ゴマはすればするほど得をする 週刊プレイボーイ連載(317)


お話の世界では、努力は報われ、正直者は幸福になり、正義は最後に勝つことになっています。しかし、現実はどうでしょうか。

アメリカの研究者が調べたところ、職場では仕事を頑張るより上司の評価を「管理」したほうが、より高い勤務評価を得ていました。評価の管理とは、ようするに“おべっか”のことです。

もちろん、どんな組織にもゴマすりはいます。「そんな奴はみんなから嫌われるから、最後は失敗するにきまってる」と思うかもしれません。しかしこれも、調べてみた研究者がいます。すると驚いたことに(まあ、驚かないひともいるかもしれませんが)、どれほど見え透いたお世辞であっても、ゴマすりが逆効果になる限界点はありませんでした。ゴマはすればするほど得になるのです。

こうして研究者は、次のように結論しました。

「上司を機嫌よくさせておけば、実際の仕事ぶりはあまり重要ではない。また逆に上司の機嫌を損ねたら、どんなに仕事で業績をあげても事態は好転しない」

ことわっておきますが、これは「成果主義」「実力主義」の代名詞になっているアメリカ企業の話です。

さらに不愉快な研究もあります。アメリカのビジネス専門誌の調査では、同調性の低い人間のほうが、同調性の高い人間より年収が1万ドル(約110万円)も多くなりました。「同調性が低い」というのは、利己的で他人のことなどどうでもいいと思っている、ということです。組織においては、上司にゴマをすりつつ、自分勝手に昇給を要求することが成功の秘訣なのです。

しかしこれでは、善人は報われないのではないでしょうか。残念ながらそのとおりです。

私たちが他人を評価するとき、その80%は「温かさ」と「有能さ」という2つの要素で決まります。問題なのは、この2つが両立しないと見なされていることです。

親切なのはよいことですが、あまりに親切すぎると「無能」の烙印を押されます。逆に傲慢で嫌な奴ほど、第三者にとっては有能で権力があるように映ります。その結果、企業のCEOには常軌を逸して嫌な奴、すなわちサイコパスの比率が高くなります。彼らはみんなのために必死に働くのではなく、組織のなかで権力を握ることだけに全精力を注ぐのです。

これがすべて事実なら、善人は救われないと思うでしょう。これもそのとおりで、職場での冷遇は、肥満や高血圧以上に心臓発作のリスクを高めることがわかっています。

東芝、日産、神戸製鋼から東レまで、日本を代表する企業の不祥事がつづいています。国会では、“モリカケ”問題で官僚が冷や汗をかきながら答弁しています。いつから日本人はこんなに無様になったのか。目の前に不正があるのなら、一身を賭して真実を暴き、悪を掣肘すべきではないのか。そんな怒りにふるえるひともいるかもしれません。

でも、彼らはみんな“宮仕え”の身です。アメリカ以上にベタなムラ社会である日本の会社や官庁に、硬骨漢や正義の士がはたして何人いるでしょうか。

忖度できるひとしか出世しないのなら、忖度が得意なひとがどこにでも現われるのは当たり前の話です。

参考:エリック・バーカー『残酷すぎる成功法則』(飛鳥新社)

『週刊プレイボーイ』2017年12月11日発売号 禁・無断転

コメントを閉じる

20件のコメント

  1. >でも、彼らはみんな“宮仕え”の身です。アメリカ以上にベタなムラ社会である日本の会社や官庁に、硬骨漢や正義の士がはたして何人いるでしょうか。

    だからこそ、
    「究極の自己責任」である

    「投資もしくは投機」

    に惹かれて「ゴミ投資家」などAICその他の本を読み始めたのです。

    橘さんは、私を含めた読者の期待に沿うことが求められているはずでしょ???

    「 法律事務所や会計事務所のパートナーはつまるところ顧客のために働いているのである。医者は患者のために働いている。トレーダーの成否は自らの内面によるものであり、誰からもそれをとやかく言われることはない。そう、トレーダーは失敗を誰かと共有したり、誰かのせいにしたりすることはできない。一言でいえば、トレーダーは自分だけの世界に住んでいる。山も谷もすべて自らの責任だ。」

    (デイ・トレード オリバー・ペレス  マーケットで勝ち続けるための発想術より)

  2. >サイコパス的役回りも世の中には必要ということじゃないかな。

    アップルの製品は使っても、スティーブ・ジョブズみたいなサイコパスを
    上司に持つとひどい目にあいますよ!!!

    創業期のジョブズは、スティーブ・ウォズニアック(実質的にアップル製品の生みの親と言える天才エンジニア)に自らの仕事を押しつけた挙句、受け取った報酬のほぼすべてを自分のモノにしていました(ウォズニアックには内緒で)。

    世界一の経営者スティーブジョブズのクズすぎるエピソードまとめ
    http://story-is-king.com/post-1597

  3. モリカケがいつのまにか悪事になっている?アサヒのデッチ上げなのに。忖度しちゃダメなんですか?

  4. >お話の世界では、努力は報われ、正直者は幸福になり、正義は最後に勝つことになっています。しかし、現実はどうでしょうか。

    というより、
    理想と現実のギャップが埋めがたいものであるからこそ、
    「お話」=「ファンタジー」
    の需要が尽きないのです。

    かつて文学が担っていたこの問題に
    果敢に挑んでいるのが
    福本伸行の「最強伝説黒沢」と
    その続編たる「新黒沢」
    https://www.amazon.co.jp/gp/product/B075712VPJ/?ie=UTF8&redirect=true&ref_=series_rw_dp_sw
    なのです。

  5. 橘さんの最近のコラムはともかく日本を貶して終わるのが特徴になってますけど、
    今回アメリカ企業の研究を使ってどうやって日本を貶すのかな?って思って読んでましたけど、
    企業不正とモリカケ問題でしたか。

    でもモリカケ問題は官僚の答弁じゃ無くて のんきさん も書かれてますけどマスコミの問題なんですけどね。

  6. 「いつから日本人はこんなに無様になったのか」みたいな事が書いてありましたが、そもそもの話をすると、この国が評価されてきたのは、日本人と言うよりもこの国の理系です。

    この国が、ここまで経済発展してきたのは、理工学部の連中のおかげであり、経済学部のおかげではありません。それは、ノーベル賞ひとつ取ってみても分かると思います。ノーベル賞を受賞しているのは常に理系の分野ですが、文系などは何も受賞していません。(そもそも文系の賞に価値があるのか?というのはひとまず置いといて)

    要するに、理系が優秀で評価されているのにも関わらず、文系は何を勘違いしたのかは知りませんが、自分たち文系も日本人としてまとめて優秀だ的な感じになっているところに、問題がありそうです。文系と言われる政治屋、官僚、マスコミ等々見ていれば一目瞭然でしょ?政治屋・官僚どものやっていることと言えば米国に媚び諂うことですし、マスコミのやっていることと言えば、権力に媚び諂うとともに偏向・スピン・提灯報道をやってるだけです。とても優秀で立派な人間がやることとは思えません。

    ですので、理系も文系もまとめて日本人として語るのは、極めて不適当であり不快ですのでやめたほうがいいと思います。よって、「いつから日本人はこんなに無様になったのか」という問いを正確に表現すると、「いつから文系はこんなに無様になったのか」であり、その答えは「ずーっと以前から不様です」かと思います。もはや忖度でんでんとかいう次元の話ではなく、根本原因である文系の質の悪さに、目を向けるべきだと思いますけどね。

  7. >理系も文系もまとめて日本人として語るのは、極めて不適当であり不快ですのでやめたほうがいいと思います。よって、「いつから日本人はこんなに無様になったのか」という問いを正確に表現すると、「いつから文系はこんなに無様になったのか」であり、その答えは「ずーっと以前から不様です」かと思います。もはや忖度でんでんとかいう次元の話ではなく、根本原因である文系の質の悪さに、目を向けるべきだと思いますけどね。

    理系は良くて文系は・・・という話はよく聞きますが、実際のところは???な
    ことが多いですな。

    ところで、理系と文系が切磋琢磨できて成長した事例があります。

    トヨタを世界一に導いた自工と自販の存在
    http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20070913/134900/

    日本を代表する企業であるトヨタも経営危機に陥ったことがあります。
    その時、銀行融資団からの要請でトヨタ自工と自販と分裂しました。

    言ってしまえば、金主によって

    理系技術集団のトヨタ自工と
    文系営業集団のトヨタ自販に

    分裂したわけです。

    この結果、トヨタは自工と自販がそれぞれの持ち場に集中し始める。売り手の自販は、全国の有力地場資本や経営者を発掘し、国内最強のディーラー網を作り上げる。作り手の自工は「三河モンロー」と揶揄されながらも、都会からの雑音を逃れた三河の地で実直なモノづくりに邁進していった。

    その上トヨタ自販はマーケティング力にも磨きをかけ、売れる商品を自工に進言、それを自工がコスト面などで競争力ある商品に仕上げるという好循環ができたわけです。

    このことからわかったことは、

    理系技術集団と文系営業集団が

    切磋琢磨できる環境を
    作ることができた会社は成長できるけど、

    T芝のように
    理系技術集団と
    文系営業集団が

    互いに潰し合うようになると
    左前になるリスクが高くなるということです。

    とくにT芝のように重電から家電、半導体まで広い分野を抱えている会社の
    セクト主義の弊害について、もっと研究されなければならないですな。

  8. 「ゴミ投資家」シリーズ懐かしいです。私もあれは大好きです。
    なんか橘先生って急にオカルトじみたことを書き出すことがあってびっくりします。
    進化論とか遺伝とか、人間の形質に絡む事項だとそうなる傾向がある、とお見受けいたします。

    出世した人に冷酷な人がいるからからといって、冷酷なら出世するわけでもないし、出世する人が必ず冷酷なわけでもないです。

    >「成果主義」「実力主義」の代名詞になっているアメリカ企業
    成果主義や実力主義は、そもそも忖度できるゴマスリ人間を高く評価するように出来てるものですから当然では。成果主義がスバラシイ、なんて信じている人がいるのでしょうか?よほど頭ン中お花畑のオメデタイひとではないかと思いますが……

    橘先生が矛先を向ける安定雇用の日本的経営の方がゴマスリできない人が生き残れるとおもいますよ。まあそれも今や昔の話ですが。

  9. ゴマスリ人間に怯える必要なんて無いと思う。
    まあ怯えるくらいなら、出世したいなら、
    ゴマスリ講座でも受けてゴマスリ人間になればいいんだし。
    実際、人たらしな人も、意識的にやってる人って多い気がする。
    特にアメリカ人なんかそうでしょ?
    あと文系とか理系とか関係無いと思う。文系がゴマスリ得意なわけじゃ無いし、
    理系が人付きあい苦手なわけでもない。
    あとトヨタが大きくなったのは、代々文系経営者の力だよね。
    まあおおむね経営ってそういうものかもしれないけど・・・。
    じゃあ理系ばかりがトップになり続けるホンダは駄目なのか?って言えばそうでもないし。なんともいえないねこりゃ。

  10. >なんか橘先生って急にオカルトじみたことを書き出すことがあってびっくりします。
    進化論とか遺伝とか、人間の形質に絡む事項だとそうなる傾向がある、とお見受けいたします。

    というより、そういったところこそ、私のような

    「それやったらなんか得するん?」=クソリアリスト

    を惹きつけているのです。

    理系の人間として、象徴的なのが、

    ユナボマー=セオドア・ジョン・カジンスキー(Theodore John Kaczynski、1942年5月22日 – )はアメリカの数学者、テロリスト。

    ポアンカレ予想を解いたことでも知られる、ペレリマン(Григорий Яковлевич Перельман, Grigory Yakovlevich Perelman, 1966年6月13日 – )は、ロシア出身の数学者。
    ですな。

    両者とも天才的数学能力がありながら世俗的成功とは一線を画している
    からこそ、逆に人を惹き付けるのです。

    >あとトヨタが大きくなったのは、代々文系経営者の力だよね。
    まあおおむね経営ってそういうものかもしれないけど・・・。
    じゃあ理系ばかりがトップになり続けるホンダは駄目なのか?って言えばそうでもないし。なんともいえないねこりゃ。

    トヨタのプリウスは技術的ブレイクスルーともいえるものです。

    逆に藤沢武夫がいたから本田技研工業(ホンダ)は世界的な大企業になったのです。
    藤沢武夫:
    本田宗一郎の名参謀と言われ、本田は藤沢に実印と会社経営の全権を委ね、自らは技術者に徹していた。

  11. “ごますり”は能無しでもできる。
    “ごますり”すらできない超能無しが低所得なのは当たり前。
    “ごますり”が嫌なら”すられる側”になれば良いだけ。これは能無しには無理。

  12. >“ごますり”が嫌なら”すられる側”になれば良いだけ。これは能無しには無理。

    ごますりだけが生き残った結果が、K製鋼やM自動車やT芝に象徴されるゾンビ企業でしょ。

    AIC (Alternative Investment Club)の、

    alternativeには、
    別の可能性、取って代わるもの、代替手段[案]
    という意味があります。

    古くからの読者である私は、今でも

    雇われなくても生きていくための代替手段を

    求めているのですが・・・

  13. ゴマはすればするほど得をするし、
    不正やねつ造をすればするほど得をするわけですが、

    そういった風潮にある一定の歯止めをかけさせたのが、

    「梶原一騎」

    なのです。

    人生に必要なことは、すべて梶原一騎から学んだ。
    http://blog.goo.ne.jp/stake43/e/b851f0315b3f7c276182a34a21560e01

    まぼろしの名監督(巨人の星)

    青雲高校野球部の監督を買って出た一徹だが、飛雄馬にチームワークの大切さを教えた後は周囲の願いを退け、健康を理由に身を引いた。しかし、健康の問題は建前だった。本当の理由は、もし青雲高校野球部が甲子園で活躍したら、長い間の天野先生の苦労がかすんでしまうということだ。一徹は「ながい地味な努力をとうとぶ。はでなことは性に合わん」という。そんな父親をみて飛雄馬はいう

    「とうちゃん!とうちゃん!ばかで世渡りのへたっぴいな、だ、だけど、おれのほこりのとうちゃん!おれの とうちゃん!」

    厳しさとやさしさ、決して自分を売り込まず、目立たず、地道に・・・昔の良き誇り高き日本人の姿がそこにはあった。

    ある意味、梶原一騎が戦後の高度経済成長の要因の一翼を担っていた
    という見方もできるのです。倫理的な生き方のテンプレートですな。

    今でも、
    「タイガーマスク運動」の伊達直人に象徴されるように、

    梶原一騎作品中の主人公が戦後の日本及び日本人に及ぼした影響は計り知れません。

    現実の梶原一騎は
    暴力事件・覚せい剤容疑でので逮捕を受けての連載作品
    (プロレス・スーパースター列伝など)
    の打ち切りになったじゃねえか?
    とお考えの人も多いでしょうが、

    作品中のヒーロー・ヒロインの理想的なあり方と
    現実の人間のギャップというものがどうしてもあるところが、
    人間の人間たるゆえんなのです。

    梶原一騎の後継者として
    福本伸行やグラゼニの原作 森高夕次氏
    が挙げられます。

    なんせ森高夕次氏は、
    あしたのジョーの原作者=高森朝雄(梶原一騎)
    のオマージュから名前を取ったのですよ!!!

  14. https://lineblog.me/mogikenichiro/archives/8365868.html
    脳科学者の茂木健一郎氏が、こちらの記事で面白いことを述べている。

    茂木氏いわく、「忖度ばかりしていては、イノベーションや創造性、個性の発揮など、現代文明に不可欠な動きのさまざまが止まってしまう」とのことである。

  15. P.S.トランプ大統領にゴマをすればするほど、安倍総理は得をするということだろうか。(ルーピー鳩山や社民党は中韓にゴマをすって日本国民から見放されたが)

  16. >茂木氏いわく、「忖度ばかりしていては、イノベーションや創造性、個性の発揮など、現代文明に不可欠な動きのさまざまが止まってしまう」とのことである。

    だから、「忖度」というのが、

    「伽藍」の中での「処世術」

    であるからこそ、

    「啖呵売の売り口上」

    を学ぶことによって、

    「バザール」へ出て行く方法を学ぶべきなのです。

    **********************************
    まかった数字が三つ、ね、七つ長野の善光寺八つ谷中の奥寺で、竹の柱に萱の屋根、手鍋下げてもわしゃいとやせぬ。信州信濃の新そばよりも、あたしゃあなたのそばがよい、あなた百までわしゃ九十九まで、共にシラミのたかるまで、と、きやがった、どうだチキショウ。さあこれで買い手がなかったら、私、稼業三年の患いと思って諦めます、ねえ、西に行って天橋立、東に行って東京、西と東の泣き別れだ、おい!
    **********************************

    >P.S.トランプ大統領にゴマをすればするほど、安倍総理は得をするということだろうか。(ルーピー鳩山や社民党は中韓にゴマをすって日本国民から見放されたが)

    安倍首相はともかく、鳩山由紀夫は

    「天然」

    としか思えないのですが。

    なんせ、オペレーションリサーチやゲーム理論の専門家で、
    最適化理論についての論文も書いているので、
    その知識を生かして、意図せざる結果を計算した上で
    戦略的に行動するべきなのに、

    米軍基地の沖縄からの移転約束やクリミア問題への加担など
    誰が見ても首をかしげてしまう
    行動を取ってしまいますよね。

    「学歴」として「学問」を習得することと、
    それが「実地には全く役に立ってないこと」
    についてこそ、

    深く考えなければならないのです。

  17. 早期退職者です。

    会社のミッションに社会貢献は書いてたけど、みなの幸福が
    書かれてない! に気づき後悔した。
    →真の幸福目指す伽藍を経験したい

    伽藍で闘うことは、カッコイイけど、メチャクチャ大変だ。
    いまの貴乃花親方を見よ
    →国に期待するのは楽市楽座だが期待するな

    三十年も努めた人に、保険優遇なくす郵便を送る伽藍よ。
    恥を知れ
    →幸福が社是に書かれた会社えらべ!!!

  18. 年末年始にかけ、対決イベントのメジロ押しかも

    アベマの押し相撲がいちばんか~

    いやいや、貴乃花対、相撲協会や

    高野さんの裁定は、最低やぁ

    かの摂津倉庫も泣いてるわ

    モンゴル人のタニマチだ

    伽藍の論理は滅茶苦茶

    国連介入も必要な・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。