一)。援助は一部の既得権層を潤すだけで、地域の経済発展にはなんに役にも立たなかった。

それでは、沖縄はこれからもずっと貧しいまま、基地の重圧に苦しまなければならないのだろうか。ここでは、沖縄県民の平均所得を劇的に増大させ、失業率を大幅に下げ、みんなが豊かになる実現可能な政策があることを論じてみたい。

私の提案は、とても簡単だ。

1)米軍基地を受け入れるかわりに、沖縄は日本国に対して自治権を要求する。

2)日本国の自治領として、タックスヘイヴン(オフショア金融センター)化を実現する。

ジャージー島やガーンジー島、マン島などイギリス周辺の島々は、淡路島や伊豆大島くらいの広さしかないにもかかわらず、イギリスでもっとも豊かな観光地・別荘地として知られている。実質的にはイギリス領だが、広範な自治権を認められていて、タックスヘイヴン化によって金融ビジネスの一大拠点になっているからだ。

ジャージー島などの金融制度に準じれば、沖縄(琉球)タックスヘイヴンは、具体的には次のような税制になるだろう。

  1. 金融商品(預貯金・株式・債券・ファンド・デリバティブなど)から得るインカムゲイン(利子・配当)とキャピタルゲイン(譲渡益)は非課税。
  2. 相続税・贈与税は廃止。
  3. (沖縄の)域外で得た所得には課税しない。
  4. 日本居住者は域内の金融機関を利用できない。

沖縄がタックスヘイヴンになれば、中国や台湾、韓国などから莫大な資金が流入するだろう。中国の富裕層にとっては、中国政府の管轄下にある香港よりも、日本とアメリカの保護下にある沖縄の方が資産の逃避先としてはるかに魅力的にちがいない(厄介者だった米軍基地の存在が、ここではタックスヘイヴンとしての沖縄の魅力を増すことになる)。

沖縄が東アジアのオフショア金融センターに成長するとわかれば、世界じゅうから金融機関が進出してくる。銀行、証券、生保、ファンド会社のほか、周辺業務も含めれば大規模な雇用が発生するだろう。

それに加えて、アジアの富裕層が(相続税・贈与税のない)沖縄に移住してくるから、地価は高騰するにちがいない。不動産業や建設業はもちろん、富裕層を対象とする観光業や飲食業などのサービス産業も活況を呈するだろう(ラスベガスやマカオのようなカジノをつくってもいい)。

*好景気によって物価が上昇するかもしれないが、関税を撤廃すれば、米や小麦、牛肉などは半額から3分の1の値段で輸入できるから、基礎的な生活コストは逆に引き下げることができる。

一人当たりGDPで見て世界でもっとも豊かな国は、ルクセンブルクやリヒテンシュタイン、モナコなどヨーロッパのタックスヘイヴンだ。こうした国々と比べても、東アジアの交通の要衝に位置し、美しい海に囲まれ、温暖な気候と魅力的な文化を持つ沖縄にははるかに大きな可能性がある(リヒテンシュタインは、山の中のただの小さな村だ)。

沖縄は第二次世界大戦で焦土と化し、戦後はずっと差別と貧困に苦しんできた。だが自治権を獲得し、タックスヘイヴン化を実現すれば、10年も経たないうちに世界でもっとも豊かな島に生まれ変わるだろう。そして驚くべきことに、この政策には1円の税金もかからないのだ(日本の居住者は沖縄タックスヘイヴンを利用できないから、国内の金融業や税収に影響を与えることはない)。

基地を誰に押しつけるかという、ババ抜きのような話ばかりでは未来になんの展望もない。基地の存在を逆手に取って、大きな夢とビジョン(それも実現可能な)を掲げる政治家がぜひ登場してほしい。

カテゴリー: Libertarianism, Offshore/Tax haven タグ: , , , パーマリンク

沖縄をタックスヘイヴンに への15件のフィードバック

  • Mute のコメント:

    おはようございます。Muteと言います。
    あまりに痛快で久しぶりに明るい気持ちになれたもので、いてもたってもいられずコメントさせてもらいます。

    現地に住んでいないのに無責任な発言かもしれませんが、沖縄は基地を手放す事で以前にも増して経済的に息詰まるのは目に見えています。
    ですから、僕は沖縄県民は基地と共存しつつ、代償として何か大きなものを日本あるいはアメリカから引き出すのがベストな選択であるとずっと思っていました。
    それは経済的効果が抜群にあり、永続するようなものでなければならないとも感じていました。

    ですが、具体的にそれが何かと問われると正直黙りこむしかなかったのです。
    それに明快な答えを与えてくれたのが橘さんの記事だったのです。

    沖縄は外部へ何かを放り出すという行為ではなく、何かを外部から取り込むという発想がなければいつまで経っても経済的には何も変わらないのだと思います。

  • MadDoc のコメント:

    はじめまして。
    しまった、先に書かれてしまったw
    私も全く同じアイディアを持っていました。
    たしか元ネタは10年以上前の「ゴミ投資家シリーズ」だったかと思いますが、今日の財政状況を踏まえれば実に的を射た考えだと思います。
    #そういえば、「ゴミ投資家シリーズ」も橘さんが関わっていらっしゃいましたよね?
    もうこの際、沖縄にはこれ以上税金を使わない、かわりに沖縄からは税金を取らない、でいいんじゃないでしょうか?
    国にとっても差し引きで+でしょうし、沖縄にとっても自由な裁量権を得られることになりますから、双方にとってメリットがあると思うのですが。

  • karera のコメント:

    尖閣諸島の海底資源を開発すれば、沖縄は、豊かになる。

  • Fedex のコメント:

    楽しく拝見させて頂いております。

    タックスヘイブンや自治権は「琉球独立運動」への記念すべき足がかり。
    民主党政権には「自立・独立」「一国二制度」沖縄の真の自立と発展を支援する事を求めます。
    http://www.dpj.or.jp/news/?num=10686

    ただし、沖縄で実際に独立運動しているのは内地の左翼活動家メインとなっています。
    もっと多くの人にこの事実を知ってほしいです。

  • ももたろ のコメント:

     新刊本の読破をしたのできてみれば、また興味深い政策論がかかれていますね。

     公務員の職を障害者に譲るということや、マリファナの解禁など、興味深く参考になるところがたくさんあり、政治家になって実現していただけたらと思うこともたびたびあります。

     実際には、政治化になってもやりたいことが出来ず、大橋巨泉さんのようにPTにむかうということになりそうですね。

     私としては、何とか地域に食い込んで帰られたらと思っていますが、金の問題、地盤の問題など、選挙に絡む問題は根深いものがあります。

     新刊に関しては、読破はしましたが、結構難しく。具体的にどうしたらいいのかがいまひとつわからずじまいになってしまいました。

     更なる啓発を与えてくれる読み物を期待しております。

  • futenma のコメント:

    普天間基地の隣に住んでいるものです。休日や夕方5時以降に爆音を響かせたりと、米国本土では絶対ありえない状況が続いています。
    しかし沖縄県民の大部分はすごしやすい気候のなか、収入は全国最低でも親戚・家族・友人が身近に住んでお互い助け合いができることから、
    平和に楽しく生活しています。上京しても沖縄に高確率で帰ってくることからも幸福度はまあ証明できていると思います。
    そんな状況なのでタックスヘイブン導入でリスクを取ろうと考えられる沖縄県民は少ないと思いますが自分は大賛成です。日本国もお金はないので遅かれ早かれ公共事業に頼ったばら撒き経済は尻すぼみでしょう。最近のマスコミは右系が強い分かりにくいかもしれませんが、基地撤去賛成候補者は海兵隊の基地撤去を推進すると話しているだけで極東最大の嘉手納基地(空軍)の撤去については一言も触れない現実主義者です。グアムに撤去予定の海兵隊を日本国でたらいまわして無駄に予算を使うことに反対しているだけで、抑止力や基地経済の重要性についても理解はあるようです。普天間基地を撤去したあとの広大な跡地にぜひタックスヘイブンを導入してほしいですね。上海・香港・シンガポールも訪問して感じますが導入後は投資が殺到すると思います。

  • とm のコメント:

    はじめまして、とmです。
    沖縄へのタックスヘブン大賛成です。
    世界の他のタックスヘブンはお金持ちが住みたがる風光明媚かつ過ごしやすい地域が多く、沖縄は有力候補地だと思います。
    ただし、タックスヘブンにはもう一つ、国情が安定している、という条件も必要だと思います。
    だれもカントリーリスクのあるところに資産を置きたいとは思いません。この点で沖縄が自治権を持つ、というのは賛成できません。橘氏が本文中で指摘している魅力的でない某政府がチョッカイを出してくるのが明白だからです。
    自治権なしで別税制を導入できれば良い、と考えています。

  • hiroaki のコメント:

    賛成です!

    今のうちから住民登録しておこうかなー!
    おっと日本居住者はだめか。じゃあ香港に法人登記してその法人のJapan Branchを沖縄に登記しよう!
    マンションも買っておかなくっちゃ!
    政治家を道で見かけたら”沖縄に税制の自治権を”って呼びかけよう!
    これなら私にもできる!

  • hagakuress のコメント:

    [補助金総点検]基地負担に見合わない『国庫補助金と地方交付税の人口1人当たりの比較をみると、予想に反して沖縄は復帰からこれまで一度もトップになったことはなかった。』http://bit.ly/98fW7h

  • oki のコメント:

    初めまして

    沖縄に住む者です

    沖縄をタックスヘイブンにという考え方はスゴく良い考え方だと僕も賛同します

    沖縄の経済状況はほとんどが公共工事のバラ撒きに頼っていたり、アメリカ基地を受け入れる事で収入を得ているというのが現状です

    更には観光以外に産業といえる産業もほとんどありません

    基地の問題に関してもはっきり言って諦めというか県外に移せるなんてほとんどの県民は思ってもいません

    というよりも基地はそこで働く事=公務員並みの安定した収入を得られるなど生活の一部になっていると言っても過言ではありません

    沖縄に今必要なのはその土地のメリットを最大限に活かした戦略だと僕は強く信じています

    このタックスヘイブン政策はそれを達成できる方法だと思いますし、それに加えて高度医療ツーリズムなども組み合わせていけば更なる発展が望めると思います

  • マサガタ のコメント:

    米軍基地はアメリカの都合でいつ出ていくか分からない存在でしょう。
    県外国外移設ではなく、撤去です。

    米軍が日本を守ってはいない、抑止力なんてないという事実が浸透することが、基地問題の最初の解決の糸口でしょう。尖閣で米軍基地が重要なんて大嘘、中国は世界最大の米国債保有国で、経済依存状態なんだから。北朝鮮も、韓国からすれば大した相手ではありません。日本にとっては脅威は核弾頭のみです。アメリカなんて、何の役に立っていません。そもそも南北分断の原因作ったのアメリカなんだから。

    タックスヘイブンより、米軍基地を撤去して、跡地に新しい産業を誘致する方が経済効果は大きいのです。

  • ピンバック: わたしの街の淡路島 観光10のスポット | 淡路島のまとめサイト

  • 永遠の旅行者master のコメント:

    私も沖縄タックスヘイヴン化は大賛成です。
    もし実現したら、日本に生まれた事を心より感謝するでしょう。

  • 尖沙咀 のコメント:

    1972年に日本に返還されたとき、アメリカだった沖縄は一晩で日本になりました。
    (通貨や交通ルールなどが一晩で変わった)
    1999年に中国に返還された香港は50年間制度を保持すると約束されています。
    現在、香港は東アジアの経済の拠点であり続けています。

    沖縄も香港のようであれば日本のタックスヘイブンとなれたかもしれません。

    北方領土も、ただ単にロシアに強硬に返還を申し入れるだけではなく、
    日本とロシアとの経済貿易フリーゾーン的な場所であれば返還に弾みがつくかも。

  • ピンバック: » 和歌山タックスヘイブン 和歌山の観光と経済を飛躍的に上昇させる方法|背負子む

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

名前欄が「匿名」だと投稿できない場合があります。コメントが反映されない場合はこちらをごらんください。