「女性が活躍する社会」をつくるミラクルな方法 週刊プレイボーイ連載(318)


男性と女性のあいだの格差を測るジェンダーギャップ指数で、日本は世界111位から114位へと最低を更新しました。「基準がおかしい」との不満はあるでしょうが、日本は世界でもっともゆたかな国のひとつであるにもかかわらず、先進国ではダントツ最下位でインドや中国よりも下というのはいくらなんでも異常です。

なぜこんなヒドいことになるのでしょうか。

ジェンダーギャップ指数は、「教育」「医療」「経済(働き方)」「政治」の4分野で男女の格差を評価します。日本は「教育」と「医療」では北欧などと遜色ありませんが、「経済」と「政治」の2分野の評価が極端に低いことが惨憺たる結果につながっています。

「経済分野」では男性と女性の賃金格差が大きいことと、女性管理職の割合が少ないことが大きな問題です。日本では子どもを産んだ女性の離職率が高く、再就職しようとしてもパートや派遣など非正規の仕事にしか就けません。

「日本は学歴社会」と思われていますが、日本の会社では高卒の男性の7割が管理職になるのに対し、大卒女性はわずか2割です。こんな先進国は他になく、日本では学歴より性別が重視されています。これは「性差別」そのものですが、日本政府や企業・労働組合はこれまで必死になってこの不都合な事実を隠蔽してきました。

「政治」分野の成績が悪いのは、女性の政治家の数が極端に少ないからです。安倍政権は次々と女性を大臣に登用しては失敗していますが、これは女性が政治に向いていないからではなく、人材プールがあまりにも小さいからでしょう。それでも国会は女性の政治家がいるだけまだマシで、地方議会は「女性ゼロ」が2割もあるというさらにヒドいことになっています。

こうした現状を変える“即効薬”と期待されるのがクオータ(割り当て)制です。「議会の半数は女性にする」と問答無用で決めてしまえば、ジェンダーギャップ指数は劇的に改善するでしょう。

もちろんこれには、さまざまな批判が予想されます。「有権者が自由な投票で政治家を選ぶのだから、そこにジェンダーをもちこむのは逆差別だ」というのは一理あります。

仮にクオータ制を導入するなら、みんなを納得させる証拠がなければなりません。だったらそれを探してみようという実験がインドで行なわれました。

女性の地位の低さが深刻な問題になっている西ベンガル州で、ランダムに選んだ村に「議会の3分の1は女性でなければならない」「議長は女性でなければならない」というルールを課し、これまでと変わらない男性中心の村と比較しました。

その結果はというと、残念なことに、クオータ制でも男性の女性に対する偏見はまったく変化しませんでした。しかし同時に、興味深い発見もありました。女性の議長を体験した村では、ひとびとは女性が指導者として無能だとは思わなくなったのです。男性の有権者は女性の演説をあいかわらず低く評価しましたが、以前よりもずっと女性候補者に投票するようになりました。

これはもちろんインドの話で、日本にそのまま当てはまるとはいえません。しかし「男女格差で世界最底」のレッテルを払拭したいのなら、同じような実験をやってみてもいいかもしれません。

参考:エステル・デュフロ 『貧困と闘う知――教育、医療、金融、ガバナンス』

『週刊プレイボーイ』2017年12月18日発売号 禁・無断転

コメントを閉じる

13件のコメント

  1. ハンドルネーム(尖沙咀)のとおり、今香港に来ています。
    昨日は日曜のクリスマスイブで、香港もクリスマス一色ですが、

    中心の金融街であるセントラルを通ると、
    一種異様な光景に出くわします。

    ダンボールを敷いた女性のホームレスのような集団が大挙して
    あつまっているのです。

    香港の中流以上家庭にはフィリピンやインドネシアからの
    出稼ぎメイドを雇っているのが普通ですが、日曜日は
    暇なので、所在ない彼女たちは同郷などでの集団で集まって
    過ごしているのです。

    フィリピン系はセントラルの銀行の前に多く集まり、
    ブルカを着たインドネシア系はちょっと離れた場所に
    陣取るなど縄張りも決まっているようです。

    香港は日本よりずっと女性が社会進出していますが、
    この「女性が活躍する社会」というのが

    別の国からきたメイドによって支えられていることを
    考えなければならないのです。

    もし仮に、香港などで政変が起こってメイドが使えなくなったり、逆にメイドが反乱などを起こすリスクも考えなければ
    ならないのです。

    橘さんもポストモダンから多大な影響を受けたのなら、

    「啓蒙の弁証法」

    をこそ、もう一度学び直す必要があるのです。

  2. 政治にしろなんにしろ、女性が少ないから女性にやらせるとかそんな乱暴な事をしていては、国は良くならないでしょう。考慮すべきは、性別ではなく能力だと思います。
    一般社会において、能力のある女性が、管理職等のたいへんな地位についてくれるなら、出世やカネに興味のない男性は低い地位に留まることができ、早く帰宅することができますので、喜ばしいことだと思います。
    ただ、やはり世の中を見渡すと、女性は男性に比べて、どうしてもその能力が劣るのではないでしょうか?例えば、プロ野球には、女性は一人もいません。サッカーやオリンピックを見ても男女で分かれてます。また学業の面でも、ノーベル賞を見れば分かるように、受賞しているのは男性ばかりです。女性が受賞しているところなど見たこともありません。これらが、差別として糾弾されないのは、何故なんでしょうか?
    言わずもがなでしょうが、プロ野球に女性が混じってプレーしたり、サッカーやらオリンピックで男女混合で試合をすれば、観客は減るでしょう。
    学問の世界でも、その能力に対してではなく、数が少ないからという理由で、女性に賞を与えるならば、衰退していくことが目に見えてませんか?
    これと同じように一般社会だろうが政治だろうがなんだろうが、女性が少ないから女性を増やしますという考えは、極めて危ういと思います。女性でんでんではなく、判断すべきは、その能力でしょう。「男女格差で世界最底のレッテルを貼られてることを払拭する」ことなど瑣末な問題です。言いたい奴には、言わせておけばいいだけのことです。真に考えるべきは、女性が活躍する社会でんでんよりも、能力のある奴がそれに相応しい地位等につき、国を発展させることだと思いますけどね。女性は活躍してますが、国は衰退しましたじゃ目も当てられません。

  3. >「基準がおかしい」との不満はあるでしょうが、
    わかっていらっしゃるではありませんか。
    そう、基準がおかしいのです。
    1.基準がおかしい
    2.男女平等を達成したところで男女が幸福になるわけではない
    3.ところでこの統計の目的は何?
    …この辺を踏まえてないと意味のない話です。

    なるほどインドの実験は効果があったのかもしれません。しかしそれは「女性は無能」という偏見があった場合に、それを払拭することに成功した、というものでしょ?
    日本で本気で「女性は無能」と思ってるヘンなひとがどれくらいいます?そんな少数派の偏見を払拭しても無駄だと思いますが。

    男女平等を達成したいなら、もっといい方法が有ります。平等上位国のルワンダとかフィリピンのマネをしたらいいのです。
    ルワンダのように男性を大量虐殺するか、フィリピンのように低賃金高リスクでも女が働かざるを得ないような貧困になれば良いのです。

    なんか↑で尖沙咀さんがまともなこと言ってますな。
    >「女性が活躍する社会」というのが
    >別の国からきたメイドによって支えられていることを
    >考えなければならないのです。
    まさにコレなんですけどね。

  4. 昨日、香港からベトナムに移動しました。

    LCCが多数就航したので、アジア方面にはとても安く
    来られるようになりました。

    ベトナムでは木賃宿に泊まっているのですが、
    2人1泊朝食・wifi付きで2000円とオススメです。

    ところで、ベトナムでは、
    男は働かなくて、女性が働いている
    ことを強く感じます。

    この木賃宿でもフロントや運営は女性で、
    ロビーにいる男性は所在なさげにTVを見ていたりします。

    つまり、女性が活躍するベトナムって、
    実は「ヒモ社会」
    なのです。

    ベトナムではリアルな
    「ラブラブROUTE21(トゥエニーワン)」
    が体験できますよ!!!
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1405/07/news126.html

  5. 女が男と同じようにすべての事柄で活躍すべきだとは全く思わないけど、
    議員の半分は女であるべきだという主張には一定の正当性があると思うね。

    男女平等を嫌う人々がよく言う「男と女はそもそも違う(身体的能力、知的能力など)のだから」という理由を、そのままその正当性の論拠に使うことができると思う。

    突き詰めると男女の能力差というのはあるだろうけど、議員にオリンピックレベルの能力が必ずしも必要なわけでもなければ、女性に能力が高い人がたくさんいないわけでもない。それに、能力的に特に優れた人ばかりが議員をやれば世の中が良くなるとは限らないということもあるだろうね。

    ああ、そういえば鳩山由紀夫さんはたいへん優れた頭脳の持ち主のようですね。

  6. 日本では、そもそも議員の地位が、他の国と違い、最も低い。

    政治家は、みかん箱の上に乗って、土下座している。

    専業主婦に憧れる若い女性は、みかん箱の上に乗って、土下座したがらない。

  7. 有権者の過半数は”女性”。
    女性有権者が女性候補者に投票すれば過半数。

    東大目指してた人ならわかるが
    東大入れる偏差値の”賢い”女の子が東大に入りたがらない現実。

    女性は22時以降働かなくて良い”権利”を持っていたが男女平等の名目で権利剥奪。そして退職・自殺する若手女子社員。

    はたらきアリはメスだけ。
    狩りをするライオンもメスだけ。
    オスの仕事は交尾だけ。
    “ロハス”女子は自然回帰しないとね。

  8. 「ひとはみんな、自分の利益を最大にしようと思って生きている。俺も、お前も、紫帆もそうだ。」

    タックスヘイブンのヒロイン?である紫帆は
    男を利用して生きてきました。

    専業主婦になるほうがメリットがあるのなら、
    専業主婦になるだけの話。

  9. >これは女性が政治に向いていないからではなく、人材プールがあまりにも小さいからでしょう。それでも国会は女性の政治家がいるだけまだマシで、地方議会は「女性ゼロ」が2割もあるというさらにヒドいことになっています。

    日本の熊本市議会議員が22日、生後7カ月の長男を抱いて市議会に出席しようとしたところ、周りの議員らに批判され、同伴を断念した。
    http://www.bbc.com/japanese/42107326
    この件について、橘さんの見解をお伺いしたいですな。

  10. 人材プールがあまりにも小さいから、変なの(失礼、先鋭的な思想の人物)が当選してしまうというのもあるでしょう。

    男でも同じですが、議員の仕事の大半が一部の後援者の御用聞きなら、議員という立場に魅力を感じるまともな人は多くないでしょうね。

  11. 会社において女性の管理職が少ないという問題の背景にあるのは、正社員-非正規社員という身分差別制度です。
    女性が結婚出産を機に退職せざるを得ない、復職できない、スキルが向上しない、フレキシブルな働き方を選択できないというのも、正社員身分、終身雇用、年功賃金という既得権益を守るための皺寄せです。(原因の全てとは言いませんが、大きな部分を占めています。)

    橘さんもそこに斬り込むのかと思ったのですが、今回はあまり深く触れませんでしたね。

  12. 性差による能力の優劣、特徴の相違は認められるが、実際にはどの程度のものなのであろうか。職業や政治活動といった面でも、顕在化するレベルでの差があるのであろうか。

    ところで、
    >やはり世の中を見渡すと、女性は男性に比べて、どうしてもその能力が劣るのではないでしょうか?
    と2番めのコメントにありますが、
    ・そりゃ肉体面では女子のほうが劣るでしょう。それを業務を遂行する能力と因果関係があるのでしょうか??
    ・ノーベル賞を受賞するような実績は男性優位の時代でしょう。予算もつかないでしょうし。配偶者として受賞した女性科学者くらいですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。